■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■天皇賞(春)・予習

淀・3200mで行われる長距離GⅠ・天皇賞(春)。
“最強世代”と呼ばれる4歳馬のトップクラスが顔を揃えたフルゲート18頭。熱戦が期待できそうだ。

今年に入って京都記念、日経賞とGⅡを連勝で飾ったトゥザグローリー
昨年の有馬記念で頭角を現した良血馬が、この2戦で完全に本格化した印象が強い。
馬場の良い外目に持ち出して一気に差し切った京都記念。内から抜け出して後続を突き離した日経賞。レースの流れに対応でき勝負どころで自在に瞬発力を発揮できる走りからは、底知れぬ能力の高さと抜群の安定感を感じる。いずれも見た目には余力十分のレース。「どこまで強くなるのか」という期待を持たせてくれる内容だった。
今回の課題をあげるならば、専門紙等の指摘にもあるように、3200mの距離がどうかだろう。
折り合いに不安を見せる馬ではないが、「この馬に合っている距離かどうかはやってみないとわからない」という陣営のコメントの通り、距離そのものは未知数。特にペースの緩まない消耗戦になった場合、どれだけの末脚をくり出せるか(=道中どれだけ脚を溜められるか)がカギになるかもしれない。
ここでキッチリと結果を出せるようであれば、秋のジャパンカップでのヴィクトワールピサとの対戦が大いに楽しみになるのだが・・・。

昨年のJC優勝馬・ローズキングダム
年明けの2戦はいずれも3着に敗れているが、ともに他馬との斤量差が影響したという見方がされている。その意味では、同斤量で自身も前走からの1キロ減となる今回のレースは条件的にプラスと考えていいだろう。
昨年の菊花賞では2着。3000mを経験している点は、トゥザグローリーにはない強調材料となっている。
この馬に関しては、これまで当ブログで何度も述べているように、仕掛けのタイミングと脚の使い方がポイント。
2走前の日経新春杯の時は、鞍上が仕掛けてから反応するまでに時間がかかり、直線最後の伸びだけで「何とか3着を確保した」という印象があった。エンジンのかかりの遅さが目立ったレースだった。
前走は武豊騎手もそのあたりを意識してか、それまでよりも前目のポジションで競馬をしていたが、59キロの斤量とはいえもうひと伸びに欠き、ペルーサに差し切られた。ここでは、加速の持続性にも課題が残ったようにも思える。
京都の外回りコースは、3コーナーの下り坂から馬群が動き出すことが多い。その場合、ローズキングダムがスパートについていけるかどうか。あるいは、前目のポジションから抜け出して、後続を突きはなすことができるかどうか。勝ち負けに加わるためには、そのあたりが課題になりそうだ。

前走、前哨戦の日経賞で2着に入ったペルーサ
ここ2戦はゲート難も解消し、好位・中団からの競馬で好走できるようになった。その分、後方からの強烈な追い込みの脚は影をひそめたが、安定感を考えた場合はむしろこの方がいいのかもしれない。
前走の日経賞は3ヶ月の休み明け。叩いた今回は上積みが期待できる。3歳春のクラシック当時から“世代トップクラス”と言われていた馬だけに、ノーマークにはできない存在だろう。
もっとも、この馬にとっても、今回は未知のレース。
3200mの距離。初の京都コースでしかも2度の坂越え。ダービーの時のように道中で気性の悪さを見せると、必要以上にスタミナを消耗する危険性もある。
さらに、この馬は過去2回の関西遠征で、いずれも馬体重を減らしている。陣営のコメントの中にも「輸送をクリアできれば」のひとこと。直前の状態についての確認が必要かもしれない。

最強世代のダービー馬・エイシンフラッシュ
前走の大阪杯は3着。ただし、休み明けで59キロを背負い、大外枠から外々を回らされながらレコード決着に着差なしの結果は、「ダービー馬の底力」という評価につながっているようだ。
叩き2走目、斤量1キロ減はともにプラス材料。菊花賞回避後はコンディションがもう一歩だったそうだが、昨年春の状態に回復しているようならば、一気に突き抜けてくる可能性もある。
問題は末脚を発揮できる流れになるかどうか。
この馬が好走したダービーと神戸新聞杯は、どちらも中盤のペースが超スローに落ち込んだレース。それゆえ、じっくりと脚を溜めて直線のキレ味勝負に持ち込むことができた。かと言って、スローで折り合えるタイプかというと、掛かり気味に先行して失速したジャパンカップを見る限りでは、そうとも言い難い。“ハマるポイントが限られている”といった印象もある。
今回は未知の3200m。内田博騎手がどういう乗り方を見せてくれるか。この舞台で結果を残せるようならば、さらに4歳世代の層が厚みを持つことになるのだが・・・。

レコード決着の大阪杯を制したヒルノダムール
重賞で好走しながらもあと一歩届かないレースが続いていたが、前走は緩みのない流れから早目の抜け出しをはかり、悲願の重賞制覇を成し遂げた。
もっとも、この勝利によって、2000m前後の中距離がベストというイメージが強くなったせいか、今回前売りの段階では人気になっていない。
たしかに、3200mの長距離戦で、直線を向いてヨーイドンの競馬になると分が悪いかもしれない。しかし、内枠を利してインをロスなく回り、3コーナー過ぎからのロングスパートの展開になれば、圏内に食い込んでくる可能性もあるはずだ。自分から動く競馬ができるかどうか。もしくは、動いた馬が有利になるレースになるかどうか。展開の見極めがこの馬の取捨につながるようにも思える。

菊花賞で3着に入ったビートブラック
好位からの粘り込みで豊富なスタミナがあることを印象づけたが、前走の大阪-ハンブルグCも、長距離適性を示す形の勝利と考えていいだろう。コースロスの少ない最内枠に入ったことで、ポジション取りも有利。重賞戦線では同世代の他馬に遅れをとっているが、立ち回り次第では圏内に入ってくるかもしれない。
気になるのは、最内枠からハナを奪うレースになった場合。
逃げを打って失速した日経新春杯の走りを見る限りでは、序盤からハナに立つと気分良く行き過ぎてオーバーペースの走りになってしまうようにも思える。理想は前に馬を置いての3~4番手のはず。岩田騎手がどのようなポジションをキープするか、注目したい。

一昨年のこのレースの優勝馬・マイネルキッツ
昨年も2着に入り、この条件における実績については、当然ながら軽視できない。休み明けの日経賞を叩いて、このレースに向けて栗東入厩。勝負気配も伝わってくる。
個人的見解を述べるならば、この馬の走りが今回のレースの重要なポイントではないかと思われる。というのも、一昨年も昨年も、最終的なレースの流れは、この馬のロングスパートによって作られたからだ。
一昨年の上位3頭の4コーナーの位置取りは、4・4・7。昨年は5・1・2。マイネルキッツがスパートをかけたことによって、後方からの追い込み馬は届かない結果になっている(もっとも、昨年は4コーナーで後方馬に不利があったが)。言い換えれば、この馬が今回も同じように3コーナーあたりからスパートできるかどうかが、展開のカギを握っているということ。
となれば、気になるのは、8歳という年齢。そして、マイネルキッツよりも先にロングスパートをかけてくる馬がいるかどうか。繰り返しになるが、やはり、“3コーナーからの馬群の動き”が、このレースの大きなポイントになりそうだ。

前走、阪神大賞典を制したナムラクレセント
中距離路線を使われていたが、2008年には菊花賞3着、2009年には阪神大賞典3着という実績があり、前走の勝利で改めてステイヤーの資質が見直されたという意見もある。
陣営は「好枠をいかしてロングスパートで押し切りたい」とコメント。前々の競馬から一気に動く競馬をするかもしれない。
もっとも、この馬が長距離路線を主戦場にできなかった理由は、折り合い面に難があったため。前走の勝因は、離れた2番手で自分のレースに徹することができた部分も大きい。したがって、道中で馬群が密集するような場面があった場合、どれだけ自分のペースを守れるかがカギになるだろう。
成績を見てもムラのあるタイプなので信頼度は落ちるが、好位先行→押し切りという理想的な競馬ができるならば侮れない存在。

人気にはなっていないが、コスモメドウコスモヘレノスのコスモ2騎も面白い存在。
4歳馬でありながら、一線級とは力差があるように見られているようだが、どちらもダイヤモンドS(メドウ)とステイヤーズS(ヘレノス)の勝ち馬。長距離適性を重視するならば、簡単には軽視できないはずだ。あとは、軽ハンデで結果を出してきたので、他馬との差がない58キロの斤量がどうかだろう。
メドウの丹内騎手とヘレノスの中谷騎手はともにGⅠ初騎乗。長距離レースはジョッキーの腕に因る部分が大きいと言われるように、この舞台では役不足と思われるかもしれない。
しかし、一方で、近年の菊花賞のように、果敢に攻めの競馬をした若手騎手が3000mのレースで結果を出している事実も見逃せない。「騎手の腕が未熟だから」という理由だけで“消し”と決めつけるのは、少々乱暴なのではないだろうか。

最後に、外国馬のジェントゥー
国際レーティングを基準にするならば、力量的にヒケを取らないようだが、ヴィクトワールピサがドバイで勝ったことからもわかるように、中長距離路線の日本馬は決して弱くない。
重馬場を得意としているだけに、馬場状態が悪化した場合にはマークが必要かもしれないが、今回のメンバーならば、ホームの日本馬が有利と判断したい。



スポンサーサイト

■コメント

■久しぶりに予想書きます [うに]

ロスのない内枠から、ビートブラック、ナムラクレセント、ペルーサ、トゥザグローリーまで絞り込みました。
ローズキングダムは、稍重なので消しました(ドキドキ)
中でも、ペルーサは叩き2走目で期待大です。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。