■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週はオルフェーヴル登場!

今週の日曜は、東西でそれぞれ注目度の高いGⅡレースが行われます。

阪神では阪神大賞典。4冠馬・オルフェーヴルがいよいよ始動します。
「今年はオルフェーヴルの1強時代」「もはや歴史的名馬の域に達している」といった声も聞かれていますが、たしかにオルフェーヴルの“強さ”は現役馬の中でも群を抜いていると思います。
レースのたびに与えられた課題(距離と折り合い・コース・展開など)を簡単にクリアしてしまう対応力。さらに、レースを重ねるごとに、勝ち方がより強くなる成長力。ありふれた言い方になりますが、「素晴らしい馬」というのが実感です。
昨年のブログでは、毎回この馬の不安要素を取り上げてきましたが、“いい意味”で裏切り続けられてきました。今回も「折り合いに不安がある馬の休み明け」「目標が先にある馬の叩き台」といったマイナス材料も見当たりますが、おそらく要らぬ懸念で終わるのではないでしょうか。どのような走りを見せてくれるか、期待したいと思います。

オルフェーヴルの相手としては、実績のヒルノダムールと勢いのギュスターヴクライが有力視されているようです。
ただし、ヒルノダムールはGⅠタイトルがあるとはいえ、勝った昨年の春天は極端に出入りの激しい、いわば“特殊なレース”。内々で我慢して脚を溜めていたことが結果的に功を奏したという見方もできます。正直、GⅠ馬にしては今ひとつ強さを感じられない部分もあり、圏内確実とまでは言い切れないようにも思えます。
一方のギュスターヴクライは、オープン昇級初戦の前走・ダイヤモンドSで2着の好走。前残りの展開で差してきた伸び脚には見所がありました。もっとも、今回はGⅠ級との初対戦。クラスの壁が立ち塞がることも考えられます。久々の関西圏のレース、阪神実績〈0.0.1.2〉といった不安要素もあります。伸び盛りの4歳馬だけに、ここで内容のある走りができれば、今後の展望も広がってくると思いますが・・・。
展開面を考えれば、昨年の覇者・ナムラクレセントも怖い存在。差し馬が揃ったメンバー構成のため、自分のペースで運べれば粘り込みも十分可能でしょう。
同様に、前でも競馬ができるビートブラック。結果は伴わないものの、近走は常に上位人気に支持される実力の持ち主。阪神巧者(〈3.0.1.1〉)ということもあり、多少なりともマークが必要かもしれません。

中山では皐月賞トライアルのスプリングS。こちらは混戦が予想されます。

東スポ杯1着、共同通信杯2着のディープブリランテは、1800mの距離は3戦3連対ながら、コーナー4回の中山は初。
GⅠ朝日杯を制したアルフレードは、デビューから3連勝(うち中山2勝)であっても、マイル以上の距離は初。
好メンバーだった札幌2歳Sを制したグランデッツァは、道悪の中山コースをこなせそうな持久力の持ち主のようにも思えますが、今回は休み明けで初の関東遠征。
新潟2歳Sの勝ち馬・モンストールは、初距離の上、今回はノドの手術の後の休養明け。

このように、重賞勝ち馬にはずれも不安な材料があるため、中心視できる存在を絞りにくいレースのように思えます。
中山実績が高く堅実な成績を残しているマイネルロブストが最も信頼性があるような印象も受けますが、勝ち切るとなるとどうか。
3連勝中のゼロス(前走でワイルドエースに先着)も有力候補ですが、今回は同型馬との兼ね合いが課題。特に、土曜の雨の影響で道悪になれば、各馬のジョッキーが好位のポジションを意識することもあるので、必要以上に前が競り合うケースも考えられます。

位置取りに関わらず最後はキッチリと脚を使うサトノギャラント。前走、直線で不利がなければ勝ち負けになっていたと言われているサトノプライマシー。一瞬の脚の使い方が東京よりも中山向きという評価もあるストローハット。こういった伏兵陣にも十分優先出走権獲得のチャンスがあるようにも思えます。

それにしても、今週もまた週末は雨。
パンパンの良馬場での競馬を久しく観ていないような気がします。
その週に行われるレースの予想はもとより、次走について考える場合、“前走・道悪”という条件は正確に実力を測りにくいものとなります。
今年の皐月賞。このままではすべてのトライアルが“道悪開催”となり、本番での馬券検討が難しくなりそうです。



スポンサーサイト

■コメント

■今年のパターン [ふじ]

今晩は おじゃまします <(_ _)>
 なんとびっくり ギュスターヴクライ !なんて事にならないでしょうか??
晩成な感じのこの馬 阪神はあまり良くない感じ
ですが 未勝利のころの阪神の出走は 能力開花
はまだまだの 状態での 阪神だった気がします
兵庫特別の阪神出走はゲート出てすぐ 接触か
何かで 出負けしての3着! 決して 
阪神が苦手ではない!! と 予想して 晩成の能力開花 今 まさに!! しかし オルフェに勝てるでしょうか? 今 (12-1 馬単 )と (1-12 の馬連) を 確認したら ほぼ 変わらないので (1-12の馬連) と オルフェが来ようが どうなろうが 関係ない ワイドで
安東さんに乗っかって 1-6 当らないかな?

■こんにちは。 [ちょび]

こんにちは。
阪神大賞典は無謀にもコスモヘレノスでいきます…。
安東さん仰るように、オルフェーブルの粗をどうのこうの考えても始まらないような。
きっとそういう次元の馬ではないんでしょうね。

比較ではなく、その馬自身の要素に注目してコスモヘレノスでいきます。
推せる要素はスタミナ、叩き2戦目くらいですが。
あと騎手が障害レースと2足わらじで常に3000m以上に慣れてるとかってこじつけダメでしょうか(笑。

あとビートブラック。
よく買っていたのですが、裏切られ続けて今回はもう・・・と思っていましたが、なるほど阪神と好相性は見逃していました。ありがとうございます。今度こそ!(笑

オルフェーブルも絡めて5/7/10/12このあたりを組み合わせて買おうとおもいます。

■それでも私は妙味の方を取るっ! [うに]

こんにちは。花粉と春眠でボ~ッとして、いつも以上にトンチンカンな予想かもしれませんが、あしからず。

阪神大賞典、オルフェーヴルの不安要素は、大外枠で距離のロスがあることぐらいですかね。あと、急仕上げ。でも、それらを差し引いても、この馬に勝てる馬はいないでしょう。と、思ったのですが……
ヒルノダムールの前走は、馬体増と大外枠でも3着。今回は、ピークに仕上げて来ていて、しかも内枠。期待してみようかな~
あとは、道悪でスタミナ勝負に強い、トウカイトリックにピエナファンタスト。

スプリングS。
サトノギャラントは、なかなか味のある馬ですね。どの位置からでも競馬ができる。センスの高さを買います。
あと、共同通信杯組で、弥生賞馬に先着した、ストローハットとディープブリランテを買います。

■今年のパターンでした! [ふじ]

安東さんに 乗っかったら 2点買いで2点とも 
当っちゃいました!
ツボ4が 発売されてたら 10冊ぐらい 今から買いに行っちゃうんですが!! 残念です
いつも参考になる ブログ ありがとうございます

■ [うに]

こんばんは。阪神大賞典は、さすが長丁場、面白い展開でしたね!
オルフェーヴルには、ただただビックリです。妙味を取ると言ったものの、やっぱり負けるところは見たくなかったので、アクシデントの時は思わず応援してました。
負けたのに、勝ち馬より強烈なインパクトを残しましたね。
そして、我が期待のヒルノダムールは、本番が心配…

安東さんが、どのような感想を持たれたのか、短評が楽しみです!


あと、鮮やかに馬券を仕止めたふじさんに脱帽!

■ありがとうございます [ふじ]

うにさん ありがとうございます

うにさんの それでも私は妙味の方を取るっ!

そんな姿勢 大好きです!

私も 9番人気 コスモオオゾラ みたいな馬券
狙って 当ててみたいv-10です

皆さんが 狙っている各馬の 狙う理由 嫌う理由
自分がきずかないところに 気づき を 与えていただいてます

その効果もかなり大きいと思います 

この調子で なんとか PAT の 馬券道場で
名人になり JRA コメントで

競馬のツボを読み ツボブログに 参加する事が
名人への近道!!  なんて コメント したいですね~~v-63
 

■ふしさんへ [安東 裕章]

こんばんは!
コメント、ありがとうございます!
そして・・・、
2点買いで2点とも的中!!
おめでとうございます!

私のことを立ててくださるのはありがたいですが、馬券の購入はあくまでもふじさんご自身の判断ですから、くれぐれも「安東さんのおかげ」などとは思わないでくださいね!(笑)
ギュスターヴクライが重賞でも通用する!と予想されたことが、一番のポイントだったと思います。

これからもがんばってください!
めでたく馬券名人になられた際には、ツボの宣伝、よろしくお願いします!(笑)

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

コスモヘレノスとビートブラック・・・。
ヒモ荒れを見越し狙い方、私は大好きです(笑)。
ただ、今回は馬場に泣かされたかもしれませんね。
ビートブラックは私もブログで取り上げたのですが、以前よりも前に行けなくなったのが気になります。

これからもコメントお待ちしております。
よろしくお願いします。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

「それでも私は妙味の方を取るっ! 」
ウケましたよ!(笑)
ヒルノダムール・・・、う~ん、ブログにも書きましたが、どうも今ひとつ信頼できないというか・・・。
今回のギュスターヴクライのような競馬ができるとは思うんですけどね。
オルフェーヴルについては、今後、「もし負けるとすれば・・・」という検討をしなければならないかもしれませんね。

今週はGⅠ・高松宮記念。
うにさんの予想を楽しみにしています!

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。