■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■フェブラリーS・復習

GⅠ・フェブラリーSを制したのは、3番人気のグレープブランデー。
前走の東海Sで見せてくれた鋭い伸び脚が今回も炸裂。ゴール手前で粘るエスポワールシチーをきっちりと差し切った。着差こそ4分の3馬身にすぎないが、内容的には完勝と言っていいだろう。

レースはタイセイレジェンドが引っ張り、3F通過が34秒6のハイペース。『予習』でもふれたように、グレープブランデーに関しては「マイルGⅠの速い流れに対応できるかどうか」が課題だったが、内枠から好スタートを切り、置かれることも掛かることもなく、スムーズに流れに乗れていた。
さらに、一番のポイントとして『予習』で取り上げた「どのタイミングでどこから抜け出すか」だが、これについては“完璧”のひとこと。スタートダッシュで先団のインに取り付くと、道中では若干下げる形で7番手をキープ。そして直線では、少しずつ外へ持ち出し、前が開くと同時にゴーサイン。言うまでもなく、浜中騎手の好騎乗である。ペースの読み、コース取り、外目への進出と仕掛け。すべてが理想的だった。
昨年、リーディングを獲得したものの、GⅠでの成績は今ひとつだった浜中騎手。今回の勝利は本人にとって、大きな自信と弾みになるはずだ。今後の活躍を期待したい。
グレープブランデーも同様。骨折による長期休養からGⅠ優勝へ至る復活劇は、並の馬ではないことの証明とも思える。ニホンピロアワーズ、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールが不在のため、相手関係が楽だったという声もあるようだが、これら3頭との対決への期待感が高まる走りを見せてくれたことは紛れもない事実。もとより、マイルよりも1800~2000を得意としている馬である。帝王賞やJBCクラシックが対戦舞台の候補かもしれないが、毎年今ひとつ盛り上がりに欠けるJCダートでこそ、火花を散らす戦いを見てみたい。

2着は9番人気のエスポワールシチー。
「ピークを過ぎた8歳馬」という大方の予想をあざ笑うかのような激走を見せてくれた。
左回りのマイル戦というベストの条件だったとはいえ、全盛期を彷佛させるような素晴らしい内容。実績に裏付けられた“格の違い”と言うべきだろうか。共倒れになるリスクがありながら、逃げるタイセイレジェンドを直後でマークした、松岡騎手の強気の騎乗も見事だった。
個人的には、「JCダートの精彩を欠いた走り」と「集中力を欠いたためと思われる東京大賞典のスタートの躓き」から、「馬自身の走る気持ちが衰えた」と判断したのだが・・・。『予習』の中で「7歳と4歳の世代交代が注目されているが、どの馬にも多かれ少なかれ不安要素がある」と書いている以上、軽視してはいけない1頭だったかもしれない(反省!)。
もっとも、エスポワールシチーの走りにケチをつけるわけではないが、7歳馬と4歳馬があまりに期待を裏切ったという見方もできるだろう。特に4歳馬については力不足が露呈した一戦。エスポワールシチーの力強い勇姿を見ることができたのはうれしい限りだが、次世代の台頭という点では不満の残るレースだった。

3着には昨年と同じくワンダーアキュートが入った。
決して得意とするレース条件ではなかったし、連戦の疲れもあったに違いないが、最後は馬群の中から1頭分抜け出す伸び脚を見せてくれた。気迫のある走りは健在。本当にこの馬の勝負根性には頭が下がる。
和田騎手は「直線で捌き切れず脚を余した」とコメント。今回のように後方10番手あたりの競馬をするよりも、好位から抜け出して加速していく方がいいタイプ。やはり、序盤からベストポジションを取るためには、流れの速いマイルは距離が短いようだ。
ともあれ、7歳馬では最先着。エスポワールシチー同様、“格の違い”を見せてくれたようにも思える。

4着のセイクリムズンと5着のシルクフォーチュンは、いずれも後方から追い込んだ馬。
セイクリムズンはインをロスなく進み、直線で最内を突く競馬。シルクフォーチュンは大外枠に入ったこともあって、最後方の外目から追い込む競馬。2頭のクビ差はコース取りの差と考えていいかもしれない。
興味深いのは、ともに1200~1400がベストの馬だということ。
「道中は後方で脚を溜めて直線勝負に賭ける」という2頭の走りが、マイルの距離をもたせるための作戦だったにせよ、掲示板に載った結果からは、レースの流れそのものが短距離の差し馬向きだったという見方もできる。つまり、マイルでは距離が短いと言われていたグレープブランデーにとっては、より不向きなペースだったということ。それゆえ、今回は、グレープブランデーの“ペースへの対応力”を高く評価できるレースだったとも言えるだろう。

期待された4歳馬はいずれも大敗。
イジゲンはまたも出遅れ。
ガンジスは『予習』で懸念していた通り、直線で脚をなくしていた。
そして、1番人気のカレンブラックヒルは15着。
砂適性がなかったといえばそれまでだが、それ以上にスタートで後手を踏むなど馬自身にキレがなかった。
休み明けにもかかわらず、馬体重の増減はなし。成長力を疑った方がいいという意見も出ている。
春の大目標は安田記念になるのだろうが、芝の前哨戦でどのような走りをするかには、注意が必要だろう。


スポンサーサイト

■コメント

■お久しぶりになってしまいました [電気羊]


ずいぶんとご無沙汰になってしまいました。
ついつい書きそびれてしまって……。大きな当たりのないのも理由かな。でも、正直そこそこの手応えはあったりして(笑)
GIが行われたのを機にコメントを寄せさせて頂きました。以後またよろしくお願いします。

●AJCC
11年1着ジャングルポケット産駒。12年1着母父トニービン。さらにその前の2年はSS×トニービンのアドマイヤベガの仔が3着。
→SS×トニービンのハーツクライ産駒アドマイヤラクティ
母方にノーザンテーストを持つ馬が4年連続連対。
→トランスワープ

●京成杯
ステイゴールドとその母父ゲインズボローの血が好相性。
→フェイムゲーム
※Sゴールド産駒ケイアイチョウサンにも着目していましたが、「お願い馬券」だったので遠慮して手が届かず。単勝のみ。

●シルクロードS
マンハッタンカフェ産駒が11年ワンツー。2着アーバニティーは14番人気。昨年同時期も8番人気3着。
→メイショウデイム

●東京新聞杯
血統での差別化は難しかったレース。前日8番人気1着馬がデュランダル産駒。ダイワメジャーは同じくSS×ノーザンテースト。
→ダイワマッジョーレ

●クイーンC
上記と同じ。デュランダル産駒。
→スイートサルサ
※前走重賞2着、東京マイルの新馬戦0.4秒差勝ちのウキヨノカゼと本線で馬連+ワイド。
3着同着ジーニマジックはダイワメジャー産駒でしたが……(泣)

そしてフェブラリーS。
昨年はシアトルスルー系(09年カジノドライブ、10年テスタマッタ)に注目したのが功を奏しましたが、今年のテスタマッタは……。
前週ネオユニバース産駒が10番人気1着からガンジスを。この馬は母がヴァイスリージェント×ダンチヒ。ダンチヒの入った馬は今開催のマイルで複数好走。前日はヴァイスリージェント系クロフネ産駒が1着。狙うはガンジス!
ただ気掛かりも。
まず、距離経験がマイルまでという点。
さらに当日の9Rの結果をチェックすると、3着に入った馬の母方には各々、ブラッシンググルーム、ニジンスキー、トニービンとリアルシャダイ。
先に触れた前日のレースでも母方にトニービン、グラスワンダー、デインヒル。軒並みスタミナ系の血が!
こうなるとガンジスはますます不安。さらに好走馬のほとんどに入っているナスルーラ、ボールドルーラーの血を持っていない。
ここで浮上したのがグレープブランデー。SS系もコンスタントに走っていましたしマンハッタンカフェは菊花賞馬。母父はボールドルーラー系。母母父はスタミナを伝えると言われるリボー系。
前走0.5差勝ち、前々走JCD5着から外せない1頭ではありましたが、俄然買わねばならない馬になりました。
結果、ワンダーアキュート(父方にボールドルーラー、母父リボー)とのワイドは的中。ただ、ガンジスからの買い目がやはり無駄となり収支はマイナスでした。

ざっとこんな感じで、今年も血統・系統でやっていきます。
さっそく長々と書いてしまい申し訳ありませんでした(照)



■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
おひさしぶりです!
お元気そうでなによりです!

血統データ予想は依然として好調のようですね。
電気羊さんについては「GⅠに強い」というイメージがあるので、
この先の春本番が楽しみです。

朗報をお待ちしております!

■今年も楽しみたい [電気羊]

“「GIに強い」というイメージ”を持っていただいているとは、それはそれは恐縮至極です(笑)
たしかに昨年は競馬を始めて以来最もGIで的中できましたけど。

今年は「○○が頻出しているから」というふうに血統・系統を記号的/表面的に見るだけでなく、フェブラリーSのように、その特質的なものもより加味してみたいと思っています。
実際、カレンブラックヒルは当初から「カモ」と考えていましたが、安東さんの評価を読んで正直揺れました。しかし最終的にはガンジスと同じ理由で、やはり不要と判断できました。

いろいろ勉強しないといけませんが、成果が出ると信じてコツコツやっていきます。
春競馬もこれからが本番。さらに楽しみたいと思っています。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。