■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週は3重賞

土日に泊まりがけの用事(結婚式)があるので、1日早くブログを更新しておきます(簡単にですが・・・)。

今週は秋のGⅠを見据える意味でも非常に興味深い重賞が行われます。
日曜日の東京では毎日王冠。注目はやはり美浦・堀厩舎の2頭でしょう。

ダークシャドウは2走前の大阪杯で一流どころと差のない競馬。その能力を評価されて1番人気に支持された前走のエプソムCでは、2着馬に0.4秒差をつける圧勝劇を演じました。夏場の休養を経て、どれくらいパワーアップしているか。今回の走り次第では、秋天でも面白い存在になるかもしれません。

安田記念を制した3歳馬・リアルインパクトも楽しみな1頭。ただし、前走からの斤量増に加え、初の1800m戦など課題が多いことも事実です。それほどキレる印象がない馬なので、開幕週の時計勝負に対応できるかという点もカギになるでしょう。さまざまな部分で成長力が問われる一戦だと思います。

3連勝中のミッキードリームも、相手強化となる今回が試金石。初の左回りと長距離輸送も課題になりそうです。GⅠ戦線へ矛先を向けるのならば、ある程度の結果が求められるレースでしょう。

開幕週の馬場を考えれば、逃げ馬シルポートにもマークが必要。休み明けに良績がないのが不安材料と言われているようですが、それ以上に気掛かりなのは、近走(=小牧騎手に乗り替わってから)の走りが“マイル戦を逃げて勝つ”パターンになっていること。酒井学騎手が東京1800を逃げて勝っていた時とは、ペース配分が若干違ってきています。マイペースに持ち込めたとしても、最後の1Fを粘りきれるかどうか。開幕週の逃げ馬であるがゆえに、目標にされやすいとも思えます。

他では、近走のレース距離から短縮を図ってきたシンゲン。東京コース6勝の実績があり鉄砲も利くタイプなので、要注意の1頭でしょう。

穴は昨年の2着馬・エイシンアポロン。長期休養明けなので、叩いてからがベストなのは間違いありませんが、最内枠から先行して馬場の良いところ通れるメリットは大きいはず。渋太く残る可能性もあるかもしれません。

京都では京都大賞典。
ここではローズキングダムが人気を集めそうですが、このブログで何回も指摘しているように、脚の使いどころが難しいのがこの馬の弱点。今回も追って届かずといったケースがあるかもしれません。
休養明けの馬がほとんどなので、仕上がり具合の良し悪しがあっても、最終的には地力勝負になるような気もします。
あえて穴をあげるならば、ネコパンチの逃げ残り。先々に目標を置いているとは思えないだけに、もしかしたら玉砕的な大逃げを打つかもしれません。

東京は月曜日も開催。交流GⅠの南部杯が行われます。
ここでの楽しみは、やはりトランセンドとエスポワールシチーの対決でしょう。ただし、トランセンドは海外帰りからの復帰戦ですし、エスポワールは近走気迫のない走りを見せている点が気掛かりです(もちろん、トランセンドは早目に帰厩させて乗り込み、エスポワールは以前よりも併せ馬を多用するなど、それぞれの陣営はこのレースに向けての工夫をしていますが・・・)。
仮にGⅠ馬2頭が万全でないとすれば、条件最適のダノンカモンや前走で復調の走りを見せたオーロマイスターあたりの食い込みも考えられるでしょう。前走負け過ぎの感もありますがバーディバーディの巻き返し、あるいは、“忘れた頃のダイショウジェット”にも注意が必要かもしれません。



スポンサーサイト

■コメント

■Re: 今週は3重賞 [いつものへい]

安東先生、こんにちは。

気候的にも肌寒くなってきつつありますが、風邪など引かれませんように。

毎日王冠は、例年とは違った毛色の馬達が多く出走してくるので楽しみです。
自分的には、久しぶりとなるビッグウイークに期待しているのですが、如何せん59kgのトップハンデを背負わされてしまいました。(T_T)

それにしても、WIN5ってなかなか当たりませんね。
「1着馬を当てる」という競馬の基本が如何に出来ていないかを、自分で思い知らされました。(笑)

結婚式、気を付けて行って来てくださ~い。

■今週もよろしくお願いします。 [うに]

こんにちは。締め切りが迫ってきているので、さらっと書きます。


毎日王冠の本命はダークシャドウ。WIN5も、この馬1点で勝負します!
エイシンアポロンは、田辺騎手に期待したいです。
セイクリッドバレーは末脚確実。あと、シルポートの逃げ残りにも注意しておきます。

京都大賞典は、迷いましたがローズキングダムに託します。(ここもWIN5は1点で… とことんケチります)

ジャガーメイルは、長いブランクでも切れる脚が怖い。
ビートブラックは、番手での粘り込みに期待してます。

〈WIN5〉
東京9R アカリ・ラインジェシカ
京都10R ヒラボクキング・サンライズモール

東京10R ビギンマニューバー・ザドライブ


例によってボロッボロッの報告をしているかもしれませんね。

■リベンジ! [うに]

こんにちは。
南部杯は堅そうですね。トランセンドの力を素直に信じます。WIN5でも1点!
次にエスポワールシチー。トランセンドとの力の差がどれくらいなのか、純粋に興味があります。
ささやかな夢は3着馬で見られるかな~
バーディバーディ・ダノンカモン・ボレアスに期待します。


〈WIN5〉
8R タマモオンゾウシ・コウヨウゼウス・エイコオハヤテ

9R シセイオウジ・トウカイチャーム
10R スマートシルエット
12R シャイニーブラウン


競馬中継が全部見られないのが残念!

■ [うに]

安東さん、こんばんは。
3重賞の勝ち馬は素晴らしいですね!
叩き台とは思えない姿でした。本番が楽しみだけど、何を本命にしたらいいのやら、悩むこと必至です。


私の予想は散々でしたね(汗)。
どうか、見捨てないでくださいまし。

■いつものへいさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
お久しぶりです! お元気でしたか?
返事が遅くなってすみません。

「1着馬を当てる」という競馬の基本が如何に出来ていない・・・いやあ、耳が痛いです!(笑)
「3着以内に来そうな馬」みたいな感じで穴を探していたツケがここにきて回ってきたみたいです(笑)
でも、勉強になりますね。
特に、信頼できる人気馬かどうかという点については、これまで以上に考えるようになった気もします。

いよいよ秋のGⅠも本番ですね!
思い切り競馬を楽しみましょう!
コメント、ありがとうございました。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメントありがとうございました!
返事が遅くなってすみません。

おっしゃる通り、3重賞はいずれも1番人気が強い競馬を見せてくれました。
本番のGⅠでも期待できそうですね。

予想は残念な結果でしたが、見捨てるなんてとんでもない!(笑)
忙しい中、なんとかブログを続けていられるのも、うにさんが楽しいコメントを寄せてくれるおかげです。
これからもよろしくお願いします!

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。