■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■お詫び

「競馬のツボ<ブログ版>」にご訪問いただき、ありがとうございます。
都合により、今週末のブログは休載させていただきます。
今年初のGⅠだというのに、申し訳ありません。

レースのポイントはいろいろと考えられますが、次の2点については慎重に検討した方がいいかもしれません。

●週末に雨が降り脚抜きのいい馬場になった場合、「東京ダート1600mの時計勝負」への対応できるかどうか
●フリオーソの参戦がレース展開にどのような影響を与えるか

それでは、皆さまのご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章

スポンサーサイト

■コメント

■ [ECO]

安東さま、毎度です。

予習見れず残念です。当方は昨日は予想ブービーメーカー購入で反省しまくりです。

フェブラリーですが、外に上位人気集まり、内側前走先行馬狙うとこですが、ゴチャとしそうなんでやや外側目で前走先行馬の十番狙います。

■フェブラリーS・予想 [うに]

前崩れを予想。決め手強烈なシルクメビウスを本命にします。
2・3着候補に、4番手以降で踏ん張っていそうな、バーディバーディ、ダノンカモン、セイクリムズンを買います。万が一の事を考えて、ダイショウジェットも買っておきます。

■飛んできたのはフリオーソでした。 [うに]

マイルの距離を逃げてG1を勝てるもんかっ…て思ってたんですけど、この怪物の事を甘く見てました。JCダートの1800mより、今回は条件が厳しいと考えましたが押し切りましたね。
どうも私は、逃げ馬と相性が悪いみたいです(笑)。

シルクメビウスはどーしたんでしょうね。マイルのせいか、左回りが合わないのか…

あとは、地方馬のこともナメてました。安東さんが、わざわざ名前を挙げるだけのことありますね。

■ECOさん&うにさんへ [安東 裕章]

毎度です&こんばんは。
留守中の予想コメント、ありがとうございました。

フェブラリーSについては『短評』に書きましたが、予想の難しいレースだったと思います。
うにさんの読み通り、前崩れになる可能性も考えられました。
ただ、トランセンドに関しては、JCダートでマークされながらも崩れなかったことで、「ワンステップ強くなったかな?」という印象がありました。
今回もマチカネニホンバレの執拗なマークがありましたが、結局は相手が根負けした感じでしたね。

うにさんが狙ったシルクメビウス・・・どうしたんでしょうね?
行きっぷりが悪く、しかも、以前ほどの脚が使えなくなっています。
メンタル面でのスランプという意見もあるようですが、ならば、短い距離を走らせるとか逃げる競馬をさせるとかして、まずは“スタートから流れに乗れる”経験をさせてあげてもいいかもしれませんね。
3歳時はトランセンド以上に期待されていた馬ですから、このまま終わってほしくないなあ、と思います。

■「短評」読ませて頂きました。 [うに]

安東さんのおっしゃる通り、『格・実績』がはっきり現れたレースでしたね。

…本当にシルクメビウスはどうしちゃったんでしょうねえ。(JCダート2着は幻?笑)
今回の結果で人気を落としたなら、得意コースに出走した時が楽しみです。意外と人気するかなあ(笑)。


今週は、短評が読めて嬉しかったです。ありがとうございました。


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。