■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ローズS&セントライト記念・展望

今週の競馬は3日間の変則開催。注目は18日(日曜)に行われる3歳クラシックのトライアルレース。阪神ではローズS、中山ではセントライト記念が行われます。

ローズSは桜花賞馬・マルセリーナとオークス馬・エリンコートが早くも対決。さらに、桜花賞2着→オークス3着のホエールキャプチャも出走。春の実績馬がどのような走りを見せてくれるか、あるいは上がり馬の台頭があるのか、非常に楽しみな一戦です。

レースのポイントをあげるならば、「今年も末脚勝負の競馬になるかどうか」かもしれません。
阪神競馬場改装後、外回りの芝1800mで行われるようになってからの4年間は、いずれも瞬発力勝負の決着でした。最速の上がりをマークした馬はすべて2着、勝ち馬4頭の上がりも2~3位の数字を記録しています。これは、コーナー2回通過でスタート後とゴール前の直線が長いコース形態が要因になっていると考えられます。

こうした傾向を踏まえると、速い上がりに対応できる馬が有利という見方もできるでしょう。好位抜け出しから長い脚を使うエリンコートよりも、桜花賞で後方から追い込んだマルセリーナ、ホエールキャプチャが上位人気に支持されているのはそのためかもしれません。
ただし、マルセリーナに関しては、安藤勝騎手から福永騎手への乗り替わりをどう判断するか。オークス4着は結果的に位置取りが後ろすぎたことが敗因でした。鞍上を替えることによって、ここ2戦とは違った前目のポジションからの競馬を試そうという意図があるのかもしれません。内回りコースで行われる本番の秋華賞に向けて、脚質転換を試みる可能性もあるということです。松田博調教師の「内容のあるレースを期待」というコメントには、そうした含みがあるようにも思えます。仮にそうなった場合、マルセリーナはこれまで得意としてきた後方からの末脚勝負を封印するわけですから、馬自身が走りに戸惑って凡走するケースがあるかもしれません(あくまで仮定の上の仮定ですが)。

上がり馬で人気になっているのはビッグスマイル。
前走の500万勝ちは2着に0.7秒差をつける圧勝でした。瞬発力勝負になりやすい“ローズSの傾向”を考えれば、そして今年も同じ展開になると予想するならば、この馬の末脚には注目でしょう。
キレ味そのものならば、キョウワジャンヌも怖い存在ですが、ここ2走を見る限りでは1400~1600mがベストという印象もあります。
上記2頭に対して、前走1000万を勝ったリヴァーレは前へ行ける脚のある馬。最内枠を活かして自分のペースで進めることができれば、後方が牽制し合うのを尻目に粘り込むかもしれません。瞬発力勝負が予想されるレースでは、前残りの可能性のある馬に対するマークも必要になるはずです。

他では、デビューから4戦連続で1番人気に支持され、その素質を評価されていたドナウブルー。
春はイレ込みによる馬体減が原因で、力を発揮できなかったということ。夏場の休養がプラスに働き、心身ともに成長があるのならば軽視できない存在でしょう。どのような走りを見せてくれるか注目です。
チューリップ賞3着、桜花賞4着の実績を持つメデタシは、休養明けの前走が案外な内容。折り合い面の弱点が見えました。小回りの小倉コースよりも今回の方が競馬がしやすくなるとは思いますが、距離をこなせるかどうかがカギになりそうです。
人気薄ではハッピーグラスが面白い存在。
緩みのない持久戦だった忘れな草賞で2着、スローの瞬発力勝負となった前走で1着。実績こそ目立たないものの、どんな形のレースになっても対応できる馬という見方もできるでしょう。


中山では菊花賞トライアルのセントライト記念。
次週に神戸新聞杯が開催されることもあって、春の実績馬が分散することが多く、それゆえ、上がり馬の台頭が目立つレースでもあります。

実績上位は皐月賞2着のサダムパテック。この馬の場合は距離が課題。ダービーでの7着敗退は、『ダービー・復習』の中でも述べたように「敗因は道悪よりも距離」のように思えました。中山コースに実績はありますが、頭が高く掛かり気味の走りをするこの馬が、外回りの2200mをどう克服するかがカギになるでしょう。

きさらぎ賞で見せた末脚が強烈だったトーセンラー。東京コースでの走りが期待されましたが、皐月賞が震災による輸送の影響、ダービーは道悪と、本来のキレ味を見ることができませんでした。
この馬の場合、中山の短い直線でキレ味を発揮できるかどうか。脚質的には外回り2400mの神戸新聞杯の方が向いているようにも思えるのですが・・・。

ダービー3着のベルシャザール。好位から競馬をする馬なので、最内枠から馬場の良いところを通れるのはプラスでしょう。ただし、皐月賞で惨敗したように、春先は体調の変動がそのままレース結果につながるタイプでした。休み明けの今回は、そのあたりの気配をチェックする必要があるかもしれません。

春のクラシックを使った組の巻き返しにも要注意。
中山で重賞勝ちのあるフェイトフルウォー。使い詰めだった春よりも休養効果がプラスになるかもしれないユニバーサルバンク。ラジオNIKKEI賞では不利のあった青葉賞2着のショウナンパルフェ。一線級との対戦という経験値を持つ馬たちが馬券に絡んできても不思議ではありません。

上がり馬では、ラヴェルソナタ、ハーキュリーズ、ショウナンバーズ、トウシンイーグルあたりが有力候補という見方が強いようです。たしかに、古馬との対戦で揉まれた経験が活きれば食い込みがあるかもしれません。ただし、新潟の上がりの競馬で結果を出しているタイプが多いので、それがそのまま今回のレースにつながるかというと、疑問な部分もあります。
むしろ面白そうなのは、北海道で連戦をこなしたヒットザターゲット。時計の速い瞬発力勝負では分が悪いでしょうが、スタミナを要求されるタフな持久戦になれば、長い距離を使ってきた経験がモノを言うかもしれません。





スポンサーサイト

■コメント

■オールカマ・神戸新聞杯 [新田信一]

明日21;00完成
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。