■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マーメイドS・短評

マーメイドステークスを制したのは2番人気のフミノイマージン。
道中後方待機から直線で外に持ち出すと、メンバー最速の上がりで一気に馬群を抜き去る鮮やかな勝ち方でした。

稍重発表で始まった馬場コンディション(レース時は良)、1000m通過61秒2のスローペース、直線の短い内回りコースなど、この馬の走りには不利な条件が揃った上での勝利ですから、強さを評価できるレースだったと思います。近走の結果で見せた“地力強化”が証明されたと言ってもいいでしょう。

もっとも、不利な条件が揃っていたとはいえ、展開に恵まれた部分もありました。
レースは3頭が横並びの形で先頭に立ち、その後ろに好位集団が続く隊列。直線ではこれらが団子になって内がひしめき合う状態になり、1番人気のアスカトップレディなどは前が壁になって行き場をなくしていました。結果的には、後方から外を回した馬が有利になり、勝ったフミノイマージンをはじめ、3着のアースシンボル、4着のイタリアンレッドと、スムーズに直線外目を伸びた馬が上位に入ったとも言えるでしょう(イタリアンレッドは外に持ち出す際に被さられたのが惜しかったです)。

それを考えると、内を割って伸びてきた2着のブロードストリートの力は、評価に値するものだと思います。一昨年の秋華賞、昨年末の愛知杯、そして今回と、内回り(小回り)の2000mに良績が集中したきらいもありますが、実力を発揮できる条件がるということは、ひとつの強味とも思えます。

ブロードストリートと同じくトップハンデの56キロを背負ったプロミナージュとセラフィックロンプは案外な結果に。久々のレースで本調子ではなかったかもしれませんが、見せ場もなく馬群に沈んだのは斤量差だけの問題ではないようにも思えました(もちろん、今回のレースだけで見限るのは危険ですが・・・)。

アスカトップレディは最内枠を活かしてロスのない競馬をしていましたが、先にも書いたように直線で前が壁に。ただし、そこをこじ開けてこれなかったのは、やはり一線級に揉まれていない経験不足が理由だったかもしれません。とはいえ、連勝でクラスを勝ち上がるのは潜在能力が高くなければできないもの。今後、経験を積んでいけば、能力を発揮できるチャンスがあると思います。


スポンサーサイト

■コメント

■私も反省! [うに]

安東さん、こんばんは。連闘並みのローテーションで、きつかったのではないですか?(笑)。
お疲れ様でした。

WIN5は、本当に難しいですね。
最初のレースで1番人気が来ているのに、約半分票数が消えて、次も1番人気なのに更にガタッと消え……
不思議ですね~

結果だけ見ると、獲れそうなんですけどねえ。
安東さんと私の知恵を持ち寄ってもカスリもしないとは、なかなか手強い馬券ですね。


マーメイドSは、セラフイックロンプが好走して欲しいなあと考えていたら、逆算して前が止まらない展開をイメージしてしまいました。(悪いクセです)

安東さんが、WIN5で推していたので、もっと期待していいのかしら!?と興奮しました…(笑)。

最後に、“コメント合戦”を楽しんで下さる方がいらっしゃるとは!
これからは、変な事を書かない様に気をつけよう…(笑)。(もう遅い?)



■コメント合戦 [ふじ]

こんばんは 
v-59コメント合戦v-60 
これからも  よろしくお願いします
ツボの読者が聞きたい事=ツボⅣに期待する内容 だったりするかも・・・ですね~~v-10


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。