■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■フェアリーS・復習

3歳牝馬のマイル重賞を制したのは、1番人気のジェルミナル。
前走の阪神JF(6着)は外枠に入ったため序盤から脚を使ったことが敗因とされていたが、今回は「1枠1番の絶好枠」(藤原英調教師)。スタートを決めるとすぐに好位のポジションを取り、直線で前が開くと瞬時に抜け出して後続を突き放した。2着馬に1+1/4馬身差をつける完勝。阪神JFでブエナビスタの“対抗”に支持された能力は本物だったようだ。
桜花賞までに3歳牝馬の勢力図がどのように変わっていくかは定かではないが、現時点では“ブエナビスタに続く存在”という見方をしてもいいだろう。何より、重賞勝ちによって賞金を加算できたことは大きなアドバンテージになる。今後は無理な使い方をせず、桜花賞本番に向けて順調に仕上がってほしい。

2着はアイアムネオ。新馬勝ちから重賞挑戦ということで半信半疑だったが、馬群をこじ開けるようにして伸びてきた脚(メンバー最速の上がり)はなかなかのものだった。鞍上の藤田騎手は「キャリアを積めばまだまだ伸びる馬」とコメント。末脚は確実なタイプと思えるのでこれからのレースぶりが楽しみな1頭である。

「フェアリーS・予習」の中で“大駆けがあるかもしれない”と書いたグッデーコパは、マイペースの逃げで3着に粘り込んだ。適距離で自分の競馬ができたことがよかったのだろう。ただし、今回のレースは多分に展開に恵まれた感がある。半マイル通過・48秒6は前日の芝・1600mのオープン・ニューイヤーSより1秒5も遅いペース。加えて中団以降の馬たちがゴチャついてスムースな競馬が出来なかったことも有利に働いた。逃げ・先行型として勝ちパターンを持つことができるかどうかは、この先のレース次第になりそうだ。

スローペースと道中のゴチャつきを考慮すれば、4着・カツヨトワイニングと5着・マイティースルーは健闘した言える範疇だろう。共に大外を回らされて直線で追い込むだけの競馬。広いコースでスムースな走りができればより上位に食い込む可能性があると思う。

終わってみれば、ジェルミナルの力が再評価されただけの一戦だった。
もっとも、ジェルミナルが強かったというよりも、他の馬たちが道中の不利などで力を発揮できなかったという見方が正しいかもしれない。
パールシャドウもイナズマアマリリスも窮屈な馬群の中で自分の競馬がまったくできなかった。ダイワバーガンディも審議の対象となる不利を受けていた。
今回“不完全燃焼”に終わった馬たちの巻き返しを、そして、今後の桜花賞トライアル戦線で新たな有力馬が現われることを期待したい。言うまでもなく、それは“ブエナビスタの牙城に迫る馬”である。


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。