■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ダービー予習

選ばれし18頭によって行われる、競馬の祭典・日本ダービー。今年、その歴史に名前を刻むのはどの馬か。競馬に携わる人間にとって一年で最も重要なレースと言われているが、我々競馬ファンにとっても、言うまでもなく特別な一戦である。

土曜日午後の時点で前売り単勝1番人気に支持されているのは、皐月賞馬・オルフェーブル
東京芝2000mで行われた今年の皐月賞の結果は、同じ舞台であることを考えれば、当然ながら重視されるべきだろう。
オルフェーブルが2着馬・サダムパテックにつけた着差は3馬身。ゴール前で後続をさらに突き離す強い勝ち方だった。言い換えれば、2Fの距離延長にも十分適応できることが予想される加速力であり、皐月賞翌日の新聞記事の中には「ダービーも確定」という見出しも目立っていた。なにより、それまでの追い込んで前を差す競馬ではなく、早目先頭から振り切る走りを見せたところに、この馬の大きな成長が感じられた。
もっとも、皐月賞があまりにも“完璧な競馬”であったため、今回、同等もしくはそれ以上のレースができるかどうかという不安点もある。
皐月賞のVTRを見直してみると、この馬は直線を向くと馬場の良い内に進路を取り、それからやや外目に出して馬群を抜けて出している。その一連の流れは、すべて前が開いている状態。つまり、何ひとつ不利のない、何もかもが上手くいったレースであり、だからこそ、あそこまで強い勝ち方ができたのである。多少の不利があっても同じような走りができるかどうか。もしかしたら、そのあたりがカギになるかもしれない。
そしてもうひとつ、きさらぎ賞以後、減り続けている馬体について。
東京は金曜から雨が降り続き、当日も雨予報。馬場は重か不良になる確率が高く、レースは道悪の持久力勝負になるという見方が多い。ちなみに、一昨年の不良馬場のダービーの時、1~3着はすべて馬体重500キロ以上の馬。馬体重があるほど重馬場向きというわけではないが、440キロ台の小柄なオルフェーブルが消耗戦に向いているかどうか。本来はキレ味勝負の馬だけに、少なからず気になる材料だ。

皐月賞2着のサダムパテック
ゲートの出が悪く、ポジションの取りやすい内枠に入りながら、道中は8番手。直線では前がつかえて追い出しが遅れ、先に抜け出したオルフェーブルとの差を縮めることはできなかった。
オルフェーブルの“完璧な競馬”に対して、こちらはマイナス材料の目立ったレース。それゆえ、巻き返しの可能性も十分あるだろう。スタートを決めることが前提にはなるが、1枠2番の枠順もポジション取りには好枠と考えられる。
ただし、この馬も、東スポ杯の上がり33秒7からもわかるように、末脚のキレで勝負するタイプ。必ずしも道悪がプラスとは思えない。そのあたりを踏まえた上で、岩田騎手がどのような乗り方を見せてくれるのか。イメージ的には得意の“イン急襲”なのだが・・・。注目したい。

皐月賞4着のデボネア
外枠で後方からのレースになりながら、最後は鋭い伸び脚で4着。ダービーへの出走権を獲るとともに、長い直線向きの末脚があることを周知させる内容だった。今回は鞍上にデットーリ騎手を迎えての一戦。そのせいもあってか、前売りでは上位人気になっている。
ポイントはどのような位置取りでレースを進めるかだろう。
皐月賞の追い込みが大きなインパクトを残したが、あの後方一気は、本来のこの馬の走りとは思えない。小倉コースに勝ち鞍があったり、中山の京成杯と弥生賞のレースぶりから、立ち回りの巧さが持ち味という見方もできるからだ。個人的には、今回この馬は前につける競馬をするように思える。オルフェーブル、サダムパテックのキレ味が鈍るとすれば、2頭よりも前でレースをするメリットもある。逆転の可能性はないとは言えないだろう。いずれにしても、世界の名手がどのような騎乗を見せてくれるかに期待したい。

皐月賞5着のナカヤマナイト
共同通信杯から間隔が空いたこともあって、最後は伸びを欠いたが、馬場の良い内ではなく外に出したコース取りの影響もあったかもしれない。傍目には、柴田善騎手がゴチャつく内を嫌って大事をとったようにも見えた。
上積みを考えた場合、1走使って中4週の今回はかなり期待できるだろう。もとより、この馬に関しては“最初からダービーを目標としたローテーション”という意見もある。実際、東京は〈2.1.0.1〉の得意コース。重賞勝ちの実績もあり、変わり身に関しては注目の1頭だ。
反面、前走での8キロの馬体減はどう判断するかという疑問もある。ダービーを目標とするならば、余裕残しでもよかったようにも思えるのだが・・・。
さらに、道悪をこなせるかどうかも気になる材料。
4走前のベゴニア賞での逃げ切り勝ちはあるものの、この馬の非凡な能力を見せつけたのは、共同通信杯の最内を抜けてきた一瞬の末脚。力のいる馬場になった場合、その持ち味を発揮できるかどうか。

今年の皐月賞は、開幕週の東京・芝・2000m。枠順の有利・不利を生んだレースでもあった。したがって、皐月賞で枠順に泣かされた馬についての検討も必要だろう。

皐月賞は8枠16番だったトーセンラー
レースは後方から外々を回らされて、結果7着。内が有利な馬場を考えれば、2着馬に0.5秒差ならば健闘の部類に入るかもしれない。
今回も外目の枠に入ったが、1コーナーまでに距離があるので、ポジション取りは前回よりは多少なりとも楽になるはず。ローテーション的にも、間隔が空き被災の影響のあった前回と比べて、今回は叩いた分の上積みが見込めそうだ。
もっとも、道悪はどうか。きさらぎ賞で見せたような末脚勝負は厳しいかもしれないし、オルフェーブル同様小柄な馬だけにパワー優先型の馬場になった場合の懸念はある。

皐月賞は7枠14番だったフェイトフルウォー
京成杯以来のレースという影響もあって、見せ場なく12着。陣営いわく「前に馬を置きたいタイプ」ということで、内の潜り込めなかったことも敗因と考えていいかもしれない。今回は4枠8番。レースのしやすさという点では、条件好転と判断していいだろう。
道悪は新馬戦勝ちの実績あり。先行力をいかせるレースができれば、上位進出の可能性もある。
気になるのは、ナカヤマナイトと同じく休養明けの前走が馬体減だったこと。田中勝騎手は前走に関して「デキは申し分なかった」とコメントしている。額面通りに叩いた上積みを見込めるかどうか。

個人的に気になるのはオールアズワン
皐月賞は大外。好位の競馬を得意とする馬が4コーナーでは14番手。レースにならなかった。
今回は内枠を引いて、先行策に出れるはず。道悪実績はないが、時計のかかる洋芝・札幌で2勝をあげていることから、パワー型という見方もできる。
あとは距離。弥生賞の時にはかなり行きたがっていたので、折り合いがつけられるかどうかがカギだろう。

皐月賞で3番人気に支持されたベルシャザールも見直せるかもしれない。
前走の敗因(11着)について、陣営は「1頭だけの輸送の影響でイレ込みが激しかった」とコメント。調教後からレースまでに体重が24キロ落ちたことで、まったく力を出せなかったという。今回は帯同馬を伴って体調面を管理するとのこと。力を出せる状態であるならば、先行して粘り込む可能性もあるだろう。当然ながら、直前の気配には注意しておきたい。

別路線組からの台頭はあるだろうか。

プリンシパルSを制したトーセンレーヴ
ブエナビスタの弟ということでデビュー時から注目されていた馬だが、念願のダービー出走が叶ったことはファンとしては嬉しいニュースだ。
ただし、青葉賞で権利が獲れず、連闘でプリンシパルSを使ったことは、やはり誤算だったはず。今回は中2週とはいえ、1ヶ月の間に3回も関東に遠征というローテーションは、疲労や消耗に関して不安がないとは言えないだろう。もちろん、どんなに厳しい条件でもレースになれば力を発揮できる馬はいるので、軽視はできないが・・・。

青葉賞を勝ったウインバリアシオン
スローで先行有利となったレースを、後方から差し切った脚は見事だった。デビューから2連勝した潜在能力を一気に開花させたという見方もある。
ただし、前走で見せた“跳びの大きさ”は東京コース向きであると同時に良馬場向き。馬場が悪化はマイナス材料のように思える。

むしろ、2着のショウナンパルフェの方が面白い存在かもしれない。
直線に入ったところで鞍上の蛯名騎手が後ろを確認していたことからもわかるように、レース終盤でも余裕の手応え。完全に勝ちパターンのようにも見えたが、最後はウインバリアシオンの末脚に屈した。今回はキレ味よりも持続力を必要とされる道悪条件。この馬の方が向いているのではないだろうか。

京都新聞杯を勝ったクレスコグランド
3連勝で重賞を制しての参戦となり、勢いがあるだけに怖い存在。巧拙はどうあれ、道悪の2400m戦を勝っていることも強調材料になるだろう。
走りそのものはまだまだ粗削りの感もあるが、前走で見せたような伴せ馬になった時の勝負根性には好感が持てる。
課題は初の関東への輸送だが、と同時に、年明けデビューで7戦目となるローテーションから、調子落ちの不安もある。状態が万全ならば侮れない存在。

京都新聞杯2着のユニバーサルバンク
前走や共同通信杯の走りを見る限り、好走の条件は好位でスムーズ流れに乗れることだろう。〈1.5.0.2〉の戦績からもわかるように、アタマでは狙いにくいが連下候補としては面白い存在。
ただし、今回は、同様に好位につけたい馬が他にもいる。外枠からポジションを取れるかどうかがポイントになりそうだ。

NHKマイルC2着から参戦するコティリオン
近3走の上がりはいすれも33秒台。キレ味勝負ならば怖い1頭だが、道悪になるとどうか。毎日杯からNHKマイルCを使ってダービーというのは、ディープスカイの例があるように有力なローテーションではあるのだが・・・。NHKマイルCにしても、実際には先行勢が止まったところを急襲しての2着。「レースの流れが味方すれば」という但し書きが付くかもしれない。


スポンサーサイト

■コメント

■わかりましぇん!(>_<) [うに]

今年のダービーは、皐月賞の成績を素直に踏まえて予想しました。
オルフェーヴルとサダムパテックは、トライアルを勝って本番でも結果を残したので、他の馬とは別格だと判断しました。
デボネアは、デットリー騎手が怖そう。

あとは、フェイトフルウォーとショウナンパルフェの先行力に期待です。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。