■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■毎日王冠・予習

秋の東京開催、開幕週に行われるGⅡ・毎日王冠。
10頭立ての少頭数ではあるが、GⅠの前哨戦という意味からも注目の一戦である。

3連勝でGⅠ・安田記念を制したショウワモダン
6歳春にして“本格化”。その裏付けは、2走前と前走(安田記念)で時計勝負をクリアした点にある。さらに、差し脚に転じて結果を出せたことも、ここ2戦での大きな収穫。流れに対応できる走りを身につけたと評価していいだろう。
東京芝は7戦して4勝の実績。今回と同条件の1800m戦においては、2走前のメイSで今回と同じ59キロを背負って2着馬(シルポート)に0.3秒差をつけて快勝している。土曜から降り続く雨で馬場が悪くようならば、元来の“道悪巧者”ぶりを存分に発揮できそうだ。
問題は仕上がり。
鉄砲実績は〈2.1.0.2〉と決して悪い数字ではないが、今回は目標を先に置いた使い出しになるはず。陣営は天皇賞・秋を視野に入れているとのことだが、実績のない2000mのレースを目標にしているならば、なおさら“本番を想定した試走”になるかもしれない。
3ヶ月以上間隔が空くのは2年ぶりであり、連勝で一気に頂点まで昇り詰めた後の休養だったことから、どこまでピーク時の状態に戻っているかが気になるところだ。
別定GⅡにGⅠ馬が出走してくれば、休み明けでもそれ相当の結果を残すことが多い。しかし、ショウワモダンの場合、GⅠ出走経験は安田記念のみ。昨年の毎日王冠1・2着馬=カンパニー・ウオッカのように、GⅠで常に上位にくるほどの経験・実績を積んでいるわけではない。そのあたり、GⅠ馬としての“格”をどう評価すべきか。この馬の底力が試されるレースと言えるかもしれない。

今年の毎日王冠は3歳馬の参戦が話題を呼んでいる。
中でも、ダービーで2番人気(6着)に支持されたペルーサは注目の1頭。
ダービーは出遅れが響いたうえ、超スローの流れで馬群が固まったために外を回って追い上げる不利な展開。それでも0.5秒差の6着まで食い込んできたのだから、この馬の能力の高さは示したという見方もできる。
秋の目標は3歳クラシックの菊花賞ではなく天皇賞・秋。となれば、初の古馬混合戦でそれなりの結果を出しておきたいところだろう。
この馬に関しては、これまでのレース経験をどう判断するかがポイントかもしれない。言い換えれば、ペルーサの強さをどのように評価するかということである。
デビューから4連勝という実績は、たしかに“偉業”には違いないが、ダービーという大目標から逆算したローテーションだからこそ成り立ったとも考えられる。もし仮に、陣営が極度に嫌った“馬場の荒れた中山のレース”に出走していたら、どのような結果になっていただろうか。
当ブログでは、『ダービー・予習』の中で、ペルーサについて「(全馬が目イチの仕上げで臨む)皐月賞を走っていないことが“経験値”という点で劣る」という指摘をした。藤沢和厩舎ならではの“英才教育”を否定するつもりはまったくないが、春のクラシック戦線で“揉まれながら強くなった馬”とは言えないだろう。
まして今回は、初の1800m戦であり、雨が降り続けば初の道悪レースという条件にもなる。圧倒的な強さを見せつけて天皇賞・秋に駒を進める可能性も十分あるだろうが、一方で、単勝1番人気(前日売り)に支持されるだけの信頼性があるかといえば、少々疑問である。

皐月賞トライアルのスプリングSを勝ったアリゼオ
今回のレースと同じ東京・芝・1800mで行われた共同通信杯では1番人気に支持された(着差なし3着)。前走のダービーは13着に敗れたが、陣営によれば「距離が長かった」とのこと。実績のある1800mならば、見直せる要素はあるはずだ。
この馬の課題は気性面。
春先までは折り合いに苦労するレースが目立ち、スプリングSも“気分良く行かせる”ことを重視した横山典騎手の好騎乗によるものだった(逃げ切り勝ち)。「ひと夏越して落ち着きが出た」という陣営のコメントはあるものの、休み明けは特に馬が掛かりやすくなる傾向が強い。東京・芝・1800mは直線部分が多いので、なおさら脚を溜めるのが難しい。このあたりは、テン乗りの福永騎手の乗り方に注目したい。
折り合いに不安があるので、脚を溜める上がりの勝負よりも先行粘り込みの方が持ち味を発揮できそうなタイプ。その意味では、道悪は歓迎かもしれない。

昨年暮れの朝日杯で2着に入ったエイシンアポロン
弥生賞では内をロスなく回れたために2000mの距離でも2着に健闘したが、基本的にはマイラーの印象が強い。前走のNHKマイルCは9着。これは皐月賞からのきついローテーションが影響したようだ。夏場を休んでリフレッシュした今回、どのような走りを見せてくれるか。3歳時の重賞勝ちがないために、ペルーサ、アリゼオよりも斤量が1キロ軽いのは有利だろう。
問題は距離。
1800mでは1勝しているが、これは小回りの小倉コースでの実績。コーナー通過が2回の東京・芝・1800mは地力勝負になりやすく、ごまかしはきかない。
陣営は「このレースの結果によって秋のローテーションを決定する」とコメント。距離をこなせれば秋天を含めた中距離路線、ダメならばマイル路線という考え方であるのならば、“実験的な試走”の要素も強い。軽視はできないが、他馬と比較すれば不安材料が目立つように思える。

休み明け2走目となる逃げ馬のシルポート
前走のオールカマーは距離が長く、このレースへの叩き台だったことは明確。1800mでは〈3.4.0.1〉の実績があり、コーナー2回のコース形態に限れば〈3.3.0.0〉とすべて連対している。重馬場は〈2.0.0.0〉。スローに落とす逃げではなく、緩みのないペースを作る馬なので、先手を取れば差し馬の追撃を振り切れる渋太さを持っている。仮に、人気どころの差し馬たちが“次を見据えたレース”に徹して、末脚を温存するような競馬をするならば、マイペースの逃げ切りがあっても驚けないだろう。
あとは、他の先行馬との兼ね合い。
開幕週で重馬場という条件になれば、前に行ける脚のある馬はポジションを取りにくるはず。休み明けのアリゼオが掛かり気味に競り合ってきた場合や、最内枠のネヴァブションが出し抜けにハナを奪おうとした場合は要注意。この馬にとってベストの条件と思えるだけに、自分のペースに持ち込めるかどうかがカギになるはずだ。

前走、安田記念で3着に入ったスマイルジャック
“対・ショウワモダン”という捉え方をするならば、同斤量から2キロ差がついた今回は有利と言えるだろう。
もっとも、安田記念の3着は、恵まれた結果という感もある。出遅れで後方からの競馬になったことで前に壁ができて折り合いがつき、直線で空いたインに潜り込めたからだ。
今回は10頭立ての少頭数。11頭立てだった昨年のレースでも折り合いに苦労していたように、前に壁を作りにくい状況では行きたがる気性が災いする。
東京芝実績は〈0.2.3.5〉だが、古馬になってからは〈0.0.2.5〉。ダービー2着の実績があるために、東京を得意としているような印象を受けるが、実際はそれほどでもないと考えた方が無難かもしれない。
ただし、この馬に好走の可能性がないというわけではない。重馬場になることによって、道中の折り合いが重要となる極端な上がり勝負にならないケースも考えられるからだ。実際、陣営も「雨が降った方がいいかも」とコメントしている。ある程度前の位置でレースをすれば、これまでとは違った競馬で活路を見出す余地もある。

前走、朝日CCで3着に入ったアドマイヤメジャー
3歳の夏には3連勝、セントライト記念では1番人気に支持され“素質馬”と評されていた。秋には活躍できなかったものの、今年は休み明けを連勝して前走重賞初挑戦で3着。前が残る展開ながら、メンバー最速の上がりで追い込んできた内容が評価されている。順調に使われてきた強味と4歳秋の成長度も強調材料と言えるだろう。自在性のある脚質なので、前々での競馬もできるはずだ。
もっとも、実績面ではまだまだ格下感が否めない。
2・3走前の連勝にしても、1600万条件での降級によるものであるし、前走3着も9頭立てで相手関係も楽だった。むしろ、初の東京コース、初の1800m、セントライト記念以来の2度目の関東遠征といった不安要素も目立つ。今後、重賞戦線で戦っていけるかどうかの試金石になる一戦だろう。

一般的なセオリーでいえば、開幕週でしかも重馬場という条件では前へ行く馬が有利。加えて、別定GⅡは“格”がモノを言う部分が大きい。となれば、最内枠で先行力がある実績馬のネヴァブションも侮れない。
この馬にしてみれば距離は短いし、陣営のコメントも「叩き良化型なので今回は割引」といたって弱気ではあるが、差し馬が不発に終わるという展開に沿えば無視できない1頭だ。

函館記念を制したマイネルスターリー
前走の札幌記念は出遅れのため後方からの競馬になったが、前に行ける脚もあるので要注意。ただし、道中マクリ気味にポジションを上げていくレースぶりを見ると、コーナーの多い小回りコース向きのようにも思えるが・・・。

個人的には、前売り最低人気のトウショウウェイヴが面白そうにも思える。
重賞実績がないため、別定GⅡはたしかに敷居が高い。鞍上に中舘騎手ではなく吉田豊騎手を配してきた以上、前に行く競馬は考えにくいわけだから、展開的にも不向きと考えるのが普通だろう。
しかし、少頭数のレースでは、差し馬も馬場のいいところを通って食い込んでくる可能性がある。昨年のこのレース(11頭立て)で3着に入ったハイアーゲームはその典型だ。
トウショウウェイヴの東京芝実績は〈6.4.1.4〉。不安材料が多くてもこの数字は無視できない。問題は馬場状態であるが、重実績は〈0.1.0.2〉と数字は悪いが、東京コースに限れば、稍重で2着、重で2着という結果。展開次第の面があり、後方ままで終わるかもしれないが、一応マークしておきたい。


京都で行われるGⅡ・京都大賞典も興味深い一戦。
久々のオウケンブルースリがどのような走りを見せてくれるか。昨年は休み明けでも1着となったが、ジャパンカップに出走するためには勝たなくてはならない一戦だった。今年は出走可能なこともあって余裕残しの仕上げという声も多いが・・・。
春のレースは不本意な結果で終わったフォゲッタブルにも注目。昨年秋の出来にどこまで戻っているかがポイントだろう。
順調度から言えば、メイショウベルーガとプロヴィナージュの牝馬2頭。ヨーイドンの競馬になればメイショウベルーガだが、早め先頭のプロヴィナージュが一気に押し切る可能性もある。
前走の新潟記念(6着)でケチをつけた感のあるスマートギアだが、昨年の2着馬。オウケン、ベルーガと併せて追い込んでくるようなら、馬券圏内も見えてくる。
個人的に気になるのはベストメンバー。ケガのために休み休みでしか使えなかった馬が、今回は中3週。3歳時には将来を期待されていた馬だけに、その走りに注目したい。



スポンサーサイト

■コメント

■予習 [ECO]

安東さま、毎度です。
両重賞開幕週で雨、微妙です。ペースはミドルで馬場からの考えとコース適正、脚質、タイムからで東京は5番、京都はペースはスロー特に雨得意は該当せずコース、脚質、タイムから11番でいきます。さらにペース遅めだと4番、6番が気になるとこですが。今週からペースからを重視すると人気上位馬になり、すこし不安です。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。