■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ローズS・予習

秋華賞トライアル・ローズS。
3歳秋のGⅠトライアルのポイントは、「春の実績馬の成長」と「夏の上がり馬の能力」を見極めることだが、特に今年の3歳牝馬戦線の場合、ブエナビスタという世代の中心馬が存在するため、「本番の秋華賞でブエナビスタと好勝負できるのはどの馬か」という着眼点も必要になるだろう。

前売り段階で単勝1.3倍の1番人気に支持されているレッドディザイア。過去4戦、ブエナビスタ以外に先着されたことはなく(桜花賞では0.1秒差、オークスではハナ差)、当然ながら、ブエナ不在のこのレースではナンバー1の評価が与えられる。
専門紙の記者、そして我々競馬ファンの注目は、「春よりどれくらい強くなっているか」の一点。調教の評価も高く、また、陣営も「ここを勝って本番で(ブエナビスタと)再戦」とコメントしているように、先を見据えた上での半端な仕上げではないようだ。配当的な妙味は薄いが、やはり、この馬を軸候補と考えるのが正解に違いない。

相手候補として名前が挙げられているのは、栗東・藤原英厩舎の3頭。

ジェルミナルは桜花賞・オークスでともに3着。そうした実績から、ブエナビスタ、レッドディザイアに次ぐ“3番手の馬”という見方が強い。もっとも、オークスでは2頭に0.5秒差をつけられていることから、必ずしも“強い3番手”とは言い切れず、成長の差、あるいは仕上がりの差によって、今回、他馬との逆転があってもおかしくない。
特に、仕上がりに関しては、1週前の追い切りを外傷のために自重したことは気になるし、「今回のレースで試してみたいこともある」という陣営のコメントにしても、どこか“試走”を匂わす部分がある。競馬センスの非凡な馬だけに、レースになれば、そこそこの走りを見せてくれるとは思うが・・・。

オークス4着馬のブロードストリート。春先は素質だけで走っていたという評価もあり、今回のレースでは、その成長度に注目したい1頭。伸びしろに関しては、ジェルミナル以上の魅力がある。
ただし、「春の疲れが抜け切れず追い切りの本数が足りない」という陣営のコメントもあるため、狙い時はむしろ本番の方かもしれない(今回は軽視とまでは言い切れないが)。今後に期待をつなげる走りができるかどうかが、この馬を見るポイントになるだろう。

藤原英厩舎の3頭の中で、専門紙の評価が最も高いのがワイドサファイア。オークスでは放馬のために除外となり、ブエナビスタとの力の差を測ることができなかったが、遡れば、エルフィンSでレッドディザイアに着差なしの2着の実績を持っている。「春は体質が弱かったが今では併せ馬もできるようになった」と陣営もかなりの勝負モード。実際、同厩の3頭の中では、最も早く放牧先から戻り、このレースに向けての調整が続けられていた。成長を裏付ける要素があるとなれば、“本番でブエナビスタの好敵手になれば”という期待感も高まる。
もっとも、エルフィンSの結果だけで、今回もレッドディザイアと好勝負ができるという考え方には無理があるし、実際、春のフローラSの走りを見た限りでは、思っていた以上に“キレない”印象が強かった。はたして、どこまで馬が変わっているか。注目してみたい。

昨年暮れの阪神JFの走りから、ブエナビスタのライバルとまで呼ばれたミクロコスモス(前売り2番人気)。その後は、桜花賞にもオークスにも出走できずに終わったが、休み明けの前走・1000万条件で復帰を飾り、再びクラシック戦線に駒を進めてきた。鞍上の武豊騎手ともども、この秋は仕切り直しといきたいところだろう。
この馬の場合、折り合いと展開に左右される脚質がネックだった。今回はそれがどこまで改善されているかが注目点になる。人気の理由としては、前走の大倉山特別の優秀な勝ち時計(札幌芝・1800mで1分47秒4、上がり3F・33秒8)が取り上げられているが、13頭立て(少頭数)の大外13番に入ったことで、折り合いをつける競馬をしやすかった部分もかなり大きい。今回はフルゲート18頭の9番枠。馬群に包まれた時に同じレースができるかどうか。阪神の外回りコースはこの馬の脚質にとって有利であるには違いないが・・・。

“レッドディザイア・一本かぶり”のレース、複勝圏に人気薄が入ってくる可能性はあるだろうか。
いずれも、好走には「たら・れば」の付く馬になるが、何頭か挙げておきたい。

牡馬混合のGⅠ・NHKマイルCで5着に入ったワンカラット。この馬の場合、“距離をこなせれば”という条件が付くが、さらに2F長くなる本番の秋華賞よりも、このレースが勝負になるはず。先行しても、後方からの競馬でも、それなりの脚を使える馬なので、ヒモの候補として考えておいてもいいかもしれない。
同じく、“距離をこなせれば”の仮定の上で、気になるのがアイアムカミノマゴ。桜花賞以来の実戦となるが、春のクラシック戦線を賑わしていた馬だけに、ひと夏を越した今回の走りには注目してみたい。
桜花賞と同日に行われたOP・忘れな草賞以来となるヒカルアマランサスは、デビュー3戦で26キロ減った“体が戻っていれば”という条件付き。新馬・500万を連勝した時の走りが高い評価を受けていただけに、潜在的な能力が発揮できれば、激走もあるかもしれない。
夏の上がり馬の中では、まず、小倉で未勝利・500万を連勝したイタリアンレッド。格上挑戦になるが、勢いを重視した場合、侮れない1頭だ。調教も自己ベストをマーク。大外枠が若干不利のようにも思えるが、“実績馬との力関係に差がなければ”面白い存在だ。
もう1頭あげれば、関東馬のクーデグレイス。ここ3走はいずれも芝・1800mで連対。時計の比較(芝・1800m)に限れば、2番人気のミクロコスモスに次ぐタイムを持っている。イタリアンレッド同様、相手関係がカギになるが、3着ならばまったく可能性がないとは言えないだろう。


この日、中山では、菊花賞トライアルのセントライト記念が行われるが、このレースもローズS同様、「春の実績馬の成長」と「夏の上がり馬の能力」に注目してみたい。
ダービー4着のナカヤマフェスタの仕上がり。連勝中のアドマイヤメジャーの走り。夏の新潟で古馬相手に好走した、セイクリッドバレーとトウショウデザート。新潟で1走して得意の中山コースで勝負をかけるヒカルマイステージ。さらに、良血のフォゲッタブルあたりにも注目だ。
穴っぽいところでは、美浦に入厩し、独自の調整をしてきた関西馬のミッキーペトラ。16キロ増だった前走を除けば、長距離戦では〈2.0.2.0〉の実績を持つロードパンサーあたりが面白いかもしれない。




スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。