■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■冠婚葬祭黄金週間って・・・

『競馬のツボ<ブログ版>』にお越しいただき、ありがとうございます。
いよいよゴールデンウイークということで、「じっくり競馬を・・・」と思っていたのですが、今週末は結婚式参列の予定(遠方まで1泊2日)。
ちなみに、来週末には法事があり、2週続けてGⅠ不参加になってしまいます。

今週は京都で天皇賞・春が行われます。
中心はゴールドシップと考えて差し支えないでしょう。
相手候補の筆頭としては、フェノーメノが人気を集めそうですが、昨年秋に菊花賞ではなく天皇賞へ向かったローテを考えると、京都芝3200mが絶好の舞台と言えるかどうか。デビュー以来初となる関西遠征も気になるところです。
京都記念を勝ったトーセンラーも有力候補。菊花賞3着の実績もあり、〈3.2.0.1〉の京都巧者。この馬に関しては、一瞬のキレよりも長くいい脚を使えるタイプと思われるので、最後の直線に向けてどれだけポジションを上げていけるかがカギかもしれません。
他では、芝の長距離に転向してから好走を続けているデスパラード、前走・ダイヤモンドSが完勝だったアドマイヤラクティ、勝ち味に遅いものの安定感のあるムスカテール、9歳でも近走の成績が充実しているジャガーメイルあたりが圏内候補になりそうです。
「本物かどうか?」という意味で注目したいのは、別定戦(日経賞2着)でも結果を出せたカポーティスター(52キロの軽量で日経新春杯勝ち)と、前走で距離を延ばして一変したレッドデイヴィスの2頭。
レッドカドーについては、1200~1600mの外国馬ならば怖いようにも思えますが、長距離ではどうなのか。今回の参戦は次走のシンガポールGⅠへの叩き台という意見もあるようです。

個人的には、ヒモ荒れの可能性もありそうなレースのようにも思えます(あくまで印象ですが)。
皆様のご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章


スポンサーサイト

■コメント

■ハーツクライを探して♪ [ちょび]

ゴールドシップの強さは認めつつ、
何とかならないか…と考えるのは穴党と他馬の騎手位のものでしょうか。

ディープインパクトを有馬記念で破ったハーツクライは
普段通りの後ろからの競馬では勝てないと考え、
前目につけて、直線ではディープの前にいるという作戦が的中。
このときのディープは古馬との初対戦でした。

ゴールドシップは古馬初対戦は勝ちましたが、
難癖つけると、「直線平坦」コースでは古馬初対戦です(笑
直線先に抜け出した馬を交わせないのは坂ありコースより高確率かと。
今回、もしなんとかなるなら、
この「ハーツクライ役」になれる馬がいるかどうかと考えました。

もともと前目のポジションを取る、
フェノーメノやカポーティスターのような馬ではなく、
本来後ろからの馬が前目に行くことが重要。
最も本来と違う走りになりますから惨敗も覚悟。
それでも真っ向の追い比べでは「加速お化け」の
ゴールドシップには勝てませんから、
リスク背負って勝ちに行く厩舎や騎手かどうかも重要です。

本来後ろからの馬が、そのスタミナと、
騎手の仕掛けの絶妙なタイミングという要素が噛みあうことを期待すると、
浮上するのがアドマイヤラクティとデスペラードです。

アドマイヤは前走3400のゴール前もまだ余裕があったように思います。
条件戦とはいえ、京都2400をトップハンデ上がり最速で勝っていることも好材料。
お父さん見習って大物食いを。

デスペラードはここ3戦がすべて3000以上という、完全にここを狙ったローテも好感。
前走ではゴールドシップがゴール前流したとはいえ、
記録上の上がり3Fはゴールドシップを上回っています。
理論上は「ということは、残り600mで、ゴールドシップより前にいれば、勝てる?」
となります(笑。
まぁためてこそ、この上がりタイムなんですけどねw
ただそういう未知の狙いをしないと勝てませんから、そういう走りの期待馬券です。

馬券的にはもちろんゴールドシップも買います。
ひもに高齢ながらも海外G1と、前走58.5で好走し
復活気配をびんびん感じるジャガーメイルと
カポーティスターの早仕掛けから3着以内の粘りを期待。

3連単F 3/7/8→3/4/7/8/15→3/4/7/8/15(36点)
3連単ボックス 3/4/7・3/7/15(12点)
おさえ馬単F 3/7→3/4/6/7/8/11/15/18(15点)

■春天 [うに]

こんにちは。馬柱表の馬名にマルしては消したりして苦戦してます(泣)。(ぐちゃぐちゃッス)


ゴールドシップがこんなところで足踏みするとは考えにくいですが、しかしここは紛れやすい京都の長丁場。まだ前が止まらない馬場を活かせる先行馬に夢を託します。


絶対的な逃げ馬がいないなら、逃げたもん勝ちではないかと思うのですよ。
内枠を利して単騎で行けそうなサトノシュレンが気になります。格下だから放っておいてくれるでしょう。ただ、あくまでも『夢』です。3着までに入ってくれたらいいです。


あと、ロスなく走れるトーセンラーとデスペラード。
やはり枠は重要ですよね。

3連複、馬連ボックス。

■穴党だけど複雑 [うに]

こんばんは。
ゴールドシップには勝って欲しいような欲しくないような、そんな気持ちのままスタートが切られましたが、やっぱり勝つところを見たかったですね。

今回の反省、サトノシュレンは… わたくし、どうかしてました。

夢もほどほどにします(笑)。


夢と言えば、G1がある週末に悪夢を見てしまいます。
例えば、締切が迫っているのに何故か馬券が買えない。気づいたらレースが終わってた。
結果を見ようとすると目が覚める(笑)。

安東さんにはこんな事…ないですよねえ。

お粗末様でした。

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

ゴールドシップの前にいる「ハーツクライ理論(?)」は
非常に面白かったです!
しかし、肝心のゴールドシップが・・・って感じでしたね。
私自身はフェノーメノを過小評価しすぎていました(反省)。

それにしても・・・、
フジビューの7階って、スゴイですね!!
向正面の走りも俯瞰(フカン)で見えるのでしょうか?
行ってみたいものです!

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

サトノシュレン!(笑)
逃げ馬狙いはよかったとは思いますけど、
GⅠの“格”を考えると厳しかったですね。

夢にうなされる??
実は私、競馬関連の夢って、
見たことないんですよ~。
あ! 一度だけアンカツ騎手と
海を遠泳している夢を見たっけ・・・。
真剣味が足りないのかな?(笑)

別に夢なんだから、締切に間に合わなくても
いいじゃないですか!
「現実じゃなくてラッキー」って
気楽に考えましょう!

今週も留守番、よろしくお願いします。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。