■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■中山記念・予習

GⅡ・中山記念。
当初、参戦が予定されていた3冠牝馬・アパパネは、残念ながら熱発のため回避となったが、昨年のグランプリホース・ヴィクトワールピサが本年の始動レースとして出走。他にも重賞好走実績のある馬が顔を揃え、12頭立ての少頭数ながら興味深い一戦となった。

土曜午後の時点で断然の1番人気に支持されているヴィクトワールピサ(単勝オッズ・1倍台前半)。
前走の有馬記念は、自分から動いてレースを作り、ブエナビスタを封じての勝利。能力の高さもさることながら、とりわけ“立ち回りの巧さ”が強調されたレースだった。
中山実績〈3.0.0.0〉という高い数字は、言うなれば、この馬の“立ち回りの巧さ”を証明するもの。小回りの中山では“自分から動けること”が大きな武器になる。今回はドバイ遠征に向けての壮行レースという位置付けで、先を見据えた上での参戦となるが、能力の高さとコース適性を基準に置けば、大崩れは考えにくい。明け4歳世代のトップレベルの走りが期待できるだろう。
あえて不安材料を取り上げるならば、1800mの距離。
昨年のダービー以降、この馬が走ったレースはすべて2400m以上。1800mは新馬戦(2着)以来となる。2000m戦を5連勝した実績を踏まえれば、距離に戸惑うことはないとも思うが、1コーナーまでの距離が短い中山の1800mでは、スタート直後のポジション争いが激化することも少なくない。特に、今回は内目の枠に先行勢が揃っている。レースの流れ、特に序盤の速さは、JCや有馬記念とは違うものになるはずだ。走りに影響が出るとすれば、そのあたりの要素だろう。
今回、ヴィクトワールピサがどのような位置取りからどういう動き方をするのか。有馬記念で絶妙の騎乗を見せてくれたデムーロ騎手の手綱さばきに注目したい。

中山芝では皐月賞の逃げ切り勝ちがあるキャプテントゥーレ
マイラーのイメージの強い馬だが、全5勝のうち3勝は2000mの距離。今回の条件は十分守備範囲であり、2走前の朝日CC勝ちの時のように自分のペースでレースを運べれば、渋太さを発揮するタイプだ。したがって、同型馬との兼ね合いがひとつのポイントになるだろう。
もっとも、この馬の場合、それ以上に気になるのが58キロの斤量。
この斤量を背負った時の成績は〈0.0.1.4〉で、古馬になってから掲示板を外したレース4戦はすべて58キロで走っている。4戦のうち3戦は苦手の東京コースでのGⅠとはいえ、450~460キロ台の馬格を考えると、「斤量泣きするタイプなのか?」と勘ぐりたくもなる。
まして、今回は4か月の休み明け。加えて、前述したように、好位を取るためには1コーナーまでのダッシュ力が要求されるコース。先手を奪ってマイペースでレースを運べたとしても、最後の直線で息が上がるかもしれない。実績上位であり条件的にも向いているとは思うが、不安要素も少なからず見受けられる。

引退する池江泰郎調教師が送りだす最後の重賞出走馬として注目されているリルダヴァル
デビュー2戦目・野路菊Sでの“圧巻の突きはなし”や、3走前の鳴尾記念におけるルーラーシップとの差のない競馬など、随所に素質の片鱗を見せてくれてはいるものの、ファンの期待に応えるだけの活躍には至っていないというのが正直な印象だ。
1番人気の支持を得た近2走も8着、3着。前走の小倉大賞典にしても、バトルバニヤンとの最後の追い比べで見劣るなど、直線で前が壁になったとはいえ歯痒い内容だった。
この馬に関しては、「走りに器用さがなく、それゆえゴチャつく展開では力が出せない」という意見が多い。となれば、今回の少頭数はこの馬にとってプラス材料と考えることもできるだろう。実際、出走馬が13頭以内ならば〈3.1.2.0〉の実績がある。もっとも、トリッキーな中山内回りコースだけに、過信は禁物だが・・・。
いずれにしても、現時点では“どのような条件ならば好走できるか”という基準が掴みづらい馬。一皮むけた走りを見せてくれるかどうか、注目したい。

ダービー2着の実績を持つリーチザクラウン
前売り段階では2番人気に推されているが、この馬に関しても、正直、評価が難しい。
3歳時は“ワンペースの逃げ馬”という印象だったが、古馬になってからは脚質転換。とはいえ、実際に結果を出したのは、昨年のマイラーズCだけであるから、脚質転換が成功したという判断はできない。前走の京都金杯(4着)に関して、前残りのレースで最速の上がりを見せたことを評価する声もあるが、そもそも控える競馬がこの馬向きなのかどうか。武豊騎手は「この馬の場合、まず自分との戦い」というコメントをしているが、ジョッキー自体が乗り方を迷っているようにも思える(それゆえ、今回はもしかしたら思い切った乗り方をするかもしれない)。
今回は〈0.1.0.4〉と結果の出ていない関東圏でのレース。気性面に課題のある馬だけに当日のテンションも気になる材料だ。好走しても決して不思議ではない馬だとは思うが、現状では信頼性の部分で疑問が残る。

前走、中山金杯で2着に入ったキョウエイストーム
2000mでは距離が長いと思われていたが、内枠を利してインをロスなく回り、最後は最内から末脚を伸ばしてきた。これで中山実績は〈3.4.2.0〉。恐るべき“中山巧者”である。
本質はマイラーなので、今回は1F長い距離。それゆえ、陣営も石橋脩騎手も内枠を希望していたが、残念ながら8枠11番に。ハンデ戦から別定GⅡになり、相手も強化されたため、枠順も含めて前走よりも条件は厳しくなった感は否めない。
ただし、軽視は禁物だろう。ヴィクトワールピサの項でも述べたように、中山は“立ち回りの巧さ”が要求されるコース。実績の高さはその証明でもある。展開に左右される面もあるが、前走と同じように道中内を回って直線で前を捌くことができれば、上位へ食い込む可能性も十分にあるはずだ。

前走、今回と同条件の中山芝1800m・ディセンバーSで2着のレッドシューター
昇級後はOP特別連続2着。今回は重賞初挑戦となるため実績面では見劣るが、近走の安定感を見る限り、簡単には軽視できない存在だ。
芝のレースは、デビュー以来〈5.3.5.1〉。馬券圏内を外したのはわずか1回(0.4秒差4着)で、複勝率・867は出走メンバー1の数字である。見方によっては“相手なりに走れるタイプ”。重賞常連の骨っぽいメンバーが相手になるが、流れに乗れれば好走も可能だろう。
ただし、前走、好位のポジションにいながら勝ったケイアイドウソジンをゴール前で差し切れなかったのは、この馬の決め手の甘さのようにも見えた(新馬戦を圧勝した時はもっとキレる馬になるように思えたのだが・・・)。センスの良さでそのあたりをどこまでカバーできるかだろう。

伏兵陣で注意したいのはマルカボルト
前走のAJCCは直線で一旦先頭に立ちながら、後続の交わされて6着(0.3秒差)。坂上で止まったところを見ると、微妙に距離が長かったのかもしれない。となれば、今回の距離短縮は好材料。同型との兼ね合いがカギだが、番手での競馬もできる馬。粘り込みの可能性もある。
昨年のこのレースのブログで推した12番人気のテイエムアンコールと共通する事柄だが、条件クラスを連勝してきた馬に関しては潜在能力自体は認められるので、オープンに上がって差のない競馬ができるようになれば要注意と考えたい。マルカボルトの場合、AJCC1戦だけでは何とも言えない部分もあるが、今回は距離短縮や馬場の良いところを通れる枠順などのプラス材料が見込める。一応、マークしておきたい。

他では、休み明けの4歳馬2頭。
アロマカフェは〈2.0.2.2〉の中山実績の持ち主。ラジオNIKKEI賞で見せたような道中でポジションを上げていく走りは、いかにも中山向きと思える。あとは、初の対戦となる古馬を含めての力関係かどうかだろう。
ミッキードリームは11か月の骨折放牧明けとなるため、強調しづらい部分もあるが、昨年春はダノンシャンティ、ゲシュタルト、レーヴドリアン、ネオヴァンドームを相手に勝ち負けを繰り返していた馬。長期休養があっても素質が高ければ、リディルのようにいきなりの好走もあり得る。個人的には、どのような走りを見せてくれるか楽しみな1頭。


阪神では、高松宮記念の前哨戦となるGⅢ・阪急杯。
こちらも好メンバーが揃って混戦模様の一戦だ。
近走の充実度からガルボが一歩抜けた人気になっているようだが、実績のあるワンカラット、サンカルロが本番に向けてどのような走りを見せてくれるか注目したい。
勢いのあるサワノパンサー、上積みが見込めそうなフラガラッハも有力候補。他では、スプリングソングの巻き返しにも注意が必要かもしれない。
伏兵をあげるならば、前走距離が長かったコスモセンサーとケイアイデイジーが面白そうだ。



スポンサーサイト

■コメント

■Re: 中山記念・予習 [ECO]

安東さま、毎度です。

土曜日阪神は狙った馬は掲示板外でした。連勝馬、前走ダートより距離延長がキーでした。反省です。

本日は阪神ははケイアイデイジー、中山はキョウエイストームで購入。1番人気との比較で購入しました。

■今日こそお願いっ! [うに]

『中山記念』
本命はヴィクトワールピサで間違いないでしょう。
あとは、開幕週で先行・イン有利を重視。かつ、実績から、マルカボルト、アロマカフェを選択。
リルダヴァルは、G3でも勝ち切れないのが気になりますが、堅実さを買います。トーセンクラウンは、入念な調整が不気味。中山は走るので警戒しておきます。

『阪急杯』
ガルボでいいような気もしますが、なんか決め手が欠けているような…
なので、コース巧者のサワヤカラスカルで勝負! 斤量が1キロ減るのも魅力です。
ショウナンカザンとスプリングソングは良馬場で見直し。
近走、時計更新が続いているフラガラッハも拾っておきます。


アーリントンCは、ダート馬でも先行するなら狙えるかな~と考えていましたが、買い目が多くなるので購入を断念しました。結局、損はしなかったんですけど、大損した気がします(笑)。
でも、いざ買うとなると、軸を外していたでしょうね。ビビり性に賭け事は難しいです。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。