■2010年05月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ダービー・復習

2010年度のダービー馬。その栄誉に輝いたのは7番人気のエイシンフラッシュだった。

今回のレースのポイントは“ペースの変化”。
1000m通過が61秒6。スローな展開になることは、ある程度考えられていたので、ここまでは想定内だったが、問題はその直後に1F13秒台のラップが2度続いたこと。この急激な“中だるみ”によって、馬群は一気に凝縮し、最終的に直線だけの究極の上がり勝負になった。
レースの上がりが33秒4。出走17頭中11頭が33秒台以下の上がり。
もっとも、キレ味勝負の明暗を分けたのは、各馬の脚質そのものではなく、瞬発力を発揮するための「道中の脚を溜め方」であり、極端に緩急のついたペースへの「対応力」もしくは「自在性」だった。

勝ったエイシンフラッシュは、中団のインで完璧な折り合いを見せていた。ペースが落ちた時にも動こうとはせず、3コーナーよりも4コーナーの通過順位が下がったこと(9位→11位)からもわかるように、“仕掛けを遅らせる”作戦をとっている。
前を行くヴィクトワールピサを目標にしていたとはいえ、このあたりは鞍上・内田博騎手の好判断。結果的に、ここで一呼吸待ったことが上がり3F・32秒7という末脚のキレに結びついたと考えていいだろう。
『予習』でも述べたように、この馬の強味は完成度の高さと立ち回りの巧さ。ペースの急激な変化に対応できたのは、そうした持ち味を発揮できたからに違いない。それにしても、最後の1Fの伸びは素晴らしかった。
休み明けの皐月賞で3着に入った能力。叩き2走目の上積み。それを考えれば、7番人気・単勝31.9倍という数字は、いわゆる“人気の盲点”だったと言えるだろう。
今後は、伏兵の1頭ではなく、世代の中心馬という見方がされるはず。今回のような“特異な流れ”ではなく、例えば平均ペースで進むような展開になった時に、どのような競馬を見せてくれるのか。完成度にさらに磨きがかかった走りに期待したい。

2着はローズキングダム。
もともと距離不安はなかったとはいえ、この馬もまた、道中きれいに折り合っていた。走りそのものも年明け3戦の中では最高のもの。朝日杯で見せたような躍動感にもあふれていた。上がり3Fは32秒9。最後はエイシンフラッシュに内をすくわれたが、これは仕掛けが早かった分のクビ差。惜しい2着である。
好走の理由は、前2走よりも条件が好転したことに尽きるだろう。『予習』でも書いたように、中山の2戦には明確な敗因があり、今回、良馬場の瞬発力勝負になったことで、この馬の末脚を発揮できる形になった。プラス体重で出走できたのもよかったはずだ。
2歳時の走りにかげりが出始め、中間にはアクシデント。今回はこの馬のマイナス材料だけが目についた。しかし、実際のレースでの走りは、そうした不安を一掃するもの。潜在能力の高さが久々にレースで発揮されたように見えた。
いずれにしても、ローズキングダムの復活はうれしい限り。馬場状態に左右される面はあるものの、再び中心馬としてこの世代を盛り上げていってほしい。

1番人気のヴィクトワールピサはローズキングダムから2馬身近く離された3着。残念ながら2冠を達成することはできなかった。
直前の気配も良く、ポジション的にもベストと思われるレース運びだったが、ペースが落ちた時に掛かり気味になった。岩田騎手も「馬が力んでしまった」とコメント。結果として、このわずかな折り合いの乱れが最後の伸びに影響したと思われる。もっとも、この馬自身も33秒1の脚を使っているだから、いかに1・2着馬の瞬発力が凄かったかということになるのだが・・・。
角居調教師は「皐月賞の時は一瞬の脚で勝つことができたが、長くキレる脚が使えなかった」と語ったが、この一戦でヴィクトワールピサの評価を下げる必要はないだろう。この馬の“強さ”は学習能力の高さによって積み重ねられていくもの。これまで経験したことのなかった33秒台の上がりの脚を使ったことで、もうワンランク上の走りへつなげることができるのではないだろうか。
昨年のロジユニヴァースやアンライバルドを例にあげて、ネオユニヴァース産駒を早熟と見る意見も出ているようだが、ヴィクトワールピサに関しては、このまま終わるような馬であってほしくない。

4着は12番人気のゲシュタルト。
『予習』の中で大駆けを期待した馬だが、流れに乗ったいい走りを見せてくれた。折り合いもつき先行勢の中では最先着。本来、キレ味で勝負するタイプではないので、今回の展開を考えれば大健闘と言えるだろう。
池添騎手は「まだまだ良くなるタイプ」とコメント。年明けデビューの7戦目でもここまでやれるのだから、かなりのスタミナの持ち主とも考えられる。さすがに使い詰めなので、ゆっくり休養をとって、秋にさらなる成長をした姿を見せてほしい。

5着はルーラーシップ。
内枠に入ったために若干窮屈な競馬。直線でも前が壁になったが、抜け出した後の脚はひときわ目を引いた。スムーズならば3着があったかもしれない。
経験値を考えた場合、GⅠは敷居が高いだろうと思っていたが、一線級とも十分に戦える内容。大跳びの馬にとって、スローペースのインというのは辛いポジションだったが、我慢のレースもできていた。
個人的には、今回のレースを見て最も今後を期待したいと思った馬。ただし、ストライドの大きさから、小回りコースは不向きのように思える。しっかりと賞金を加算して、天皇賞・秋やジャパンカップに出走することができたら、面白い存在になりそうだ。

2番人気のペルーサは6着。
スタートで出負けしたことも大きかったが、それによって、ペースが落ちた時に外々を動かざるを得なかったことが一番の敗因だろう。道中、他馬よりも脚を使ったのは、今回の展開では致命的だった。直線、ローズキングダムと併せて上がってきながら、呆気なく突き離されたのは、脚が残っていなかったからである。
横山典騎手は「ゲートばかりは仕方がない」とコメントしたが、これもある意味、不安点だった“経験不足”に因るものだろう。青葉賞の時とは反対に、“一番悪いペルーサ”が出てしまったようだ。
本番では残念な結果になってしまったが、トライアルで強い競馬をしたことも事実。この先の巻き返しに期待したい。

3番人気のヒルノダムールは9着。
皐月賞の内容から、ヴィクトワールピサの逆転候補と言われていたが、まったく見せ場のないレース。大外を回らされる展開の不利があったとはいえ、上位争いに加わることもできなかった。鞍上の藤田騎手も「だらしない!」とコメント。走りに納得がいかなかったのだろう。
敗因はおそらく状態面の問題。今回のパドックで、この馬はあまりに落ち着き過ぎていた。気配が悪いわけではないが、皐月賞の時に見せていた“凄み”を感じることはできなかった。
『予習』の中で、この馬の馬体重の推移を取り上げた上で、「前走が究極の仕上げだったという点は白紙」と書いたが、これについては訂正しなければならない。今回と比較すると、皐月賞の時は研ぎ澄まされたような究極の仕上げだったように思える。『予習』で書いた内容は、一部のスポーツ紙に載ったコラム記事からの引用だったが、真偽の定かでないものに惑わされた点は反省したい。


それにしても、今年のダービーは難しいレースだった。
ある程度のスローペースになることは予想できたものの、ここまでラップに緩急がつくとは思わなかった。
スローでありながら先行勢は残れず、瞬発力勝負でありながら後方一気の届かない競馬。展開のアヤと言ってしまえばそれまでだが、このような極端な流れになると、過去のレースで見せた各馬の走りは参考にならない。
1・2着馬が力のある馬であることは否定できないが、敗れた人気馬が力不足だったとも思えない。このレースが“激戦”だったのか“凡戦”だったのかの区別も難しい(時計的には条件戦レベルだが・・・)。
「2冠馬の誕生」「青葉賞馬の初載冠」といった、ファンの期待するドラマが完結しなかったことは、競馬である以上仕方のないことだとしても、どこか釈然としない気持ちになるのはなぜだろうか。“史上最強レベルの戦い”を過度に期待しすぎたからなのだろうか。
今回のダービーの位置付けが決まるのは、まだまだ先になるだろう。その時、「さすが“あのダービー”で上位に来た馬は違う!」と思うのか、あるいは「やっぱり“あのダービー”の結果は参考にならない」と思うのか。このレースは今回出走した馬の今後の走りによって検証されていくはずだ。



スポンサーサイト

■ダービー・結果

2010年5月30日 3回東京4日10R
第77回 日本ダービー(GⅠ)
芝・2400m 曇・良

 1着 エイシンフラッシュ    内田博    2.26.9
 2着 ローズキングダム     後藤      クビ
 3着 ヴィクトワールピサ     岩田      1+3/4

単勝 1  3190円(7番人気)
馬連 1-8 16720円  馬単 1→8 46210円
3連複 1-7-8 10630円  3連単 1→8→7 152910円


■ダービー・予習

“史上最強レベルの戦い”とまで言われている今年の日本ダービー。
人気の一角・ダノンシャンティの取消は残念なかぎりだが、それでも好勝負を期待できるメンバーが揃った。

5連勝で皐月賞を制覇し、2冠を狙うヴィクトワールピサ
この馬の場合、レースごとに課題をクリアしていく学習能力の高さが際立っている。それまでの好位の競馬から一転して後方から追い込んだラジオNIKKEI杯。輸送・重馬場・最内枠を克服した弥生賞。スピードの持続性を問われた皐月賞では、インに切れ込む瞬発力と勝負根性を見せつけた。展開や馬場状態に左右されず能力を発揮できる自在性。それがこの馬の“強さ”と言えるだろう。
前走、テン乗りでプレッシャーのかかる騎乗となった岩田騎手だが、脚の使いどころや仕掛けてからの反応を身をもって体験したことで、今回はさらに馬の能力を引き出す乗り方ができるはずだ。
不安要素をあげるとすれば、直線勝負の叩き合いになった場合。
弥生賞と皐月賞の勝ち方は、たしかにこの馬の“強さ”を証明するものではあった。ただし、馬群の内側にある空いたスペースに進路を取るのは、ある意味“トリッキーな作戦”という見方もできる。馬体をあわせての追い比べ、あるいは、3頭横並びの追い比べといった展開になった時に、この馬はどれだけの脚を使えるか。中山の2戦が一瞬のキレ味勝負だっただけに、そのあたりが若干気になるところだ。

デビューから4連勝でダービーに挑戦するペルーサ
前走の青葉賞は2着馬に0.7秒差の圧勝。2分24秒3の時計もウオッカが制した3年前のダービーを上回る好タイムでだった。
注目すべきは、デビュー時からダービーを目標に使われてきたローテーション。小回りの中山のレースには見向きもせず、阪神へ遠征して若葉Sを勝利。出走権を得ながらも皐月賞には登録もせずトライアルの青葉賞を勝利。ここまで徹底した使い方は、藤沢和雄調教師の執念とも呼べるものだろう。鞍上は絶好調の横山典騎手。東京芝コースは2400mを含めて〈3.0.0.0〉の実績。藤沢和雄調教師がシンボリクリスエスとゼンノロブロイで果たせなかった夢を実現する可能性は大いにある。
過去のデータから、青葉賞馬はダービー馬になれないと言われているが、その主な理由はふたつ考えられる。
ひとつは、中3週とはいえ東京の2400mを連続して走る過酷さ。もうひとつは、皐月賞を走っていないことによる経験値の差である(これはダービーで皐月賞組が強いことの理由にもつながる)。
前者について、藤沢和雄調教師は「青葉賞は楽な勝ち方ができたので予想以上に負担が軽かった」とコメント。実際、ゴール前は手綱を緩める余裕の勝利だった。となれば、この馬のポイントは、やはり“皐月賞組との力関係”ということかもしれない。
若葉Sでは皐月賞2着馬のヒルノダムールを下しているが、あくまでトライアルでの結果であり、実際のレースではヒルノダムールにかなりの不利があったのも事実。間接的な力関係(若葉Sの結果)だけで、皐月賞2着馬以上の実力という見方をしている評論家もいるようだが、その考え方はあまりに短絡的だろう。
青葉賞の圧勝はダービーでの勝利をも予感させるものではあったが、この馬に関しては“経験値”と“相手関係”がカギであることを頭に置いておきたい。

皐月賞2着のヒルノダムール
勝ち馬・ヴィクトワールピサにつけられた着差は0.2秒だが、4コーナーで前が詰まり直線だけの競馬になったことを考えれば、内外のコース取りの差という見方もできる。実際、レース後は「負けて強し」という声も多かった。父・マンハッタンカフェ、母父・ラムタラという長距離血統。距離延長も向くはずだ。
気になる材料は、前走・皐月賞時のマイナス10キロの馬体重。『皐月賞・復習』にも「究極の仕上げだった以上、ダービーは万全の体調で出てきてほしい」と書いた。
ところが、この体重については一部で不思議な話が語られている。それは、レース2日後に栗東で計量したところ、468キロの体重があったということ。皐月賞の出走前が456キロであるから、レースを走って関西へ戻る輸送がありながら12キロ増えたことになるわけだ。真偽のほどは定かではないが、JRAの計量に狂いがあったのではという疑いも出ているらしい。
実際、今回の調教後の計量で、ヒルノダムールはプラス28キロ。軽めの追い切りだったわけではないことを踏まえると、皐月賞の馬体重についてはたしかに疑わしい部分もある。いずれにしても、前走が究極の仕上げだったという点(反動の心配も含めて)については、とりあえず白紙として考えた方がいいかもしれない。
それよりも気掛かりなのは、2走連続して4コーナーで不利を受けていること。理論的な説明はできないが、不利を受けやすい馬というのが存在するのも事実。そういうタイプはレースを重ねるごとに闘争心が萎えてしまうこともある。今回はいかにスムーズな競馬ができるかがポイントだろう。

皐月賞では4着だった2歳王者のローズキングダム
デビューから3連勝で朝日杯を制した時には、クラシック候補の筆頭という評価を受けたが、期待された年明けのスプリングSと前走・皐月賞で大きく株を下げた感がある。
もっとも、スプリングSは休み明け、皐月賞は荒れた馬場という敗因がはっきりしているし、それでも共に0.2秒差という着差を考えれば、見限るのは早計かもしれない。東京コースは重賞勝ちのある舞台。新馬戦でヴィクトワールピサを下した時のように、末脚のキレを発揮できる条件が揃えば、有力候補として再浮上してくる余地もある。
もっとも、この馬の場合、ここに至るまでの“負の連鎖”が気になる。
「ヴィクトワールピサとの対決は本番の皐月賞までとっておく」という理由で、トライアルを弥生賞からスプリングSへ変更したのがケチのつきはじめ。一度は回避を表明した皐月賞に出走したのも結果的には裏目だった。そして今回は挫石のアクシデントがあり、主戦の小牧騎手が騎乗停止。ひとつの流れとして見た時に、順調さを欠いているというのは、やはりマイナス材料だ。

前走、トライアルのプリンシパルSを圧勝したルーラーシップ
父・キングカメハメハ、母・エアグルーヴの良血で、デビュー当時から期待度が高く、2歳の時点でダービー馬候補として名前をあげていた競馬評論家も少なくない。
前走はそうした評価の裏付けにもなる“強い勝ち方”。素質の片鱗をのぞかせたことによって、一気に才能が開花することもある。上位人気に支持されるのも当然といえるかもしれない。
ただし、この馬に関しては、なんとかダービーに間に合ったという印象が拭えない。本来ならば、2戦目の若駒Sを勝って、トライアルから皐月賞へ向かうビジョンだったはず。ところが、賞金加算を狙った毎日杯で5着に敗れたために、結局は皐月賞には出走できなかった。言い換えれば、期待された超良血馬でありながら、クラシックの王道を歩めなかったということ。一流どころとの対戦という経験値において、大きく遅れをとっている。元値が高く、素質も魅力的な一頭ではあるが、今回はあくまで挑戦者の立場と見るのが妥当だろう。

皐月賞3着のエイシンフラッシュ
予定していた若葉Sを使えず、京成杯からぶっつけとなったが、最後は外から差しての3着。改めてこの馬の能力の高さを示した内容だった。結果的に叩き2走目となり、さらに上積みが見込める今回、上位馬と人気の差はあるものの注意したい1頭だ。
この馬の持ち味については、完成度の高さと立ち回りの巧さを評価する声が多い。位置取りにこだわらずに、流れに乗ってどこからでも競馬ができる強味がある。今回は最内枠に入ったが、自在性を持ち合わせている馬だけに、不利な要素にはならないだろう。
もっとも、そうした走り(特に立ち回りの巧さ)は、どちらかといえば中山向き。それほど人気になっていない理由は、府中の直線を豪快に突き抜けてくるイメージとつながらないところが影響しているのかもしれない。

早い段階から陣営が「東京コースを走らせたい」と言っていたレーヴドリアン
後方から一気の脚質は、たしかに直線の長いコース向きと言える。小回りで稍重馬場だった皐月賞を除けば、未勝利勝ちからすべて最速の上がりをマーク。展開が嵌れば、一気に突き抜けてくる可能性もある。
きさらぎ賞から2ヶ月空いた皐月賞はローテーション的にも厳しかったレース。皐月賞の後に京都新聞杯を使ったことが1走多いという見方をされているが、本来は使って良くなるタイプだけに、このあたりは予定通りと考えていいだろう。
とは言うものの、3着という結果はいただけない。実際、陣営は「京都新聞杯で権利を獲れなければダービーに出走できない」と考えていたとのこと。勝ちにいったレースを落としたというのは、実力面での疑問が残る。もとより、重賞勝ちのない馬。過剰な期待は危険かもしれない。

出走を取り消したダノンシャンティも含めて、今回の有力馬の脚質は基本的に“差し”である。
このような場合、先に動くことで後ろからの目標にされることを嫌うために、差し馬同士が動きを牽制し合うケースも多い。となれば、“先行型のタイプ”にもマークが必要。人気薄を狙う際の定石でもある。

皐月賞5着のアリゼオ
スプリングSを制した重賞実績があり、皐月賞でも大外枠からの競馬で直線一旦は先頭に立っての5着。能力的にはそれほど大きな差はないと考えることもできる。
問題は折り合い。気性面に難がある以上、距離延長は決して有利ではない。スプリングSの逃げ切り勝ちからもわかるように、この馬に関しては、道中いかに気分良く走れるかどうかがカギ。天皇賞・春を制したウィリアムズ騎手の騎乗に注目したい。

前走、京都新聞杯を制したゲシュタルト
皐月賞(7着)の直線の止まり方を見たかぎりでは、マイラータイプかと思えたのだが、前走は2200mに距離が伸びた上に、好位から抜け出す競馬を見せてくれたのには、正直驚かされた。したがって、皐月賞の敗因は、緩い馬場と先行馬に厳しい速いペースだっとと考え直してもいいだろう。
陣営が強調するのは、この馬の成長力。調教の際の馬場入りが以前とは比べものにならないほど落ち着いたという。マンハッタンカフェ産駒の場合、本格化は秋以降という言われ方をすることが多いが、この馬に関しては実戦で揉まれることによって良化が早まったのかもしれない。
あとは、道中の位置取り次第。後ろからの競馬になると苦しいだろうが、スムーズに先行できれば見せ場以上の可能性もありそうだ。

京都新聞杯で2着に入ったコスモファントム
皐月賞戦線の時期を休養していたため、目立った活躍はないが、複勝率を見れば100%。暮れのラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサの2着という戦績を残している。ちなみに、この時の3着はダノンシャンティで、4着はヒルノダムールだ。
もちろん、先にも述べたように、過去のレースの着順から能力の比較はできないし、トライアル→GⅠの激戦を経験していないことはマイナス材料には違いない。
実力そのものの評価が難しい馬ではあるが、持ち前の先行力と相手なりに粘れる勝負強さを発揮できるようであれば(=それだけの力があれば)、馬券圏内への残り目があるかもしれない。

他では、青葉賞2着のトゥザグローリー、東京芝実績〈2.2.0.0〉のハンソデバンド、皐月賞6着のリルダヴァルなどが新聞によっては伏兵視されているが、トゥザグローリーはキャリア不足、ハンソデバンドは前走負け過ぎの上に調教もバタバタ、リルダヴァルは厳しいローテーションといった不安材料が目立つ。上位に食い込むのは難しそうだ。

最後に馬場状態について。
芝コースは今週からCコースに変更され、仮柵が3m内側になった。また、水曜に芝刈りが実施されたことで、時計は速くなるだろうと言われている。
土曜日に行われた芝のレースを見る限りでは、ラチ沿いの最内は止まりやすく、中から外にかけて伸びる馬場。大外からも差し・追込が届いていた。
あとは、雨がどうなるか。土曜の午後に少しだけ降って、当日も雨の予報。どのくらい水を含むかは発送時間まではわからない。馬券を買うにあたって時間的な余裕があるのならば、8Rの青嵐賞、9Rのむらさき賞の結果を見てから最終的な判断をした方が賢明かもしれない。

はじめにも書いたように“史上最強レベルの戦い”と言われる今年のダービー。
歴史に残るような名勝負が生まれるかどうか。期待したい。



■ご心配をおかけしました!

このたびは皆様にいろいろとご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
当初の予定より入院が長引いてしまいましたが、何とか無事に戻ってまいりました。
お見舞いのコメントをいただいた方々には、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

4日間の騎乗停止でしたが、何とかダービーには間に合った・・・という感じです!
(まだ仕上がり7~8分ですが・・・笑)
今週末からブログに復帰いたします。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


安東 裕章



■総和社より 5月22日

競馬のツボ<ブログ版>にご来訪いただき、ありがとうございます。
またこのたびは入院中の安東裕章氏へ数々の心暖まるコメントをいただき、本当にありがとうございます。
本人も大変恐縮し、感謝しておりました。
その後、容態は順調に回復に向かっているとのことですが、まだ外出を禁じられているため、引き続き今週のブログも休載させていただきます。
今回は「面会取材」という形でオークスについての話を聞いてきましたので、簡単に内容をまとめて以下に掲載いたします。

●アパパネ
GⅠ2勝。新馬戦3着を除けば連対率100%。実績を考えればこの世代の中心馬と考えていいだろう。母が短距離馬のソルティビッドということから、一部では距離不安もささやかれているようだが、これまでの走りを見る限りでは問題はないように思える。むしろ気になるのは、過去2回のGⅠの時と違って今回は美浦で調整を行っていること。関西への輸送がない以上、当然のことではあるが、トレセンが変わったことは馬自身に何らかの影響があるかもしれない。

●ショウリュウムーン
この馬の末脚の威力を考えた場合、府中コースは適しているはず。最内枠で窮屈な競馬になった桜花賞より条件が良くなったことは間違いない。課題は初の関東への輸送。これについては直前のチェックが必要かもしれない。あとはコース取り。内を突けずに外に持ち出した桜花賞のレースを見ると、馬群を割るのが苦手で外差し向きのタイプなのかもしれない。2枠4番の枠順から内田博騎手がどのような進路を取るかに注目したい。

●サンテミリオン
レースレコードを記録した今年のフローラSは例年よりもレベルが高いというのが一般的評価だが、中でもサンテミリオンの勝ち方には、先行馬をマークして直線で抜け出す“パターンに嵌った時の強さ”が見えた。今回のポイントもやはりポジション取り。道中でいかに自分の勝ちパターンに持っていけるかどうかだろう。不安要素はGⅠレースのスタンド前の大外枠。キャリアの浅い馬の場合、場内の興奮でテンションが上がってしまうケースも少なくない。

●アプリコットフィズ
桜花賞は5着に終わったが、キャリアの浅さを考えれば合格点だろう。2戦2勝の東京コースに替わるのは好材料。好位のポジションを取りやすい2枠3番も理想的に思える。あとは、初の輸送や一流どころと対戦した桜花賞の経験がどれだけ実になっているか。成長力が問われる一戦。

●オウケンサクラ
評価が難しい馬。強行ローテーションの後の桜花賞で、本来の競馬とは違う逃げの作戦で2着。普通に考えれば、「無理の上に無理を重ねてきた」とも考えられ、不安材料と判断すべきかもしれない(ただし、何度もその常識を覆されてきたが・・・)。一応、状態面のチェックが必要とは思われるが、これまでと同じように力を発揮できるのならば、当然有力候補の1頭。

●アグネスワルツ
『フローラS・復習』の中でも書いたように、終盤でラップを上げることができる逃げ馬という点を評価したい。単騎でマイペースの展開になれば残り目も十分考えられる。あとは、骨折休養明けでレコード決着となった前走の反動がどうか。

●シンメイフジ
桜花賞は外々を回らされる展開になったが、最後は33秒8の上がりで6着。「直線の長い府中ならば・・・」と思わせる内容だった。ただし、この馬の場合、最も得意とするのは、スローペースでヨーイドンの競馬。展開次第では怖い存在だが、有力な先行馬が揃った今回はいくぶん分が悪いようにも思える。

その他、伏兵も多数。
『桜花賞・復習』でも書いた通り、前走関西への輸送があった“関東のゼンノロブロイ産駒”の巻き返しに注目。特に、大幅な馬体減のあったアニメイトバイオは、アパパネと差のない競馬をしていただけに、状態が良ければ見直せるかもしれない。
他では、相手なり走って馬券圏内に絡んでくるエーシンリターンズ、忘れな草賞の勝ち馬で東京2400mを経験しているモーニングフェイスも面白そうな存在。
あとは、雨予報が出ているので、馬場状態もカギになるだろう。予想以上に状態が悪くなった場合は、キレ味勝負の馬や時計勝負を得意とする馬は割り引いた方がいいかもしれない。


■総和社よりお知らせ

いつも「競馬のツボ<ブログ>版」にご来訪いただき、誠にありがとうございます。

今週のブログですが、安東裕章氏が急病のため、休載とさせていただきます。
申し訳ございません。
本人より以下の伝言を預かってきております。


体調を崩してしまい、しばらく入院することになりました。
GⅠの真っ最中だというのに情けないかぎりです。
更新を楽しみにしていてくださった方々には、本当に申し訳なく思っています。
できるだけ早く元気になって戻ってきますので、どうかご心配なく。
よろしくお願いします。
さて、ヴィクトリアマイルですが・・・。
実績を考えれば、ブエナビスタとレッドディザイアの“2強”で決まる確率は高そうです。
ただし、どちらも近走使ってきた距離が長いため、時計の速い東京のマイル戦という条件に一抹の不安があるかもしれません(あくまで一抹ですが・・・)。
割って入る馬がいるとすれば、時計勝負に適応できるかどうかがカギになると思います。
あとは、スローの上がり勝負という展開になった場合の先行馬の残り目にも注意しておいた方がいいかもしれません。
今週は残念ながらレース観戦もできない状況ですが、みなさまのご健闘をお祈りいたします。

安東 裕章


■NHKマイルC・復習

1分31秒4のJRAレコード!
NHKマイルCは1番人気のダノンシャンティが驚異の末脚で時計勝負を制した。

エーシンダックマンの玉砕的とも思える逃げで、レースは600m通過が33秒4の超ハイペース。勝ったダノンシャンティは後方3番手を追走し、直線で大外に持ち出すとそこから一気にスパート。前を行く15頭を瞬く間に抜き去った。
上がり3Fはメンバー最速の33秒5。これは、上がり2位のエーシンホワイティの34秒2より0.7秒も速い。1頭だけ次元の違う走りだったということだ。
『予習』では「スローの瞬発力しか経験のない馬がマイルの速い流れに対応できるかどうか」という不安点をあげたが、終わってみればこの結果。「能力の高い馬はどんな展開でも味方につける」と言われるが、まさにその通りのレースだった。
安藤勝騎手は「不利さえなければ確実に脚を使ってくれると思っていた」とコメント。馬の能力を信頼した騎乗は、昨年のオークスをブエナビスタで制した時とだぶって見えた。インパクトのある強い勝ち方としか言いようがない。クロフネ、キングカメハメハに次ぐ“毎日杯→NHKマイルC”の連勝。松田国厩舎の培われた戦略も見事である。
次走はダービー。今回の勝利で有力候補に名乗りをあげたことは間違いないが、レコード決着の後の中2週となれば、やはり気になるのは反動だ。期待と不安が半々。ぜひとも、万全の状態で出走してきてほしい。

2着は5番人気のダイワバーバリアン。
折り合いに難のあるこの馬にとって流れが向いたとはいえ、中団のインでしっかりと脚を溜める競馬。直線もスムーズに抜け出し、先頭に立った時はそのまま後続を振り切れるかのようにも見えた。
最後はダノンシャンティの脚に屈したものの、「この馬もよく頑張った」という蛯名騎手のコメントの通り、完璧なレース運び。弥生賞の後、ニュージーランドTへ駒を進めたが、マイル戦線に照準を絞った陣営の選択は正解だった。
朝日杯3着時に比べると、心身ともに成長して地力が強化された印象がある。あとは、スローの瞬発力勝負を克服できるかどうかだろう。秋まで休養に入るということだが、今後のマイル戦線での活躍を期待したい。

3着はリルダヴァル。
良馬場の時計勝負になったこともあって、この馬も前評判通りのパフォーマンスを見せてくれた。もっとも、最後の伸びがもうひとつだったのは若干不満。このあたりは、骨折明けから中2週続きというローテーションの影響があったのかもしれない。
デビューから5戦目のキャリアを考えると、まだまだ伸びしろがありそうな馬。福永騎手は「マイルの適性は高い」とコメントしているが、距離が伸びて緩いペースになってもキレる脚が使えるタイプのようにも思える。今後、どのようなレースを使ってくるかに注目だ。

ダノンシャンティと人気を分け合ったサンライズプリンスは4着。
結果的には、位置取りが前過ぎて速い流れに巻き込まれた感がある。単独2番手の競馬ではなく内外に他馬がいたために、走りもムキになっていたようだ。『予習』では「いかにスムーズに走れるかがカギ」と書いたが、スペースを取りに行ったために位置取りが前になり、先行激化の中で揉まれたことが直線の失速につながったのだろう。。
もっとも、この馬にしても、走破時計は1分31秒9。しかも、4コーナー2番手からの粘り込みなのだから、能力の高さを見せつけたレースと考えることもできる。
マイルの時計勝負も十分にこなせるだろうが、大跳びのストライドを見ると、距離を伸ばしてゆったりと走らせた方がこの馬に向いているようにも思える。次走は後藤騎手でダービーを予定。反動がなく状態が万全であることが前提になるが、今回の敗因(先行→失速)を考えれば、見直せる部分もあるはずだ。

4番人気のエイシンアポロンは9着。
岩田騎手は「こんな馬ではないはず」というコメントを残したが、やはり皐月賞がピークだったようだ。戦前の評価通り、今回は“割引き”が正解。ただし、状態が戻ってくればまだまだ見限れない馬だろう。

5着以降は2馬身差離されたこともあって、このレースで評価できるのは上位4頭という見方が多いが、条件次第で見直せる馬も何頭かいる。
6着のエーシンホワイティは1200mに戻れば怖い存在。今回は折り合いに専念して最後方から直線だけの競馬になったが、距離不安がなければもっと攻めていけたはず。キレるスプリンタータイプだろう。これはキョウエイアシュラ(5着)も同様だ。
7着のレトと15着のガルボは、時計のかかる展開の方が向いているようだ。速い流れでしかも外枠という今回の条件はさすがに厳しかった。
いずれにしても、予想をはるかに上回った驚異的なタイムで決着したレース。圧巻の走りを見せてくれた馬たちに感謝するとともに、全馬が故障なく無事であることを祈りたい。

競馬ファンの注目はすでにダービーへと向いている。
ヴィクトワールピサの1強と言われた皐月賞が終わった後に、青葉賞のペルーサ、プリンシパルSのルーラーシップなど、次々と有力候補が登場した。もちろん、今回のダノンシャンティもその1頭だ。
すでに「近年稀にみるレベルの高い激戦」という声も多く、期待は膨らむばかり。3週後の東京・芝・2400m。ゲートが開くその瞬間が、今から待ち遠しい。


■NHKマイルC・結果

2010年5月9日 2回東京6日11R
第15回 NHKマイルC(GⅠ)
芝・1600m 晴・良

 1着 ダノンシャンティ      安藤勝    1.31.4
 2着 ダイワバーバリアン    蛯名      1+1/2
 3着 リルダヴァル         福永      1

単勝 13  260円(1番人気)
馬連 1-13 2040円  馬単 13→1 2680円
3連複 1-3-13 3860円  3連単 13→1→3 17180円


■NHKマイルC・予習

3歳マイル王決定戦、GⅠ・NHKマイルC。
昨年は3連単238万円の大波乱となったが、今年は「“2強対決”に落ち着くのではないか」という見方が強いようだ。実際、前売り単勝オッズも、ダノンシャンティとサンライズプリンスの2頭が抜けた状態で1番人気を争っている。 

前走、毎日杯を勝ったダノンシャンティ
レースの上がり34秒1を0.7秒上回るメンバー最速33秒4の末脚。余裕たっぷりの追い方にもかかわらず抜け出す時の瞬発力は圧巻だった。2走前の共同通信杯もハンソデバンドにハナ差敗れたとはいえ、上がりはメンバー最速の33秒5。キレる脚を確実に使えるところが強味だ。
これまで戦ってきた相手も強豪揃いで、昨年暮れのラジオNIKKEI杯では皐月賞馬のヴィクトワールピサに0.2秒差の3着。ビルノダムール、アリゼオ、ルーラーシップに先着した実績もある。
毎日杯を勝った後は、皐月賞には登録もせず、ここを目標に調整。毎日杯→NHKマイルC→日本ダービーというローテーションは、この馬を管理する松田国厩舎のいわば“お家芸”。2001年のクロフネ、2004年のキングカメハメハに続く、3頭目の「毎日杯→NHKマイルC連勝」を狙っている。大目標は次走のダービーだろうが、ここまで青写真通りに進んだ以上、陣営にとっては“落とせないレース”に違いない。
ダノンシャンティの不安点をあげるならば、初となるマイル戦がどうかということ。
デビューから4戦すべて1800m以上で、しかも前3Fが37秒台のスローペースの経験しかない。仮に、600m通過が33~34秒台といった速い流れになった場合には、序盤から脚を使わせされて末脚のキレに影響が出るおそれもある。あるいは、後方に置かれる競馬になり、直線で追い込むものの“差して届かず”という結果になるかもしれない。
どのようなペースになるか。そして、そのペースに対応できるかがカギになるだろう。

トライアルのニュージーランドTを制したサンライズプリンス
その前走は、中山マイルの大外枠という不利な枠順でありながら、早めのマクリから直線で後続を突き離して快勝。新馬戦、500万をそれぞれ1.4秒、0.6秒という大差で勝ち上がった素質の高さを証明するかのような、この馬の強さだけが際立ったレースだった。
左回りは2戦2勝。ストライドの大きい馬なので、府中の広いコースへ替わるのもプラス材料だろう。速いラップを経験していることは、ダノンシャンティに対してのアドバンテージと考えることもできる。
この馬の場合、スムーズなレースをできるかどうかがポイントになりそうだ。
外目から進んだ新馬戦と9頭立ての少頭数で行われた500万は思い通りのレースができたが、スプリングSはスタート後に躓いたため後方からの競馬になり直線で前が詰まって4着に敗れた。前走のニュージーランドT勝ちにしても、大外枠に入ったからこそ終始外目をスムーズに走れたという見方もできる。
馬群に揉まれると弱いとまでは言わないが、陣営のコメントにもあるように「この馬の走りは不器用」。それを考えると、今回の2枠4番という枠順は少なからず微妙。外目を進める枠ではなく、前が詰まったりインに閉じ込められる危険性もある。鞍上の横山典騎手がどのような位置取りで競馬をするか。そのあたりに注目したい。

前走、皐月賞6着のリルダヴァル
1番枠に入ったこともあって、最後まで馬場の悪いところを走らされるレースだった。『皐月賞・復習』にも書いたように、この馬に関しては良馬場で見直せる部分が大きい。馬場の良い東京ならば、前走以上のパフォーマンスを期待できそうだし、野路菊Sで見せた潜在能力の高さを発揮できるかもしれない。
休養明け3走目。陣営いわく、何とか間に合った感があった皐月賞よりも状態は上向きとのこと。決め手を活かせる展開になれば、上位に食い込んでくる可能性も高いだろう。
問題は中2週続きのローテーション。骨折明けだった毎日杯の時に比べれば、状態はたしかに上向きだろうが、続けて2回の関東遠征だけでもかなりの負担になるはずだ。仕上がり途上だったとはいえ、前走・皐月賞の馬体重はマイナス10キロ。反動の心配がないとは言い切れない。直前の気配には注意が必要だろう。

皐月賞11着のエイシンアポロン
外々を回らされたとはいえ、まったく伸びを欠いたレース内容は、結果的にこの馬には2000mの距離が長いことを証明する形になった。その意味では、マイル戦線に鉾先を向けてきたのは正解だろう。マイルはデイリー杯と朝日杯FSの2戦を走っていずれも2着。距離短縮で見直せる1頭だ。
ただし、坂路調教49秒8という“究極の仕上げ”で臨んだ皐月賞の後だけに、上積みは疑問。中2週での参戦となれば、状態面が戻っているかどうかの不安もある。マイルがベストと思われる馬でありながら、それほどの人気になっていないのは、今回は割り引き材料が大きいと判断されたからかもしれない。

マイル重賞・シンザン記念を制したガルボ
前走の皐月賞は13着に敗れたが、休み明けの上、外々を回らされる競馬になったことが敗因。陣営にしても、当初は2000mの距離を不安視していた面もあり、ある意味“納得できる負け”だったはずだ。
叩き2戦目で適距離に戻るのはプラス材料。東京コースも1400mではあるが2戦2勝の実績。伏兵の中では最も変わり身を期待できる1頭かもしれない。
あとは、瞬発力を求められる時計勝負になった場合にどうかだろう。朝日杯(4着)とシンザン記念の走りを見る限り、ヨーイドンの追い比べになると若干見劣るような気もする。脚の使いどころがポイントになりそうだ。

ニュージーランドT2着のダイワバーバリアン
朝日杯3着の実績があり、デビュー以来掲示板を外したことのない堅実派である。この馬の好走パターンは、前に馬を置いて折り合い、直線で抜け出す形。その点、今回の最内枠は陣営の言う通り「理想」だろう。一気の差し脚で勝負するタイプではないので、馬場の良い内をロスなく回れるのも好材料だ。もともと折り合い面に不安があった馬だけに、マイル戦ならばこれまで以上の結果を残す可能性もある。
課題はゲート。3走前、2走前に見せた出遅れ癖は少々気掛かりだ。最内枠での出遅れは、好位で競馬をしたい馬にとって致命傷にもなりかねない。

ニュージーランドT3着のレト
“相手なり”という意味では、ダイワバーバリアンと並ぶ堅実な走りを見せている。人気薄でマイル重賞連続3着という結果は、一見地味ではあるが、地力強化と考えれば侮れない。
勝ち負けを期待できるだけのインパクトには欠けるが、大崩れのない馬。今回も人気がないだけに、ヒモ穴候補としては面白い存在だろう。

アーリントンCで逃げ切り勝ちをおさめたコスモセンサー
前走のニュージーランドTは、外枠からハナを奪いに行った分だけ脚を使わされたレース。加えて、サンライズプリンスにマークされる厳しい展開。7着に敗退したが、自分のレースができたとは言えない内容だった。
今回はポジションを取りやすい1枠2番。ハナを主張するエーシンダックマンの存在がどうかだが、陣営は「逃げにはこだわらない」とコメント。実際、レコードをマークした4走前のかえで賞(京都・芝・1400m)は差し切り勝ちだった。自在性のある先行馬と考えてもいいだろう。
マイルまでの距離経験しかない馬だけに、長い直線を押し切るだけの脚があるかどうかがカギ。先行有利の馬場を味方につけることができれば、粘り込みがあってもおかしくない。

他では、牝馬のサウンドバリアー、ファルコンS1・2着馬のエーシンホワイティとトシギャングスター、前走のニュージーランドT(4着)で復活の兆しを見せたキョウエイアシュラなどが、専門紙等の穴候補に推されている。しかし、これらはいずれも末脚勝負に賭ける馬で、“展開頼み”の感は否めない。
むしろ、面白そうに思えるのはシゲルモトナリ。ベストの1400mより1F長い距離を克服できればという条件付きにはなるが、好位で競馬のできるこの馬は、先行有利な現状の馬場に向いているかもしれない。


■天皇賞(春)・復習

天皇賞・春は2番人気のジャガーメイルが快勝。
これまで重賞勝ちに手が届かなかった馬が、見事GⅠ制覇を成し遂げた。

良馬場で行われながらレコードよりも2秒以上遅い勝ち時計(3分15秒7)からもわかるように、レースはスローペース。前半よりも後半が少しずつ速くなる緩みのないラップとなり、基本的には、先行馬に有利な流れだったと言えるだろう。
道中、中団で追走していたジャガーメイルは、最後の4コーナーでは5番手まで進出。直線で先に抜け出したマイネルキッツを目標に定めると、1完歩ずつその差を詰め、ゴール前でキッチリ差し切った。
上がりはメンバー最速の33秒7で、これは2006年のディープインパクトに次ぐ歴代2位の数字。自分から動いて、なおかつ瞬発力で相手をねじ伏せたのであるから、これはまさに“完璧な勝利”と呼べるもの。この馬の高い能力がいかんなく発揮されたレースだった。
ウィリアムズ騎手の騎乗も見事だった。何度もVTRを見て研究し、追い切りに跨がり感触を掴み、騎乗経験のあるキネーン騎手にアドバイスを受けるなど、万全の準備をした上で臨んだレース。コメントの中に「何の不安もなかった」とあるように、馬の力を信じたことが好騎乗に結びついたのだろう。
唯一不安に思えた状態面にしても、8キロ減ではあったものの絶好の仕上がり。香港のレースで好走できたことは、環境の変化に順応できるタイプの証明でもあったわけであるから、GW渋滞での輸送云々は大した問題ではなかったのかもしれない。
いずれにしても、今回の勝利はすべて納得のいく内容。今後については海外参戦等のプランもあるようだが、期待したいのはやはり秋のジャパンカップ。得意とする府中の馬場で最高の走りを見せてもらいたい。

2着はマイネルキッツ。
外枠に入ったことで、どのような競馬をするかを注目していたが、今回は思い切った先行策をとった。松岡騎手は「枠が決まった時点で前でレースをしようと思った」とコメント。近走の内容を見る限り、行き脚がつくかどうかの不安もあったが、楽に番手に取り付くと、最後は直線で抜け出し後続を突き離す正攻法の競馬を見せてくれた。先導したのはミッキーペトラでも、レースを作ったのは間違いなくこの馬。最後はジャガーメイルの末脚に屈したものの、完璧なレース運びだった。
大変失礼な言い方ではあるが、今回のレースで松岡騎手の技術を改めて見直した。展開とポジションを判断した上での先行策、決め手勝負を避けるための道中のペースの上げ方、そして先頭に立つタイミング。これらはすべて「天皇賞・春を勝つための乗り方」である。GⅠの大舞台で近走とは全く異なる騎乗法。1回目の下り坂での位置取りを見て、思わず「巧い!」と声を上げてしまった。
もちろん、鞍上の意に応えて先行力を見せたマイネルキッツ自身の走りも評価すべきもの。このあたりはGⅠ馬の底力とも言えるだろう。7歳馬ではあるが、これからも強い競馬を見せてほしい馬である。

5馬身差離れた3着には16番人気のメイショウドンタク。3連単91万の波乱の立て役者となった。
展開に恵まれ、流れ込んだ3着とはいえ、結果は結果。最後まで止まらずに走り切った点と3コーナー過ぎからマクリ気味に動いた騎乗については高く評価したい。
好走要因のひとつはブリンカー効果だろう。武幸騎手も「ブリンカーのおかけでレースに集中していた」とコメントしている。本田調教師は戦前、「行く馬がいなかったら内枠を利して行ったもいい」と言っていたが、“前が有利”を前提にした予想ならば、ブリンカー+先行策表明のこの馬にも注目できたかもしれない。
年明けから2400m以上のレースを4戦使っているローテーションは、マイナス材料にしか思えなかったが、終わってみれば“無尽蔵のスタミナの持ち主”という見方もできる。成長途上の4歳馬だけに、今後の長距離路線で頭角を表わしてくる可能性もあるだろう。

4着のナムラクレセント。
『予習』では「適距離をどう判断するかがポイント」と書いたが、道中行きたがって折り合いに苦労していたところを見ると、近走の陣営の使い方通り2000m前後に向いている馬なのかもしれない。
流れに乗れば33秒台の末脚を発揮できる馬なので、今後のレースの選択によっては、十分見直せるはず。逃げ切り勝ちがあったり、後方からの差し切りがあったり、脚質の幅があることは長所にも思えるが、現時点では“器用貧乏”のイメージもある。今後の課題は、ある程度“自分の型”を持つことだろう。

5着はエアジパング。
『予習』で気になる1頭として取り上げた馬だが、個人的にはメイショウドンタクのポジション(内外の違いはあるが)と走りを期待していた。インをロスなく回ってきたが、直線入り口で後ろにいたトーセンクラウンに乗り上げられてブレーキがかかったのが痛かった。もっとも、岩田騎手によれば「イメージ通りで力は出せた」とのこと。GⅠで掲示板ならば、大健闘と評価すべきかもしれない。

1番人気のフォゲッタブルは6着。
ジャガーメイルと並ぶようにして4コーナーに向かってきたが、そこからの反応がまったくなし。最終的には勝ち馬から2秒近く離された。
敗因はやはり調整の問題。池江調教師も「最後は間隔が空いたツケが出た」と淡々とコメント。万全の状態でなかったのであれば、止むを得ない敗戦だろう。
明確な敗因がわかっている以上、次走の立て直しは必至。ファンの多くが将来性を期待している馬なので、ベストの状態で今一度強い競馬を見せてほしい。

今回のレースはトーセンクラウンの斜行のために、後方にいた多くの馬が不利を受けた。
GⅠでこのようなことが起こるのは残念な限りである。
ただし、レースの流れを考えると、仮に不利がなかったとしても後方からの競馬で届いた馬がいたかどうかは疑問。実際、直接不利を受けたわけではない3番人気のジャミールにしても、直線だけの競馬で7着止まり。どれだけ末脚がキレたとしても、1・2着馬を追い詰めるところまではいかなかったと思われる。
先にも述べたように、このレースは「マイネルキッツが自分が勝つための流れを演出したレース」だった。それだけに、ジャガーメイルの強さが余計に際立って見えるのである。
審議→降着があったために、後味は悪くなってしまったが、1・2着馬の走りはGⅠレースにふさわしい“高いレベルでの力のぶつかり合い”だったのではないだろうか。





■天皇賞(春)・結果

2010年5月2日 3回京都4日10R
第141回 天皇賞・春(GⅠ)
芝・3200m 晴・良

 1着 ジャガーメイル     ウィリアムズ  3.15.7
 2着 マイネルキッツ      松岡        3/4
 3着 メイショウドンタク     武幸         5

単勝 12  590円(2番人気)
馬連 12-16 2320円  馬単 12→16 4190円
3連複 4-12-16 208890円  3連単 12→16→4 911660円

■天皇賞(春)・予習

伝統の古馬長距離GⅠ、天皇賞・春。
フルゲート18頭。加えて、グランプリホースのドリームジャーニーが出走を回避したことで、にわかに混戦ムードが強まった。
「過去10年の連対馬20頭のうち15頭が2400m以上の重賞勝ち馬」というデータが示すように、本来ならば距離適性と実績が重視されるレース。ただし、GⅠ馬がマイネルキッツ1頭という今年のメンバーでは、伏兵が台頭する可能性も考えられる。馬券的には絞り込みの難しいレースと言えそうだ。

前日売りの段階での1番人気は4歳馬のフォゲッタブル
菊花賞2着、ステイヤーズS1着、ダイヤモンドS1着。長距離戦における実績は十分評価できる。特に、前走のダイヤモンドSは、内の先行馬に有利な展開でありながら、直線一気の差し切り勝ち。スタミナに加え、非凡な瞬発力を見せつけた一戦でもあった。
昨年秋以降の充実ぶりは、ダンスインザダーク×エアグルーヴの良血が開花した印象。まだまだ伸びしろの見込める4歳馬ということで、今後の活躍に対する期待度も大きい。
ただし、今回に限っては状態面で不安がある。
最初から目標は春天だったとはいえ、ダイヤモンドS後に体調が戻らなかったために、ステップに考えていた阪神大賞典を使えなかったのは大きな誤算。直前の追い切りはそこそこ動いたものの、1週前の時点では馬に覇気がなく状態を不安視する声も多かった。思えば、昨年夏から使い詰めだった馬。長距離の激戦が続いたことで蓄積されていた疲労が一気に出たとも考えられる。
万全の状態ならば文句なしの有力候補。どこまで体調が回復しているかがポイントだろう。

昨年の覇者・マイネルキッツ
その後のレースでは精彩を欠いていたが、前走の日経賞では他馬よりも重い59キロを背負いながら1着。目標のレースが近づくにつれて着実に状態を上げているという見方もできる。前走後は早目に栗東に入厩して調整。蓄膿症を患うアクシデントはあったものの、ここまでは順調に仕上げられているようだ。
この馬の場合、ひとつの好走パターンが見て取れる。それは、内ラチ沿いをロスなく回って終盤まで脚を溜めること。昨年の春天も前走の日経賞もそうだった。
それを考えると、今回の枠順(8枠16番)は決して有利とは思えない。最初のコーナーまでの距離が短いため、内枠の方が好位をキープしやすいからだ。外々を回らずうまくインに潜り込めるかどうか。このあたりは松岡騎手の乗り方に注目したい。
もうひとつ不安点をあげるならば、近走の走りが昨年と違ってきていること。
昨年のマイネルキッツは、前哨戦の日経賞(2着)でも本番の春天でも、3コーナーからマクり気味にポジションを上げて、直線で前を射程圏に捕らえるレースをしていた。ところが、近走では、三浦皇成騎手が乗った3走前の有馬記念以外は4コーナー10番手以降の競馬。道中、自分から動けなくなったようにも見える。もしかしたら年齢的な影響があるのかもしれない。瞬発力で勝負するタイプとは言えないだけに、少々気になる材料だ。

前走、京都記念2着のジャガーメイル
ブエナビスタを半馬身差まで追い詰め、ドリームジャーニーに先着したレース内容は、この馬の能力の高さを証明したという声もある。2年連続で国際GⅠの香港ヴァースで好走(3着、4着)するなど、潜在能力に関しては折り紙付き。重賞未勝利とはいえ、そのすべてが掲示板に載る成績。GⅠで勝ち負けになっても決して不思議ではない。
昨年のこのレースは直線だけの競馬で5着。前走のようにある程度前でレースを進めた方がいいように思える。
問題があるとすれば、直前の調教。
追い切りそのものは、各紙が絶賛したように破格の時計が出たが、反面、仕上がり過ぎではないかという不安もある。というのも、ゴールデンウィークの渋滞と重なる輸送があるからだ。調教後の馬体重はプラスマイナスゼロ。能力的には有力候補の1頭だが、直前の状態については慎重にチェックした方がいいかもしれない。

前哨戦の阪神大賞典を制したトウカイトリック
もともと3000m以上のレースで良績があったとはいえ、8歳にして3000mのGⅡ勝ちは見事。衰えを感じさせない走りだった。
春天は過去4回挑戦して9着、3着、7着、6着。ただし、今年の場合、万葉Sと阪神大賞典の2勝を上げての参戦であり、もっとも充実した臨戦過程と考えることもできる。GⅠではもう一歩というイメージが強かったが、今年のメンバーならば好勝負になる可能性も高いだろう。
鞍上は2走続けて藤田騎手。前走は3コーナー手前から手綱をしごいていたが、最後まで気を緩めずに走り切ったところを見ると、この馬には“追えるジョッキー”の方が合うのかもしれない。
気になる点をあげるならば、スローの瞬発力勝負になった場合。
前走の阪神大賞典は、ホクトスルタンの逃げによる緩みのない平均ペース。消耗戦を得意とするこの馬向きの流れだった。対して今回は、ホクトスルタンが除外されたことで“スローペース必至”とも言われている。軽視は禁物だが、展開の向き・不向きが左右するかもしれない。

阪神大賞典2着のジャミール
近5走はすべて2200m以上のレースでいずれも馬券圏内という安定感。上がり馬の勢いも魅力の1頭だ。
前走は久々の昇級戦にも関わらずクビ差の2着。トウカイトリックとは逆にスローの瞬発力勝負が得意と思えるだけに、本番の流れはこの馬向きになるかもしれない(実際に前売りの人気はジャミールの方がトウカイトリックよりも上位)。
とは言うものの、やはり経験不足の感は否めない。一気にGⅠの頂点にまで昇りつめる可能性はないとは言えないが、2走前に準オープンを走っていた馬が春天で連対したケースは過去10年で一度もない。
馬格のない馬なので2キロの斤量増も不安要素。「今年のメンバーならば十分勝負になる」という評価も多いが、この馬にとって試金石の一戦であることは間違いない。

阪神大賞典3着のメイショウベルーガ
それまで〈0.0.1.3〉と不得手としていた阪神コースでクビ・ハナ差の3着は、この馬の充実ぶりを示す結果とも受け取れる。今回、得意とする京都コースに替わるのはプラス材料。牝馬とはいえ侮れない存在だ。
2週後のヴィウトリアマイルではなく春天に出走してきたことも、陣営がマイルへの距離短縮よりも延長の方が向いていると判断したからだろう。
ただし、不得手のコースで56キロを背負っての激走となれば、中5週の間隔があるとはいえ、やはり反動が気になる。実際、昨年重馬場で激走した阪神大賞典組は本番では掲示板に載ることもできなかった。直前の追い切りが軽目だったことも、体調面に影響残っていたからという推測もできる。
末脚のキレる馬ではあるが、理想はスローの瞬発力勝負ではなく速いペース。ここ2戦、牡馬相手に結果を残しているが、過信は禁物だろう。

前走、大阪杯を制したテイエムアンコール
6歳にして“本格化”の印象があり、初のGⅠでも好勝負を期待できるかもしれない。
問題は距離。
「オペラハウス産駒ならばこなさる」という意見もあるようだが、1800~2000mを主戦場としている馬にとって、一気の距離延長はやはり不安材料。まして、スローペースとなれば、折り合いが重要課題。“うまく前に壁を作って直線で抜け出す競馬ができれば”という条件付きになりそうだ。
ちなみに、大阪杯を使って春天で連対した馬には、テイエムオペラオー、メイショウサムソン、ヒシミラクルなどがいるが、これらの馬には菊花賞でも好走していたという共通点があった。

同じくオペラハウス産駒のトーセンクラウンは2500mの日経賞3着からの臨戦。距離適性に関してはテイエムアンコールよりは信頼性が高いだろう。
ただし、今回は初の関西圏(京都・阪神)での競馬であり、不向きな瞬発力勝負が予想されるため、マイナス材料が目立つ。意外性のある馬だけに、混戦になるほど軽視できないようにも思えるが、条件的には厳しそうだ。

菊花賞3着の実績を持つナムラクレセント
前走の日経賞は8着に敗れたが、休み明けの上に稍重馬場の影響もあったようだ。叩き2戦目で京都外回りコースに替わるのは好材料だろう。
この馬に関しては、適距離をどう考えるかがポイントだろう。
休養前には毎日王冠、鳴尾記念といった1800m~2000mのレースを使っているが、長距離実績〈1.1.2.3〉という数字を見ると、必ずしも適距離ではなかったという見方もできる。
一方で、毎日王冠や鳴尾記念を使ったことは、陣営が2000m前後を適距離と判断したからという推測も成り立つ。
はたしてこの馬は長距離向きなのかどうか。そのあたりの判断が、買い目の取捨選択につながるだろう。

前走、日経賞2着のエアシェイディ
昨年の有馬記念の3着馬でもあり、実績では上位の評価を与えても差し支えないだろう。今年で9歳になるが、衰えを感じさせない馬体と走りには頭が下がる。
この馬の課題は輸送。
9歳でありながら、これまで京都・阪神でのレースに3戦しか出走していないのは、輸送によって調子を崩すことを避けていたからにほかならない。年齢を重ねたことでそのあたりをクリアできるかどうかがカギ。直前の気配には注意を払いたい。

文中でもふれたように、逃げ濃厚と見られていたホクトスルタンが除外になったために、スローペースになる公算が高いと言われている。
となれば、展開面で有利と思えるのは、スタミナのある先行馬と自分から動ける馬だろう。
ミッキーペトラの逃げ残りも頭に入れておいた方がいいかもしれないが、個人的に気になるのは1枠2番のエアジパング
2年前のステイヤーズSではスローの流れから直線抜け出して1着。昨年の札幌日経OPも同様の競馬で制している(この時は59キロの斤量)。内枠を活かして好位からの競馬ができれば、粘り込みがあるかもしれない。



カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。