■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■高松宮記念・復習


レースはハクサンムーンがハナを奪い、前半3Fが34秒3。逃げ馬3頭による先行激化のために33秒台前半の通過が予想されていたことを思うと、これはかなり緩いペース。結果、後傾ラップの上がり勝負となり、後方待機策の差し・追込馬にとっては厳しい展開になった。

ロードカナロアは珍しく出遅れ気味のスタート。前を深追いせず中団キープの競馬。ハクサンムーンが直線でも手応え十分だったため、一瞬「差し切れるのか?」とも思ったが、馬群を抜け出してからの伸び脚は次元が違っていた。終わってみれば、2着に1+1/4馬身差。好位から抜け出して後続を突き離すイメージとは違っていたが、ゴール手前で見せた加速力は“圧巻”のひとこと。先行馬に有利な流れだったことが、逆にこの馬の“強さ”を際立たせたという見方もできるだろう。
岩田騎手によれば「この馬はまだ完成途上」とのこと。秋のスプリンターズS、そして香港スプリントの連覇が大目標になりそうだが、「進化したロードカナロア」がどのような走りを見せてくれるのか。今から楽しみにしておきたい。

2着はドリームバレンチノ。ロードカナロアを見る形でレースを進め、最後は外から伸びてきた。
『予習』の中で「外差しよりも内を巧く立ち回るタイプ」と書いたように、「カナロアマークの追い比べでは分が悪いのになあ」と思ったが、その後の松山騎手のコメントによると、「ロードカナロアより速いスタートが切れたのに、ハクサンムーンに前に入られたので控えざるを得なかった」とのこと。結果はどうだったかわからないが、ロードカナロアより前の位置取りから先に仕掛けるレースというのも、見応えがあったかもしれない。
ともあれ、高速決着のスプリンターズSで3着、時計の掛かった今回は2着という結果に対しては、スプリンターとしての高い評価を与えてもいいだろう。6歳馬だが、本格化が遅かった分、まだまだこの路線で活躍できそうに思える。期待したい。

3着は逃げたハクサンムーン(10番人気)。
「うまくペースを落とすことができた」という酒井騎手のコメントの通り、絶妙の逃げだった。1・2着馬には差されたが、好位につけた先行馬を振り切った粘りは評価できる。「楽に先手を取らせると厄介な逃げ馬」という印象が残った。
3歳でアイビスサマーダッシュに参戦してきたこともあって、“快足自慢”のイメージが強かったが、思っていた以上に走りに緩急をつけられるタイプなのかもしれない。かつて同じ厩舎に所属していたヘッドライナーのような、レースにメリハリを付けられる“癖のある逃げ馬”になると、この先の楽しみが増えそうだ。

サクラゴスペル(4着)は、緩い流れの上がり勝負が向きそうに思っていたが、最後の伸びは案外。このあたりは経験の浅さかもしれない。スプリンターとしての適性については現時点では判断が難しいが、仮に、得意とする東京1400m・京王杯SCに出走してきて結果を出せるようであれば、1200~1600で幅広く走れるタイプという見方もできそうだが・・・。今回の走りを見る限りでは完成途上という印象だが、その分伸びシロがあるようにも思える。

ダッシャーゴーゴー(5着)は、なんとか掲示板は確保したものの、直線では一瞬並んだロードカナロアに置き去りにされた。最後まで脚を使っていたが、外目から差してくるタイプではないので、厳しかっただろう。先行馬に有利なペースだっただけに、内目の枠でもうひとつ前のポジションにいれば、2・3着の可能性もあったかもしれないが・・・。ただし、GⅠを勝ち切るには、馬自身にもうひとつプラスアルファが欲しい印象は拭いきれなかった。

3番人気のサンカルロは33秒2の上がりで大外から追い込んだものの9着まで。展開が向かなかったとはいえ、序盤で行き脚がつかなかった点については、年齢を含めた状態面に問題があったかもしれない。
マジンプロスパーとエピセアロームは最内の馬場状態がこたえたようだ。ただし、エピセアロームに関しては『予習』で「軽い馬場向き」と分析していたので、サマースプリントに参戦してくるようならば怖い存在になるかもしれない。



スポンサーサイト

■コメント

■ハクサン、買えたかも… [電気羊]


「先行激化で」、「最後の直線が長いから」差し・追い込み馬の出番、なんて皆が言うときほど、前が残るんよなぁ──なんて考えながらWINSへ向かっていました。しかし現実になるとは!

狙いはサクラゴスペル。
先行して上位の上がりを使える点、勝ち切れる点が魅力。
血統面でも2月の準OPではサクラプレジデント(=SS×ニジンスキー系)産駒が勝利。また3月の準OPと前週の未勝利戦を含む合計4鞍で、ほとんどが母方とはいえニジンスキー絡みの馬が、各レースで計6頭も馬券になっていましたから。

当日の1000万では3頭いずれもにグレイソヴリンの血が(カロ、トニービン等)。
しかし父アドマイヤコジーンのマジンプロスパーは前走を見ても、やはり1400Mがベスト。
父ハーツクライ(SS×トニービン)のツルマルレオンは調教が全く冴えず。
母父カロのエピセアロームも調教からは上積みが感じられず、近走上がり順位も思いの外かんばしくない。
短距離戦ながら昨年の3頭は、いずれも3走以内に上がり1位ないし2位を記録していました。それに55キロも辛いかなと。
馬券は、カナロア軸の3連複は3着抜け。ワイドはサクラ軸で臨んだので完敗でした。

ハクサンムーン:父アドマイヤムーン、母父サクラバクシンオー。

直後に馬友に「ハクサンは買えん!」とメールしました。
が、よくよくノートを見直すと、まず同じ父フォーティーナイナー系の馬が前の週4番人気3着。
さらに、当日を除く4鞍中3鞍でバクシンオー産駒が好走。7番人気3着、4番人気2着、5番人気1着。
おいおい、と1月のレースも調べました。すると500万以上の3鞍で、バクシンオー産駒が8番人気2着、母父バクシンオーは13番人気1着と6番人気3着。テスコボーイ系で見ればさらに増えます。

ハクサンムーン買えるやん!!!

もう一点。
ハクサンは京阪杯を逃げて上がり順位が18頭中9位。
逃げ馬ローレルゲレイロが高松宮記念を制したとき、前走上がりが16頭中9位。
チェックしてはいたんですけどねぇ。京都の内回り平坦での逃げがここで通用するかなぁと。ローレルゲレイロとは実績面で大きな差がありますし。
まぁ、つまるところナメていたってことです。だから目に留まってもおかしくないことが、全く見えなかった。普段は10番人気程度の馬ならもう少しちゃんと検討するのに……。反省です。


■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

ハクサンムーンは馬単体で考えると、
侮れない逃げ馬だとは思いましたが、
今回は同型の存在もあって、
普通に先行激化と予想してしまいました。
まあ・・・、私もナメていたわけですね(苦笑)

サクラゴスペルについては、
今回は経験不足ということで評価を下げたのですが、
血統的にスプリンターの資質があるとなれば、
注目の余地がありそうですね。
印象的には未完成な感じもありますし・・・。

それにしても、
来週からのクラシックは難しそうだなあ~
今のうちにボヤいておきます!(笑)


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。