■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■夏休みのお知らせ

競馬のツボ<ブログ版>にご来訪いただき
ありがとうございます。

大変申し訳ありませんが、
今週(8月16日分)のブログはお休みさせていただきます。
(人並みにお盆休みをとらせていただきます)

8月23日のGⅡ・札幌記念で復帰の予定です。
よろしくお願いいたします。

ちなみに、今週の重賞でなんとなく気になる馬(有力馬以外で)は次の通りです。

●北九州記念
 クールシャローン、サンダルフォン、コウユーキズナ
●クイーンS
 アメジストリング、マイネカンナ


暑い日が続いています。
体調に気をつけてお過ごしください。


安東 裕章

スポンサーサイト

■コメント

■ [うに]

お休み中のところ申し訳ないですが、アドバイスをお願いします。

私はある程度予想をしておいて、馬体重をチェックしてから最終的に買い目を決めるのですが、それでせっかく拾っていた馬を消して(馬体増で)しまって、悔しい思いを何回かしました。

“競馬のツボ”のレースサンプルでは、当日の馬体重には触れずに、ほとんど馬柱表の情報から買い目を決めていらっしゃるようですが、その日チェックするのは馬場状態ぐらいでいいでしょうか?

あと、「好走が期待できる穴馬を軸にする」が自信無くてなかなかできません。
同じ軸なら好走しそうな人気馬の方を軸にしてしまいます。
でもお陰様で、“ツボ”を読んでから当たるようになってきました。今も何回も読み返しております。
長くなりましたが、お体に気をつけてください。応援しています!

■うにさんへ [安東 裕章]

馬の状態をきちんと見極めるためにも、「馬体重」や「パドックの気配」をチェックしてから買い目を決めた方が、より確実な予想になると思います。

『競馬のツボ』で当日の情報(馬体重・パドック)に関して言及していない理由は、競馬ファンの中には馬体重が発表される時間よりも前に馬券を買わなくてはならない人も多いからです。あくまで馬柱表を基にした予想の組み立て方をテーマにしているのはそのためです。
実際、私も、午後に仕事があるために午前中のうちにその日の馬券をまとめて買うことが多く(馬場状態に関しては午前中の馬場状態とその日の天気で判断します)、当然、自分が実践していないことを本に書くわけにはいきません。(『ツボ2』の中に書いた「2008年の皐月賞」のように、馬体重を確認しようと決めたレースもありますが・・・)

馬券を買うにあたって馬体重を確認できるだけの時間的余裕があるのならば、検討材料のひとつとして扱った方がいいのではないでしょうか。その場合、体重の増減がその馬にとって好材料なのかどうかがポイントになるでしょう。近走の成績と馬体重に相関性があるかどうか。「前走の敗因は太め残り」「使い減りしていた体が放牧で回復した」といったコメントも参考になるかもしれません。

軸馬に関しては、人気云々よりも、まず“信頼できる馬”を見つけることが大事でしょうね。
これからもがんばってください!


安東 裕章

■ありがとうございます。 [うに]

丁寧にお答えくださって、ありがとうございます。
とても参考になりました。
“ツボ”を読んでから、競馬にはまってしまいました。
一生の趣味になりそうです。

ブログ楽しみにしています。頑張ってください。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。