■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週のブログ&安田記念展望

大変申し訳ありませんが、今週のブログは急用(遠方への出張)のため休載させていただきます。
自分でもかなりやる気になっていただけに、とても残念です。

今週はGⅠ・安田記念が行われますが、予想の上でのポイントを1点あげておきたいと思います。
それは“ペース”。
具体的に言えば、前半3Fが34秒台の半ばを境にして、それより速くなるか、あるいは遅くなるかによって、狙い方が変わってくるかと思われます。
例年の安田記念は前半3Fが33秒台から34秒台前半。一方、今回も逃げると思われるシルポートの好走パターンは35秒台。
したがって、シルポートが自分のペースに持ち込めるかどうかの判断が必要になりそうです。

前半のペースが速くなると予想した場合、そのパターンで好走した馬をマークした方がいいでしょう。
ヴィクトリアマイルのアパパネ、東京新聞杯のスマイルジャック、NHKマイルCのリアルインパクト、昨年のマイルCSのエーシンフォワード。このあたりは流れが速くなった方がレースをしやすいかもしれません。
また、前半が速くなれば、スプリンタータイプの馬にとって折り合いを気にせずにすむメリットが生まれます。

逆に前半のペースが遅くなれば、シルポートの残り目も十分考えられます。京都金杯、マイラーズC、京王杯SCのように、前々の馬だけで決まるケースにも注意が必要でしょう。
ストロングリターン、ライブコンサートも、どちらかと言えば、好位から最後の瞬発力勝負に出たいタイプ。
ゲートに難のあるダノンヨーヨーも、ペースが遅くなった方がポジション取りに苦労せずに済むかもしれません(もっとも、速い流れで後方から一気の追い込む馬でもありますが)。

アパパネに関しては、春の大目標は前走のヴィクトリアマイルだったはず。1分31秒9のレコード激走の後の中2週で、どれだけ余力が残っているかがカギになりそうです。
他では、内枠希望のエーシンフォワードとライブコンサートは外目の枠に。少なからずマイナス材料とは思いますが、エーシンについては斤量減ということもあって軽視は禁物でしょう。岩田騎手がどのように脚を溜めるレースをするかに注目です。
ジョーカプチーノも外に入ったので、前走のようにうまく番手につけられるかどうか。
香港マイルを勝った外国馬のビューティーフラッシュは、今年すでに5戦している過密なローテーションと速い時計への対応が気になります。
3歳のリアルインパクトは斤量面で有利ですが、この時期の古馬混合GⅠですぐに結果を出せるかどうか。
素質馬の復活と言われているリディルについては、長期休養がありながら馬体重がデビュー時より20キロ減っており、成長面でどうなのかという懸念があります。
鞍上が横山典騎手に替わったサンカルロは、左回りでモタれる面が解消されるかどうか。流れが速くなってスムーズな走りができれば怖い存在ですが・・・。

穴っぽいところを1頭あげるならば、ビービーガルダン。
先行型のスプリンターですが、近走は自分の形が作れず後方に置かれる競馬が目立っているため、距離延長によってレースの流れに乗れる可能性もあります。
前走の高松宮記念ではこの馬らしからぬ上がり33秒7。条件変わりでキレ味を発揮できるようならば、面白いかもしれません。

難解なレースかと思われます。
皆様のご健闘をお祈り申し上げます。


安東 裕章



スポンサーサイト

■コメント

■出張お疲れ様です。 [うに]

こんばんは。
安田記念は、アパパネ、ダノンヨーヨー、スマイルジャックで決まるような気がします。
配当が安そうなので、3連単ボックスでいきます!

ただ、面白味がないので、前走不利があったクレバートウショウと、シルポートの残り目に警戒して、上記の3頭と合わせた3連複も押さえておきます。


安田記念は購入したので、明日はWIN5を楽しみます(*^o^*)


結果はまた後日。

■言い訳がましいですけど [うに]

リアルインパクト… 最初はアリかなと思っていたんです。メイショウボーラーの事を調べるまでは。
リアルインパクトも力負けすると思い込んでしまいました。
マイル路線は、3歳馬に持っていかれるかもしれないですね。


WIN5ですが…
16点買って、最初のレースでいきなり終わってしまいました(泣)。
切った馬が1着だっり、惜しい2着だったり…
ただ、順調にいってもラストで撃沈だったので、最初のプランの約80点をつぎ込まなくて良かったと思う事にします。

何となく3頭ずつ選んで、凄い点数になってビビるあたり、やはり私は小市民であります。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

リアルインパクトはいい走りを見せてくれましたね。
というより、個人的には、他の古馬が力を出せなかったように思えました。
アパパネもダノンヨーヨーも本調子とは思えない走りでしたし、スマイルジャックはコース取りに泣かされた感じがあります。
リアルインパクトと戸崎騎手には称賛を送りたいとは思いますが、レースとしては物足りなかった部分もありますね。

WIN5は難しそうですね。
実際に馬券が買えないので予想をしていないのですが、やはり点数が増えてしまうのでしょうか。
でも、点数の多さでビビるのは小市民というよりも、常識人だからだと思いますよ!(笑)


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。