■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週末はJCダート

先週のジャパンカップはブエナビスタの勝利。降着に泣いた昨年の雪辱を果しました。

ブログには「スムースな競馬ができれば力を発揮できるはず」と書きましたが、若干窮屈なところはあったものの、うまく馬群を捌いて外に持ち出した岩田騎手の騎乗が光りました。秋天の無念を晴らしたと言えるでしょう。次走の有馬記念はおそらくラストラン。感謝の気持ちを込めて応援したいと思います。(おそらくそういう競馬ファンが多いでしょうね)

2着のトーセンジョーダンについては、「秋天は後方からの競馬(=本来の脚質とは違う走り)がハマった感がある」と思っていただけに、スローな展開になった場合の懸念があったのですが、今回は先行策からの粘り込み。流れを読んだウイリアムズ騎手の好判断が好走の大きな要因ですが、と同時に、馬自身もGⅠで勝ち負けできるだけの力を付けていることを証明したレースだったと思います。長距離適性の高さを考えれば、来年の春天でも期待できるのではないでしょうか。

3着は人気薄のジャガーメイル。この馬に関しては、ブエナビスタの直後に付けた位置取りが良かったように思います。直線でブエナが抜け出した後、空いたスペースからの追い出し。最内枠を利して、道中ロスなく進んだことも、直線の伸びにつながったと言えるでしょう。高齢馬といっても使ったレース数は少なく、近走の成績から「衰えた」と判断した人は痛い目にあったのでは? 叩き3走目でベストの条件、ヒモ候補としてはマークが必要だったと思います。

今回残念だったのは、最強世代と呼ばれる4歳馬が結果を残せなかったこと。瞬発力勝負を得意とするエイシンフラッシュやペルーサには向く展開だったと思われますが・・・。あるいは、ハイペースのレコード決着となった前走の反動があったのかもしれません。

さて、今週は砂の王者を決めるジャパンカップダート。
トランセンドとエスポワールシチーの2強対決の様相が濃いようです。となれば、馬券的には「3着候補をどのように選ぶか」がポイントになるかもしれません(あくまで3連系馬券についてですが)。
トランセンドもエスポワールシチーもともに先行馬。「2頭についていける先行馬」を狙うか、「2頭以外の先行馬が崩れたところに突っ込んでくる差し・追込馬」を狙うか。そのあたりの展開の読みが重要なカギになるように思います。


スポンサーサイト

■コメント

■ジャパンCダート [うに]

こんばんは。
2強の内、どちらかなんでしょうかね~
勝つのは、自分の競馬ができそうな馬ですよね。でも、自分の競馬って…?
どちらもハナが理想なんでしょうが、控えても良さそうだし…
うーん、難しい~!

で、この2頭は、まず圏内と見て3着馬探し。
バーディバーディなんてどうでしょう。この馬のしぶとさに賭けます。

本当に甲乙つけがたいですが、エスポワールシチーの逃げきりに期待します!

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。