■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■反省!

7月31日のWIN5は、終わってみれば低い配当。
ということは、当てやすかったはずなのに・・・、う~ん、ダメでしたね~。
やはり、時間をかけずに“やっつけ”で予想してはいけませんね。
今回は、競馬に真剣に向き合わなかったことが一番の反省です。

スポンサーサイト

■コメント

■小倉記念 [電気羊]

親戚の四十九日法要やらで三週間ぶりの参戦です。

小倉記念過去3年、および昨年同時期の小倉2000Mで3着以内の馬を調べてみると、父母または母父にハイペリオン系(ゲインズボロー含む)の血を持つ馬がずらり!
前日の1000万クラスでも勝ち馬の母父にはハイペリオン系。
ということで血統面からの狙いはハイペリオン。
あとは小倉実績、小回り適性、ハンデ、ペース適性(速めの流れと推定)等々から、ヤマニンウィスカーとイタリアンレッド中心に据えました。
3連複は少しにしてワイドを広めに流してみたら、イタリアンとリクエストソングとの馬券が的中。約30倍の配当とはラッキーでした。

イタリアンレッドは母父がトウルビヨン系×ハイペリオン系。
リクエストソングの母父もグレイソヴリン系×ハイペリオン系のトニービン。最初この馬に関してはマイル戦が続いているのが気になりました。
しかし2000実績もある上、速く流れるならマイルでも走れるくらいがいいのではと考えました。
これは一昨年、牝馬マイラーが好走したことについての安東さんの見解を思い出したからこそなんです。安東さんのおかげです(拝)


しかしまさかの15番人気キタサンアミーゴの母父もトニービンだったとは!まぁわかっていたとしても買えてないなぁ……

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
長期不在のため、返事が遅くなって申しわけありません。
まずは、馬券的中おめでとうございます!!

小回りの2000mで速い流れが見込める時は、マイラー適性のある馬にも出番があるように思います。
「速い馬が勝つ」という格言のある皐月賞も、私の中ではマイラー向きのレースという感じがします。
(お役に立てたのなら何よりです)

暑い日が続いております。
体調に気をつけてお過ごしください。
これからも血統分析をお待ちしています!

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。