■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■弥生賞・復習

ヴィクトワールピサ、完勝!

3着までに優先出走権が与えられる皐月賞トライアル・弥生賞は、1番人気のヴィクトワールピサが堂々の勝利。本番へ向けてしっかりと結果を出し、連勝を4に伸ばした。
レースはベストブルームが先導する形で1000m通過は63秒6。重馬場の影響もあって緩いスローペースで進んだ。
ヴィクトワールピサは中団のインでじっくり脚を溜める競馬。3~4コーナーで馬群が動き出しても、馬なりのまま余裕で追走し、直線で前が開くと同時に一気に加速すると、先行するエイシンアポロンを瞬時にして抜き去った。
着差こそわずか半馬身ではあったが、そこに見えたものは“圧倒的な強さ”。正味100mでレースを決着させたように、武豊騎手の騎乗にも自信(=馬に対する信頼)が表われていた。
初の輸送、初の中山、初の重馬場。今回のレースには課題も多かったが、それらをアッサリとクリア。加えて、“インから馬込みを抜けて差し切る”という、走りの上での大きな収穫もあった。皐月賞本番へ向けての展望が広がったことは言うまでもない。
欲を言うならば、良馬場で“小回りコース独特の厳しい流れの競馬”を経験してほしかったが、それでも『予習』の中で書いたような「皐月賞への期待が高まるような強い勝ち方」を見せてくれたことは間違いない。あとは、クラシックの有力候補として、最高の状態で本番を迎えてもらいたい。

2着のエイシンアポロンも完璧な競馬だった。
不安のあった2000mの距離もそつなくこなし、これまでと同じく直線で抜け出して後続を突きはなす“正攻法”のレースを見せてくれた。やはり、“センスのいい馬”“完成度の高い馬”である。
ただし、今回も朝日杯の時と同様、瞬発力の差が結果につながった。決め手勝負では分が悪いという印象が強まったことも確かだし、自身の勝ちパターンに持ち込んでも勝ち切れないというのは、ある意味ショックな敗戦だろう。
陣営は本番での巻き返しを口にしているが、現状でヴィクトワールピサ(もしくはローズキングダム)を逆転するためには、何かしらの“プラスアルファ”が必要のように思える。もちろん、本番でも馬券圏内候補の1頭になるとは思われるが・・・。
とはいえ、どのような条件でも確実に結果を残せる安定感は評価できるし、この馬自身の瞬発力が劣っているわけでもない。今後の方向性については何とも言えないが、現時点では速い流れの中で一瞬の脚を使えるマイル路線の方が持ち味を発揮できるような気がする。

3着には7番人気の伏兵・ダイワファルコン。
一番の好走要因はコース取りだろう。ロスなく内々を回り、ヴィクトワールピサが抜け出した後のスペースから伸びてきた。前に目標があったこともプラスに働いたようだが、それを走りにいかした北村宏騎手の騎乗も評価できる。
初の2000mで3着というのは十分な結果と思われるが、いくつかのスポーツ紙を見る限りでは、意見が真っ二つに分かれている。「まだまだ伸びしろがありそうで本番でも要注意」と「内枠に入ったことで展開が向いただけ」。たしかに、判断が難しいかもしれない。
もっとも、道中での脚を溜め方や追い出してからの反応に関しては、「おっ」と唸らせるものもあり、2000mが適距離かどうかは別として、個人的には、皐月賞本番でも“惑星候補の1頭”になるような印象を受けた。

『予習』の中で「巻き返しがあるかもしれない」と分析したダイワバーバリアンが4着。
3コーナーからマクリ気味に進出し、直線では先頭に立つ勢い。状態面での上積みが大きかったのかもしれないが、これまでよりも力強く、存在感のある走りを見せてくれた。最後は失速という形になったが、距離不安があった馬にしてみれば、大健闘の部類に入るのではないだろうか。自分から動く競馬ができたことも収穫であったに違いない。惜しくも出走権は取れなかったが、最内から伸びた上位3頭とのコース取りの差を考えれば、評価できる内容だったと思われる。
蛯名騎手は「距離が長いのでもう少し追い出しを待ちたかった」とコメント。最後の止まり方を見ても、やはり、2000mはこの馬には長いようだ。今後、どのような条件のレースを使ってくるか。注目したい。

5着以降は大きく離されたため、強調できる馬は見当たらないが、あえて1頭あげるならばコスモヘレノスだろうか。ハナを切る競馬はできなかったものの、自分のリズムで走れていたように見えたし、一旦は馬群に吸収されながらも盛り返して掲示板を確保する渋太さを見せた。単騎逃げが見込める中長距離のレースならば、粘り強い走りが期待できるかもしれない。

3番人気のアドマイヤテンクウは11着と大敗。
マイナス20キロという馬体減の影響もあったかもしれないが、それにしても釈然としない負け方。安藤勝騎手は「道悪が原因かな」とコメントしているが、馬自身にまったく覇気を感じられなかったのが気になる。いずれにしても、立て直しが必要だろう。

道悪得意のガリレオ産駒ということもあってか、休養明けでも4番人気に支持されたミッションモード。
結果は直線伸びきれずに9着。馬込みでゴチャついた不利も否めないが、馬群を割ってくるだけの力がついていなかったという見方もできる。内田博騎手も「一気の相手強化でスムーズさを欠いた」と力不足を認めている。
ただし、その一方で「素質の高い馬なので経験を積んでいけば楽しみ」(内田博騎手)ともコメント。『予習』では「毎日杯出走の予定を3週早めたことが気掛かり」と述べたが、もしかしたら藤沢和調教師は、早めに強豪と対戦させて、ミッションモードに貴重な経験を積ませようとしたのかもしれない。

勝ち時計やペース、あるいは枠順の有利・不利があったことには多少の不満があるにしても、能力の高い馬が強い勝ち方を見せてくれた今年の弥生賞。
ヴィクトワールピサが皐月賞の有力候補となった今、2週間後のスプリングSに出走予定のローズキングダムの走りももちろんだが、若葉S、毎日杯から本番へ向かう馬たちへの興味もこれまで以上に増した。
そういう意味では“クラシック戦線の幕開け”を意識できる一戦だったと言えるだろう。


スポンサーサイト

■コメント

■Re: 弥生賞・復習 [ECO]

安東さん、毎度です。道悪・・・。朝に重賞予想する関係で1番人気が予想時とは違う事があり、予想方法が1番人気からのみたてなために予想が根底から覆る事があります。生まれて初めてオーシャンS予想馬が最下位でした。ある意味割り切れるとゆうか、笑うしかないとゆうか。しかし強いですね。ピサはあの位置で割ってこれるんですね。イヤー楽しみです。今後予想には相変わらず中山、阪神馬場と天候が一番の強敵かも。質問ですが、各馬の手前が分かる方法はないですかね。調教動画はグリーンちゃんねるぐらいでしょうか?

■ECOさんへ [安東 裕章]

毎度です!

道悪のレース予想は難しいですね。
適性が意味をなさなかったり展開が紛れたり。
ECOさんのおっしゃる通り、天候が強敵かもしれません。
このままでは皐月賞当日の芝はどうなることやら・・・。

調教に関しては、全馬の走りを見るとなれば、やはりグリーンチャンネルになるのではないでしょうか。
手前については、うーん・・・私もよくわからないんです(汗)。
でも、これまでにはない着眼点だと思いますので、そこから何かしらの傾向が見つかれば、面白い馬券術がうまれるかもしれませんね。
進展がありましたら教えてください。


■Re: 弥生賞・復習 [ふじ]

いつも参考にさせて いただいてます 
ありがとうございます 
さて 調教動画 ですが いくらかお金を払えば
JRA VAN とかで
調教動画  見れると思いますよ!! JRAのHPをご覧くださいませ
まちがっていたり 見れなかったら すみませんv-237

■ふじさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
調教動画情報、ありがとうございます!
大感謝です!

ということで、ECOさん。
JRA VANをチェックしてみてください。
(丸投げですみません・笑)

ふじさん、ありがとうございました♪

■未だ浮上できず沈没中… [うに]

こんばんは。
連敗記録を塗り替えてしまいました。
ただでさえ、展開を読むのは難しいのに、道悪なんて…
重馬場適性がわからない馬ばかりだと、お手上げです。

重馬場の実績を信頼しては失敗するし。阪神・大阪城Sのマヤノライジンの、芝重(0・0・0・3)を見たら、消しますよね?
なんで1着やねん…

馬柱表を改めて見直したら、函館記念2着を発見。時計のかかる馬場が合うみたいですね。
洋芝で好走する馬は重馬場でも狙えると、単純に考えてもいいですかね?
また、その逆はどうでしょうか。

質問ばかりで、すみません。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。

ほんとに、道悪レースの予想は難しいですよね。
マヤノライジンの好走については・・・、次の本(いつになるかわかりませんが・・・)に書く予定ですので、ここではまだ言えません!(笑)

洋芝で好走する馬は、重馬場限定で狙えるというよりも、時計勝負や瞬発力勝負にならないレース(上がりのかかるレース)向きかもしれませんね。
ですから、その開催ごとに時計が速いか遅いかを気をつけてみるといいと思います(前開催の東京は速かったですよね)。
ただ、函館・札幌は、平坦小回りの際立ったコースですから、一概に“洋芝適性”だけが好走要因とは決められませんけど・・・。

今週末は晴れの予定ですので、良馬場の競馬になりそうです。
うにさんの馬券のモヤモヤもパッと晴れるといいですね♪
がんばりましょう!


■おあずけですかぁ?(笑) [うに]

マヤノライジンの好走の理由が何なのか、すっごく気になる…
いきなり好走した前走は、完全にフロック視してました。
なので、例え良馬場だったとしても、狙いづらかったかも。

“ツボⅣ”を書かれるんですね!!(嬉!) 待ってました!

お身体を壊さない程度に、頑張って下さいね!(笑)

あと、いつも励ましのお言葉、ありがとうございます。

良馬場発表だとしても、かなり荒れているのでは…
芝は見送って、ダートに専念しようかな、と考えています。
でも、予習を読んだら買いたくなるかも。ラナンキュラスが気になってます。

質問にお答え下さって、ありがとうございました。
とても参考になりました。それでは。

■うにさんへ [安東 裕章]

新刊についてはまったく未定なので、あまり期待しないでください。すみません。
それに、マヤノライジンについても、ごくありふれた理由で、そんなに驚くことではないんですよ(笑)。
一応、おことわりしておきまーす。
それでは、また。

■皐月賞が楽しみ [電気羊]

終始内を通り勝ったヴィクトワールピサと武豊騎手、お見事でした。
前走で差しに回ったことで、ひょっとしてスタート直後に後ろに下げ、最後差し届かないのではという懸念も持っていましたが杞憂に終わりました。“内を突いた馬の方が外を回った馬より評価できる”とおっしゃっていましたし、本番が楽しみです。

馬券ですが、実績的には人気馬であっさりもありそうで、しかし3歳戦という事、そして何より馬場を考えると大波乱が起こりそうにも思え、なかなか買い目がまとまりませんでした。基本的にはGⅠ以外の3歳戦は買わないことにしているので、ここは「見るだけが賢明か」とも思いましたが、ダイワファルコンが体重を絞ってきたのを見て「勝負に来たかな?」と感じました(『ツボ』のおかげです)。
さらに昨年の中山記念、稍重(時計的には重に近い?)で1着のカンパニーの父、今年の中山記念、不良馬場で3着のショウワモダンの母、そして土曜のスピカSで1着のショウナンライジンの父。いずれの馬も同じ系統の血を引いていたので、距離は1F異なるもののダイワファルコンは<買い>と判断、ワイド3点的中できました。

オーシャンSもワイド総取りでき、なんとか中山記念の無念は晴らせました(笑)

■ [うに]

私の方こそ、勝手に盛り上がってスミマセン(笑)。
でも、新刊を出版できたらいいですね!
気長に待ってま~す♪

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
的中、おめでとうございます♪

この時期の3歳馬については、距離経験の有無が予想のポイントになることが通例なのですが、エイシンアポロン、ダイワファルコンともに初距離での2・3着。
枠順が有利に働いたことも否定できませんが、このあたりの取捨選択は難しいですね。

電気羊さんは“血統背景”からの予想を自分のものにされつつあるようですね。
素晴らしいと思います!
これからも、何か発見があったり、結果につながった時には、コメントをつけていただければと思います。
とても参考になりますので。

よろしくお願いします。



■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■ダイワファルコン 故障

サンタ?マリア?デ?グアダルーペ王立修道院 ダイワファルコンは成長途上 ... 【毎日更新】一口馬主やってます@静岡(競馬不毛の地):ワシリーサ ... すーはーけいば(仮): 太一騎手 ヴィクトワールピサが強かった件について・・・ - 鎌田くんの競馬倶楽部 競馬のツボ <ブ?...

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。