■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■札幌記念・短評

GⅡ・札幌記念は1番人気に支持されたトーセンジョーダンの勝利。
3着には“まだ本調子にはほど遠い”と言われていたレッドディザイアが入り、終わってみれば、実績馬が力の違いを見せつけたレースだったと思います。

『ツボ3』の中で「クラスが上がるほど重視される“格”と“実績”」という項目を書きましたが、今回のレースはある意味その典型だったかもしれません。たとえ目標が先であっても、能力の違いというものは結果に反映されるということでしょう。個人的には、この2頭を軽視したことは大きな反省材料です。アーネストリーが回避したことによって、“混戦”とイメージが強くなり、「どの馬にもチャンスがある」という点に固執しすぎた感もあります。それゆえ、有力馬のマイナス材料ばかりにとらわれすぎてしまいました。

トーセンジョーダンとレッドディザイアが結果を出したことによって、秋のGⅠ戦線が面白くなったことも事実です。やはり、主役級の馬が、主役級の走りを見せてくれたことは、今後の楽しみにつながったと言えるだしょう。

次走、注目したいのはカリバーン。
休み明けで重賞初挑戦、しかも決して洋芝向きとは思えない瞬発力勝負の脚質を考えれば、中身の濃い内容だったと思います。秋の東京開催での活躍が期待できるのではないでしょうか。

自分の予想とは大きく違う結果でしたが、納得のいく内容のあるレースだったと思います。


それにしても・・・WIN5はまったくダメだなあ(苦笑)

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。