■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■セントウルS・結果

2010年9月13日 4回阪神2日10R
第24回 セントウルS(GⅡ)
芝・1200m 晴・良

 1着 ダッシャーゴーゴー  川田        1.08.0
 2着 グリーンバーディー  デュプレシス     クビ
 3着 メリッサ           福永          1

単勝 11  960円(4番人気)
馬連 1-11 3700円  馬単 11→1 7900円
3連複 1-6-11 14010円  3連単 11→1→6 88570円


スポンサーサイト

■コメント

■ [うに]

安東さん、こんばんは。
京成杯、キョウエイストームの単勝を買っていたので、結果待ちの間は「どうか同着で」と 願っていましたが、JRAはシビアですねぇ。

前日の紫苑Sでも、上位3頭を買っていたのに、取消しで返還されてパアになりました。(泣)。
こういう場合は、救済処置ってないんですかね。ないですよね。


ところで、ヘッドライナーが順調に使われなかったことについて、厩舎の話では「かえって休養になって良かった」と前向きな事を言っていましたが、安東さんは誤算はマイナスだと判断なさっていましたね。
同様に、「出走が延びたおかげで乗り込めた」とか、これもよく聞きますけど、実際はどうなんでしょうか?
嬉しい誤算で好走する例もありますし(その馬の地力かもしれませんが)、私には判断しづらいです。或いは、最初から気にしない方がいいでしょうか?

ご助言お願い致します。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
キョウエイストーム、惜しかったですね!

さて、ヘッドライナーの件ですが・・・。
たしかに陣営のコメントは強気でしたし、開幕週の馬場を考えれば狙える馬だったとは思います。
ただ、私がなぜマイナスと判断したかというと、取消のあと復帰まで時間がかかったからです。
春の高松宮記念でそれなりの好走をして、TV愛知OPで2着の後、CBC賞勝ち。
馬自身の充実ぶりを考えれば、函館SSを取り消したとしても、陣営は「状態の良いうちにできるだけ早く使いたい」と思うのではないでしょうか。北九州記念やキーンランドCもあったわけですから。
ところが、実際には3ヶ月の休養になりました。ということは、使いたくても使えない状態だった、それだけの休養期間が必要だったという推測ができます。

さらに、放牧先で乗り込んでいたとはいえ、8月末に帰厩してから、この馬は速い追い切りを1本しか行っていません。実戦に強い馬かもしれませんが、この仕上げはどうなのかという疑問が湧きました。
つまり、ヘッドライナーについて、順調さを欠いたのはマイナスと判断したのは、函館SSの取消だけではなく、その後の経過がいまひとつ釈然としなかったからなんです。
それでも、前が有利な展開だったとはいえ4着に粘ったのは、この馬の地力の高さであり、状態面も決して悪くはなかったのかもしれません。

陣営のコメントに関しては、ブログの中でも引用をすることがありますが、「調子がいい・悪い」といった内容のものは額面通りには受け止めないようにしています。
「出走が延びたから乗り込めた」というのも、事実としてはそうなのでしょうが、それが馬にとってプラスなのかどうかは判断しづらいですよね。
『ツボ1』の中にも書いたように、コメントの中で有効と思われるのは、前走の敗因や今回のレースに向けての抱負(目標のレースかどうか)や工夫(調教の変化や作戦など)といったものに限られるのではないでしょうか。


■勉強になりました! [うに]

一字一句噛み締めるように読ませて頂きました。
安東さんには脱帽です。私は陣営の“前向きコメント”に惑わされてばかりで、事実の裏を読むまでに至っていませんでした。
詳しく教えて下さって、ありがとうございます。
安東さんからの、直コメントは本当に嬉しいです!


それでは、季節の変わり目にはご用心なさってくださいね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。