■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ローズS・復習

ローズSを制したのは、4番人気のアニメイトバイオ。1~3番人気馬が揃って馬券圏外に消えたために、レースは波乱の結果となった。

アニメイトバイオの勝因として真っ先にあげられるのは、後藤騎手の好騎乗だろう。
「横並びで嫌な形になりそうだったので、一歩引いて競馬をした」という本人の言葉通り、道中は有力馬を前に見る位置取り。結果的に、後ろからじっくり折り合って進んだことが、最後の瞬発力につながった。
それにしても、見事な馬群の割り方。馬自身の勝負根性にも頭が下がるが、わずかな間隙を一気にこじ開けた後藤騎手の判断も素晴らしかった。
初の栗東入厩がどうかという不安もあったが、状態面は申し分なかったようだ。今後は秋華賞に向けて栗東滞在を続けるということだが、課題は状態を維持できるかどうかになるだろう。今回、休養明けの馬の多くが大幅なプラス体重であったのに対して、この馬は増減ゼロ。余裕残しのない完璧な仕上がりだったという見方もできる。この1走でさらなる上積みを期待できるのか、あるいは、激走の反動に注意を払うべきか。本番ではこのあたりの判断がカギになるかもしれない。

2着のワイルドラズベリーも、道中は後方で折り合いに専念する競馬。中を突いたアニメイトバイオにはアタマ差およばなかったが、メンバー最速の33秒4の上がりで大外から伸びてきた脚には非凡なものがあった。
流れを見て後方に下げた後藤騎手とは違い、自分の競馬に徹した乗り方ではあったが、馬の持ち味を発揮させたという点では、安藤勝騎手の巧さが光ったレースと言えるはずだ。
本番での課題は1F延びた距離での折り合い面。安藤勝騎手は「反応がいい馬なので3コーナーでちょっと動いただけでビュンと行ってしまった」というコメントを残しているが、道中どこまで我慢できるかがポイントになりそうだ。個人的には、マイル前後の距離でのキレ味勝負が向いているようにも思えるのだが・・・。

3着には5番人気のエーシンリターンズ。
この馬もまた、後方で折り合いをつけて直線で伸びてきた。福永騎手は「勝ちに行った分、差されてしまった」とコメント。春には好位から抜け出す競馬で結果を出していた馬だけに、末脚勝負になると少しばかり分が悪いのかもしれない。
とはいえ、持ち味である“レース巧者ぶり”を発揮できた一戦。本番の舞台は京都の内回りという器用さも要求されるコースなので、引き続きこの馬の走りには注目したい。

さて、問題は、上位人気馬の敗戦についてだが・・・。

アパパネは直線で一旦先頭に立ちながら伸びを欠いて4着。勝てるパターンに持ち込みながら後続に差されるという負け方は、印象として決して良いものではない。ゲート入りを嫌い、レース序盤は折り合いを欠き、直線ではレディアルバローザと接触するなど、スムースさに欠いた部分もあるが、それにしても“らしくない”止まり方だった。
オークス以降は放牧に出さずに美浦で調整し、中間は他馬よりもはるかに多い12本の追い切りを消化。それでいて馬体重がプラス24キロだったということは、かなりの“余裕残し”だったのかもしれない。蛯名騎手も「少し重めで最後はいくらか息切れしたけど、次はもっと走れるはず」とコメントしている。しかし、たとえトライアル仕様であったとしても、今回の負け方(抜け出して差される)にはどこか釈然としないものがある。陣営がこの敗戦をどのように分析しているのか。次走に向けてのコメントには注意したい。

2番人気のアグネスワルツは7着。
トゥニーポートにハナを譲る形で番手からのレースをしたが、直線で抜け出し切れずに敗退した。柴田善騎手は「春よりもフットワークが小さかった」とコメントしているが、番手で上手に競馬をさせようとしたことが裏目に出たのかもしれない。個人的には「ハナを切るのがベスト」と思える馬。器用な競馬をさせようとすると逆に不器用な走りになる気がする。本番では持ち味であるスピードを活かす走りを見せてほしい。

3番人気のオウケンサクラは8着。
道中は手応え良く走っているようにも見えたが、直線ではまったく伸びなかった。馬自身の覇気も今イチ。内田博騎手は「休み明けが敗因」とコメントしているが、本番までにどれくらい良化できるか。『予習』でもふれたように、この馬は使い込まれて良くなるタイプなのかもしれない。


後方で脚を溜めていた伏兵馬が上位を占めたように、少なからず展開に左右されたレースではあったため、春の勢力図が一変したかといえば、そこまでは言えないだろう。しかし、本番の秋華賞が混戦模様になったことも確かである。
賞金的に本番への出走が可能な上位人気馬が揃って負けたというのは、いかにも“トライアルレース”という感もあるが、一方で、今回の1~3着馬の成長も見逃せない要素。有力馬の巻き返しがあったとしても、力量差の判断が難しくなった。さらに、本番ではサンテミリオンやアプリコットフィズも参戦してくる。
今年の秋華賞、予想が難解であることは間違いない。





スポンサーサイト

■コメント

■ローズS復習 [ECO]

安東さま、毎度です。土日月と三重賞中セントライト記念で久々単複きましたが、あと二つがいけないですね。ローズSは前有利とみて当初とは違う見立てで挑みましたが見事にサクラは伸びず、当初の見立馬が三着で、札幌ダートは中途半端な結果でした。阪神は自分が思っているよりも速いのでは?と感じ反省できますが、ダートはやはり芝とちがう要因をさらに探すべきでしょうか?何か特に注意を払っておられますか?

■ [うに]

安東さん、こんばんは。
アニメイトバイオって、やっぱり強かったんですね!
春に本命にしていたのに、今回はエーシンリターンズに浮気して馬券外しました。(またも、上位3頭買っているのに…泣)

アパパネは連対はないとみたのは良かったのですが、先があるとはいえ4着は犠牲が大きいのでは? ちょっと次が心配です。杞憂ですかね。

昨年はレベルが高かった分、今年は物足りない感じがします。ブエナビスタが凄すぎるんですよね。叩き台でも安心できましたし。


私事ですが、セントライト記念で、単勝・ワイド(1、3着)・3連複当たりました!
更に、月曜日の阪神、西宮Sも的中。
ダブルウェッジの単勝は惜しかったですが、復活の時を虎視眈々と待った甲斐がありました。

競馬って本当に面白いですね♪

■ECOさんへ [安東 裕章]

毎度です!
なにはともあれ、セントライト記念の的中、おめでとうございます!

芝とダートに関してですが、展開面を考える上では、基本的に“別物”と考えています。
特に、ペースと馬場状態についての見方を変えています。
芝の場合は逃げ馬のペースや馬場の荒れ方で展開が大きく変わりますが、ダートはどちらかといえばペースに関係なく先行有利(もちろんそれだけではありませんが・・・)。
ですので、ダートについては、スタート直後の各馬のポジションというものを慎重に考えるようにしています。
それぞれの馬の実績や適性、近走内容の確認といったことについては、芝でもダートでも検討の仕方は同じかもしれません。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは!
馬券の調子が良いみたいですね!
おめでとうございます!

アパパネはどうなんでしょうか・・・。
トライアルとはいえ、負け方が気に入らないんですよ。
まあ、本番でキッチリ結果を出してくれれば、「やっぱり叩き台だったんだ」っていうことになるんでしょうけど。

それにしても、競馬が面白いというのはなによりです!
競馬の難しさを知っているからこそ、狙い通りになった時は痛快ですよね。
ダブルウェッジ、お見事でした!
今後も朗報をお待ちしています♪

■ありがとうございます! [うに]

安東さんのご指導のお陰です!
馬券を外しても競馬が面白いと思えるようになったのも、安東さんのお陰です。
今後も、ブログを参考にさせて頂きます。

■復習の復習 [ECO]

安東さま、再び毎度です。いつもよい方向に導いていただき、ありがとうございます。最近うにさんとすべてではないですが狙いがかぶるのは同じ読者だからでしょうか?(笑) ダートの件ですが馬の展開力をみるには4コーナでの位置を目安にしていますが、出走表のみで予想する今地方開催の場合、出走表のどこでその情報を確認することができますか?

■ECOさんへ [安東 裕章]

再び毎度です。

うにさんと狙いがかぶる・・・なぜですかね?
私から見ると、お二人のキャラクターはまったく違うように思えるんですが(笑)。

さて、地方開催のダートですが・・・、
たしかに中央のレースに比べて情報が少ないですね。
専門紙によっては4コーナーの通過順位や上がりのタイムなどは記してあるようですが。
細かくチェックしたい時には、私は主にパソコンの「NETKEIBA」を利用しています。
有料のコンテンツもありますけど、戦績の閲覧は無料でできますからね。
ただ、地方ダートでの成績というのは、砂質や出走馬のレベルの違いを考えると、どこまで参考にできるかな?と思う部分はあります。

■乱入しまーす! [うに]

こんばんは。

私とECOさんの狙いが被るのは、お互い人気馬よりも人気薄のほうが大好きだからでは。(私がそうなので。違います?)
『ツボ』を読んで、その性質がますます覚醒したのではないでしょうか(笑)。
違うかなあ…


地方ダートの話が出ていましたが、今回のエルムSで、アドマイヤスバルの判断に悩みました。
地方戦の結果がそのまま中央でも通用するのか、実力が量りづらかったです。
結局、過去の中央での相手関係から判断して、狙いを下げて買いました。“消し”も考えましたが、コース巧者なので踏ん切りがつかず。思い切りが悪いと、大体外します。


あと… 私のキャラというのが気になるのですが(笑)。
どんなイメージを持っていらっしゃるのか、聞いてみたいけれど何か怖いので、遠回しに馬に例えて頂いていいですか?
あの……無理ならスルーして下さい(笑)。

それでは、お邪魔しました!


■うにさんへ [安東 裕章]

乱入ありがとうございます!(笑)
すみませんが、今週のブログはお休みさせていただきます。
コメントの返事も来週までお待ちください。
(すみません、バタバタしているもんで・・・)

■どうかお気をつけて。 [うに]

返事は落ち着いてからで全然構いませんので、お仕事頑張ってください!

来週楽しみにしてます。

■ご無沙汰です(でもないですかね) [電気羊]

ローズSは駄目でしたが、セントライト記念はなかなか良い結果となりました。

過去3年の3着入着馬の父親は、5頭がSS系、4頭がロベルト系。
そして4番人気以下で入着した5頭にはノーザンテースト、グレイソヴリン、ボールドルーラー、ヌレイエフの血を持つものが複数。

以上を踏まえ、まずラジオNIKKEI賞2着のクォークスター、次いで同1着のアロマカフェを選択。
3番手にはヤマニンエルブ。SS系でもロベルト系でもないので当初は切るつもりも、

①血統面:父系ゲインズボロー(昨年の勝ち馬ナカヤマフェスタ、同じく昨年のオールカマー2着馬ドリームジャーニーの父ステイゴールドの母系)である。さらにノーザンテーストの血を持つ
②展開面:単騎逃げ、中間ペースダウンからよーいドンなら有利(実際のペースは異なりましたが)
③ステップ:昨年のフォゲッタブル(7番人気3着)、一昨年のダイワワイルドボア(9番人気1着)と同じく前走新潟2200M好走

を考慮し評価をアップ。

馬券は3頭にダービー出走馬ゲシュタルト、<予習>にも名前が挙がっていたフェイルノートを加えた3連複フォーメーション(7点)と、クォークスターの単勝、クォークスター-アロマカフェのワイドを購入。
毎回こんな風に上手くいけば……(笑)

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
返事が遅くなって申し訳ありません。

「ECOさんの狙いが被るのは、お互い人気馬よりも人気薄のほうが大好きだからでは?」
なるほど、そうかもしれませんね!
ただ、『ツボ』は必ずしも穴党向きの本とは呼べないとは思うのですが・・・(笑)

さて、うにさんのキャラクターの件ですが・・・
えーと、あくまで私の中の勝手なイメージなので、気にしないでくださいね。
馬に例えると、うーん・・・“ハマれば突き抜ける”プレミアムボックス!(笑)
なんていうか、すごく期待感をあおる存在なんですよね。もちろん、いい意味で!
毎回、「大きな配当を当てたんじゃないかな」と思って、コメントを楽しみにしています。
あ、でも、大穴を狙えと言ってるわけではないので、誤解なさらないように!(笑)


■電気羊さんへ [安東 裕章]

お久しぶりです。
コメントの返事が遅れてしまって、申し訳ありません。

まずは、的中おめでとうございます!
理詰めの予想、すばらしいですね!敬服いたします。
血統をひとつの根幹とした電気羊さん独自の競馬理論に、ますます磨きがかかってきたのではないでしょうか。
当たった時の喜びもひとしおではないかと思います。
その調子で、これからもがんばってください。
コメント、ありがとうございました。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。