■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少しだけ・・・ヴィクトリアマイル・短評

ヴィクトリアマイルは1番人気のヴィルシーナが勝利。悲願のGⅠ制覇を成し遂げました。

レースは好スタートを決めたヴィルシーナが一旦ハナへ。その後、内のアイムユアーズにポジションを譲って、番手に付ける理想的な展開。直線で抜け出してからの加速が今ひとつだったため、外から急追したホエールキャプチャに交わされかけたものの、そこからがこの馬の真骨頂。牝馬クラシックでたびたび見せてくれた“並ばれてから盛り返す渋太さ”を発揮し、最後はハナ差(わずか12cm!)で凌ぎ切りました。
勝ちタイムは1分32秒4。時計勝負に不安があるようにも思えましたが、その課題もクリア(もっとも、9Rの1000万クラスの勝ち時計と0.1秒差なので、平凡と言えば平凡なのですが・・・)。着差こそ僅かではあったものの、自分でレースを作って後続を振り切った勝ち方は、内容的に十分評価できると思います。
今後の予定は安田記念と宝塚記念の両睨みとのことですが、個人的にはマイルは少し忙しい印象も。今回のように確固たる逃げ馬がいなければ、自分のレースをすることもできますが、先行激化と前傾ラップが特徴の安田記念で、はたして好ポジションで流れに乗れるかどうか。いずれにしても、今後にローテについては注目でしょう。

2着は昨年の勝ち馬・ホエールキャプチャ。
すでにピークを過ぎたという見方が多かったせいか、12番人気という低評価でしたが、今回は見違えるような走り。先行有利の展開に恵まれた感もあった昨年よりも、強い競馬を見せてくれたようにも思えます。
結果論になりますが、昨年のヴィクトリアマイル以降は、休み明けの2戦を除くと、宝塚、エ女杯、ダート戦と条件の向かないレースばかり。1走叩いて得意のマイル戦(〈3.2.0.0〉うち東京マイルは2戦2勝)ならば、軽視はできなかったということでしょう。個人的にも反省点です。

3着はマイネイサベル。鞍上の柴田大騎手が最内枠を利した完璧なレースを見せてくれました。近走は後方からの差しに徹していましたが、今回は好位のインで流れに乗る競馬。残り1Fで先頭に立ちながら最後に交わされたのは、GⅠでの力差かもしれませんが、牝馬限定の重賞ならば上位争いに加われる能力は示してくれたと思います。順調ならば、夏の関屋記念あたりでも有力候補になるかもしれません。

4着はジョワドヴィーヴル。大勢が決まった後に突っ込んできたので、勝ち負けに加われなかったという点では不満が残りますが、復調気配(あるいは成長の度合い)は見れたように思えます。ただし、後方一気のワンパターンの走りに固定してしまうと、展開に左右される馬になってしまうリスクも。4歳の成長過程の段階でいろいろと試してみてもいいのではないかとも思います。

2番人気のハナズゴールは6着。直線で前が塞がって抜け出せなかったという見方もあるようですが、脚色が特に際立っていたわけではありませんでした。むしろ、東京コースには向いていない“一瞬の末脚の持ち主”という印象も(最後はかなりモタれていたようです)。あるいは、外差しが決まりやすい条件に左右される部分もあるのかもしれません。
3番人気のサウンドオブハート(14着)は、絶好の位置にいながら直線でまったく伸びず。こちらはアクシデントがあったようですが・・・、大事にならないことを祈ります。(フミノイマージンの予後不良、ただただ残念です。)

今後に注目の1頭をあげるならば、アイムユアーズ。直線半ばで力尽きた感もありますが、近走にない行きっぷりには復調の気配が見えたようにも思えます。


スポンサーサイト

■コメント

■大丈夫でしょうか。 [ちょび]

安東さん何やら大変そうな雰囲気ですが…。
平安S予想いってみます。


大橋厩舎の2枚看板で勝負。

⑥ナムラタイタンの56kgは裸同然。
東海Sでも前々で粘れたのは当時の柴山騎手の好騎乗+56kgが
大きかったのでは、と後から思いました。
後からでは遅いんですけどねw

①アワーズは前走で59kgでも走れることは証明したけど、
この斤量差はちょっと別定戦と言うよりハンデ戦と考えるべきかと。
頭には信頼置きにくい。

⑪トミケンアルドールは低い重心走り方が好き。
前走6着ですが、1・2着が別格なので、3着からの基準で考えれば
0.2秒差の4着みたいなもの。
休みあけだったことも考慮すれば、この人気下げは狙いごろ。
阪神で結果を出して、京都で1戦負けですが、これは重馬場による前残り。
あしたはカラカラに晴れたパサパサダートですので、
北海道でも良積のあるこの馬には好条件です。

3連単ボックス 1/6/11
3連単F 1/6/11→1/6/7/9/11→1/6/7/9/11
馬連 6→1/6/7/9/11
単勝 6

1本被りのときは単勝は絶対に買うべき♪
オークスは安東さんに頂いた宿題の「クロフネサプライズの評価」頑張ります!
でも予想は適当というか、馬券は毎年超小額です。
これほどデータのない未知数のG1は当たる気がしません…。
当てる人すごいなぁって毎年感心します。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。