■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■高松宮記念・短評

春のスプリント王の座に輝いたのは、カレンチャン。昨年のスプリンターズSに続いて、GⅠ連覇を成し遂げました。
逃げるエーシンダックマンを番手でマークして、直線で抜け出す正攻法の競馬。最後はサンカルロにクビ差まで詰め寄られたものの、強い勝ち方を見せてくれました。
ブログで不安材料として取り上げた「ローテーションの反動」もなく、この馬の力を存分に発揮できたレースだったと思います。

惜しい2着はサンカルロ。
予想していたよりも馬場の内側が回復していたこともあって、結果的には前残りの展開になりましたが、その中で外から差してきた脚は見事。前走は大幅な馬体増がありましたが、今回はキッチリと絞れていた印象。この馬もまた、力を発揮できたのではないかと思います。

3着は1番人気のロードカナロア。
いつもながらの好スタートを切って、前目のポジションで競馬ができたことが好走要因でしょう。ブログでは「レースの形に対応できるか」という不安要素を取り上げましたが、一応は合格点。ただし、いくら5連勝中だったとはいえ、GⅠでぶっち切るだけの“経験値”はなかったように思えます。これまでのレースと比べて、戸惑った反応をしているようにも見えました。4歳馬なので、まだまだ伸びしろがありそうですし、今後の活躍に期待したいところです。

クビ差の4着はダッシャーゴーゴー。
横山典騎手も「最高の競馬ができた」とコメントしていますが、久々にこの馬らしい痛快な走りを見ることができました。最後はロードカナロアに競り負けましたが、このあたりはブログに書いたように「距離の融通性は1200mがギリギリ」といった感じで、新装・中京向きのプラスアルファの持続性が足りなかったようにも思えます。

5着はマジンプロスパー。
一線級との対戦経験がなかった分、力負けという印象があります。もっとも、この馬も現時点での力は出し切れたのではないでしょうか。上位4頭と比べると、上がりの脚(最後のひと伸び)で負けた感もあり、あるいは、1400m戦の方が適鞍なのかもしれません。

終わってみれば、人気馬による決着。
新しい中京コースということで、紛れがあるかとも思いましたが、上位馬が力を発揮した上での結果ですから、底力がモノをいったレースだったと評価できるでしょう。
勝ち時計の1分10秒3は1000万条件の基準タイムを0.1秒上回るだけのものですが、逆に言えば、GⅠ馬が走ってもそれだけ時計のかかるコースということ。それゆえ、能力の有無が問われるコースという見方ができるかもしれません。
ただし、ひとつだけ難癖をつけさせてもらうならば、前週までの外が有利の馬場が、一転して内が伸びる馬場に変わったこと。これについては、競馬評論家からも「GⅠの週になると馬場の傾向が変わることが多い」「馬場の管理・調整の詳細をきちんと発表してほしい」といった指摘が出ています。(実際、週中にジョッキーも「内が荒れて始めている」というコメントを残していました)
レースそのものは、有力馬がその力を存分に発揮できたいいレースだったと思いますが、その部分が釈然としなかったのも確かです。

スポンサーサイト

■コメント

■高松宮記念 [電気羊]

上位人気3頭での決着という歓迎されざる結果でした(笑)

新装コースということでいつもと勝手が違いましたが、前週のスプリント戦3鞍を見ると────

◆3着以内の9頭中8頭に非SSのヘイルトゥリーズンの血。
・父レッドランサム=ロベルト系:13番人気2着(母母父もロベルト系)
・母父ブライアンズタイム:9番人気2着
・母母にヘイルトゥリーズン系:7番人気3着
・母父コマンダーインチーフ=ダンシングブレーヴ×ロベルト系:9番人気3着(※ダンシングブレーヴもリファール×ターントゥ系)など

◆トニービンも好走
・母父トニービン:3番人気1着
・父ジャングルポケット:7番人気3着

◆その他ではネイティブダンサー~ミスプロ系、マッチェム~ウォーレリック系

洋芝、時計が掛かっても問題ないカレンチャンがやはり最有力も、調教時計を見る限り明らかに良化のうかがえるサンカルロにも逆転のチャンスあり。阪急杯と傾向が似ているのでマジンプロスパーにも期待しました。

ワイドはサンカルロ・マジンから。馬連はカレンチャンからこの2頭に。
ただ、当日のスプリント戦でカレンチャンと同様のクロフネ×トニービン系の馬が3番人気2着だったため、カレンチャンの勝利は濃厚と思い、その見立てを反映するために10番→17番の馬単のみ追加。
滅多に当たらぬ馬単・馬連的中で、なんとかプラス収支でした。
ダッシャーゴーゴーが3着なら……。もっと道悪であれはグランプリエンゼルにも出番が……。まぁ、キリがないですね(笑)

PS.イン伸びに一変の件、たぶんまたローラー(黙って)かけたんでしょうね。

■ディープインパクト産駒 [うに]

こんばんは。昨日はお返事ありがとうございました。ツッコミも嬉しかったです。

今日は、私にとって、かねてより謎のディープ産駒について、お聞きしたいと思います。

末脚の切れ味が売りのこの産駒が、重馬場でも好走するので、ますます、分からなくなってきました。
毎日杯では、上位3頭が、重馬場にも関わらずディープ産駒が独占しました。
重馬場の時は(ディープ産駒に限らず)、切れる馬は買えないと思っていたのですが…

私の思い込みかもしれませんので、今後の為にもアドバイスをお願いします。

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

やっぱり、ローラーですか・・・ですよね。

それはそうと、馬単・馬連、的中おめでとうございます!
勝利は濃厚といっても、キッチリ当てるのはなかなか至難の業、お見事です!

今後とも、よろしくおねがいいたします。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

さて、ご質問の件ですが・・・、
「道悪はキレ味勝負の差し馬には不向き」という考え方は、基本的には間違っていないと思います。
ただし、馬の走りは個々によって異なるものですから、当然、道悪でも差し脚を伸ばしてくる馬もいます。
ですから、あまり先入観を持たない方がいいと思います。
(ちなみに、ディープ産駒=キレる馬というのも、若干先入観かも・・・笑)

以前、専門家が述べた意見で、私が覚えているのは、「地盤の硬さを利用して跳ねるような走り方をする馬は、馬場が緩くなるとノメリやすく、反対に地面をかき込むような走りを見せる馬は、荒れた馬場をそれほど苦にしない」というもの。
もっとも、必ずしもすべての馬にあてはまる要素とは思えないので、決めつけて考えるのは危険でしょう。

道悪のレースで差し馬を取捨選択する場合、気をつけたいのは次の2点です(基本的なことになりますが)。

まず、その馬のキレ味がどのようなペースによって生まれるかということ。
言い換えれば、ハイペースでキレる馬なのか、スローの上がり勝負でも差してこれる馬なのかということです。
道悪のレースでは、逃げ・先行馬もスピードが乗りにくくなるわけですから、ペースは良馬場よりも遅くなります。
ですので、同じ差し馬でも、ハイペースの展開に乗じて差してくるタイプより、緩いペースでも道中で脚を溜めることができるタイプの方が、直線で瞬発力を発揮できるように思います。

もう1点は、馬場状態の傾向を把握すること。
大前提として、馬場は内側から荒れていきます。雨が降った場合は、内から悪くなります。
その後、全体が重や不良の状態になったところで天気が回復すると、今度は内の方から良くなっていきます。
これについては、内を通る馬が多いために、地盤が固められていくからだと言われています。
したがって、道悪というひとつの括りの中でも、レースが行われる時点で「どの部分が最も走りやすいか」を考えなくてはいけないと思います。
と同時に、検討対象の差し馬がどのコースを通るかを推測する必要もあるでしょう。

競馬は、「こういう場合はこうなる!」と決められるものではありません。
いろいろな可能性を想定して、その中から自分が最も信頼できるパターンを選択するのがベストのように思います。

ということで・・・、
大した内容でもないのに、長くなってすみません!(笑)

今週はお休みなので、例によって、留守番よろしくおねがいします!

■永久保存版です!! [うに]

安東さん、ありがとうございます!!
もっと早く聞いておけば良かったです。
ディープ産駒のイメージが???となってきたところに、トドメに先日の毎日杯がありましたので、助け船をお願いした次第です。
大したことないなんて、とんでもないです!!
何故、道悪でも切れる脚が使えるのか、良く分かりました。
「凄い馬もいるもんだ」ぐらいにしか思っていなかったのが恥ずかしいっ!
ちゃんと理由があるんですね。勉強になりました。ありがとうございます!
また、土曜日は雨らしいですけど、これまでとは違った見方ができそうで楽しみです。
(道悪に強い血統を優先して予想していました)
日曜日の予想で、安東さんに教わったことを生かすことができるのか…
ドキドキです(笑)。

■今さらですが [電気羊]

マッチェム-ウォーレリック系の血、1~3着馬はいずれも持っていました。
ちなみにファイングレイン、キンシャサノキセキ、ビービーガルダンも。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。