■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少しだけ・・・菊花賞展望

「競馬のツボ<ブログ版>」にお越しいただき、ありがとうございます。
残念ながら、急な出張が決まったため、今週のブログはお休みさせていただきます。
申しわけありません。(時間があればなあ・・・泣)

と言いつつ、例によってGⅠ・菊花賞の展望・・・というか考え方を少しだけ。

ディープブリランテの出走回避で“ゴールドシップ1強”のムードが濃くなった一戦ですが、仮に「相手探し」のレースであったとしても、能力の優劣を判断しにくいメンバー構成のため、相手の絞り方が非常に難しい一戦だと思います。

ゴールドシップに関しても、不安材料がまったくないわけではありません。長くいい脚を使って追えば追うほど加速するタイプですが、エンジンの掛かりが遅いという弱点も。3000mという未知の距離を走る今回は、仕掛けのタイミングがカギになると思います。スタートが速い馬ではないので、最内枠に入ったことでインに閉じ込められるリスクもあるでしょう(スタートから最初のコーナーまでが短い京都外回り3000mでは外から次々に被せられるケースも考えられます)。内田騎手がどこで外に持ち出し、どのタイミングで追い出しにかかるか注目です。

他の馬については、経験値と成長度をそれぞれどのように評価するかがポイントかもしれません。
春のクラシックを経験している馬は、巻き返せる条件があるかどうか。連勝中の上がり馬は、これまでと同じ競馬ができるかどうか。そのあたりは基本として検討すべき項目だと思います。
例えば、前走の神戸新聞杯で10着に敗れたベールドインパクトは、調教パターンを元に戻したり、前に馬を置きやすい内枠に入ったことをプラスと考えることができるかもしれません。
近2走は後方からの競馬をしているエタンダールは、今回の枠ならば好位から粘り込むようなレースをしてくる可能性もあります。

今年のトライアルは、神戸新聞杯もセントライト記念も後半に速いラップが連続するレースでした。そこでどのような競馬をしたかという分析も必要でしょう。
先行勢の中で唯一掲示板に載ったユウキソルジャーの力をどう評価するか。スカイディグニティとダノンジェラートとでは、どちらが正攻法の競馬をしたか。
当然、菊花賞がどのような展開になるかを推測した上で、「前走はああいう走りだったから・・・」といった検討を行うべきかと思います。

はじめに書いたように、予想が難解な一戦。
皆様のご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章


スポンサーサイト

■コメント

■菊花賞 [うに]

こんにちは。
ゴールドシップの前走は、トライアルなのに鬼のような勝ちっぷり。これには逆らいません。相手探しですね。

ゴールドシップが勝つなら、同じようにロングスパートできる馬が来るとみて…
前走、ゴールドシップに食らいついて行ったロードアクレイム。ようやく良血開花?

ダノンジェラートも、2走前でロングスパートしてます。たった3戦で権利獲得した大物感に期待します。
エタンダールとマウントシャスタの前走は、叩き台なら大目に見てもいいかなあ。それなりに実績もありますし。
上がり馬も気になりますが、強敵と戦った経験の方を取りました。


3連単 ゴールドシップ1着固定で、残り2・3着に配置します。

■クラシックは、やっぱりいい♪ [うに]

結果はどうあれ(私の馬券も含め)、3歳馬の1生に1度しかないレースは、本当にいいものですね。
欲を言えば、春に活躍した馬が順調だったら、もっと楽しめたんですが…

ゴールドシップのひとり舞台でしたね。他の馬が、いや騎手も、蛇に睨まれたカエルに見えてしまいました(笑)。
出入りの激しい競馬を想像していたので、ちょっと拍子抜けな感じです。

私の予想もダメダメでしたね。外枠は不利と決めつけてしまって。

短評は書かれる予定ですか? (と、さりげなく催促)(笑)


■当たっても反省です [電気羊]


このところぐぐっと季節が深まりましたね。

秋華賞は参加できず。法事で土曜は東京、日曜は実家でダラダラしてました。
3着のアロマティコ、馬友の一人は京都2000実績と当日の新馬戦1着馬から、“キンカメ×SSのアロマティコはどうですか?”と言ってきて、きっちり三連単的中。いやぁ参りました!実は否定的な返事をしていただけに、買ってくれていてホッとしました(笑)

菊花賞、ゴールドシップからのワイド2点は的中。でも収支はマイナスです(泣)

一番手にはゴールドシップ。ただ絶対の信頼は置けず。
二番手にロードアクレイム。母はトニービン系×ブラッシンググルーム系。
トニービンは、ジャングルポケット産駒(オーケンブルースリ)、SS×トニービン(ハーツクライ産駒のウインバリアシオン、ミスキャスト産駒のビートブラック、アドマイヤベガ産駒のアルナスライン)と近年確実に好走。
ブラッシンググルームもバゴ産駒のビッグウィークが1着。
次いでエタンダール。母父サドラーズウェルズ系に加え、京都1800M(きさらき賞、萩S)、阪神1800Mの実績馬が菊花賞でしばしば好走していることから。
4番手がスカイディグニティ。セントライト記念では出ていることも知りませんでしたが(笑)、父は菊花賞と相性のいいブライアンズタイムということで一躍注目の一頭に。
5番手に神戸新聞杯3着のマウントシャスタ。
6番手はユウキソルジャー。神戸新聞杯4着なので念の為血統を調べたら、父トーセンダンスはダンスインザダークと全く同じ構成。ひょっとしたらと選びました。

予想面の反省点は、いまいち信頼できないセントライト記念組の2着、Sディグニティより4着のエタンダールを評価したこと。
血統面でもブライアンズタイムは、共に人気薄で好走したビートブラック、スリーロールスの母父。
サドラーズウェルズは、テイエムオペラオーもメイショウサムソンも必ずしも期待に応えられませんでしたからねぇ。失敗したなぁ。
この順位が入れ替わっていれば、2・3着ワイドも買えていたか。

券種的にも、一強とその他大勢による混戦と見ていたなら、3連複を選ぶべきだったかも知れません。
予想の精度ももちろん上げたいですが、狙いをつけた馬、あるいは馬たちからどういう馬券を買うか。これが最大の課題です。まぁ、正解はないんでしょうけど……。


■うにさんへ [安東 裕章]

こんにちは。
コメント、ありがとうございました!
短評、書かなくてスミマセン!(笑)

ゴールドシップは強かったですね!
追えば追うほど伸びる感じで。
ペースも決して緩くはなかったし、時計も優秀。
次走は有馬とのことですが、どういう競馬を見せてくれるか楽しみです。

菊花賞の相手探しは難しかったと思います。
春の有力馬がいないため、力の比較ができなかったですよね。
馬券は買いませんでしたが、個人的にはベールドインパクト狙いでした。
また4着かあ~(笑)

今週は秋天!
熱戦を期待したいです。
ただ、天気がなあ・・・。
雨予報が外れた方がいいのですが・・・。

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

収支はマイナスとのことですが、まずは的中おめでとうございます!

秋華賞にしても菊花賞にしても、抜けた存在がいるレースというのは、それはそれで狙い方が難しいですね。
ちなみに、私もスカイディグニティよりもエタンダールの方を上に評価してしまったクチで・・・(笑)
セントライトの時の脚が本物かどうか判断できませんでしたし、直線が長くなることがはたしてプラスなのかどうか・・・。
まあ、結果的に馬券に参加しなくて正解でした!(笑)

クラシックも終わり、これからは古馬GⅠですね。
電気羊さんならではの、独特の視点を期待しています!


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。