■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少しだけ・・・ヴィクトリアマイル

今週は春のマイル女王決定戦、GⅠ・ヴィクトリアマイル。
家族の健康上の理由もあって、時間をかけて『予習ブログ』を書くことはできませんが、少しだけ出走馬についてふれておきたいと思います。

●ヴィルシーナ
悲願のGⅠ制覇に向けて、前走の大阪杯はあくまでも叩き台。オルフェーヴルをはじめとする一線級の牡馬相手に6着ならば悲観する内容ではないという声も。ただし、2000mの自身の時計を更新しながらも0.8秒差の完敗という結果から、時計勝負に不安を残したとも思える。1600、1800の持ち時計も平凡。土曜日の降雨量次第だが、Bコースへの変更(仮柵移動)でスピード決着になった場合、対応できるかどうかがカギ。

●ハナズゴール
アクシデントが多く、体質が不安定なところが弱点だったが、ここにきて順調に使えるメドが立ち、暮れのリゲルSと京都牝馬Sを連勝。チューリップ賞で見せた豪快な末脚を額面通りに受け取れば、直線の長い東京コースは絶好の舞台。もっとも、前半3Fを37秒以降で通過して上がりを33秒台でまとめるこの馬の好走パターンは、スローの前残りに陥りやすいリスクも。前走の阪神牝馬S(4着)の敗因が雨馬場の影響と言われているだけに、当日の馬場コンディションには注意。

●サウンドオブハート
阪神JF3着、桜花賞4着の実績。その後の活躍が期待されたが骨折が判明し長期休養。復帰後は4戦3勝。牡馬相手の京都金杯でも4着に健闘し、前走の阪神牝馬Sでは初の重賞勝ち。潜在能力の高さを評価されていた馬が、ようやく軌道に乗ってきたという印象も強い。課題は初の東京マイルをどうこなすか。マイル実績では〈3.0.1.2〉の数字を残しているが、1800m以上の距離経験はなし(逆に1400mは3戦3勝)。8枠17番の枠順も加味すれば、スピードとスタミナの両方を問われるコースで、“マイルまでの馬”というスタンスは不安材料。

●ジョワドヴィーヴル
新馬勝ち→阪神JF勝ちという衝撃を残したが、正直、素質だけで走っていたという印象も。馬体の成長と共に、競走馬としての中身が伴ってくるかが課題だった。近走は牡馬混合の重賞に出走。このレースに向けて距離を短縮してきたローテーションは興味深いが、GⅠで好勝負を期待できるだけの走りを見せたかというと、まだ成長途上という感じも残っている。

●イチオクノホシ
大崩れがなく常に上位にくる安定感。前走の阪神牝馬Sでもキレのある末脚を発揮。条件クラスとはいえ、牡馬と好勝負をしてきた経験値は強調材料とも考えられる。ただし、馬自身はまだ準オープンの身。重賞未勝利でもあり、格下感は否めない。骨っぽい走りが通用するかどうかがカギ。

●アロマティコ
秋華賞ではジェンティルドンナ、ヴィルシーナに続く3着。世代のトップクラスという評価も受けた。もっとも、秋華賞は内枠を利した立ち回りの巧さが好走要因。不利があったとはいえ、届かず4着の福島牝馬Sを見る限り、底力勝負になると分が悪い印象もある。

●アイムユアーズ
昨年のクラシックでは常に上位争い。古馬混合のクイーンS勝ちの実績も光る。休み明けの前走・阪神牝馬Sは10着。「マイルCSの疲れが残っていたかもしれない」という陣営のコメントは、体調面を考えると若干不安にも思えるが、叩き2走目の上積みを見込めれば前進は可能。持ち前の勝負強さを発揮できれば、昨年のドナウブルーのように2ケタ着順からの巻き返しがあるかもしれない。

●マイネイサベル
ここ4戦は牝馬限定重賞で〈2.1.0.1〉。差し脚が安定し、不向きと思えた小回りコース(中山・福島)でも結果を出している。本来は左回り巧者。近走における道中の走りのリズムを見ると、マイルは忙しいようにも思えるが、差し脚を生かせる展開になれば十分圏内。あとは、最内枠に入ったことで、馬群を捌けるかどうか。道悪は苦手なので馬場状態の回復度もポイント。

●オールザットジャス
前走、福島牝馬S勝ち。牝馬の中距離戦線では上位争いの常連だが、マイルは〈0.0.0.3〉。東京コースも2戦2着外。ローカルで好成績を残していることからもわかるように、コーナー4回の1800~2000mがベストと考えられる。ただし、小回り向きの立ち回りの巧さと一瞬の脚を生かせる展開になれば、浮上の余地も。内枠でじっくり脚を溜めるような走りができるかどうか。岩田騎手の騎乗に注目。

●レインボーダリア
昨年のエリザベス女王杯勝ち馬。前走のマイラーズCで差のない7着に入ったことから、マイルにも対応できるという意見もあるが、本来は中長距離が主戦場。馬場が渋れば怖い存在だが、純粋なスピード勝負になるとどうか。

●ホエールキャプチャ
昨年の優勝馬。しかし、近走は1秒以上差をつけられる2ケタ着順が続き、ピークを過ぎた印象が強い。精神的なものが原因という分析もあるようだが、だとすればいきなりの変わり身はどうか。

●ドナウブルー
昨年の2着馬。2ケタ着順からの巻き返しを見せたが、5歳になった今回、同じような一変を期待できるかどうか。とはいうものの、元々成績が安定しないタイプ。その後低迷続きのホエールキャプチャと違って、昨年秋にはマイルCS3着の実績もあり、衰えと判断するのは早計だろう。鞍上はウィリアムズ騎手。一発の怖さはある。

●フミノイマージン
昨年のエリザベス女王杯がGⅠ奪取の最大のチャンスだったが、馬場に泣かされた感もあり大敗。昨年同様、マイルGⅠに矛先を向けてきたが、距離適性を考えると強調はできない。差し・追込が決まりやすい展開になれば浮上の可能性もあるが、Bコースへの変更と馬場の悪化はマイナスだろう。

●エーシンメンフィス
昨年末の愛知杯を勝ち、年明けの京都牝馬Sで2着。その時点では、わずか3戦の芝レースのキャリアで〈2.1.0.0〉の数字を残し、牝馬戦線の新星として注目された。休み明けの前走・マイラーズCは17着と大敗したが、陣営も川須騎手もレース後は前向きのコメント。叩き2走目の上積みが見込める以上、巻き返しの可能性も考えられる。前走と同じく大外枠に入ったのは気掛かりだが、コーナーまでの長い直線で上手く先手を取れれば、馬場状態を味方につけた粘り込みがあるかもしれない。


スポンサーサイト

■コメント

■ビクトリアマイル [うに]

こんばんは。
“今週もお休み”と更新されていましたが、書いて下さったんですね!
ありがとうございます。
ご家族の体調が良くなる事を願っています。



明日の馬場状態が気になりますが、調教師の「良馬場が条件」のコメントは鵜呑みにはしません。
実績があり、近走でも凡走はしていなければ、馬場なんか関係ないないはず! と信じて予想します。

ヴィルシーナとドナウブルーの実績は言うまでもなく、前走も牡馬相手を考えれば、そう負けてはいない。(ちょっと大目に見てあげて)


だとすると、レインボーダリアも無視できない。いまいちマイルはピンと来ませんが、馬場がまた味方するかも。

サウンドオブハートの近走の充実ぶりは怖いですが、東京コースが初めてなのが引っ掛かります。外枠から先行するのもキツそうなので消します。

3頭だけで当てようなんて滅相もないですが、6、11、13の3連単と馬連ボックス、6の単勝を買います。


実は、メーデイアが凄く気になって困っていましたが、なんとか振り切りました(笑)。

■Re:少しだけ・・・ヴィクトリアマイル [ちょび]

ヴィクトリアマイル

馬場状態が微妙なので直前まで2通りのパターンで備えました。
パンパンとはいかないまでも良馬場パターンでいきます。

良馬場なら①マイネイサベル
いくら感動的とは言っても、大知騎手の2週連続はないよね?
福島牝馬のローテは割り引きだよね?
ハナズゴールやヴィルシーナに比べるとやっぱ地方重賞レベルだよね?

…と思っている方が多いので単勝7番人気なんでしょうね。
でもこの馬、脚質転換後は1800mなら連帯10割。別馬とみてもいいと思います。
さらに安東さんもかかれているように本来は左巧者。
コース替わりで内枠は利もありますし、かなり狙いごろと見ます。
調教もきびきびと好印象でした。
蜜月関係のマイネルとはいえ、本来松岡騎手のお手馬が
この馬の斜行の騎乗停止で回ってくるあたりも
「持ってる」感じもします。勝利インタビューが
「松岡騎手が沢山教え込んできた馬ですから…」とか
やっぱり謙虚なこと言ってくれそうです。

⑱エーシンメンフィスもあやしさが漂います。
これも安東さんが書かれているように、前走後の強気コメントの自信が
完全に前走は調教だったことを物語っています。
ただしこちらはやや重位が理想だったかな?
脚質が安定しないのですが、今回は逃げ馬が明確にいないので
(たぶんメーディアが行くと思いますが)
番手くらいで前目につけるなら展開の利がありそうです。

差し候補では④ハナズゴールと⑥ドナウブルー
ヴィルシーナ含めて後ろでけん制し合って2~4着あたりなら配当は美味しいのですが。

おおまけにオッズにひかれて⑮フミノイマージン。
色々条件は厳しいですけどね。
牝馬限定でこの馬のこのオッズは理屈云々より、コスパに惹かれます。

3連単ボックス 1/4/6/18
15は2着3着付けのみ。
馬連F 1/18→4/5/6/15/16
⑤と⑯はほんとにちょっぴりw

■反省、反省…… [電気羊]


■マイラーズC
ヒモの最後の一頭をサンレイレーザーとファイナルフォームで迷う。延長ローテの馬は不利と判明した時点でファイナル消しと思った(堀厩舎の関西遠征もいまいちだし)のに、いざ購入するにあたって実績からファイナル選択。3連複174倍を逃す。
◎気づいたことはちゃんとメモらねば。

■天皇賞・春
阪神大賞典組の不振、血統的優位性もなくゴールドシップに不安を覚えつつ3連複1頭軸に。
菊を避けたフェノーメノや前走ダイヤモンドSのアドマイヤラクティも信頼できず。
近3走全て長距離のデスペラードもかなり不安だったがワイド軸にして失敗。
トーセンラーは今一つつかみどころがないが、具体的なマイナスポイントなし。外国馬は無視していましたが、ラーからワイドなり馬連を買っておけば。
◎不安点がはっきりイメージできる上位人気馬は軸にしない

■NHKマイルC
本命レッドアリオン。父、母いずれでもテスコボーイ系は好相性。母がダンシングブレーブ×テスコボーイで、昨年15番人気3着のクラレントと同型。出遅れなければマイネルホウオウとのワイドはあった?
◎不運で片づけるか。ただ2、3着馬が全く評価できなかったのは予想力不足でしょう

■ヴィクトリアマイル
どの馬からも買えそうで、迷った挙げ句棄権。
前週NHKマイルで1着馬の母父、2着馬の父がヴァイスリージェント。3着馬の母父ブライアンズタイム。
さらに当日9Rの勝ち馬(7番人気)が父ロージズインメイ・母父フサイチペガサス。2着馬(8番人気)の父がメイショウボーラー。
ゆえに、ダートで走る血統→クロフネ→ホエールキャプチャ、なんですがここ一年の不振からもう終わってるとばかり。しかし前走は休み明けで距離も短く、枠や脚質も不利だったような。ここは巻き返せる条件だった。
◎実績馬の敗因は分析すべし

以上、ただただ反省ばかりの数週です。
一つお願いがあります。NHKマイルの結果をどう評価されているか教えていただけませんか。


■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

敗因はともかく、サウンドオブハートの“消し”は正解でしたね。
あと、メーデイアも!(笑)
ドナウブルーはムラがあって狙いにくい印象が残ったかもしれませんが、
前2走よりは確実に上昇したようにも思います。
次走はマークが必要かも??

家族のことまでお気遣いをいただいて、
ありがとうございます。
あまり芳しくない状態なのですが、
できるだけブログは更新するようにいたしますので、
よろしくおねがいします。

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

マイネイサベルは3着でしたが、
いい騎乗でしたね!
エーシンメンフィスについては、
あの位置取りでは難しい・・・
やはり前目につけてもらいかったと思います。
フミノイマージンは残念な結果でした・・・。

今週はオークス。
ちょびさんがクロフネサプライズをどう評価するか、
予想コメントを楽しみにしています!

■電気羊さんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

レースの分析結果、とても参考になりました!
ホエールキャプチャについては、
私も大反省です。

さて、NHKマイルCについてですが・・・
法事の予定が入っていたため、
あまり真剣に検討をしませんでした(すみません)。
ただ、実績No.1のエーシントップは
重賞勝ちがすべて僅差だったので、
それほど強い印象は持っていませんでした。
前哨戦のNZTも前残りのレースだったので、
ブログでもふれたように、
ゴットフリートとマイネルホウオウの巻き返しは考えられたと思います。

レースそのものに関しては、
緩みない平均ペースで
先行した有力馬がなし崩しに脚を使ったように見えました。
結果、最後まで脚を溜めることができた馬のワンツー。
もっとも、8着のコパノまで0.4秒差の接戦ですから、
今回の結果だけで能力の優劣は決められないと思います。
1分32秒台の決着で上がり33秒台の馬も多かったことから、
レベル的に低かったとは思いませんが・・・。
“強力なマイラー”が誕生したわけでもなく、
結論付けるのが難しいレースでしたね。

といった感じで、
小学生の作文のような
曖昧な回答で申し訳ありません。
いやあ、お恥ずかしい!(笑)

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。