■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週はお休みです

いつも「競馬のツボ<ブログ版>」にお越しいただき、
ありがとうございます。

残念ながら、今週も仕事の都合により、
ブログを休ませていただきます。
申し訳ありません。

大阪杯もダービー卿も
なかなか面白いメンバーが揃ったレース。
参加したいなあ・・・(泣)

皆様のご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章

スポンサーサイト

■コメント

■Re: 今週はお休みで [ふじ]

こんにちは
まだ 誰もコメントがないので おじゃまします
この前 ウニさんが ディープ産駒???なんて 書き込みがありましたから 調べた事がありますので参考になればと思います
同じ産駒の馬が1着~3着までに 2頭以上入ったレースを調べました  京都 中山 東京 阪神 4か所です
いろいろ調べたのですが
今年芝1800~2200M で 同じ父が3着までに2頭以上入ったレースが16回ありまして そのうち12回がディープ産駒 さらに 中山を抜けば 11回中すべてがディープ産駒です
芝中距離が得意な感じですね 前ディープ産駒はマイル傾向なんて 聞いた事もありますが 調べた結果を見ると こんな感じです 
2週間前くらいに 調べた 事なので 最近の結果は 反映されていませんが 馬券で ディープ丼を
狙うなら ディープ産駒が 断然 確率が高く 馬場も良い方が いいみたいです 
ざっくり 調べた事ですし 最近の結果は反映されてないので あまり 信憑性もありませんが
クラシック戦線 良馬場でどっちを選ぶか迷ったら 迷わずディープs産駒ってのも良いかもしれませんね
 

■Re: 今週はお休みです [ちょび]

いつもコメントにお返事いただきありがとうございます!
先週は、仰る通り「中京主戦騎手」のお手馬たちは
さすがにきつかったです(笑

大阪杯ですが、「叩き台の実績馬」か「使ってきた好調馬」か悩むところですが…。

どっちにも当てはまらないコスモファントムでいきます(笑。
対抗に(重馬場想定ですが)
ナカヤマナイト・アーネストリー。
4番手にトーセンジョーダンです。

コスモファントムは前走から調子落ちならもうお手上げですが、
左回りが敗因ならまだまだ寒い今年は狙えるかと。
鞍上は大野騎手。
「セラフィックロンプと宮崎騎手」のような関係になるなら、
ここはいつも以上に頑張ってくれたらと楽しみです。
コース替りで先行有利のはずが、行く馬なし。
しかも馬場も渋って展開が難解です。

土曜日見る限りは差しも決まっていますが、
人気薄のこの馬は思いきって前目につけてくれたら、
面白くなりそうです。
穴男の大野騎手はこのくらいの人気のほうが力出します、きっと(笑

トーセンジョーダンは陣営のコメントは休み明けの
本調子でないことを強調。
でもこの馬もともと調教ぱっとしないですよね。
昨年のAJCCとかなんかぐだぐだに見えますけど勝ってますし。
一応ここは抑えまでにします。

重馬場で結果を出しているナカヤマナイト、
休み明けでも少なくとも馬券圏内くらいは仕上げてくる
アーネストリーを対抗にしてみます。

■旨味は中山で [うに]

こんにちは。
大阪杯で私が期待するのは、ナカヤマナイトです。
G1馬は休み明けで、こちらはまだまだ伸びる4歳馬。Bコース替わりに加えて、馬場の回復もあって内枠が有利。斤量も、意外とお徳な感じ♪
…と、本命馬の良いところしか見ないのが、私の悪い癖(笑)。
輸送は、海外に行っているから問題ないでしょう。たぶん。

あとは、休み明けとはいえ、トーセンジョーダンとアーネストリーの実績を信頼します。
フェデラリストは、輸送が心配で、相手も更に強くなるのに斤量を背負わされるので、買いません。

回収は見込めそうにないので、この3頭だけで勝負します。


さて、お楽しみのダービー卿。
内枠の先行馬が有利とみました。ツクバホクトオーの逃げ、勢いのある軽ハンデのサトノタイガー、トップハンデでもガルボ、ダイワファルコンはコース巧者、これで決まらないかな~


【ふじさん、データの提供、ありがとうございます。参考にさせて頂きますね!】


■ふじさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

ディープ産駒のデータ、
なかなか参考になりました。
ありがとうございます!

今週末の桜花賞も
ディープ産駒が人気になりそうですが・・・
「阪神のマイルがどうなのか?」って感じですね。
うーん・・・
順当に決まるかどうか・・・
予想はけっこう頭を悩ますかと思います。

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

今回もかなりの大胆予想!!
個人的には大好きです♪

GⅠ馬には先々の目標があると考えれば、
ここを目イチに狙ってくる馬にはマークが必要ですからね。
もっとも、そういう意味では、ショウナンマイティ=フェデラリストの決着も“アリ”だったように思いますが・・・。

桜花賞の予想も楽しみにしています!
ぜひ、コメントしてください!

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

大阪杯は浜中騎手の“決め打ち”でしたね。
馬場と展開は明らかに不向きだったのに・・・と考えると、ショウナンマイティはかなり力をつけてきた印象が残ります。
ただ、1頭だけ外を回るという作戦が、今後何度も通用するかな?という疑問もありますが・・・。

中山のダービー卿は、うにさんの予想に反して、差しの決着。
こういう時(展開が読みと違った時)は、アッサリあきらめましょう!(私も年中です・笑)

今週の桜花賞は、久々にパンパンの良馬場の競馬になるかもしれませんね。
予想を楽しみにお待ちしています!



■情けない… [電気羊]

今回は後悔と反省のみ。時間が足りなかったとは言え、あまりに雑な予想、そして買い方をしてしまいました。

大阪杯は────

◆ドリームジャーニーが2年連続好走(一昨年は1番人気3着だけに果たして好走なのかやや疑問ですが)
◆昨年ヒルノダムール1着
ということで、ステイゴールド産駒ナカヤマナイトとマンハッタンカフェ産駒のショウナンマイティ、ダンツホウテイに注目(浅っ!)
ショウナンは、札幌で勝った時の位置取りから小回り/内回りもこなせそうなので、絶好の狙い馬だと前日には考えていました。
が当日、某サイトのパドック情報ではショウナンには触れず“ダンツは良さそう”とあり、すっかりショウナンの名前が頭から飛んでしまいました。
で、ナカヤマとダンツから購入して外れ。
ダンツは無理筋だったとしても、いつものスタンスならナカヤマからではないですね。結局相手にショウナン買ってるんですから。

ダービー卿CTはろくに検討もせず、巻き返しに期待してダイワファルコンからワイドを少し。ガルボ、オセアニアボスを買っていただけに、安直に1番人気から入ったのが悔やまれます。

睡眠不足も一因かな?なんだかふわぁーっと買ってしまったような……。
やはり「ひと仕事」前にはきちんと眠らないと(笑)

■桜花賞ですね~(^w^) [うに]

安東さん、こんばんは。先日はお返事ありがとうございました。

今週もまた、質問してもよろしいですか?
ありがとうございます(笑)。


桜花賞のメンバーの戦歴で、ジェンティルドンナのシンザン記念勝ちが際立って見えるのですが、負かした牡馬のその後が不振ですよね。
牝馬が重賞で牡馬を負かした事は、それだけで価値があると思っていたんですけど…
弱い牡馬に勝ったのを過大評価しているようで、レースのレベルを疑っております。

見極めが難しいです。安東さんは、どうお考えですか?


桜花賞は現地へ赴くので、今からかなり気合い入ってます!!
(でも、当日、半分は花見で緩んでいると思う)

晴れ予報で良かったです!♪

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

電気羊さんにしては珍しく反省のコメント。
うーん・・・取れた馬券だっただけに、なおさらかもしれませんね。
予想の時間が足りないと、どうしても結論を急いでしまいますよね。まして睡眠不足では。

ぜひとも次は万全な状態で出走(?)してください!
理詰めのコメントをお待ちしております。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは!

ジェンティルドンナのシンザン記念!
いい質問ですね~!
というより、難しい質問ですねー!!(笑)

たしかに、シンザン記念で負かした相手は、その後パッとしていません。
ただし、弱い相手だったかというと、そうとも言い切れないのでは?
朝日杯の4着馬(トウケイヘイロー)と京王杯の3着馬(オリービン)を、前走未勝利勝ちのこの馬が退けたわけですから、そのあたりは評価できると思います。
言い換えれば、一気の重賞制覇という部分を、潜在能力の高さと判断してもいいかもしれません。(ジョワドヴィーヴルが新馬勝ちの後にGⅠを勝ったのを評価するのと同じ考え方ですね)
勝ち時計の1分34秒3も、翌日の1千万クラスよりも1秒以上早いものでしたし、中を割って後続に差をつける勝ち方も見事だったと思います。

牝馬が牡馬相手に斤量差をもらうのは、基本的な体力の違いがあるからだと言われています。
それゆえ、精神的な強さがないと、牝馬は牡馬に対してひるんでしまうという意見もあります。
そうしたことを踏まえると、牡馬混合戦で結果を出したことには、価値があるのではないかと思います。
レースレベル云々よりも、まず経験値という部分で評価できるのではないでしょうか。

本番は現地で観戦ですか!
いいですね~♪
当日のほろ酔い(?)予想コメントを楽しみにしています!(笑)

■阪神牝馬 [電気羊]

こちらこそいつもありがとうございます。
外したときも、幸い的中したときも、安東さんの言葉にいつも励まされます。

さて、阪神1400Mで行われる阪神牝馬S。
先週の結果を見ても、前のコメントと傾向は概ね変わらないように思います。
でも、見たところ合いそうな馬が多くて絞れない(笑)
このレースでは特にヴァイスリージェント系が強いだけに、切りたかったアパパネ(母父ヴァイスリージェント系)も軽視できず。さてどうしましょうか……

■阪神牝馬 []

こんにちは。
私は3歳戦が苦手なので
(競馬歴20年、当たった記憶が数えるほどしかないです・笑)
阪神牝馬で厚め勝負。桜花賞は少額投資で観て楽しみます。

人気どころでは、順調に使ってきたスプリングサンダー、
牡馬相手に好勝負してきたマルセリーナは抑えます。

ただ本線はエイシンハーバーとキョウワジャンヌ(笑
相変わらずのひねた予想です…。
2頭とも鉄砲はそこそこ走ります。
でもいつも思うんですけど、夏を間に挟んだ休み明けと
冬場を挟んだ休み明けではなんか前者の方が走りそうなイメージ。
根拠はないんですけど。あくまでイメージです(笑

その点では不安ですが、この2頭ってなんだかよくわからないところが好きです。
エイシンは脚質がバラバラ。武騎手の腕次第でしょうか。
今回は逃げ馬が多いから好位につけてラップとも相談した競馬ができると面白いのではないかと。

キョウワジャンヌは使われる距離がバラバラ。
でもコース問わずそれなりにゴール前はいい脚を使います。

2頭とも常勝できるタイプではありませんが、
波乱の多い牝馬限定戦にはそういう意味では活躍
できそうな気がしています。
全部イメージばかりで、理詰めが何もないですが(笑

■名前入れ忘れました [ちょび]

エイシンハーバーとキョウワジャンヌはちょびでした。
すいません失礼しました。

■阪神牝馬S! [安東 裕章]

電気羊さん。ちょびさん。
コメント、ありがとうございます!

なにやら、阪神牝馬Sが俄然注目のレースになったようで・・・(笑)
すでに結果は出ていますが、いかがだったでしょうか?
うーん・・・逃げ切り勝ちかあ・・・。
内はそんなに荒れていないのかなあ。
こういう結果になると、桜花賞がますます難しく思えてきますね。


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。