■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週はお休みです

「競馬のツボ<ブログ版>」にお越しいただき
ありがとうございます。
都合により今週の更新は休ませていただきます。
申し訳ありません。

皆様のご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章


スポンサーサイト

■コメント

■きさらぎ [ふじ]

いつもお世話になっております!
さて
レース前日の『短評ブログ』では「展開に左右される点は否めない」と書きましたが...とありますがそこで!はらやっぱり!!展開が向いたから 来たでしょ!!、、、と 『どや』顏ではなく展開に恵まれた勝利」とは言えないでしょう。 と 自分のコメントを異常に美化しない そんなところが 安東さんの 本 や ブログの 魅力ですね!!
本やブログの内容はもちろんですが その お人柄にみんな魅かれるのでしょうね??
そんな素敵な 安東さんに 健闘を 祈ってもらったところで 今週の私の馬券はディープ馬券で きさらぎ賞勝負です
過去 1年 この条件京都芝1800Mはディープ産駒の 独壇場 です! 狙うは ディープ産駒 3頭!のぐりぐり買いです! 安東さんも 良い週末でありますように祈っています!!

■ [うに]

こんにちは。今週も、私の予想を読んでやって下さいませ。

きさらぎ賞で期待したいのは、前走より条件が好転する馬。
スノードンは、京成杯で見せた最速の脚が、今回の外回りで炸裂するはず!
ジャスタウェイとマデイラは、良馬場なら、決め手を発揮できるのでは。
あと、プレミアムブルーの粘り込みにも、期待しています。


東京新聞杯は、前で勝負が決まることを想定。
ブリッツエンが逃げて、コスモセンサーが続き、マイネルラクリマとミッキードリームが追いかけて来てと…
勝つのは、馬場と展開を味方にできる、コスモセンサーかなあ。

テキトーで、すみません(笑)。

■3歳戦は、もうこりごり(*_*) [うに]

とか言いながら、来週もせっせと予想に励んでしまうんですよね。
まだ力関係がよく分からない3歳馬だけに、“化ける”可能性に賭けてみましたが…
惨敗でしたね。

条件が好転して、更に、その馬が好走できるか…までの予想を、しっかりしていなかったように思います。

まだ修行が足らないですね(笑)。

■ふじさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

さて、さて、さて、さて!!
きさらぎ賞!
ふじさんの予想通り、ディープ産駒の3頭で決まりましたね~!!
素晴らしい!
きっと良い週末になったことでしょう♪

根岸Sのシルクフォーチュンのコメントについては、むしろ「展開に左右される馬」という判断をしたことを恥じなければならなかったわけで・・・。
正直、前が引っ張るハイペースではなかったのに、自分からスパートしてあの脚を使えたことに驚いた次第です。
『どや顔』なんてできませんよー。(笑)

とりあえず、ディープ産駒のグリグリ馬券、的中おめでとうございます!!

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは!
コメントありがとうございます!

3歳戦は難しいですよね~。
私的には「化ける可能性に掛けてみる」という、うにさんの考え方は大好きですよ!
実際、クラシック本番前には、そうした穴馬の激走があったりしますから。
ただ、残念ながら、今回の上位馬については、役者が違ったようにも思えます。

それよりも、東京新聞杯。
しっかりと、前で勝負が決まることを予想されていましたね。
コスモセンサー狙いは正解だったと思います。

きさらぎ賞の「末脚炸裂」にしても、展開はきちんと読まれていますよね。
この調子でいけば、もっともっと当たるようになると思いますよ!
がんばりましょう!!

■ありがとうございます! [うに]

安東さん、元気出ました! 励ましのお言葉、凄く嬉しかったです。
負けた週の復習は、辛いものがありますが、今週は頑張れそうです!

ところで、サンデーサイレンスの字を見ていたら、あれ?これはもしや、安東さんの前のペンネームではないか!…と、今頃気付きました(遅っ!)

この時に書かれた本は、もう売られていないのですよね。読んでみたいな~
あ、決して『4』の催促をしているわけでは無いですよ!(笑)
好きな著者の本は、全部読みたいタチなもので。気にしないでください。
では。

■良い週末でした(*^_^*) [ふじ]

不思議な話で 知り合いなど 普段 まったく 何年も当らない人が 1回 当ると 2回 3回と 連荘する事って 良くあります! 不思議ですね!
私も その例にもれず 連荘だ~~~!!・・・と 
言いたい ところですが  そんな時に限って
仕事なんですね~~!!(;一_一)
がっくし ((+_+))
ですが 
そんな意味でも 特にコメントが0のときなんかは うにさんや ツボを読まれた方の予想も聞きたいですね
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。