■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■安田記念・短評

安田記念を制したのは、3歳馬のリアルインパクト。
道中2・3番手から直線で抜け出す、正攻法の強い勝ち方でした。
勝因は4キロの斤量差にあることは間違いないでしょうが、中央GⅠ初勝利を飾った大井の戸崎圭太騎手の騎乗も見事でした。
キレ味よりも長くいい脚を使うこの馬の走りを考えた場合、自分から動く競馬で早めにスパートをかけたのは正解だったと思います。また、ゲートを決めて先行集団のインに付けたポジション取りも鮮やかでした。
早目先頭からの押し切りは、斤量差を最大限に活かす乗り方であり、同時に、馬自身の持ち味も最大限に活かすことができたと思います。
斤量の恩恵がなくなる秋以降に、改めて真価が問われることになるでしょうが、混戦模様のマイル路線の新星としての期待も高まります。

2着にはクビ差でストロングリターン。
前走の京王杯SCがスローの瞬発力勝負だったため、流れの速いマイル戦で同じ脚を使えるかどうかが課題と考えていましたが、最後は馬群をこじ開けるように伸びてきました。
最内枠からロスなく流れに乗れたことが好走の要因でしょうが、それにしても、“力を付けた”という印象。なにより、馬群を苦にしないところに、この馬の強さを感じます。
この馬も秋以降が楽しみですが、外々を回らされる展開になった時にどんな競馬ができるか(今以上の脚を使えるかどうか)という点にも注目してみたいと思います。

3着のスマイルジャックはメンバー最速の脚で追い込んできましたが、スタート後の位置取りが後方になり、大外へ持ち出すのに手間取ったことが最後まで響きました。
今回はGⅠ獲りのチャンスとも思っていただけに、“もったいなかった”というのが正直な感想。もともと折り合いに不安のあった馬なので、脚質的に後ろからの競馬になってしまうのかもしれませんが、東京新聞杯の時のように好位から早目先頭で押し切るレース(すなわち、リアルインパクトが見せたレース)ができなかったのは残念でした。

レース前のブログには「前半3Fが34秒台の半ばを境にして、速くなるか遅くなるかがポイント」と書きましたが、今回の前半3Fは33秒9。逃げたシルポートにとっては速いペースでした(8着)。
となれば、先行しながらも最後まで踏ん張って掲示板を確保したクレバートウショウとジョーカプチーノについては、一応の評価を与えてもいいと思います。
たしかに、内が残る馬場状態ではあったし、前が競り合う乱ペースにはなりませんでしたが、1分32秒1のタイムで粘り込んだ結果については、“地力強化”という判断をしてもいいかもしれません。

1番人気のアパパネの敗因は、やはり前走の疲れでしょう。
蛯名騎手も「ローテーションに負けた」というコメントを残していますし、レコード勝ちの激戦から中2週のレースは厳しかったと思います。
思えば、昨年の秋も、目標だった秋華賞を勝った後のエリザベス女王杯では3着。今回はさらにきついローテーションでしたから、凡走は予想できたはずです。もっとも、それでも馬券圏内は外さないとも思われましたが・・・。
前人未到の牝馬GⅠ完全制覇がかかっている今年のエリザベス女王杯には、ぜひとも万全の状態で出走してきてほしいと思います。

2番人気に支持されたダノンヨーヨーは見せ場もなく10着。
年明けの2戦を見る限り、昨年秋のキレのいい走りができていないように思えましたが、今回もまだ完調ではなかったのかもしれません。
調教では動くのにレースへ行くと集中できていないため、精神的な部分に問題があるという声もありますが、今後の復調を期待したいと思います。


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。