■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■AJCC・予習

別定GⅡの芝・2200m戦。斤量差や展開の紛れが少ないと考えれば、基本的な馬券の組み立て方は“実績重視”になるだろう。今回は前走GⅠ・有馬記念を使った3頭に人気が集まりそうだ。

有馬記念最先着(3着)のエアシェイディは、昨年のこのレースの優勝馬。中山芝・中長距離レースにおける勝ち方は「3コーナーからマクリ気味に進出し直線で抜け出す」ことが基本だが、昨年のエアシェイディのレースはまさにその通りの勝ち方だった。
不安点があるとすれば、昨年と臨戦過程がまったく違うこと。休み明けGⅢ→OP→GⅢという昨年のローテーションに比べて、今年は休み明けGⅡ→GⅠ→GⅠというように明らかにレベルの高いレースを使ってきている。年齢的な衰えは見られないとはいえ、エアシェイディもすでに8歳。斤量も前走よりも1キロ増になる。ピークの状態をどこまで維持できているかがポイントとなるだろう。

ドリームジャーニーは有馬記念4着。ステイゴールド産駒特有といわれる小柄な馬だったが、ここにきて馬体重の増加が続き「充実した」という下馬評も高い。重賞勝ち4回は出走メンバーの中では断トツの数字。実績面に関してはトップの評価を下しても問題ないだろう。
問題は脚質。スタートが悪く(6戦連続出遅れ)、どうしても後方からの競馬になってしまう。昨年の小倉記念や朝日CCの時のように早めに好位に取り付くレースができればいいが、馬群の外に出すことにこだわるあまりに直線で後方一気のような形になった場合には、“差して届かず”のケースもあり得る。

武豊騎手を鞍上に迎えたアルナスライン(有馬記念6着)。初の重賞勝ちを期待する声も多い。しかし、この馬は少々疑った方がいいかもしれない。
昨秋のアルゼンチン共和国杯で3着に敗れた時点で、陣営は「放牧に出して次走は年明けの日経新春杯」と明言。ところがオーナーサイドの意向で放牧途中で急遽有馬に参戦。当初の予定とはまったく異なるローテーションになった。550キロを超す大型馬だけに放牧明けを叩いた上積みは見込めるかもしれないが、本来はここが目標のレースではなかっただけに・・・。実際、調教では格下馬にあおられていた。

上記3頭が“有力”と評価される一方で、「有馬記念上位組は展開がハマっただけで能力が高いわけではない」という見方もある。他の出走馬についても考えてみたい。

中山芝・長距離実績を考えれば、日経賞勝ちのあるネヴァブション。前走の中山金杯(芝・2000m)はあきらかに距離不足。春の最大目標は天皇賞・春」(陣営コメント)であるのならば、ここで相応の結果を出しておきたいところだろう。
もっとも、距離実績<0・0・0・4>が示すように、2200mでもこの馬にとっては距離が短いと言わざるを得ない。となれば、ポイントは3走連続で手綱をとる横山典騎手の騎乗だろう。逃げたJC、控えた金杯。今回は一体どのようなレースをするか。瞬発力勝負では分が悪いタイプだけに早めに動く作戦をとるかもしれない。

中山芝2200mの重賞で2着・3着の実績を持つトウショウシロッコ。昨年秋のオールカマーでは、エアシェイディに先着している。絶対的な強さのある馬ではないし格下感は否めないが、近走は好位差しという自分の勝ちパターンが確立されつつある。相性のいいレース条件だけに軽視はできない。

先行策から後続を突き放し、1600万を勝ち上がってきたメイショウレガーロ。直線で前が詰まりながら5着に粘ったGⅡ・札幌記念の時のように、自分のリズムで走ることができれば馬券に絡む可能性も十分にある。

重賞戦線で常に上位に顔を出しているマイネルキッツも侮れない。昨年のオールカマー(4着)と福島記念(2着)で見せたように、3コーナーからマクって進出する競馬ができるタイプ。中山では<0・1・0・6>と結果が出ていないが、走りそのものは中山向きのようにも思える。馬群を割って伸びてくる根性のある馬だけに、もう一押しがあれば面白い。

最後にグラスボンバー。明け9歳馬だけにさすがに厳しい戦いになるとは思うが、時計のかかる荒れた馬場ならば大穴候補として浮上する余地もある(土曜10Rの時点で芝は重)。この馬もマイネルキッツ同様、後方からポジションを上げて結果を出している(福島記念・3着)。今回は13頭立ての少頭数。外目からスムースな競馬ができれば見せ場以上もあるかもしれない。


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。