■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■エプソムC・復習

ゴール前は3頭横並びの大接戦となったGⅢ・エプソムC。
ハナ差・ハナ差の競り合いを制したのは1番人気のセイウンワンダーだった。

レースは予想通り、シルポートがハナを切る展開。この馬が逃げた時の特徴である“平均的な緩みのないラップ”が刻まれ、結果、底力の問われる一戦となった。
セイウンワンダーは好位のインで折り合い、直線入り口から馬場のいい外目に進出。弾けるような伸び脚ではなかったものの、徐々に前との差を詰めて、最後の最後で2・3着馬を差し切った。
今回のレース、セイウンワンダーの“強い勝ち方”を期待したファンにとっては若干不満の残る内容だったかもしれない。理想的とも思えるポジションとコース取りでレースを運びながら、追い出してからの反応が今ひとつ。福永騎手の「最後まで勝てるかどうかわからなかった」というコメントの通り、辛勝という見方もできる。
しかし、だからと言って、この馬の評価を下げる必要はないだろう。先にも述べたように、今回は“底力の問われる一戦”。突き抜けるような末脚は見られなくても、最後に馬体を併せながら前に出た勝負根性は、“力のある馬だからこそできるもの”と解釈したい。まして今回は、「見た目にも太かった」(領家調教師)という重め残り。次走以降の変わり身の可能性は十分残されているはずだ。
ともあれ、ここで賞金を加算できたことは大きい。使いたいレースを除外されるリスクが軽減され、目標を定めてローテーションを組むことができるだろう。今回のような太目残りでの出走もなくなるはずだ。
ブエナビスタ、レッドディザイアに代表される牝馬に比べると、レベル的に見劣りすると言われる4歳牡馬世代。トップクラスの1頭であるセイウンワンダーには、そうした“汚名”を晴らす意味でも、今後の活躍を期待したい。

2着のシルポートは注文通りの競馬。
無理に絡んでくる馬もなく、単騎のマイペースで行けたことが一番の好走要因だろう。
この馬の逃げは、道中でペースを落とすことなく、序盤から他馬に同じように脚を使わせるのが特徴。瞬発力勝負に持ち込みたい馬に、脚を溜める競馬をさせないのが強味だ。
今回もそうした持ち味を十分発揮できたレースであり、セイウンワンダーには交わされたものの、他の有力な差し馬は見事に封じ込めることができた。
ただし、『予習』でも述べたように、現時点ではコーナーの少ない1800m戦向きの逃げ馬。息を入れて緩急をつける器用さには欠ける部分もあり、1F短いマイル戦では他の馬にとっても苦にならないペースになってしまうため良績を残していない。したがって、今後の課題をあげるとすれば、自在性のある逃げができるようになること、もしくは、好位からでも競馬をできるようになることだろう。
今回はベストの条件でベストの競馬ができた。当然といえば当然の結果である。

3着は9番人気の伏兵・キャプテンベガ。
『予習』では、前走の上がりから一変の可能性があると分析したが、期待通りの走りを見せてくれた。
とはいえ、今回の好走は、なにより後藤騎手の好騎乗に尽きる。
道中はいつもより前目のポジションをキープして、直線に向いた時には2番手の位置。外へは持ち出さず、シルポートの内側に潜り込み、最後まで競り合って粘り込んだ。
これは、後藤騎手がレースを読み切っていたからこそできた乗り方。具体的に言うならば、「シルポートのペースになれば後方からでは届かない」「シルポートが馬場のいい所(ラチから離れた所)を選べば内側にスペースができる」といった判断ができていたということだ。
馬自身に力があり状態が上がっていたことも確かだろうが、それをレースで発揮させるのがジョッキーの腕。実に見事な騎乗だった。
キャプテンベガにしても、今回のような競馬ができたことは収穫だろう。7歳馬ではあるが、まだまだ活躍が期待できそうだ。

新潟大賞典の1・2着馬は、セイクリッドバレーが4着、ゴールデンダリアが5着。
この2頭に関しては、それぞれ自分の競馬はできていたと思われるが、新潟大賞典の時のように突き抜けるまではいかなかった。
セイクリッドバレーは内の荒れた部分を通ったことで伸びを欠き、ゴールデンダリアは外々を回らされたために届かなかったという解釈もできるが、一番の要因は、瞬発力勝負になった新潟大賞典とはレースの流れが違っていたことだろう。『予習』にも書いた通り、逃げ馬の質が違っていたということだ。
両馬にとってみれば、今回は展開が向かなかった一戦。それでも大きく離されたわけではないのだから、得意とするスローの末脚勝負になれば十分見直せるだろう。

メンバー最速の34秒3の上がりで追い込んだストロングリターンは6着。
前走のように大外から伸びたのではなく、馬群を割って真ん中から突っ込んできた。このあたりの勝負根性は高く評価したい。
元々、この馬の適距離はマイルであり、1F長い今回は前半から力んだ掛かり気味の走り。それでも、これだけの見せ場を作ったのだから、まだまだ伸びしろがありそうで、今後が楽しみな1頭である。

終わってみれば、人気薄のキャプテンベガが馬券に絡んだものの、有力と言われた馬が上位を占める順当な結果。
シルポートが作り出した“紛れの起こりにくいペース”によって、出走馬が個々の能力を発揮しやすい流れになったからだろう。すなわち、底力の勝負だったということだ。
その中で、4歳馬のセイウンワンダーが勝ち、同じく4歳のセイクリッドバレー、ストロングリターンが好走したことは、先々を考えると明るい話題と言える。特に、中心馬不在と言われるマイル戦線にとって、新陳代謝は必要不可欠。その意味でも、今回のエプソムCは価値のあるレースだったのではないだろうか。



スポンサーサイト

■コメント

■Re: エプソムC・復習 [ECO]

安藤さま、毎度です。
日曜重賞はエプソンS鼻差の複勝のみで、すっきりはしないですね。最近比較的当方の予想が人気上位馬になる事が多い為馬券的に踏ん張らないといけませんが、今週から阪神、函館、福島スタートしこの季節の馬場で何か気をつけておられることありますか。

■Re: エプソムC・復習 [Bucchi]

今回も納得の復習の内容でした。ありがとうございます。一つ質問があります。前から思っているのですが新潟で活躍した馬は、なかなか他の馬場で新潟での再現が出来ないケースが多いように感じます。それと例えば単に東京で長くいい脚を使ったからといって新潟ではそうでも無かったりして傾向の掴みにくい競馬場というイメージが強いのですが、こういう馬が新潟が得意と言ったものはあるのでしょうか?教えて頂ければと思います。宜しくお願いいたします。

■ECOさんへ [安東 裕章]

毎度です。

この時期の阪神、函館、福島の馬場についてですが、梅雨時ということもあって、傷みやすいイメージが強いですね。
特に福島は開幕週と最終週がまったく別物のようになります。
昨年も、開催後半は内が荒れて逃げ馬が馬場の真ん中を通るようなレースが目立ちました。

函館に関しては、リニューアルなのでどうなるかわかりませんが、これまで通り洋芝で行うということなので、基本的には時計のかかる馬場なのかもしれません。

あとは、サマーシリーズが始まりますので、春には結果を出していなくても夏の季節実績が高い馬には注意が必要かもしれません。

■Bucchiさんへ [安東 裕章]

こんばんは。

おっしゃる通り、新潟は傾向がつかみにくい競馬場かもしれません。
例えば、左回りと長い直線が同じであることから、新潟で好走した馬は東京でも走ると思われがちですが、実際は3~4コーナーのカーブが大きく違うために、レースの形が異なります。
新潟はカーブがキツイため、ブレーキをかける走りになるので、スローの流れで直線勝負になりやすく、東京はカーブが緩い上に下り坂なので、直線の入り口までに加速する展開になることもあります。
新潟は小回りでありながら直線が長いコース。他の競馬場にはない特徴なので、同じような競馬ができないのかもしれませんね。

今あげた特徴から考えますと、新潟で好走できるタイプというのは、コーナーを器用に回れて、しかも直線で長く脚が使える馬ということになるでしょうか。
例えば、中山(コーナリング)と東京(末脚)の両方に実績を持つ馬、大跳びではなくどちらかといえばピッチ走法の馬、といったイメージが浮かびます。
うーん・・・うまく答えられなくて申し訳ありません。



■ハナ差… [電気羊]

惜しいところで単勝は外れ、2-3着のワイドのみ。
シルポートは特に展開面、キャプテンベガは昨年3着ならびに東京コースの実績と、エクリプス系、ナスルーラ系の血に着目(過去のエプソムC、先日ショウワモダン-シルポートで決着したメイS等々より)。ただ、キャプテンベガについては<予習>がなければ躊躇したかも知れません。<安田記念・復習>での後藤騎手への評価も参考になりました。ほんとうに安東サマサマです(笑)。
セイウンワンダーは「4歳牡馬世代」に対するイメージなどから買い控えてしまいましたが、<上積み>を素直に考慮すべきでした。休み明けの朝日杯FS1着→皐月賞3着。神戸新聞杯3着→菊花賞3着。この実績を見逃したのは迂闊だったと反省しています。

ダービーでもエイシンフラッシュの狙いを下げ「おいしい馬券」を逃してしまいましたが、休み明け2戦目、“上積みあり”との判断材料はどういった点に求めておられるのかお聞かせ願えるでしょうか?

■Re: エプソムC・復習 [Bucchi]

ありがとうございます。「うまく答えられない」なんてとんでもないです。非常にクリアーに理解でき且つイメージできました。これで嫌っていた新潟も再度チャレンジできます。またやられる可能性大ですが・・・(笑)

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
安東サマサマではなくて後藤サマサマでしょう?(笑)

休み明け2戦目の上積みについては、一般的に知られている判断にならっています。
まず、大型馬。これは、仕上がり面を考えると1走使った方がベストと言われています(内臓機能に関係があるという意見もあったと思います)。
次に、年齢の若い馬。競馬を使うことによって心身の成長が見込めるとのことです。
あとは、休み明け初戦で行き脚がつかなかったり、反応が鈍かった馬ですね。逆に休養明けで激走した場合は、むしろ反動が気になります。
セイウンワンダーは、以上の3点すべてにあてはまっていましたね(まだ太かったようですけど・・・)。

ただ、近年は調教技術が進歩したこともあって、叩き2走目よりも休み明け初戦が狙い目という見方もあるようです。
このあたりの判断は非常に難しいと思います。



■ベガの見解、お見事です! [うに]

安東さん、こんばんは。
えっへっへ、当たりましたよー、エプソムC。馬連と3連複獲れました!
なんとしても当てたくて、今回は軸を決めず4頭のボックスにしました。(上位3頭+ゴールデンダリア)
予習を読んでいたおかげで、余り迷わずに買い目を絞る事ができ、助かりました。セイクリッドバレーが迫ってきた時はヒヤヒヤものでしたが、なんとか的中できて良かったです。

ろくに人気とオッズを見ずに勢いで買ったので、馬連の配当の淋しさにヘコみました。ワイド総取りの方が割が良かったなあと、当たったら当たったで不満噴出。がめついですよね(笑)。

キャプテンベガの前走は1.3秒差の9着で、普通は手が出ません。
“復調の兆し”のヒントがなければ、「32.9秒の上がりか、ふーん、すごいねー」で終わっていたことでしょう。
ニルヴァーナも前走、上がりが速かったのですが、“復調”では無かったみたいですね。近走の成績が悪いほど期待してしまいそうになります。
見極めが難しいですね。
上がりの速さ以外に、他にも復調が見られるものがあれば、教えて頂けますか?


■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
的中、おめでとうございます♪
えっへっへ!(笑)

復調の気配については、例えば、行きっぷりが良くなったり、馬込みでひるんでいた馬が馬群を割れるようになったり、いろいろあると思います。
ただ、それは馬によってさまざまですね。
ですから、気になる馬がいた場合は、その馬が好走した時の前走でどのような走りをしたかを調べてみた方がいいと思います。
実際、キャプテンベガのパターンはそうやって見つけたので。

すみませんが、今週末はブログを休みます。
勢いに乗ったところで、今週もがんばってください!

■ありがとうございました。 [うに]

質問にいつも答えて下さって、ありがとうございます。
馬柱表に穴馬のヒントが出ているのに、見つけるのは容易ではないですね。
見つけられたとしても、自信が無くて買えなかったり。
もっと勉強と経験を積もうと思います。

週末もお仕事ですか。頑張ってくださいね。
(一日中遊んでいる私が言うのもなんですが…笑)

次回の予習、楽しみにしてます。

■ありがとうございます [電気羊]

ご回答ありがとうございました。今後必ず活かせる機会があるはずです。

もう宝塚記念の季節。ということは、こちらへお邪魔するようになってほぼ一年になります。
まだまだ質問等でお手間を取らせることと思いますが、よろしくお願いします。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。