■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■有馬記念・復習

GⅠ・有馬記念を制したのは3歳馬のゴールドシップ。
1番人気に応える堂々の勝利で、また1頭、スターホースの誕生を印象付ける一戦となった。

それにしても、驚異的な脚の使い方だった。
向正面最後方から大外をマクっての差し切り勝ち。この馬の勝ちパターンと言ってしまえばそれまでだが、力でねじ伏せるような走りはまさに“圧巻”のひとこと。正直、「菊花賞と同じ脚を今回も使えるのだろうか?(不発に終わるのではないか?)」という不安な部分もあったのだが、これはもう“本物”と認めざるを得ない。とりわけ、直線の坂を上りきってからさらに伸びた末脚には驚かされた。何段階も加速できるギアを搭載している馬なのだろう。
今回のレースは前後半のラップ差が少ない、緩みのない平均ペース。いわゆる“各馬の底力が問われる流れ”である。この馬の能力を十分に見せつけたという評価ができるはずだ。
陣営のコメントによれば、今後の目標は春天と宝塚記念(現時点では凱旋門賞出走のプランはないようだ)。となれば、ファンにとっての楽しみは、やはり「オルフェーヴル、ジェンティルドンナとの対戦」になるだろう。いずれにしても、競馬界の中心となり得る“強い馬”が、新しい世代から生まれた意義は大きい。来年の芝中長距離路線の戦いへの期待を、さらに高めてくれる結果だった。

2着は10番人気の伏兵・オーシャンブルー。
『予習』では「不気味な存在」と位置付けしたが、内容的にも十分評価できる走りを見せてくれた。
馬群が広がっために直線で前がポッカリ開く幸運はあったものの、最後の伸び脚はなかなかなもの。さらに、馬込みの中でもジッと集中して脚を溜める走りには好感が持てた。
前走のアルゼンチン共和国杯での走りと比較する限り、どちらかといえば、一瞬のキレ味で勝負するタイプのようにも思う。イメージとしては、大阪杯あたりで狙うのが面白いかもしれない。
短期間で成長を遂げた感があるので、あとは確実性が課題になるだろう。展開や馬場状態を問わずに結果を残せるようならば、重賞でも上位で常に好勝負を期待できそうだ。

3着は2番人気のルーラーシップ。
不安視していた通りの大出遅れで、前2走と同じく後方からの競馬。そして、これまた同じく“かろうじて確保した3着”に終わった。
「あれだけ出遅れても3着に来るのだから潜在能力そのものは高い」という意見もあるようだが、結果としては、その能力を生かしていないレースが続いていることも事実。負け方がパターン化してくると、常に不安材料を抱えながらレースをしなければならないので、実に厄介だ。かつてのペルーサのように、出遅れ癖を治すために前々の競馬を試みて、持ち味をなくしてしまった例もある。この先陣営がどのような対応をしてくるか、まずはその部分に注目だろう。

4着はエイシンフラッシュ。
デムーロ騎手から三浦騎手への乗り替わりだったが、個人的にはベストの競馬を見せてくれたと思う。
道中は中団のインで脚を溜め、直線で一気に抜け出す作戦。最後に止まったことについて、三浦騎手は「内の悪いところを通らされたから」と敗因を上げているが、当日の他のレースを見る限りではそれほど大きなマイナス要因とは思えない。むしろ、緩みのないペースのために見た目以上に脚を使わされる流れになったからではないだろうか。もう少しスローな展開ならば、一瞬のキレ味が生かせたようにも思える。
秋4戦目のローテーションを考えれば、今回の結果は評価できるとは思うが、位置取りや展開に左右されやすいタイプであることを再認識させられたレースだったことも確かだろう。

5着には3歳馬のスカイディグニティが入った。
スミヨン騎手によれば、「コーナーでも手前を替えず、キツめに押していかなければならなかった」とのこと。そのあたりは、まだまだ未完成ということなのだろう。
それでも、初の古馬混合GⅠで掲示板を確保した結果は評価できる。あとは、レースを勝ち切るだけの“武器”を身につけられるかどうかだろう。今後の経験によって、どのような走りを持ち味にしていくか、注目したい。

個人的には、今回の結果は順当と思えるもの。
ダークシャドウ、ナカヤマナイト、ルルーシュといったあたりもそこそこ上位人気に支持されてはいたが、『予習』でもふれたように、ダークシャドウの末脚は東京向き、ナカヤマナイトは自分から動ける形ができていない、ルルーシュは外々を回らされるリスクがそれぞれ敗因になったように思われる。
先にも述べたように、今回は緩みのない平均ペースで、底力が問われる流れ。上位馬の実力そのものを評価できるレースだったと言えるだろう。


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。