■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■共同通信杯・予習

過去にはナリタブライアン、メジロブライト、ジャングルポケットといった勝ち馬を輩出し、クラシックを占う意味で重要な一戦と位置付けられている3歳GⅢ・共同通信杯。もっとも、今年の場合は、重賞連対実績のある馬の出走もなく、また、データ的にこのレースで良績を残している“GⅠ・朝日杯FS出走組”もいない。それゆえ、専門紙等でも評されているように、「メンバー的には小粒」といった印象も否めないが、見方を変えれば、これまでの実績に左右されずに“今後の可能性”を考えることもできるということ。その意味では楽しみなレースと言えるだろう。

前日売りの単勝1番人気はアリゼオ
新馬戦、オープン(ホープフルS)を連勝。しかも、初戦は後方からの差し切り、2戦目は好位からの突き離しと、自在の脚を使っている。言うなれば、レースの覚えが早いということで、ある程度完成された馬という判断も成り立つ。
距離に関しても、2000mで2戦2勝であるから、この時期に必要と言われる“距離経験”も十分だ。
「新馬戦で負かした相手がヒルノダムール(ラジオNIKKEI杯4着・若駒S1着)」ということも、この馬の評価を高めている要素のひとつ。単純に能力を比較できるかどうかは別としても、クラシック候補の1頭と戦って勝った経験値は大きいに違いない。
鞍上はルメール騎手。他の有力馬の乗り替わりが目立つ中で、騎乗実績のあるジョッキーが続けて乗ることはプラス材料と考えていいだろう(特に気性面が幼い若駒の場合)。
歴戦の古馬とは違って、不確定要素の多い3歳馬だけに、一本かぶりの単勝人気に応えるだけの信頼性があるとまでは言えないが、“レースの中心馬”であることは間違いない。したがって、他馬に関しては、「アリゼオに勝てる要素があるかどうか」が検討基準になりそうだ。

アリゼオの逆転候補として推す声が多いのは、前走でラジオNIKKEI杯の3着に入ったダノンシャンティ
「ヒルノダムール(4着)に先着」という括りで見ればアリゼオと同じであり、2000mの持ち時計に関しては、アリゼオよりも速いタイムを記録している。
しかし、それ以上に注目されているのは、今回のレースへ向けての仕上げ。松田国調教師は「前走はソエを心配しながらの調整だったが、今回はしっかり追い切った」とコメント。たしかに、中間の本数も多く、調教時計も大幅に短縮されている。軽めの調教でも重賞3着であるならば、大きな変わり身が見込めそうな今回は、それ以上の走りを期待できるかもしれない。
課題は、初の長距離輸送と初の東京コース。この2点をしっかりクリアして、結果を残せるようであれば、今後の展望は大きく広がるはずだ。

東京コース実績を基準にするならば、ハンソデバンドも有力候補。
デビューから4戦してすべて連対いう堅実な成績だが、そのうちの3戦が東京であげたもの。今回と同じ条件の芝1800mは勝ち鞍こそないが2着2回。新馬戦→未勝利の過程でタイムを2秒近く縮めているのも強調できる材料と思える。
不安点は折り合い。陣営も「前半の折り合いがカギ」と認めているし、1800mで2着2回、1600mに短縮して連勝という戦績からもそれは伺い知れる(特に前走のジュニアCはこの馬向きのハイペースだった)。スローペースが予想される今回、道中どれくらいスムーズな走りができるかがポイントになるだろう。

ハンソデバンドと同じく、東京・芝・1800mを経験しているダイワアセット
この馬もデビュー戦→2戦目で4秒以上も時計を短縮した。しかも、その2戦目はGⅢ・東京スポーツ杯2歳S。勝ち馬・ローズキングダム(朝日杯優勝馬)と0.3秒差の5着であれば評価に足りる結果と言えるはずだ。
近2走は中山の500万条件で差のないレースをしているが、内容的には「内にササって追えない競馬」(陣営談)。左回りコースに替わることで、それが解消されるようであれば、好走の可能性も十分ある。粗削りの部分も多いが、未知数の魅力も備えた1頭でもある。

夏の札幌以来、5カ月半ぶりのレースとなるタイセイレジェンド
新馬戦ではアドマイヤテンクウ(京成杯2着)に先着、未勝利戦ではレッドスパークル(同3着)に先着と、なかなか骨っぽい相手と対戦している。
“矢作厩舎の休み明け”といえば、先週のグロリアスノア(根岸S1着)が頭をよぎるが、今回はそれに加えて初の遠征。2週前に熱発があったことも公表されており、少なからず割り引きが必要かもしれない。

新馬戦を勝って重賞に挑戦するロジスプリング
この馬に関しては、能力云々よりも出走までの過程に「陣営に勝算があるのかな?」と思わせるものがある。
というのも、出馬登録の時点では、同じ〈萩原厩舎=久米田オーナー〉の所属馬(所有馬)でも、同じく登録のあったロジサイレンスの方が評価が高かったからだ(2000mの距離経験もあった)。当然、2頭のうちの1頭を出すのならロジサイレンスだろうと言われていた。
そのあたりの経緯については、いろいろな憶測があるようだが、「鞍上の柴田善騎手が“勝てると思う馬”を選んだ」という噂もある。
新馬勝ちの2戦目となれば、上積みも十分あるはず。少々気になる1頭だ。

他の伏兵陣に関しては、長い直線に向きそうな京成杯5着のアースステップ、1400m戦とはいえ東京コースで最速の上がりを2回マークしているカシマストロングなどの名前があげられているが、それ以上に面白そうなのがナシュワンヒーロー
距離経験は1600mまでだが、ここまで3戦3連対。しかも、すべて異なる競馬場で、関西馬ながらすでに関東への輸送もクリアしている。ハナを主張する馬が他に見当たらないことから、今回も前走同様に逃げの競馬が濃厚。単騎で自分のペースならば展開も向くだろう。残り目に注意したい。


京都では、GⅠ・高松宮記念へ向けての前哨戦、GⅢ・シルクロードSが行われる。
昨年秋以降、スプリント戦線で頭角を現わしてシノギを削っているエイシンタイガーとレディルージュ。さらに、GⅠ・スプリンターズSで1番人気に支持されたアルティマトゥーレが人気になっているが、できれば好位で競馬をしたいこの3頭がいずれも外目の枠に入ったことで、難しいレースになった感がある。
スタート後のポジション取りという視点で見れば、2枠3番のショウナンカザンが有利。近2走の1400m戦から〈3.2.1.0〉の実績を持つ1200m戦に戻ったこともプラスだろう。
デムーロ騎手が手綱を取る1枠2番のシンボリグランも同様。前走の京阪杯からマイナス4キロとなる斤量も恵まれたように思える。
開催が進んで馬場が荒れてきたことを念頭に置くならば、差し馬の台頭も大いに考えられる。特に、ドラゴンウェルズ、アーバンストリートといった淀短距離Sで差しが届かなかった組には注意を払いたい。ただし、ドラゴンには“前走プラス18キロだった馬体が絞れた場合”、アーバンは“夏負けで落とした調子が大幅に良化された場合”という但し書きが付くが・・・。
京阪杯を強烈な末脚で制したプレミアムボックスはハンデ差がどう出るか。さらに、後方一気の脚質で勝負するこの馬にとって、外へ持ち出すロスが生まれやすい内枠は少なからず不利に違いない。
穴候補をあげるならば、フィールドベアーとトウショウカレッジ。
前者は、初の1200m戦になるが、前走の京都金杯の行きたがるような走りを見ると、さらなる距離短縮がプラスに働くかもしれない。
後者は、外に持ち出さなくても馬群を割って突き抜けてくる末脚が脅威だ。



スポンサーサイト

■コメント

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。