■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■新潟記念・復習

9着までが0.3秒差以内というゴール前の大接戦。
サマー2000シリーズ最終戦・新潟記念は、5番人気のナリタクリスタルが重賞初勝利を上げ、シリーズチャンピオンの栄誉を手に入れた。

レースは前半1000mが60秒6で後半1000mが57秒8。前後半のラップに3秒近くの差があるスローペースは、好位で先行した馬には有利な流れとなり、逆に末脚で勝負するタイプには厳しい展開となった。
ナリタクリスタルは道中3番手でレースを運び、4コーナー手前あたりからロングスパートを開始。直線半ばで先頭に立つと、後続との長い追い比べをクビ差制した。最後まで他馬を抜かせない渋太さは、この馬の持ち味と評価していいはずだ。長くいい脚を使えた点も、このレースでの収穫だろう。
陣営は「本格化するのはまだまだ先」とコメントしている。成長の見込める4歳馬だけに、経験を積んでいけば“存在感のある強さ”も備わってくる可能性も大きい。現時点ではまだ「ハンデ重賞の勝ち負け候補」といった印象だが、今後の成長と活躍に期待したい。

2着は10番人気のトウショウシロッコ。
『予習』の中で「注意したい」と取り上げた馬だが、今回は別定GⅡでも好走できる能力を見せてくれた。状態も良かったのだろう。
中団で脚を溜め、外に持ち出すと前を交わすかのような勢いだったが、最後は同じ脚色。どうしても“詰めの甘さ”が出てしまうようだ。もっとも、中山に良績が多いように、どちらかと言えば一瞬の脚しか使えない馬。長い追い比べで2着に入った結果は、大健闘と言えるかもしれない。
次走は中山・オールカマーを予定しているとのこと。7歳馬ではあるが、まだまだ見限れない存在である。

3着はサンライズベガ。
不本意だった七夕賞、小倉記念と比べると、最高の走りができたのではないだろうか。道中は勝ったナリタクリスタルと並んで前を追走。直線では先に抜け出された分、あと一歩及ばなかった。
松岡騎手は「勝った馬よりも手応えが良かったのに差が詰まらなかった」とコメント。これについては、ナリタクリスタルの“抜かせない勝負根性”を誉めるべきなのだろうが、もしかしたら夏の重賞3戦目の疲れが影響したのかもしれない。同じローテーションを使ったバトルバニヤン(7着)の和田騎手とアルコセニョーラ(14着)の武士沢騎手は、どちらも「目に見えない疲れがあったのかもしれない」と発言しているからだ。
連戦の疲れをしっかりとって、この後も軽快な走りを見せてほしい。

外から追い込んだメイショウベルーガが4着。
3コーナーで一旦後退したことと、直線でなかなか外に持ち出せなかったことが敗因と考えられるが、それでも前が残りやすい展開(しかも56キロを背負って)で0.1秒差まで迫ってきたのは、能力の高さの証明とも言えるだろう。昨年のエアシェイディ(4着)もそうだったが、格上のグレードで好走している馬はそれなりの走りを見せてくれるということだ。残念な結果ではあったが、秋に向けての使い出しとしては上々の内容だったと思う。

同じ追込脚質でも、1番人気のスマートギア(6着)には課題の残ったレース。
展開が向かず、最後まで外に出せなかったとはいえ、4コーナー手前からの武豊騎手の仕掛けに対して反応が鈍かった点はいただけない。エンジンのかかり方が遅すぎるのだ。
長い直線はこの馬の差し脚向きだと思われていたが、一部の評論家からは「コースが変わってもこの馬は加速できる距離が限られている」という意見も出ている。もう少しがペースが速くなれば、結果も違っていたのだろうが、この馬の末脚については少々過大評価されていた感もある。自分でレースを作れるようになれるかどうかがカギである。

3番人気のスリーオリオンは5着。
重賞初挑戦としては上出来の結果だろう。やはり、相手なりの走れる堅実派である。あとは、この先どれだけの決め手を使えるようになるかだろう。




スポンサーサイト

■コメント

■Re: 新潟記念・復習 [ECO]

安東さま、毎度です。
新潟記念は展開差し有利と読み、1番人気スマートギア目標にスリーオリオンで行きましたが、最後に抜け出してはくれませんでした。スマートギアには勝ちましたが。
当方の予想フィルーター値の2番目のゾーンの方々が掲示板上位となり、どうしてもフィルターに残り3Fの脚をカウントしているため先行有利の際はフィルター通りには行きません。やはり展開をよむことが重要になります。今『ツボ』読み直ししていますが展開を事前によむ最善の方法は何だと考えておられますか。因みに展開は先行有利とよみ、キーンランドはフィルター上位ワンカラット、ベストロケーションがきて、複勝拾いました。つまり自身の文章読み返すと残り3Fをはずして考えた方がいいのでしょうか、長文お許し下さい。

■ECOさんへ [安東 裕章]

毎度です!
複勝的中、おめでとうございます♪

展開の読み方は非常に難しいですね。
逃げ馬のペース、コース形態、馬場状態、各馬の脚質とポジション取り・・・。
さまざまな要素が絡んでくるので、一概に「こういう場合にはこういう展開になる」とは言い切れません。
今回の新潟記念にしても、テイエムプリキュアにしてはかなりスローな逃げ方でした。
「プリキュアが大逃げを打てばペースが速くなって差し馬向き」と考えた人も多かったようですが、「新潟外回りコースでは流れが落ち着くので前が有利」という予想もできたはずです。
逃げ馬の性質を基準にすれば前者、コース形態を基準にすれば後者の見方になるわけで、このあたりの見極めが難しいですね。

私の場合、むしろ、この馬が勝つとすればどういう展開になるかという考え方をすることが多いです。
スマートギアが勝つならば、ある程度ペースが速くなり馬群がばらけて外へ持ち出せた場合・・・といった感じです。
そうやって、いくつかのパターンを頭に組み立ててから、検討するようにしています。


■ [うに]

安東さん、こんばんは。
新潟記念は、サンライズベガ中心で予想しましたが、相手が1頭も入らず失敗しました。
差し馬よりも前が有利とみていたのに、武豊騎手が怖くてスマートギアを拾ってしまい、余計に落ち込んでおります。


ところで、小倉の阿蘇Sで、ダイナミックグロウが2着に入りましたが、鉄砲実績が無く、しかも障害帰りの馬が好走するとは信じられません。
この間も、デグラーティアに驚かされたばかりで、今後こういったケースで高配当がちらついて(笑)、取捨選択がますます難しくなりそうです。
でも、大博打を打つ勇気はないです。

安東さんは、このようなレアケースは“事故”と捉える方ですか。
どう思われているのか前から気になっていたので、お聞かせいただけますか?

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。

ダイナミックグロウ!
この馬、全ダート実績が<6.0.0.12>なんですよね。
2、3着のない極端な戦績の馬というのは、激走に注意した方がいいのかもしれませんね。
持ち時計も悪くないし、障害帰りですから斤量も大幅減。
買える要素がないとは言い切れなかったかもしれません。
ただ、実際に狙えたかというと難しいと思います。

私の場合、競馬の結果を“事故”というふうに捉えることはありません。
基本的には、好走にも凡走にも理由があるという考え方をします。
中にはごく稀に、どうしても理解できないケースもありますが・・・。
変な言い方かもしれませんが、「何でこんな馬が来るんだよ!」ではなく、「こんな馬が来るんだ!競馬って面白いなあ」と喜んでしまうことが多いです。
もう少し馬券に執着した方がいいのかもしれませんね(笑)。

■ありがとうございました。 [うに]

いつも真摯にお答え下さり、ありがとうごさいます。

私は、「なんやねん、この馬…」と思ってしまう側です。
好走しているのに責めるとは、何だか酷いですね(笑)。
自分の見識の浅さを反省します。


残暑が厳しいですね。お体を大事になさってください。

■ [★]

ダイナミックグローの2008年阿蘇を見逃さなければ買う要素はあったと思います。過去って大事ですね・。

■★さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、2008年の阿蘇Sはダイナミックグロウの逃げ切り勝ち。
2着馬に2馬身差をつける完勝でした。
当時の行き脚が戻っていればという条件は付きますが、同じ舞台での好走については注意する必要がありましたね。
激走のヒントを見逃さないこと。
競馬が本当に勉強のくりかえしです。



■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。