■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■先週のレース・短評

阪神大賞典の結果はご存知の通り。
単勝1.1倍という絶大な支持を受けたオルフェーヴルは、3コーナーで外ラチ寸前までふくれる“まさかの逸走”。その後、馬群に戻り、大外から猛然と追い込んだものの、先に抜け出したギュスターヴクライに半馬身届かず2着に敗れました。

今回のオルフェーヴルの走りについては、スポーツ新聞等でも大きく紙面が割かれていました(1面トップに記事を掲載したスポーツ紙も目立ちました)。
主な見解は2つ。
ひとつは、「折り合い面での不安が休み明けのレースで表面化した」というもの。これは、オルフェーヴルの弱点が浮き彫りになったという見方です。
もうひとつは、「あの状態から半馬身差まで詰め寄った能力は並大抵ではない」というもの。言い換えれば、「普通に走っていれば楽勝だった」という意見です。
2つの見解のどちらに対しても異論はありませんし、実際のところ、今回はオルフェーヴルの“強さ”と“弱さ”の両極が露見したレースだったと思います。もちろん、それ以前に「故障によるアクシデントではなくてよかった」というのが、正直な気持ちですが・・・。

ただし、今後について、特に凱旋門賞出走を考えた場合、今回の走りは大きな課題を残したように思えます。
“折り合いに不安がある”といっても、あそこまで制御不能に陥ってしまうことは、誰にも予想できなかったことでしょう。言い方は悪いですが、気性面に爆弾を抱えているのであれば、環境が大きく変わる海外の舞台で正常な状態でレースに臨めるかどうかという不安が生まれます。
今後、陣営がどのような工夫を施して、この馬の精神面を改善していくのか。そして、オルフェーヴル自身がどれだけ成長できるのか。そのあたりへの注目も必要かと思います。
今回に関しては、大外枠でスタートが良すぎたことが、結果的に折り合いを欠いた一因とも考えられます。次走の春天では、枠順と展開(道中の隊列・ペースなど)も検討要素として注意すべきかもしれません。

阪神大賞典のレースそのものは、おかしな言い方ですが、オルフェーヴルは出走していなかったものとして考えた方がわかりやすいと思います。
ギュスターヴクライは確実に力をつけていると評価できるでしょう。道中の立ち回りの巧さや加速の際の反応の鋭さには、勢いだけではなく堂々とした落ち着きさえも感じました。スローを見越して途中からレースを引っ張ったナムラクレセントは、和田騎手の好判断が結果につながった(=馬自身の能力を引き出せた)と思います。4着のヒルノダムールは、直線で不利を受けたとはいえ、正攻法の競馬ではもうひとつキレない印象。ブログにも書いた通り、この馬はGⅠ馬としての“強さ”や“信頼性”が物足りないように思います。
今回のレース、上位馬の着順(オルフェーヴルは抜きとして)に関しては順当だったのではないでしょうか。

スプリングSはグランデッツァの勝利。
重馬場の一戦ということで、判断が難しい部分もあります。
例えば、アルフレードの敗因を距離と考えていいのか。あるいは、マイネルロブストは道悪に泣いただけと言い切れるものなのか。次走に向けて検討する場合、“仮説”として考えなければならないかもしれません。

とはいえ、1・2着馬に関しては、ここでは抜けていたように思います。
ディープブリランテは小回りコースへの対応に関しては合格と見なせるでしょう。ただし、スタート直後は掛かっていましたし、直線の最後ではモタレ気味。中山2000mの皐月賞まではこなせるかしれませんが、それ以上距離が伸びると(ダービーや菊花賞では)少なからず不安に思います。
グランデッツァはディープブリランテをマークしたデムーロ騎手の作戦が光りましたが、交わした後の伸び脚は見事。重賞勝ちの実績を走りで証明できたのではないでしょうか。
3着は内目でうまく立ち回ったロジメジャー(馬場が良ければ、サトノギャラントが差し切っていたかな?とも思いますが・・・)。権利は獲れましたが、現時点では上位2頭との差はあるように見えました。
いずれにしても、レース前日のブログにも書いたように、道悪のトライアルの結果を本番の予想にどう生かせるかが大きな課題になると思います。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。