■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■桜花賞・展望

牝馬クラシックの第1戦、GⅠ・桜花賞。
トライアルも含め、さまざまな路線からメンバーが集結したこともあって、今年の出走馬の印象をひとことで言うならば“百花繚乱”。それぞれの馬がどのような走りを見せてくれるか、非常に楽しみな一戦になりました。

土曜午後の時点で、前売り単勝1番人気に支持されているのは、2歳女王のジョワドヴィーヴル
昨年暮れの阪神JFの勝ち方は、まさに圧巻。その時点では“桜花賞確定”の声も上がるほどでした。
ところが、単勝1.3倍の絶大な支持を受けた前走・チューリップ賞でまさかの敗戦(0.5秒差の3着)。これによって、今年の桜花賞に混戦ムードが漂い始めたのも確かでしょう。
チューリップ賞の走りについては、さまざまな分析がなされています。
「あくまで休み明けの叩き台」「外差しの決まる馬場でありながら外に出せなかった」「今後のためにあえて馬込みに入れる競馬をした」
こうした見解に基づいて考えるならば、新馬戦の後の阪神JFで走りが激変したように、今回は大きな上積みが見込めるはずです。さらに、外枠に入ったことも有利。道中、外目を他馬を気にせずのびのびと走ることができれば、阪神JFで見せた強烈な差し脚が期待できると思います。馬体が小さなこの馬にとって、道悪が負担になる可能性もありましたが、どうやら当日は良馬場で行われそうです。

もっとも、個人的な意見を言わせてもらうならば、この馬に関しては「つかみどころがない」という印象もあります。昨年の暮れのブログにも「まだ素質だけで走っている感じがする」と書きましたが、“競走馬としての芯の強さ”が、まだまだ不透明なようにも思えます。
阪神JFで見せた走りはこの馬の能力として評価できるでしょう。問題はその力を常に発揮できるかという点です。チューリップ賞では、そのあたりを注目していたのですが、あまりにも淡白な内容だったように見えました。
この馬が能力を出し切れば、レースを圧勝する可能性は高いと思います。ただし、デビューから3戦で、力を見せたのは阪神JFの1戦のみというキャリアを考えると、本当に信頼できるかどうか。「やはりこの馬が3歳牝馬戦線の中心だ!」と思えるような素晴らしいパフォーマンスを期待する一方で、どこか半信半疑な部分もあります。

前走・チューリップ賞でジョワドヴィーヴルから0.2秒差の4着だったジェンティルドンナ
この馬もまた人気(単勝2番人気)を裏切った形になりましたが、中間に熱発を起こして順調さを欠いたことが敗因と考えられるでしょう。レース自体も、終始馬場の悪い内ラチ沿いを走らされる展開。それでも、ゴール前でジョワドヴィーヴルに迫る伸び脚には、一瞬ながらも見所がありました。
実績面で強調できるのは、牡馬混合のGⅢ・シンザン記念を勝っていること。
未勝利勝ちからの参戦でありながら、朝日杯4着のトウケイヒーロー、京王杯3着のオリービン(次走のアーリントンCで2着)といった相手に、自身の芝1600の時計を2秒以上更新して完勝。潜在能力の高さを評価できると思います。
順調に良化していれば有力候補の1頭と見なせますが、ひとつ気掛かりな点は、デビュー以来減り続けている馬体重。
いい意味でレースごとに絞れてきているのであれば問題はないのでしょうが、成長を測る数字として見た場合、少なからず不安な材料とも考えられます。このあたりは、直前の状態に注意する必要があるかもしれません。

チューリップ賞でジョワドヴィーヴル、ジェンティルドンナに先着したエピセアローム
古馬1600万クラスの時計との比較などから、トライアルの中で最もレベルが高かったと評価されているチューリップ賞の2着馬が、それほど人気になっていないのは意外な気もします。もっとも、他馬を圧倒するような決め手がある馬ではないので、単勝人気はそれほど伸びないのかもしれません。
小倉2歳Sの勝ち馬だけに、スプリンターとしてのイメージが強いようにも思えますが、実際はマイルで〈1.2.0.1〉の実績。前走はマイナス12キロでの出走でしたが、2走前の阪神JFがプラス10キロの太め残りだったことを踏まえれば、適正体重に戻ったという判断もできます。さらに見方を変えれば、太めだった阪神JF以外は連を外していないということ。簡単には軽視できない存在とも思われます。
この馬の場合、一番の課題は折り合い。
チューリップ賞でもスタート後にかなり行きたがる面を見せて、前を行くウイングムーンを壁にするまでは浜中騎手が引っ張り通しでした。最後の直線では外から伸びてきたものの、どこかチグハクなレースだったことも否めません。
今回は内枠に入ったので、道中で前に壁を作りやすくなり、その点はプラスですが、反面、直線でのコース取りが難しくなったようにも思えます。インで脚を溜めて内を突くのがベストかもしれませんが、外と比較して内の馬場が荒れているようだと、伸びあぐねるケースも考えられます。いずれにしても、折り合いも含めて巧く立ち回れるかどうかがカギになりそうです。

フィリーズレビューを完勝したアイムユアーズ
スタートが良く、サッと好位に付けられる脚があり、しかも終盤になってさらに加速できる強味を持っています。デビューから6戦して、すべて3着以内の安定感。完成度という点ではNo.1という評価も聞こえています。
もっとも、この馬にとってのベストは、重賞2勝の実績がある1400mのようにも思えます。
阪神JFでは2着に入りましたが、最後の伸び脚をフィリーズレビューと比較すれば、その差は明らか。ハイペースを先行策から後続を突きはなす形で押し切った前走については、能力の高い短距離馬という印象が強く残りました。
どのポジションからでも器用に立ち回れるタイプなので、大崩れはないとは思いますが、マイルの決め手勝負になった場合は若干分が悪いかもしれません。

フィリーズレビュー3着で権利を獲ったプレノタート
道中、最後方からの直線勝負でメンバー最速の上がり。こういうタイプには「ハマれば飛んでくるかもしれない」というイメージがつきまといます。しかも、鞍上は、ブエナビスタやマルセリーナを届かない位置から“持ってきた”安藤勝騎手。前走にしても、本番に向けて“脚を測った”ような乗り方をしていただけに不気味です。
この馬の取捨選択に関しては、末脚を発揮できる展開になるかどうかの判断がポイントでしょう。
フィリーズレビューは先行馬が勝ったとはいえ、3~6着は後ろから追い込んだ馬ばかりとなったハイペースのレース。改装後の阪神外回りコースは、予想以上に流れが落ち着く傾向もあるため、それほど激しいペースにはならないかもしれません。2走前のクイーンCではスローの瞬発力勝負で届かず4着(直線の長い府中で)。それを踏まえると、前走の脚がそのまま本番でも通用するという判断は難しいようにも思えますが・・・。

不良馬場のアネモネSを強烈な末脚で差し切ったパララサルー
デビュー以来、連を外したことはなく、マイル戦は3戦して3連勝中。ここまで1線級との対戦はありませんが、勢いでは注目に値する1頭だと思います。
前走後は、早めに栗東に入厩して調整する、おなじみの“国枝流”。早い段階からクラシックを意識してキッチリ結果につなげる厩舎ですので、今回も怖い存在です。
ただし、気になるのは、馬の状態面。
1週前から陣営は「前走の疲れが取れない」とコメント。調教もそれを裏付けるかのような内容だったようです。不良馬場での激走の反動がどこまで解消されているか。週末には「馬体細化が気になる」とのコメントがあったので、直前の気配をチェックする必要があるでしょう。

不良馬場での激走の反動という不安材料は、フラワーC勝ちのオメガハートランドにもあてはまるでしょう。
フラワーCはアネモネSの翌週に行なわれ、本番まで中2週というローテーション。しかも、この馬は美浦で調整した上での直前輸送になるだけに、万全の状態かどうかを確認しておくべきかと思います。

トライアルには出走せず、早めに賞金を加算して本番に備えた組もいます。目標に向けてじっくりと仕上げられたというアドバンテージを考えれば、当然ながらマークが必要でしょう。

まず、クイーンCを制したヴィルシーナ
先行策から脚を溜めて最後にもう一度伸びるタイプで、ある意味アイムユアーズと似ている部分もありますが、距離適性はこちらの方が上と判断していいかもしれません。
現在2連勝中。ただし、この2戦に関しては、先行有利なスロー展開が味方した印象が強く、桜花賞本番とは結びつかないイメージもあります。加えて、この馬と同じように、好位から逃げ馬をマークする同型タイプの存在も気になるところ。アイムユアーズをはじめ、マイネエポナ、エイシンキンチェムなど前へ行きたい馬がヴィルシーナよりも内枠に入りました。この馬と得意とするパターンに持ち込めるかどうかがポイントになりそうです。

前走、OPのエルフィンSを勝ったサンシャイン
エルフィンSから桜花賞に直行した馬では、ここ3年でレッドディザイアとマルセリーナの2頭が結果を出しています。
もっとも、今年のサンシャインは、前述2頭ほどのインパクトはなかったように思えます。抜け出してから後続に差をつける勝ち方でしたが、それよりもスローペースを読んで早めに動いた岩田騎手の好騎乗が光ったレースに見えました。鞍上が新馬勝ちでも手綱を取ったMデムーロ騎手なので、何か仕掛けてくるような怖さはありますが、馬自身の実力としては一枚落ちるのではないでしょうか。

トライアル不出走組で注目したいのは、サウンドオブハート
阪神JF3着の実績の持ち主ですが、あえてトライアルは使わず、紅梅Sを勝ってここまで待機。1400mの紅梅Sを使った理由も、陣営いわく「瞬発力をつけるため」。たしかに、阪神JFは3着に入ったものの、大外枠で脚を使ったとはいえ、最後の伸びは今ひとつでした。紅梅Sの結果はメンバー最速の上がり33秒8での差し切り勝ち。陣営にとっては思惑通りになったと言えるでしょう。1頭だけすでに55キロの斤量を経験したという点も、プラスに働くかもしれません。
あとは、3ヶ月の休み明けがどうか。阪神JFでも1番人気に支持された評価の高い馬なので、力を出せる状態ならば、有力候補と見なせると思います。

人気薄の伏兵をあげるならば、マイル戦3勝のトーセンベニザクラ
アネモネSでの消耗が気になりますが、栗東に入厩してからは調教で好時計をマーク。阪神JFでは10着に外を回して敗れたものの、本来はフェアリーSのように馬込みで我慢する競馬が持ち味。主戦の津村騎手が巧く立ち回れば、馬群の中から伸びてくる可能性を期待できるかもしれません。



スポンサーサイト

■コメント

■桜花賞♪♪ [うに]

こんばんは。安東さんの見解のおかげで、各馬のイメージが掴みやすくなりました。いつも助かります!

私の狙いは、キャリアが浅いながらも、能力の高さで今ここにいる馬。
権利や賞金を取るために走り過ぎている馬より、天才が体力を温存できているという点で、すでに差があるように思います。
万全の態勢で臨んでくるであろう、ジェンティルドンナとジョワドヴィーヴルには逆らいません。

同じく、余裕のローテーションで面白そうなのが、サンシャイン。安東さんの感触は、あまり良くないようですが…
万を持してのMデムーロですよ!?
怖すぎるっ!!
弟が出走叶わなかった無念もありますしね…

他にも、魅力的な馬がいますが、キリがないので、この3頭で勝負します!


P.S.
先日は、私の質問にお答え頂いてありがとうございました。
「レースレベルより経験値」には納得です!
他の馬には無い強みですよね。疑惑が吹っ切れて良かったです。ありがとうございました!

以上、シラフ予想でした(笑)。

■Re: 桜花賞・展望 [ちょび]

今週は土曜日で終わっているちょびです。
3歳牝馬はまたくイメージも湧かないので
安東さんのブログを参考にさせて頂きます。
早い話が乗っかりです。

本命にジョワドヴィーグル
JFよりさらに外を飛んできそうです。

対抗にエピセアロームとアイムユアーズ。
レース後のこの2頭の騎手のコメントが
「この馬のレースはできた。しかし勝った馬が強かった」
そんな展開なら続くのはこの2頭かと。
立ち位置的にはこの2頭にはホエールキャプチャの
匂いがします。

どうしても穴を入れたいので(笑
マイネエポナを選択。
後ろがけん制して前残り、もしくは前がつぶしあって
5~6番手が結果的によかったなら…。
この馬は勝ち上りが遅かったものの、
その後はそれなりに結果を出しています。
ただ評価も人気も相変わらず。
立ち位置的にはソーマジックとかエフティマイアとか。

でもやっぱりよくわからないというか
イメージがどうしてもわきません。
馬券はもちろん上記4頭で買いますけど、
気持ち的には観て楽しむだけです。

■ [うに]

こんばんは。
今年で桜花賞は4度目の挑戦。で、今年も馬券は取れませんでした。でも、相性が悪くてもなぜか大好きなレース。来年こそは頑張ります!


ヴィルシーナのことは、夢のお告げ(?)があったんですよ~
大魔神と嫁が出てきました(笑)。でも、オークスで狙おうと考えていたので無視。(人気がなかったら、ちょっと考えたかも…)
いやいや、まともに予想で当てないと。オカルトは嫌です(笑)。

皐月賞は、いまいちテンションが上がりませんが、(かえってその方がいいかも)頑張ります!


■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

現地での観戦はいかかでしたか?
ジェンティルドンナ、ちゃんと来ましたね!(笑)
ジョワドヴィーヴルに関しては、ブログに書いたように半信半疑だったのですが、実際に馬券を買うとなると外せないというのが正直なところ。
ヴィルシーナは、私、完全に実力を見誤りました。
大魔神と嫁の夢も見なかったですし・・・(笑)。

結果的には上位人気馬で決まりましたが、買い目を絞るのは難しいレースだったかもしれません。

さて、皐月賞。
テンションが上がらないなどと言わず、ぜひ弾けてください!(笑)

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

終わってみれば納得できる桜花賞でしたが、1番人気が飛んだとはいえ、穴党向きのレースではなかったかもしれませんね。
私のブログを参考にしてくださったのは有難い限りですが、仮に印を付けていたならば、◎はジェンティルドンナでした。
そのあたり、うまく伝えられなくて申し訳ありません!(笑)

エピセアロームは人気を下げていたので“オイシイ”かなとも思いましたが、内枠が逆に災いになったようです。
早めに外に持ち出すことができていれば・・・。
浜中騎手も「上手く乗れなかった」と反省の弁を述べていますが、最後は行き場を失くしたようにも見えました。

3歳戦は調子や成長力の見極めが難しいですね。
実は私も、正直なところ、ちょびさんと同じく「気持ち的には観て楽しむだけ」というスタンスです。(笑)

■ [うに]

安東さん、お返事ありがとうございます。

阪神競馬場の桜はちょっと淋しかったですが、綺麗でしたよ♪
桜花賞の最後の直線も、遠目からですが見れました。結局、ゴール前は大画面を見ていましたが…

皐月賞は、素直に強いと思う馬に賭けてみようと思います。
例年の傾向に当てはまるから…という取捨選択は味気ないですから。

でも、強い馬が勝つとは限らないんでしたね…

中山ですしね。

あ、穴党の血が騒ぐ(笑)。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■まとめteみた.【桜花賞・展望】

牝馬クラシックの第1戦、G・桜花賞。トライアルも含め、さまざまな路線からメンバーが集結したこともあって、今年の出走馬の印象をひとことで言うならば“百花繚乱”。それぞれの馬がどのような走りを見せてくれるか、非常に楽しみな一戦になりました。土曜午後の時点で、...

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。