■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少しだけ関屋記念

『競馬のツボ<ブログ版>』にお越しいただき、ありがとうございます。
残念ながら、今週も都合によりお休みさせていただきます。
来週の札幌記念でなんとか復帰を果たせれば、と思っています。

さて、関屋記念ですが・・・(休みと言いながら、少しだけ)
予想通り、前走・中京記念組が大挙出走してきましたが、他にもマイル戦を得意とするメンバーが顔を揃え、好勝負が期待できそうです。

昨年の関屋記念で2着に入ったエアラフォン(中京記念6着)が人気になるかもしれませんが、外差しが決まった前走で追い込み切れなかった点は不満。むしろ、馬場の悪い内目を突いて伸びてきたゴールスキーの方が強いレースをしたと評価できるかもしれません。

ヴィクトリアマイル2着のドナウブルーは、好位からの粘り込むスタイルが安定してきただけに、前が有利な流れが理想。とはいえ、極端な上がりの競馬になると、そこまでキレる脚はないのでどうなのか?と思います。たしかに2キロ減は有利ですが・・・。

末脚勝負ならば、シルクアーネストやスピリタスも圏内候補。新潟得意のマイネイザベルも休み明けを克服できれば侮れない1頭でしょう。

穴は2走前の新潟大賞典(3着)で稍重ながら素晴らしい伸び脚を見せたメイショウカンパク。前走のエプソムCは差し馬全滅の中でも差を詰めてきました。ここ数戦は馬場の悪いレースばかりだったので、良馬場がこの馬にプラスに作用するようならば大駆けがあるかもしれません。
あとは、スマイルジャック。安田記念での最後方からの追い込みを見る限り、まだまだ衰えていない印象。前走、宝塚記念で先行策をとったことで、それまでの“行き脚の悪さ”が解消されるきっかけになっていれば、見せ場以上も。

暑い日が続いています。
皆様、体調に気をつけてお過ごしください。


安東 裕章


スポンサーサイト

■コメント

■Re: 少しだけ関屋記念 [ちょび]

【関谷記念】はチャームポット本命視します。
どべ人気ですが。
前走のような力のいる馬場はからきしですが
先行してジワジワ粘る前々走のような展開なら
今の新潟はちょうど良いのでは。
ただし相手関係は確かに厳しいのですが。

相手にも展開の向きそうな馬を。
土曜日も追い込み馬には厳しい展開で
上がりも速いので、先行馬中心に。
マイネイザベルは鉄砲も良いようですし、
前走は絶対行き切った方が良かった、と鞍上が
思っているのなら面白い展開に。

3連単&馬連ボックス
3/6/7/8

■関屋記念 [うに]

レースのランクはG3、1級相手に好走してきた馬なら、多少のマイナス点は問題ないとして…

ドナウブルーは、牡馬相手がどうかなと思いましたが、京都牝馬Sの2着馬・ショウリュウムーンは、中京記念で2着。これは消したくても消せない。

アスカトップレディは、京都牝馬Sで3着でも、京都金杯ではショウリュウムーンより上の3着で、ダノンシャークと着差なし。前走は出遅れを考えれば、改めて期待したいです。

3度目の正直でスマイルジャック。前走は距離が合わなかっただけで度外視します。

久々の方が力を出せるらしいレインボーペガサス。地力に期待します。

スピリタスの前走は、先行しても結果を出せて、今回、得意の距離で期待が膨らみます。実はこの馬が本命。勝ちきれない馬を応援してしまうのが趣味になってきました。


あ、残暑見舞い、届きましたよ~!!
めちゃくちゃ嬉しいですっ!
切手には参りました。大好きなんです、あのキャラ(笑)。
ありがとうございました!!

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんにちは!
コメント、ありがとうございました!

関屋記念、先行馬狙いは正解でしたね。
ただ、チャームポットには、やはり相手関係が厳しかったようです。
ドナウブルーは、強くなったなあ!という印象。馬体も順調に増やしていますしね。
それにしても、先行して上がり32秒台で、レコード勝ちというのは凄いですね!

■うにさんへ [安東 裕章]

こんにちは!
コメント、ありがとうございました!

本命のスピリタスは3着!
なかなかの狙い方ですね~。
個人的に大好きです!
ちょびさんの予想と合わせると、1~6着まですべて入ってますね!(笑)

残暑見舞いの切手??
すみません! 実はアレ、年賀状に使った分の残りなんです!(笑)
でも、うにさんが、○○ラーだったとは、意外かも!?

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。