■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■朝日杯FS・復習

バラ一族悲願のGⅠ制覇!
2歳王者決定戦・朝日杯FSは、1番人気に支持されたローズキングダムの“完勝”で幕を閉じた。

それにしても強い勝ち方だった。
好位置をキープできるスタートのダッシュ力。道中で脚を溜められる折り合いの良さ。追い出すと同時に反応できる瞬発力と後続を突きはなす加速力。2歳の暮れの時点で、この完成度は驚きである。
懸念されていた“マイルの流れへの対応”も難なくクリア。440キロ台の小柄な馬体のため、見た目の迫力にはいくぶん欠けるものの、それを補って余りある“センスの良さ”が光るレースだった。
朝日杯については、「マイラー系が好走するため春のクラシックにはつながらない」という通説がある。しかし、今年の場合はあてはまらないだろう。どんな流れにも対応できる“脚質の自在性”と、好位から抜け出して差し切る“正攻法の走り”。ダービー馬のキングカメハメハとオークス首差2着のローズバドという血統を持ち出すまでもなく、距離が伸びることの関しての不安は感じられない。実際、橋口調教師は「最終目標はダービー」と公言しているし、一部のスポーツ紙には「皐月賞当確!」という見出しまで躍っている。
いずれにしても、今回のレースでクラシックの有力候補が現われたことは、我々競馬ファンにとっては嬉しいかぎり。今後、どのような走りを見せてくれるのか、楽しみが膨らむばかりである。

2着は2番人気のエイシンアポロン。「完璧なレースができた」という池添騎手のコメントの通り、能力を発揮した上での2着と言っていいだろう。
スタートでポジションを取りにいっても掛かるところはなかったし、好位の外側に付けて直線で抜け出す形も理想的だった。最後はローズキングダムのキレ味に屈したが、3着馬に2馬身差をつけたのだから、この馬の能力の高さは十分評価できるはずだ。
もっとも、クラシック戦線で活躍できるタイプかというと、少なからず疑問である。脚を溜めて瞬発力で勝負する形ではなく、速い流れに乗って好位から抜け出す方が力を発揮できる馬。距離が伸びるほどスローの上がり勝負になりやすい昨今のレース形態を考えれば、現時点ではマイル戦線に活躍の場を求めた方が賢明のように思える。

3着のダイワバーバリアンは、内枠を活かした巧いレース運びが好走に結びついた。前に馬を置いて、好位のインで脚を溜める作戦。この馬もまた、理想的な競馬ができたと言えるだろう。
重賞勝ちのある1・2着馬には大きく水を開けられたが、これは“完成度の違い”によるもの。まだまだ走りに堅さがあるし、追い出してから加速するまでの反応も鋭くない。今回、ソエの悩みが解消されたのであれば、中間の調教や仕上げもハードになり、馬の成長にもつながるはず。そういう意味では、今後に期待したい1頭だ。

4着には12番人気のガルボが入った。2枠3番という枠順に恵まれた部分も大きいが、未勝利戦勝ちからGⅠに挑戦ということを考えれば大健闘だろう。特に、最後の伸び脚には非凡なものさえ感じた。次走、自己条件を圧勝して、クラシックのトライアルでも結果を出せるようならば、本番で台頭してくる可能性もあるかもしれない。
吉田隼騎手は「まだ揉まれ弱い面がある」とコメント。ダイワバーバリアンの後ろに付けながら、さらに離れた外側に持ち出す形になったのはそのためだろう。この馬についても、今後どのように成長するかが楽しみだ。

5着のニシノメイゲツは大外枠が響いた。向正面からマクってくるかとも思ったが、結局は後方まま。折り合い重視の直線勝負だったのかもしれないが、今回のレースの流れでは厳しかった。
とはいえ、もっとも不利な枠順からでも掲示板を確保した結果には、ある程度の評価はできる。少なくとも“中山巧者”であることは間違いないだろう。

ダイワバーバリアンやガルボと同様、今後の成長を期待したいのは、6着のキングレオポルド。道中、掛かり気味に走ったせいもあって、直線では伸びを欠いたが、速さそのものはまったく見劣りしなかった。今後、経験を積んでいけば、マイルでもスプリントでも通用するスピード馬になれるかもしれない。

3番人気で14着に敗れたトーセンファントム。『予習』の中でも指摘したように、後方からマクっていけるかどうかがカギに思えたが、内田騎手がポジションを上げようとすると引っ掛かるチグハグな競馬。道中、スムーズさを欠いたためか、直線で追い出してもまったく伸びなかった。
「あそこまで止まるかなあ」と案じていたところ、レース後に故障が判明。「今回のレースでは“消し”だが、直線が長く広いコースでは見直せる」と判断していたのだが・・・。素質の高さが評価されていた馬だけに残念でならない。

先にも述べたように、今回のレースではクラシックの有力候補が現われた。言い換えれば、“能力の比較基準になる馬”が現われたということである。
今週末のラジオNIKKEI杯2歳Sにも、素質馬と評されている馬が登場する予定だが、“ローズキングダムと戦ったしたらどうだろうか”という見方もできるようになる。
と、同時に、今回ローズキングダムに敗れた馬たちが、今後そのようにその差を縮めていくかという興味も生まれてくる。
先週の阪神JFの時と同じ結びになるが、これから一戦一戦が目の離せないレースが続きそうだ。





スポンサーサイト

■コメント

■参考になります [電気羊]

今週も二歳戦は買わず。
阪神カップのキンシャサノキセキ、出遅れながらよく勝ちましたね。一枚格が上だなと感じました。

ところで今回の朝日FSの予習では、過去の傾向から二つのポイントを挙げられていました。私もGIに限らず過去の同レース(または同条件のレース)を調べるのですが、安東さんが特に注意して見られる点などありますか?

ちなみに私は馬券に絡んだ馬がどんな条件──コース、距離、近走、格など──で好走したかをまずは確認しています。“十馬十色”ではありますが、特に人気薄で馬券圏内に入った馬の戦績に着目すると、先週のように「シブイ!」と言って頂けるような馬券も、時に買うことができます(笑)



■復習 [ECO]

安東さま、毎度です。今週土日重賞単複勝は一引き分け二敗でした。日曜日は両重賞四着と掲示板にはのりましたが、馬券はトントンでした。キングハメハメハ産駒は正直つかみにくかったんですが、しかし偉いのがでてきましたね。クラシックならびに年間活躍してほしいですね。またまたパーフェクト馬券目指して、反省し備えます。

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。

過去のレース傾向については、一応データに目を通すようにしています。
内容は、電気羊さんと同じで、コース、距離、近走、格などの好走要因が中心です。
あと、データそのものよりも、過去のレースがどのような展開だったかを思い出すための確認、という意味もありますね。
それをヒントにして、「今年はどういう流れになるか」を考えるようにしています。

気をつけなければいけないのは「データにあてはまらない馬は“消し”」という判断をしないことですね。
データはあくまでデータですから。

■ECOさんへ [安東 裕章]

毎度です!

馬券で勝つのは、本当に難しいですね。
それにしても、「日曜日は両重賞四着」というECOさんのコメント・・・、ガルボを狙われたのでしょうか?(ずばらしい!)

ローズキングダムについては、「ルドルフ級」「ディープ級」といった意見を述べている評論家もいるようです。
競馬界の中心になるような馬が出てきてくれることは嬉しいかぎりです。
“強い馬”として活躍してほしいですね!

■Re: 朝日杯FS・復習 [すだち坊主]

安東さん

ニシノメイゲツ私は今回2歳戦の大外ということで馬券対象から外しましたが、大外からあそこまでくるとは本当に中山巧者ですね。

ローズキングダムは、本当にレースが上手ですね。

■ありがとうございます [電気羊]

『ツボ』やこのブログのおかげで以前ほど字面にこだわると言うか、データ偏重の傾向は少なくなりました。今はレースのポイントや馬に求められる特性をイメージするための一つの材料としています。
それでも今回の阪神カップでは、プレミアムボックスは有力と思いつつ1400M以上の実績がないことで消してしまい後悔しきりです(サンカルロも候補でしたが、こちらは古馬との力関係が読めませんでした)。

「データはデータにすぎない」
まさにその通りですね。あらためて肝に銘じなければ。


■すだち坊主さんへ [安東 裕章]

こんばんは。

阪神JFもそうでしたが、今年の2歳GⅠは「今後どのように成長していくのだろう?」という興味を持たせてくれる馬が多かったように思います。
ローズキングダムはクラシックの中心馬になりそうですね。
あと、個人的には、ニシノメイゲツとエイシンアポロンは“ニュージーランドT”が狙い目のような気がします(あくまで現時点の話ですが・・・)。


■有馬記念 [うに]

こんばんは。
登録馬を見たら、訳わからなくなって悩み中です。
とても5頭に絞れません。差し馬狙いでいいのか、でも前残りもありそうだし…
人気も割れそうですね。安東さんの予習頼みです。


ところで、ちょっとお尋ねしたいのですが、安東さんはいつ休まれているのですか?(いきなりスミマセン!)
私はてっきり競馬関係のお仕事をされているとばかり思っていたのですが、競馬は全くの趣味なんですよね?
それなのに、ほとんどプロ並みの考察ができるほど勉強されていて、どうやって時間を捻出しているのか、不思議で仕方ないのですが。
寝る間も惜しんでいそうですね。(更新時間を見て、たまにびっくりしてます。笑)
お気楽な私とは集中力が違うのでしょうね。

あまりご無理なさらないで程々に頑張って下さいね。…と言いつつ、また質問してしまって申し訳ありません。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。

有馬記念は難しいですね~。
今日、枠順が発表になりましたが、「うーん・・・」という感じです(笑)。

あと、寝る間も惜しんで競馬のことを考えているわけではありませんよ(笑)。
ブログに関しては、仕事が終わってから書くので、どうしても時間が遅くなってしまいますけど。
ただ、『ツボ』の本を書いている時は大変でした。
仕事場のパソコンを使っていたので、家に帰れない日が続きましたー(笑)。
それでなくても、徹夜になる仕事が時々あるので・・・。
でも、自分の趣味で好きなことをしているのですから、まったく苦にはなりませんでした。

さて、今年の競馬もいよいよあと1週。
できれば、有馬記念をバッチリ当てて、
いい気持ちで1年を締めくくりたいですね。
がんばりましょう!

■ありがとうございました。 [うに]

お疲れでしょうに、変な質問して失礼しました。
安東さんの競馬に対する愛情が伝わってきて、こちらまで元気になりました。

有馬記念ですが、当日は悩みすぎて熱が出るかもしれません(笑)。
でも、ここまで目玉商品がそろうと、「どの馬が勝つのかなぁ」と純粋に楽しくなりますね。
せめて納得のいく予想をして、レースを楽しもうと思います。

■ [リーチ&ロジ]

安東さん、はじめまして!
競馬のツボ「1」を購入してからはまり、3まで一気に読破しました。
このブログの存在を本で知って、覘かせてもらいましたが、専門誌の「本紙見解」よりも遥かに為になり、
また鋭い洞察力にはただただ驚くばかりです。

他の方の質問にありましたが、安東さんは競馬関係の仕事をされているわけではなく、あくまで趣味の一環とのことですが、競馬の予習や復習にはどのぐらいの時間を割かれているのでしょうか?
というのも、競馬のツボにもありましたように、
競馬を上達するためには繰り返し復習することが大切で
「分析力」・「推理力」・「記憶力」を養うためにも
復習や次のレースに向けた予習は欠かせないと思うのですが、何分仕事の都合でなかなか時間を取れません。

安東さんのデザイン関係のお仕事も大変かと思いますが
競馬の予習・復習のために敢えて時間を取っているのか
それとも時間の合間を見つけて行っているのか、
復習などは1日にたっぷり時間を取って行うのか、
毎日少しづつ行うのかなど、聞かせていただければと思います。

長文になってしまい申し訳ありません。

■リーチ&ロジさんへ [安東 裕章]

はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。

ご質問の件ですが、競馬はあくまで趣味ですので、当然仕事の方が優先されます。
ですから、どうしても“時間の合間を見つけて”という形になりますね。
競馬のために時間を作るのは、勤め人にはなかなか難しいです。
復習に関しては、レース当日の夜に自分なりの見解(なぜこういう結果になったのかという理由)を見つけて、月曜売りの専門誌やスポーツ紙の記事を見て確認するようにしています。

どのレースも完璧に分析するのは大変だと思います。
私の場合、「先行馬に有利な展開だった」「直線がゴチャついて内に不利があった」というような、そのレースの特徴となるポイントをチェックする習慣を心掛けています。
あとは、「この馬が好走するためにはどういう条件が必要か」といった視点でレースを見るようにしています。

いちばん大事なことは、馬券のアタリ・ハズレよりも、レースそのものに興味を持つことではないかと思います。
とは言っても、馬券を当てるために予想しているわけですが・・・(笑)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。