■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■エプソムカップ・展望

『競馬のツボ<ブログ版>』にお越しいただき、ありがとうございます。
都合により、今週と来週の『予習』『復習』ブログはお休みさせていただきます。
申し訳ありません。競馬に参加できない状態が続いています(泣)。GⅠ・宝塚記念の週にはなんとしても復活したいのですが・・・。
ということで、今週も簡単な展望を書いてみたいと思います。

東京ではGⅢ・エプソムカップが行われます。
人気になると思われるのは、前走の大阪杯でヒルノダムールにハナ差の2着と好走したダークシャドウ。
2走前に1000万クラスを勝ち上がったばかりなので、実際は格下馬なのですが、近走の走りからは重賞でも十分通用する素地があるようにも思えます。
東京実績は〈3.0.0.0〉。デビュー以来、ここまでの連対率は・714。数字的にも強調できる点が目立ちます。
今回のポイントは2点。
ひとつは前走後に出た反動の影響は残っていないか(予定していた都大路Sをパスした経緯があります)。
もうひとつは、初の1800mとなる今回、レースの流れに乗れるかどうか。これまでのレースはすべて2000m以上の距離を走ってきたので、道中の追走に脚を使わされるようだと、自慢のキレ味が鈍るかもしれません。

新潟大賞典の1・2着馬、セイクリッドバレーとマッハヴェロシティも有力候補でしょう。
この2頭に関しては、左回りコースには実績がありながら、東京芝実績に限ると数字がよくない点をどう判断するかがポイントかと思われます。
「地力が強化された今ならば東京コースも克服できる」と考えるか、あるいは「基本は平坦向きであって府中の坂は苦手」と解釈するか。
また、この2頭の前走の走りは対照的(後方から馬群を割って伸びたセイクリッドバレーと好位から押し切ろうとしたマッハヴェロシティ)でしたので、どちらの走りが今回のレースに向いているかについても考えた方がいいかもしれません。

6カ月の休み明けで臨んだ前走・ヴィクトリアマイルで7着だったアニメイトバイオ。
プラス24キロでの出走でしたが、それでも勝ったアパパネから0.4秒差と健闘。叩いた上積みが見込める今回は、牡馬相手でも軽視できない存在でしょう。
この馬の場合、アパパネという目標を前に置いた時の瞬発力が好走につながっているケースが目立ちます。したがって、今回に関しても“どの馬を目標にしてレースをすすめるか”がカギになりそうです。

前走、同条件(東京芝1800m)のメイSを制したダンツホウティ。
1分45秒3という好タイム勝ちであり、今回も人気の一角になりそうです。
ただし、前走は途中から自分のペースに持ち込めたこともあり、展開に恵まれた感もあります。目標にされるレースになった場合、同じ競馬ができるかどうか。そのあたりが気になります。

他では、東京芝1800mを連勝して今回重賞初挑戦となるエーブチェアマン。
相手強化が課題となりそうですが、前走勝ちは前々走のタイムを3秒近く縮めていることもあり、勢いは無視できないでしょう。
スズジュピターも東京芝1800mがベストと思われる馬。ここ3走はいずれも33秒9の上がりをマークしており、以前に比べるとかなり素軽い走りになった印象があります。

今週末も雨予報が出ているので、良馬場での開催は難しいようです。
不良馬場のダービーは思いのほか外が伸びる馬場でした。今週も前日やそれまでのレースを分析して、馬場の有利・不利(あるいは脚質の有利・不利)を検討した方がいいかもしれません。

皆様のご健闘をお祈り申し上げます。


安東 裕章



スポンサーサイト

■コメント

■エプソムC [うに]

こんにちは。
G1が終わって、気合いが乗らない中での予想です。(すでに外した時の言い訳してます)

ダークシャドウは、前走の勝ち馬から考えても、ここは勝たなきゃダメでしょう。(WIN5でも本命!)
あとは、スローになるとみて上がりの速い馬から、スズジュピター、ダンツホウテイ、セイクリッドバレー、アニメイトバイオを選びました。

■ [うに]

安東さん、こんばんは。
やっぱり外しました(笑)。ガチガチの守りに入った馬券で、しかも外すなんて。予想も安易でした。

今週も懲りずにWIN5に挑戦しました。
メイン2レースが1頭だけでいいかも!と思ったら、俄然やる気に。
それは正解だったのですが、しょっぱなから外して面白くなかったです(泣)。
やはり、財力が無いと無理なのかなあ(笑)。


■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメントありがとうございます。
休みがちのブログにもかかわらず、毎週予想を載せていただいて、本当に感謝しています。
これからもよろしくお願いします!

ダークシャドウは強かったですね。
うにさんの言われる通り、今回は勝たなきゃいけないレースだったと思いますが、しっかりと結果を残してくれました。
強い4歳馬。楽しみがまたひとつ増えたように思います。
相手は難しかったですね。
レース後のコメントを読むと、馬場の影響が大きかったようですが、上位馬はかなりの脚を使っています。
うにさんの「上がりの速い馬」を狙った予想は正しかった思いますが・・・惜しかったです。

WIN5はちょっと考えてみましたが、新潟のメインが買えない!(笑)
東京10R(グラスゴッド)は1頭に絞れたんだけどなあ~。
今度、ブログの中でWIN5の予想をしてみましょうか?
馬券で買えないのでおそらく本気度が落ちますけど・・・(笑)

来週もがんばってください!

■プチ質問です。 [うに]

ジューンSのグラスゴッドは、確かに買えますよね…
自己条件で53キロですもんね。6か月半休養に惑わされてしまいました。
この馬1頭に賭ける安東さんは、やっぱりスゴイです!

ただ、気になるのが、重賞の成績からして、53キロは軽くないですか?
ハンデから実力を判断しようとすると、強いのか弱いのか、分からなくなってしまいます。

基準をどう持てばいいのでしょうか。

ハンデ戦は、罠だらけに見えて、ちょっと苦手なんです(笑)。


WIN5の予想、書いて下さるのですか?
すっごく楽しみです!
券売機で早く買えるようになって欲しいですね。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。

うにさんのご指摘通り、グラスゴッドのハンデは軽かったように思います。だからこそ、狙って面白い存在だったのですが・・・。
この馬の場合、重賞で走って自己条件に戻ってきたわけですから、もっと高い評価を受けてもおかしくなかったはずです。ただ、3走前の同クラスのハンデ戦で53キロで結果を出せなかったので、そのまま斤量が据え置きになったのでしょう。
グラスゴッドのように、格上挑戦を続けてきた馬はやはり要注意ですね。かつてのスクリーンヒーローも、上のクラスで揉まれて強くなった馬でした。

ハンデ戦は「出走馬の力を均等にする」という目的で行われるレースなので、各馬の能力比較はより難しくなると思います。
とはいうものの、「その馬自身が斤量的にどれだけ恩恵を受けるか」については、やはり検討の必要があるでしょう。
勝ったグラスゴッドは、前走よりも大幅な斤量減でしたし、2着のドリームノクターンはそれまで別定・定量戦を使われ続けていた馬。どちらもハンデの恩恵が明白だったと思います。
それに対して、人気のミッションモード、ネコパンチ、ビンテージチャート、タニノエポレットは、いすれも昇級戦もしくは昇級2戦目のレースでありながら、それほど斤量減にはなりませんでした。つまり、クラス実績を残していない馬にとっては、見込まれたハンデだったようにも思えるわけです(ネコパンチは前走52キロでオープン2着の結果を残していますが)。

ハンデは実力の評価でもあるので、必ずしも軽量馬が有利というわけではありません(実際、CBC賞はトップハンデのダッシャーゴーゴーが勝ちました)。
ただ、前走と比較して斤量が軽くなった馬については、実力が過小評価されていないかを気にしてみた方がいいかもしれませんね。

WIN5は、1レース・1頭にしようと思っているので、まあ、当たらないでしょう!(笑)
絶対に参考にしないように!(笑)


■ありがとうございます! [うに]

安東さん、懇切丁寧な解説、ありがとうございました。大変勉強になりました。
改めて馬柱表を見直して、ハンデ戦なのに斤量面を重視していなかった事を反省しました。

まだ、ハンデの見極めは私には難しいですが、過小評価されている「美味しい馬」を見つけるのは面白そうです。(そうそういないと思いますが)

WIN5の予想を参考にするなとおっしゃいましても、するでしょう(笑)。ブログ見てしまいますもん。
外ずれても怒ったりしませんので、ご安心を(笑)。
狙い目が一致してたらいいなあ~(*^.^*)


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。