■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■セントウルS・復習

GⅡ・セントウルSを制したのは2番人気のエーシンヴァーゴウ。獲得ポイントでカレンチャンを逆転して、サマースプリントチャンピオンの座を手に入れた。

レースは前半3F通過が34秒1。スプリント重賞としてはかなり遅く、どの馬も楽に追走できたこともあって、馬群は団子状態で進む形となった。
こうした展開では脚質や枠順の有利・不利が生まれやすい。前が残りやすい流れは差し馬には厳しく、外枠に入った馬は密集した馬群の外々を回らされる形になる。今回のレースにも、こうした“展開のアヤ”が少なからず影響したようにも思える。

勝ったエーシンヴァーゴウは、スタートを決めて2番手へ。インをロスなく進み、手応えを残したまま直線を向くと、最後はゴール前の叩き合いをしのぎ切った。
最大の勝因は道中のポジション取りにあったと考えていいだろう。言い換えれば、この馬の持ち味である「スタートの速さ」が大きなアドバンテージを生んだということ。今回のような流れの緩いレースは、好位で脚を溜めてゴール前でひと伸びできる馬に最も向いている。結果論ではあるが、展開を味方につけられる“理想的な位置取り”で競馬ができたことが、勝利につながったと思われる。
もちろん、このレースに向けてベストの状態を維持させた陣営の努力や、最後まで渋太く粘らせた田辺騎手の渾身の騎乗も高く評価すべきだろう。『予習』の中で「夏場の激走の後に余力が残っているかどうか」と書いたが、「最後の手応えは一杯いっぱいでした」(田辺騎手)という言葉通り、ゴール前は本当にギリギリのところの“頑張り”だったようにも見えた。
スプリンターズSへの出走は定かではないが、仮に出走となればやはり“余力の有無”が課題になるだろう。個人的には「これだけの大仕事をしたのだから、できれば休ませてあげたい」と思うのだが・・・。
ともあれ、今年の夏、スプリンターとしての高い資質を持った馬が登場したことは紛れもない事実。今後の活躍に期待したい。

2着は香港馬のラッキーナイン。
ゲートで若干遅れたため、中団の後方寄り。1400~1600mがベストの馬という評価だったので、流れに乗れるかどうか注目していたが、3コーナー過ぎから馬群の中を縫うようにポジションを上げてきたのには驚かされた。最後は勝ち馬の内をすくうような鋭い伸び脚で、強力なインパクトを残した。59キロの斤量でこの走り。本番では怖い存在になりそうだ。
ただし、スプリンターズSで同じ競馬ができるかというと、はたしてどうだろうか。スタートから下り勾配が続く中山では、前半34秒1という楽なペースにはならないはず。陣営は「この馬にとってはペースがスローすぎた」とコメントしているが、スローだったからこそ道中で無理なく進出できたという見方もできる。その点については、本番直前にもう一度分析する必要があるかもしれない。

1番人気のダッシャーゴーゴーは3着。
4コーナー手前で外から進出し、直線を向いた時には「このまま突き抜けるのでは?」と思わせたが、そこからの伸びが案外。一旦はエーシンヴァーゴウの前に出たようにも見えたが、最後は逆に突きはなされた格好になった。
“強い勝ち方”を期待していたファンにとっては、おそらく不満の残る内容だっただろう。陣営や川田騎手のコメントにあるように、道中外々を回らされたロスが最後の伸びに影響したことはわかる。あるいは、本番を見据えた仕上げで、能力を出し切れなかったのかもしれない。
しかし、たとえ内外の有利・不利があったとしても、直線入口で好位に付けた以上は“勝てるレース運び”だったはず。この馬に対する期待が大きすぎたのかもしれないが、正直、物足りなさを感じた。
もちろん、本番での巻き返しが期待できないということではない。叩き台で0.1秒差の3着という結果は、決して悪いものではない。ただし、これまでのレースと比較して“明るい材料”があったかと言えば、そうとは言えないように思えるのだが・・・。

本番につながるという意味では、メンバー最速の上がりで追い込んだサンカルロの脚が光っていた。
久々の分もあって前半はモタつき、道中は馬群の中で動けなくなる場面もあったが、やはり能力のある馬という印象。1走叩いた次回はもっとスムーズに走れそうだ。
14着に降着になったとはいえ、香港馬・グリーンバーディーもまだまだ侮れない存在であることをアピールしたと言っていいだろう。
3番人気に支持され、個人的にもどういう走りを見せてくれるか注目していたエーシンリジルは6着。
インで流れに乗って直線で前が開く理想的な展開にも見えたが、直線では伸び切れず失速。このあたりは、『予習』でもふれた「激戦を経験した馬や実績馬との力差」なのかもしれない。


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。