■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マイルCS・予習

秋のマイル王の座を争うGⅠ・マイルCS。
昨年の優勝馬・カンパニーをはじめ、過去にはデュランダル、ダイワメジャーといった“マイル路線の中心的存在の馬たち”が王座に輝いたレースだが、今年の場合、ひとことで言えば「中心馬不在」。それゆえ、マイルGⅠ初挑戦の新興勢力が上位人気に支持され、春の安田記念を制した馬(本来ならばGⅠ馬として中心視されるべき馬)が単勝2ケタ人気に甘んじている。能力比較の手掛かりが見つけにくい難解な一戦。実績、勢い、適性、一変の可能性など、さまざまな角度からの検討が必要になるだろう。

土曜午後の時点で1番人気に支持されているのは、現在マイル戦4連勝中のダノンヨーヨー
前走の富士Sで初重賞勝ちを収めたが、前残りのレースで後方から一気に差し切った脚には一種の凄みさえ感じられた。好位からの競馬もできる馬なので、脚質の自在性が強調された感もある。このレースで芝1600mの持ち時計を更新。中心馬不在の状況を考えれば、上昇度顕著なこの馬が1番人気に支持されるのも納得がいく。
京都コースは〈2.2.0.1〉。鞍上には名手・スミヨン騎手。デビューから11戦走って、馬券圏を外したのはわずかに1走という安定感。今回のレースを制して“マイル路線の中心的存在”になる可能性も十分と考えてもいいだろう。
もっとも、陣営の発言はどちらかというと控えめだ。その中でも気になるのは「気の悪さを出す馬」という点。あえて不安材料をあげるとすればそのあたりだろうか。真の主役に躍り出れるかどうか、その走りに注目したい。

今年の高松宮記念を勝って春のスプリント王に輝いたキンシャサノキセキ
この馬の場合、言うまでもなく、問題は3年ぶりとなるマイル戦で力を発揮できるかどうか。
もともとはマイル路線を主戦場としていたが、掛かりやすい気性を考慮して距離短縮に至った経緯がある。近走では1400m戦でも連勝するなど、精神面の成長もうかがえるし、いい意味での“ズブさ”も出てきたようではあるが・・・。
仮に今回の距離延長がマイナスに作用する(以前の掛かり癖が出る)と推測するならば、前に馬を置きにくい外枠に入ったリスクも高いものになる。外々を回らされた上で、さらに脚を溜める競馬ができるかどうかがカギ。ムーア騎手の騎乗に期待したい。

昨年3着に入った外国馬・ザプレザも参戦。
先週のスノーフェアリーと同じくスペシャルボーナスのかかった一戦であり、加えて日本のマイル戦線のレベルを考えると、当然ながら軽視できない1頭だ(2週続けて外国馬に勝たれるというのも癪だが・・・)。昨年の経験を踏まえた上で、陣営も「勝ちに来た」と公言している。
この馬の取捨選択の基準となるのは、前走勝ちをどう考えるかかもしれない。
英国GⅠ・サンチャリオ賞を制しての参戦というのは、昨年とまったく同じだが、今年はコンディションが重馬場だったことに大きな違いがあり、コレ調教師は「柔らかい馬場でも強い勝ち方だった」と自信を深めたと伝えられている。
それを受けてザプレザを推す競馬記者は、重馬場での勝利を「昨年よりパワーアップした」と評価している。しかし、見方を変えれば「昨年よりも負担の大きいレースだった」という判断も成り立つ(しかも58キロを背負ったレースだった)。激走の反動と海外からの輸送。状態面が万全かどうかがカギになりそうだ。

このレースを目標にしたローテーションの組み立てという点で好感が持てるのはスマイルジャック
夏場の休み明けから叩き3走目。毎日王冠→秋天→マイルCSという流れは、ダイワメジャーやカンパニーが使った王道のローテとも言えるもの。ベストより長い距離で強豪相手に戦うのは、叩き台として意義のあるものに違いない。このレースがピークとすれば、安田記念3着の実績からも侮れない1頭だ。
あとは、どこまで脚を溜められるか。ここ2走は距離が長いことを意識したせいなのか、ポジション取りがやや前目。その分、反応が今ひとつ鈍かったようにも思える。
今週からCコースに変更。ラチ沿いをロスなく回ってギリギリまで脚をため、“荒れていないイン”を突く競馬が理想になるだろう。

500万クラスからマイル戦3連勝中の3歳馬・ゴールスキー
オープン初戦がGⅠになるが、3連勝のいずれも2着馬を突き離す強い勝ち方。今回のメンバーならば十分勝負になるという声も多い。たしかに、勢いは軽視できないだろう。ゴールドアリュールの半弟という“大物感”も少なからず魅力である。
もっとも、この3走はいずれも前3Fが35秒後半から36秒台の緩い流れ。それゆえ、無理なく好位につける競馬ができた。マイルCSは前3Fが34秒台になるレースになることが多く、これまでのようにポジションを取れるとは限らない(まして7枠15番)。自分の競馬ができなかった場合の不安要素はある。

前走、カシオペアSを制した、こちらも3歳馬のトゥザグローリー
夏場の休養を経て良血が目覚めたという見方をする競馬記者も少なくない。前走勝ちにしても53キロの斤量とはいえ抜け出してからの伸びは見事。実力そのものは評価できるだろう。
ただし、今回は過去に1走しか経験していないマイル戦。はたして流れに乗れるかどうか。専門家の指摘はないが、どちらかと言えば大跳びの印象。中長距離向きのようにも思えるのだが・・・。

同じ3歳馬ならば、マイル実績のある馬にも注目したい。
まず、桜花賞2着のオウケンサクラ
中1週で参戦した前走の天皇賞・秋で4着に好走。春のローテーションからもわかるように、使い込むほど良くなるタイプなのだろう。もっとも、1ヶ月の間にGⅠ3走目。どれだけタフな馬でもさすがに調子落ちはあるはず。直前の状態には注意が必要になりそうだ。

ローズSでアパパネに先着し、秋華賞でも4着に好走したワイルドラズベリー
もともと距離不安があった馬だけに、今回の距離短縮はプラスに働く(得意の距離に戻る)という評価が多い。エリザベス女王杯ではなくこのレースに照準を定めたのも、そのあたりを踏まえての陣営の判断に違いない。
あとは力関係。牡馬との対戦も古馬との対戦も今回が初。マイルの距離で特筆すべき実績があるわけでもないので、過信は禁物かもしれない。

むしろ面白そうなのは、3歳馬の中で最も人気のないガルボ
今思えば低調なメンバーだったとはいえ、今回と同じ舞台のシンザン記念の勝ち馬。休み明けの前走ではダノンヨーヨーに0.2秒差の3着と好走している。
先行あるいは好位で結果を出しているが、その一方で朝日杯で見せた追い込みの脚も印象的。走りのスタイルが明確でない分、不気味な存在感がある馬。個人的には気になる1頭だ。

複勝圏内という間口で考えれば、どの馬がきても驚けないレース。
注意すべきは逃げ・先行馬の前残り。スマイルジャックの項でも述べたように、今週からCコースに変更となったため、内が止まらない可能性も高くなるからだ。
長期休養明けで58キロの斤量ながら、前走のスワンSで3着に粘ったジョーカプチーノ。昨年の2着馬でこのレースを目標に1走叩いたマイネルファルケ。2連勝中で京都実績3戦3勝のテイエムオーロラ。このあたりは、どの馬が主導権を握るかを慎重に検討する必要があるだろう。

もう1頭あげるならば、アブソリュート
近走は東京コースでも結果が出せなくなり、年齢的にもピークを過ぎた感も強いが、今週の追い切りが全盛期を思わせるものがあったとのこと。カンパニーあたりと差のない競馬をしていた馬なので、一変の復活劇があっても驚けない。

最後に。
マイルCSはここ5年で1分32秒台の決着が4回(昨年は1分33秒2)。速い時計に対応できるかどうかというのも、ひとつのポイントになるだろう。
持ち時計よりも、近走どこの競馬場でどのくらいのタイムで走っているかについては、予想の参考にしておいた方がいいかもしれない。



スポンサーサイト

■コメント

■Re: マイルCS・予習 [ECO]

安東様、毎度です。

マイルSですが、土曜日の中途半端なかけ方からの反省より、主役不在っぽいですが前走3着以内、距離短縮いどむで5番テイエムオーロラ単複購入しました。

■マイルCS [うに]

土曜の東スポ杯は、2着馬を買っておらず外しました。
マイネルラクリマが人気無くて、これは美味しいと狙ったのですが、結果4着。

今日も、実力あるのに人気無しのジョーカプチーノを狙います。
前走で能力の高さを再確認したので、ここは本命にします。押し切ってくれないかなあ。

相手は、昨年は流れが向かず、でも大きく負けていないスマイルジャックとライブコンサート。
スマイルはここが目標で、ライブは内枠で巻き返しがありそう。

あと、おさえに、切れるワイルドラズベリーと、サプレザはルメール騎手が怖いので。


うう… よりどりみどりで、困ってしまいました(笑)。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。