■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少しだけ・・・中山記念

今週末は出張のため競馬には参加できませんが、GⅡ・中山記念の出走各馬の検討材料については簡単に書いておきたいと思います。

●タッチミーノット
前走、中山金杯1着。昨年の新潟記念2着、毎日王冠3着を経た上での重賞制覇ということで、充実期を迎えた印象も強い。好位で脚を溜めて最後に瞬発力を発揮するタイプ。ゆえに道中の位置取りがカギ。中山実績は〈2.1.1.0〉だが、すべて2000m。1800mは1コーナーまでの距離が短くなる分、ペースが上がる傾向があるため、外枠に入った今回、スムーズにポジションを取れるかどうか。後手を踏んで外々を回らされるような展開になると、持ち味を発揮できないリスクも。

●ダノンバラード
前走、AJCC1着。もっとも、直線の斜行が問題となったように、圧倒的な強さを見せた勝利とは言い難い。レース自体も、ルルーシュやアドマイヤラクティが“期待値”で上位人気に支持されていたこともあり、レベル的には疑問。GⅡ勝ちの実績は刻まれたが、“GⅢ好走馬”のイメージが拭い切れたかどうか。とはいえ、前走で懸念されていた中山の坂を克服できたのはひとつの収穫。1800への距離短縮でキレ味が増すタイプには見えないが、緩みのない流れになればモタレ癖を出さずに走りに集中できるかもしれない。

●ナカヤマナイト
〈3.2.0.1〉の実績を持つ中山巧者。唯一の着外は前走の有馬記念だが、この馬には距離が長かったようだ。1800mでは〈3.2.1.0〉(うち中山は2戦2勝)。3歳時の海外遠征や国内の中~長距離GⅠ出走歴から、経験値の高さという点では“格上”と見なすこともできる。問題は、今年初戦に予定していたAJCCを回避した影響がどうなのか。大外枠に入ったこともあり、オールカマーの時のように後方からマクって進出する競馬が予想されるだけに、道中で動いても最後までバテない状態にあるかどうかがポイント。

●ダイワファルコン
昨年秋はオールカマー2着、福島記念1着。中山には〈5.3.1.5〉の実績があり、1800mに限れば〈3.1.0.2〉。得意の条件であることは判断できる。近走は先行脚質が安定してきた感もあり、開幕週の馬場が味方するようであれば侮れない存在。ただし、力量的にこの馬がGⅡレベルかというと、少なからず疑問。昨年の『秋天・予習』にも書いたように、オールカマーのレベル自体が決して高いとは思えず、GⅠでの走りを基準にすれば、勝ったナカヤマナイトに比べると、まったく歯が立たない印象も。相手関係をどう読むかが、この馬の取捨選択のカギになるかもしれない。

●アンコイルド
現在4連勝中。勢いに乗る4歳馬。注目度ではメンバー1とも言えるだろう。連勝の内容に関しては、3勝がハナ差・クビ差といった接戦で、派手さがない分、逆に勝負根性のある走りを印象付けている。とはいえ、初の重賞挑戦となる今回は、課題が多いのも事実。初の中山コースでしかも相手強化。そして、デビューから8戦という経験の浅さ。2010年のこのレースでは、連勝で臨んだ4歳馬・キングストリートが1番人気に支持され7着に敗退したが、敗因のひとつとして指摘されたのが経験値が足りないことだった(アンコイルドと同じくデビューから8戦だった)。言うまでもなく、今回は試金石の一戦。

●トーセンレーヴ
良血で素質の高い馬なのだろうが、なかなか強さを見せてくれない。にもかかわらず、毎回「今度こそは」と思わせる期待感が備わっているため、馬券的にはかなり厄介な馬だ。前走は京都金杯7着。内が有利なレースで大外枠が響いたとのことだが、見せ場くらいは欲しかった。東京実績が高いことからもわかるように、直線の長いコース向きという印象も。中山の小回りに対応できるかどうか。ただし、有力馬の多くが外枠に入ったので、内をすくうように馬群から抜け出す競馬ができれば、結果につながる可能性もあるだろう。

●シルポート
昨年の2着馬。もっとも、重馬場で差し馬が不発に終わったレースなので逃げ粘れたという意見も多かった。その次走で稍重のマイラーズCを勝ってからは着外続き。スピードの持続力が影を潜めた感もある。とは言うものの、開幕週の逃げ馬は軽視できないのも事実。鞍上は、先週のエスポワールシチーで強気の競馬を見せてくれた松岡騎手。前半を33~34秒台前半の速いラップになると、直線で失速する可能性も大きいが、マイルCSで4着に踏ん張った時のように、35秒台の平均ペースで後続に脚を使わせる競馬ができれば、面白いかもしれない。あとは、状態面がどこまで仕上がっているか。連覇中のマイラーズCが目標というローテならば、前哨戦仕様の余裕残しということもあり得る。

●リアルインパクト
昨年の3着馬。3歳時に安田記念を制したGⅠ馬だが、その後の成績は今ひとつ。早熟という見解もあるようだ。NHKマイルCや毎日王冠でも好走しているため、東京巧者のイメージがあるようだが、キレ味も伸び脚もそれほどのものではない。むしろ、脚質的には、上がりのかかる中山の方が合っているようにも思えるのだが・・・。開幕週で内が荒れていないという条件ならば、今回の2枠2番はロスなく立ち回れる絶好の枠。脚を溜めてインから抜け出す理想的な競馬ができれば上位争いも可能だろう。前走はプラス20キロの太目残り。レースぶりも含めて“一変”が期待できるかもしれない。

●スマイルジャック
8歳の古豪。着差こそ大きく離されてはいないものの、掲示板に載れない状況が続いている。ただし、5走前の京成杯AHでの2着(1分30秒9!)は、いまだに鮮烈な記憶として残っている。近4走と京成杯AHの一番の違いは位置取り。開幕週で最内枠の利もあったが、後方待機ではなく好位中団からインを突いたものだった。今回、同じようなポジションで競馬ができれば、再度この馬に激走を見ることができるかもしれない。確実に上がりの脚を使ってくる馬ではあるが、59キロから56キロへの斤量減を生かすのならば、早めに抜け出して後続を振り切る競馬の方が面白いように思えるのだが・・・。

●カリバーン
休養が多くなかなか本調子に戻れないが、一昨年の秋にはオールカマー3着、アルゼンチン共和国杯4着と、重賞戦線でも好走歴があった。1000万から3連勝でオープンを勝った実績もあり、通算すると連対率は4割以上。潜在能力は評価できるかもしれない。今回は去勢放牧明け。いきなり結果を求めるのは酷かもしれないが、予想を超える好走があっても不思議ではない。昨年は2戦しか走っていないので、実戦の勘が戻っているかどうか。去勢後でもあるので、直前の気配にはチェックが必要だろう。

●トシザマキ
前走は16ヶ月の休み明け。言わば、無事に回ってくることが大前提だった。休養前には、500万勝ち→1000万2着→1000万・1600万連勝という上昇を見せた馬。叩き2走目の今回、状態面が戻っていれば、見せ場以上を期待できるかもしれない。もっとも、休養以前はコース追いだった調教が、前走同様、坂路調教のみであるところを見ると、おそらくまだ脚元に不安があるのだろう。いずれにしても、次につながる競馬ができるかどうかには注目してみたい。



スポンサーサイト

■コメント

■中山記念 [うに]

こんにちは。全然、「少しだけ…」じゃないですね(笑)。ありがとうございます。

消せるものは消せても、残った馬もいまいちピンと来ないです(泣)。
こんな時は手を広げず、2着までに来るであろうと思う馬で勝負します。

タッチミーノット。相手なりのイメージが前走で払拭。外枠でも、この馬の充実ぶりに賭けます。

リアルインパクト。前走は休み明けで外枠。これを大目に見れば、毎日王冠4着、マイルCSで5着の実績から、まだやれるでしょう。

ナカヤマナイトは、ここでは格が違うから買うべきなんでしょうが、AJCCを回避したのが不安。2着は無いと判断しました。

馬単2⇔14


阪急杯。
開幕週なので、内の先行馬を。

2・3・4 馬連、3連単ボックス。

■Re:少しだけ・・・中山記念 [ちょび]

>簡単に書いておきたいと思います
全然簡単じゃなく、すごいボリュームですよ、安東さん!(笑

【中山記念】ダイワファルコン
人気も割れ気味で、どの馬も甲乙つけがたしです。
その中からこの馬の小回り適性にかけます。

対抗に人気でもタッチミーノット。
馬場のあまり良くない
冬の中山の重賞をきっちり差すのはなんとなく似合いそう。

風が強いので馬格のある馬をひもにと思いましたが
ちょっと3連単は絞り切れず、
金額的にはこの2頭の馬連でほぼ1点勝負。

馬連 10-14
3連複流し 10/14→5/7/8

【阪急杯】
軸としてはロードカナロアなんですが
1着かというと怪しいような。
いっそ馬単2着固定も考えたのですが
そこまでの根性はなし。
オセアニアボスとフラガラッハの阪神適正に賭けますか。
マジンプロスパーは枠順発表前は狙うつもりでしたが
「外枠希望」を切実に訴えていたので、2番で消し。
どうなりますかね~。
もしここで飛んで、次走人気下げの外枠ならおいしいのですが。

先週からこんなことばかり言ってますけど(笑

■Re:少しだけ・・・中山記念 [ちょび]

阪急杯買い目抜けていました。

馬連3→6/7/11/12/15/16

まだ3連単がない時代の穴の基本、
「堅い軸から薄いヒモ」
昭和の教訓を忠実に(笑

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

ナカヤマナイトは順調度が心配されましたが、
1段階レベルが上がったような走りでした。
うにさんが狙ったリアルインパクトは
位置取りが後ろになり外に持ち出したのが敗因。
私も、もう少し巧く立ち回ると思っていたのですが・・・。

あと、“先生”の立場でエラソーに言わせてもらえるならば、
タッチミーノットは買っちゃダメ!(笑)
ブログにあれだけ具体的な不安材料を書いたのに~(笑)
でもまあ、勝っても不思議じゃない馬でしたけどね。

今週のブログはボリュームがなくてごめんなさい。
がんばってくださいね!

おお、うっかりしてました!
阪急杯、的中おめでとうございます!!
堅くても当たることは大事ですよ!



■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました!

阪急杯は、ロードカナロアの貫禄勝ちでしたね。
マジンプロスパーに関しては、内で揉まれるのが苦手なタイプで
外から早目先頭が得意のパターンと思っていましたが、
今回はいつもと違う伸び脚を見せました。
これはちょっと意外でしたね。

中山記念のダイワファルコンは、
私はあまり評価をしていなかっただけに、
お見事という感じです。

今週は注目レースが揃いました。
私は残念ながら参加できませんが、
予想コメントを楽しみにしています!

■先生からのダメ出しに萌え(笑)。 [うに]

デキの悪い生徒ですみません(笑)。これからも、もっとダメ出しお願いします(笑)。


阪急杯の馬連ですが…
気づいてもらわなくてもよかったんですが(笑)、ありがとうございます。
馬単じゃなくて馬連、しかもボックスとは、もうちょっとマシな買い方があっただろうと反省してます。


安東さん、お仕事がんばってくださいね。私は競馬をがんばります(ってなんか変、笑)。

■Re:少しだけ・・・中山記念 [ちょび]

なるほど、タッチミーノットはなしだったんですね(笑
確かにいかにも「4着候補」の条件がそろっていましたね。

ダイワファルコンは競馬のツボ2P98をご覧ください(笑
1800と2000の違いはあるのですが、
根拠とさせていただいたのは「福島と中山の類似コース」
の考え方です。
本当に役立ちます。ありがとうございます。

もっともラップももっと近くなると思っていたのですが
シルポートは途中で息入れなかったのか、
真ん中あたりも緩くなりませんでしたね。

明日の重賞中山1200mも類似コースの小倉と
あと自分なりに新潟1000mも1本調子という意味では近いと思っていますので、
このあたりの傾向から穴馬を探してみます。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。