■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■3歳クラシックは混戦模様?

先週の競馬は、土日で4つの重賞が行われましたが、いずれも1番人気馬が負ける波乱の決着。
クラシックトライアルのチューリップ賞と弥生賞では、今年の3歳馬の中心的存在と評価されていたジョワドヴィーブルとアダムスピークが人気に応えられませんでした。
この結果を受けて、「ディープ産駒の成長力に問題あり」といった論評を載せたスポーツ紙もありましたが、冷静に判断すれば、ジョワドヴィーブルもアダムスピークも連勝とはいえ2戦のレース経験しかなく、今回は休養明けの初戦。絶対的な信頼を寄せられたかというと、難しい部分もあったように思えます。むしろ、ファンの期待感が大きすぎたとも言えないでしょうか。

初めて内に潜り込む競馬を試みたジョワドヴィーブル。馬場状態が悪い上に超スローな展開で差し届かなかったアダムスピーク。負けたとはいえ、これまでになかった経験を積んだことは、決してマイナスとは思えませんし、本番での巻き返しの可能性はあると思います。
ただし、今回出走優先権を取った馬たちも、フロックではなくそれなりの実力を備えていることも確かでしょう。今後のトライアルで“抜けた存在”が現れるかどうかはわかりませんが、現時点では、桜花賞、皐月賞共に、混戦模様のように思えます。

先週の開催には、もうひとつ大きな注目点がありました。新装・中京競馬場のレース傾向です。
芝に関しては、直線が長く坂ができたこともあって、府中向きの長くいい脚を使える馬が持ち味を発揮できる印象を受けました。
新装の開幕週のため、内枠の逃げ・先行馬が有利かと思っていましたが、坂を登り終えた後さらに直線が続くせいか、ゴール手前で失速するケースも目立ちました。坂を登った後にもうひと伸びできる“持続性のある末脚”の有無が好走のポイントになるかもしれません。

もっとも、東京コースの適性があれば、そのまま新装・中京で通用するとは思えない部分もあります。3コーナーから4コーナーのカーブは小回りのままで、形態はむしろ新潟に近く、コーナリングがスムースにできるという要素も必要かもしれません。中日新聞杯を制したスマートギアは追って伸びる“持続性のある末脚”の持ち主であり、しかも小回りの小倉でも実績を残していました。タイプ的に新装・中京向きだったのではないでしょうか。
芝のレースは全体的に時計がかかっていました。「洋芝が長く、きれいに生え揃っていない」というのがその理由と見られているようですが、それに加えて、ジョッキーがコースを修得するためにペースを上げていなかったとも考えられます。したがって、今後開催が進み、ジョッキーが慣れてくるにつれ、時計は速くなるかもしれません。

ダートは現時点では逃げ・先行有利という印象。極端に言えば、先に坂を駆け上がった馬が勝ちというようなレースが目立ちました。後方の馬は坂で脚を使う分、そこから伸びあぐねるのかもしれません。
初日のメインに行われた1400m戦では、後続がかなり外に振られていました。形態は東京ダート1400mに近くても、コーナーが急なために、序盤の直線で乗ったスピードのままではコーナリングが難しいのかもしれません。逆に、内ラチを頼れる逃げ馬はその点で有利という見方もできます。今後は「どのようなタイプの馬が中京ダートで差し切れるか」という点に注目していきたいと思います。

今週はフィリーズレヴューと中山牝馬S。
どちらも楽しみな一戦なのですが・・・、残念ながら明日から出張のため、今週も競馬に参加できそうもありません。
ブログもお休み。申し訳ありません。
皆様のご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章


スポンサーサイト

■コメント

■中山牝馬S [うに]

有力馬は休み明けで、ここは叩き台、勢いのある軽ハンデの馬に期待します。
中山巧者のアカンサス。牡馬相手に完勝している事も強み。
エオリアンハープは、スローが予想される展開で、後方侭の危険がありますが、ここ2戦の内容は悪くないと思います。他馬が荒れた内を嫌って、ガラ開きになったところを突っ込んで来ないかな~と妄想。この馬も中山得意ですね。
コスモネモシンは、得意の1800mに外めの枠、時計のかかる馬場と、好条件が揃ったし、勝って欲しいなあ。この馬が本命です。
ホエールキャプチャは、叩き台と言えど、やっぱり怖いです。好きな馬だし、エオリアンハープの保険の意味でも、買っておきます。


フィリーズレビューは、重賞で今一歩が続く、プレノタートに期待します。
権利を取る意気込みは、他の馬より強いのでは。同じ意味で、ラシンティランテも。あとは、栗東滞在のイチオクノホシ。混戦模様なので、欲張らず、この3頭で勝負します!

■ [うに]

中山牝馬Sは、本当によく荒れますね~
保険なんてセコいこと考えずに、もっと攻めればよかったかも。
(そういえば、保険で助かった記憶がないなあ…笑)
中山が初の馬は、どうしても減点してしまいがちで、オールザットジャズの充実度は認めていながら買えませんでした。
初の中山でも通用するかどうか…と、考えなければいけないですよね。でも、難しいですね。

アイムユアーズは、賞金は十分あるから叩き台?と思っていたのですが…
トライアルも難しい~!
新生中京コースの分析は、さすが安東さん!って感じです。分かりやすかったです。巧拙は血統にも現れてきそうですね。
これからも、安東さんのお話が楽しみです!
期待していますね!

■阪神1400についての考察 [電気羊]

法事やらなんやらで私も二週お休み。
考察などと申しましたが、Fレビューの結果からまた阪神1400Mついてまた“後づけ”“こじつけ”のコメントをば(笑)

阪急杯の時に述べた、非SS系のヘイルトゥリーズンの血。阪急杯では3頭とも持っていましたが今回も1、3着馬が。特にファルブラヴ(父フェアリーキング=ノーザンダンサー×ヘイルトゥリーズン系)産駒は今年を含む4年で2勝2着1回。今年の勝ち馬アイムユアーズこそ1番人気でしたが、09年1着ワンカラット、昨年2着スピードリッパーともに6番人気でした。

シアトルスルーはファルブラヴ(フェアリーキング×シアトルスルー系)産駒の3頭を除いても10年9番人気1着サウンドバリアー、11年5番人気3着エーシンハーバーに。
阪急杯3着、昨年12月の阪神カップ1着のサンカルロも父の母がシアトルスルー系です。

数の上ではハイペリオン系やリボー系も多く、リボーはここ4年の勝ち馬全てに入っています。

最後にグレイソヴリン系について。
今年ジャングルポケット(父トニービン)産駒のプレノタートが7番人気3着。Sバリアーにもグレイソヴリンは入っています。
さらに言えばカロ系も元を辿ればグレイソヴリン系。先述のエーシンハーバー(父コジーン)、10年5番人気3着レディアルバローザ(母父カロ系)、阪急杯の勝ち馬マジンプロスパー(父アドマイヤコジーン)と人気以上に走っています。
この系統、私は阪神1400Mではかなりの狙い目ではと思っています。
昨年の阪神カップなんですが、13番人気3着のフラガラッハ。母がトニービン×ヌレイエフ系でジャングルポケットと同じ構成。この日の1400Mで実はジャンポケ産駒が12番人気3着に来ているのを知ってフラガラッハを買い、正直かなり儲けさせてもらいました(笑)
グレイソヴリン~カロのライン、阪神1400M戦では検討の価値ありかもです。



■うにさんへ [安東 裕章]

こんにちは!
コメント、ありがとうございます。

先週は難しかったですね~。
といいつつも、エオリアンハープとプレノタートの名前をあげていたあたりが、うにさんのスゴイところ!
穴党の嗅覚ですね!(笑)

今週のスプリングSは一筋縄ではいかないような気もするのですが、どうなんでしょう・・・。
また、予想を寄せてください。
楽しみにしてます!


■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんにちは!
コメント、ありがとうございます。

これはなかなか貴重なデータですね!
阪神1400m・・・おお、重賞では4月7日に阪神牝馬Sがありますね!
早速、参考にさせてもらいましょう。
(血統にあまり馴染みがないので、○○系~を調べるのに手間取りそうですが・・・笑)

ありがとうございました!

■ご参考まで [電気羊]

確かに手間だと思います!私も今だにそうです(笑)
しかしさすがに丸二年、毎度ノートに書き出してきたのでかなり判るようになってきました。

私はJRA-VANの携帯サイトを使っています。過去のレース結果・各馬の血統・全成績等々調べられるので重宝しています。さすがに全成績を見ることはほとんどないですけど。
血統・系統はクリック一つでどんどんさかのぼれます。
ただ私が調べるのは両親各々の父母の血統構成まで。4代も5代も前の血の影響を考えていたら複雑になりそうですし、どこまで反映されるのか判断しきれません。正直な話、面倒くさい!
まぁ、“3×4のインブリードで……”などという難しい話は抜きでやらさせてもろてますんで(笑)

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメントありがとうございます。
返事が遅くなって申し訳ありません。

丸二年のノートへの書き出しですか!
すばらしいですね!
勉強で培われた重みを感じます。
自分のスタイルを作っていくことが、
競馬の一番の楽しみ方でしょうね。

ちなみに、“3×4のインブリード”。
わたくし、ほんの一時期ハマったことがありました!(笑)

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。