■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■皐月賞短評

23年ぶりの東京開催となった今年の皐月賞。クラシック最初の1冠を手にしたのは4番人気のオルフェーヴルでした。

兄・ドリームジャーニーが左回りを苦手としていることに加え、新潟の新馬戦も勝ったとはいえ内にササる走りを見せたため、「東京コースはどうなのか?」という意見も目立っていました。
しかし、終わってみれば、2着のサダムパテックに3馬身差をつける圧勝。馬群を抜け出してから後続を引き離す瞬発力は見事でした。

勝因のひとつは池添騎手の好騎乗。
これまでのレースを見る限りでは、外から追い込んでイメージが強かったのですが、今回はあえて馬込みの中に入れ、馬群の中を突く競馬。
開幕週の馬場状態を考えた上でのジョッキーの判断だと思いますが、結果的には、馬の後ろで折り合いをつけることができ、末脚の伸びにもつながったのではないでしょうか。
外目の枠(6枠12番)に入ったため、個人的には「外を回して届かないケースもあるだろう」という見方をしていましたが(実際、トーセンラーがそうでした)、実に巧い乗り方だったと思います。
一方で、好枠を引き当てたナカヤマナイト(5着)は、直線でゴチャつくのを嫌って外に出した分だけ届きませんでした。2頭の結果を比べてみると、コース取りが大きなポイントとなったレースだったと思います。

2着のサダムパテックは、若干の出遅れによって、位置取りが後ろになってしまったことが響いたようです(岩田騎手も「もう少し前で競馬をしたかった」とコメントしています)。最後は、先に抜け出したオルフェーヴルを追いかける形になりましたが、後方にいた分だけ抜け出しに手間がかかっていました。
今回は完敗でしたが、オルフェーヴルが“完璧な競馬”をしたのに対して、サダムパテックにはレース中のマイナス要因があったことを考えれば、ダービーでは逆転の余地があるかもしれません。

3着のダノンバラードはこの馬なりに力を出し切ったと見てもいいでしょう。内枠を利用してロスなく進み、直線では一旦先頭。そのまま押し切れれば“強い競馬”になったのでしょうが、現状では上位2頭との力差が見えたようにも思えます。
ただし、前走の共同通信杯に比べれば、ディープ産駒らしい素軽さが見受けられました。今後は、上がりの瞬発力=キレ味が課題になりそうです。

終わってみれば、上位3頭はいずれも芝1800~2000mの重賞勝ち馬。
土曜日のブログで「潜在能力が試されるレースになる」といった内容を書きましたが、やはり実績がモノを言ったレースだったのではないかと思います。
さらに、こじつけて言うならば、出走馬から重賞勝ち馬をピックアップして、コース的に不利となる外枠(7・8枠)とマイル以下の重賞勝ち馬を消していけば、自然と1、2、3、5着の4頭に絞られたわけです。まあ、結果論ですけど・・・(笑)

さて、ダービーについての展望ですが・・・、
同じ舞台で2Fの距離延長。今回の結果は重要な基準になると思います。
ただし、「開幕週」と「東京・芝・2000m」という条件が、枠順(あるいはコース取り)の有利・不利を生んだことは間違いないので、そのあたりを念頭に置いておく必要があるでしょう。
例えば、4着のデボネアは外枠のロスがありながらも見所のあるレースをしたので要注意。あるいは、フェイトフルウォーは次走が叩き2戦目になるわけですから、変わり身があるかもしれません。
今週末に行われる青葉賞組にも注目。
なかでも、毎日杯で3着に敗れたため皐月賞出走がかなわなかったトーセンレーヴや、長い直線が向きそうなショウナンマイティがどのような走りを見せてくれるかが楽しみにしたいと思います。


スポンサーサイト

■コメント

■ [うに]

安東さん、こんばんは。
皐月賞の戦前は、どの馬にもチャンスがあるように見えましたが、終わってみれば実績通りの結果でしたね。
安東さんが予想のヒントを書いて下さったお陰で、カオス状態だった頭がスッキリ整理できて助かりました。
ダノンバラードを消したので、外れちゃいましたけど(泣)。

短評も、勉強になって有り難いです。

ただ… 無理し過ぎて、お体を壊されたらイヤですよ!(昨年の今頃のように・笑)


WIN5も挑戦してみました。各レース1頭ずつ選ぶという無謀な賭け。
最初のレースでいきなり外し、その後も1頭も当たりませんでした。
今回は、そこそこの人気馬で決まった“美味しい馬券”でしたね。
でも、もう2度と買わないかも(笑)。

ECOさんがどう買うのか気になっていたのですけど、しばらくお休みなさるそうで、ちょっと残念。私も復活の日を楽しみにしてます!


■当たりません(泣) [電気羊]

お久しぶりです。
皐月賞当日の2000M(未勝利戦)でファルブラブ産駒(父フェアリーキング)が1着。父が同じエリシオを母父に持つサダムは堅いと見て3連複を組みましたが、ダノンバラードを買わずダノンミルを狙い外れ。前日も人気薄ながら勝利していたステイゴールド産駒のオルフェーブルの単勝を買っておけば……。ただ2000M経験がなかったので今一つ信頼がおけませんでした。

今回の反省点はダノンミルを狙ったことでしょうか。9Rの1800M戦から、速い上がりが出ていることを確認していながら、35秒台の上がりしかマークしたことがないダノンミルから入るとは!むしろラジオNIKKEIでレースの上がり3Fより1秒速い脚を使ったダノンバラードが上位だったのは必然かも。
当日の馬場には注意を払いたいとあらためて思ったしだいです。


■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
えーと・・・、なるべく無理しないようにがんばります!(笑)

WIN5に挑戦されたのですか?
今回は比較的人気どころで決まりましたね。
私もサラッと予想してみましたが、うにさんと同じくかすりもしませんでした(笑)。
狙いすぎるとダメですね~。

今週は春天。
楽しみなメンバーが揃いましたね!
天気が心配ですが、できれば良馬場での熱戦を期待したいです。

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
お久しぶりです!
休んでばかりで申し訳ありません。

ダノンミルについては、私も前日に“面白い存在”と書きましたが、実は重馬場前提だったんです。
「前々でレースができ、速い上がりの脚がなくても時計に対応できる」というのが有利に思えたのですが、予想以上に馬場が回復してしまいました。
電気羊さんのおっしゃる通り、当日の馬場コンディションやレースの傾向は重要になりますね。

久々の血統分析、勉強になりました。
ありがとうございました。


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。