■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■しばらくの間、不定期で

『競馬のツボ<ブログ版>』にお越しいただき、ありがとうございます。

本日はお詫びとお願いです。

実は、ここ2週間の間に高齢の両親が相次いで入院となり、しばらくの間、平日の夜と週末は病院で付き添わなくてはならなくなりました。
そのため、これまでのように、枠順が発表されてからのレース検討は難しくなりそうです。
ある程度容態が落ち着けば時間が取れるようになるとは思いますが、それまでの間は、平日の時間を見計らった“不定期のブログ更新”にさせていただきたいと思います。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

先週のオークスは9番人気のメイショウマンボの勝利。
この馬に関しては、「桜花賞の敗因は外枠からなし崩しに脚を使ったこと」と見極められるかどうかがポイントだったと思います。じっくり脚を溜めれば距離はこなせると判断できたかどうか。父・スズカマンボが春天を勝ったとはいえ、正直、難しかったですね。
2・3着はフローラS組。
エバーブロッサムは前残りを外目から追い込んだフラワーCの走りを見て個人的に評価していたのですが(もし馬券を買っていたら軸)、デニムアンドルビーは超スローのレースを自分から動いて勝ったので、同じような展開で同じような脚を使えるかという疑問があったのですが・・・最後はよく伸びてきました。
アユサンはこれといった減点材料はありませんでしたが、当日のテンションの高さが敗因とのこと。レッドオーヴァルは距離不安もありましたが、馬込み揉まれた経験がないため、最内枠が大きな不安に思えました。

・・・といったようなことを、本当は『オークス・予習』で書きたかったのですが、時間がありませんでした。すみません。

今週は競馬の祭典・日本ダービー。
週末までに簡単に何か書けたらと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。


安東 裕章


スポンサーサイト

■コメント

■Re:しばらくの間、不定期で [Yoshi]

Yoshiです、ご無沙汰しております。
安東さんのおかげで、毎週楽しく予想を続けております。

ご両親のこと、私も身につまされる思いです。どうか、お二人の力になってあげてください。

そして、安東さんご自身も、お身体にはくれぐれも気を付けて、決して無理をなさらないようにしてくださいね。

ご両親の回復を心よりお祈りしております。

■ [うに]

こんばんは。
ご両親のことで大変な時なのに、お返事書いて下さって、ありがとうございます。

お大事になさってくださいね。快方へ向かう事を祈っています。


オークスは、まさかのメイショウマンボでしたね。この馬は完全に“無い”と決めつけていました。こういう馬を、本命どころか拾えてもいないのに、私の予想が大胆だなんて。まだまだです(汗)。


最近、本命を決めずに何となく予想しているので、ダービーは、本命が決まるまで頑張ってみます。

■Yoshiさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
ご無沙汰しておりましたが、
元気にお過ごしでしょうか。

なにぶん両親は高齢なもので、
昨今の気候の変化も具合が悪くなった一因のようです。

わざわざ温かいコメントをいただいて、
本当にありがとうございます。
とり急ぎ、御礼まで。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

いろいろとご心配をおかけして
申し訳ありません。

GⅠもいよいよクライマックスという時に
じっくり予想ができないのは残念です。
今回のように時間を見つけては
簡単な更新はしていきたいと思っていますので、
よろしくお願いします。

ダービー!
うにさんの本命発表、楽しみにしています!

■Re:しばらくの間、不定期で [いつものへい]

安東先生こんばんわ。
何もできませんが、頑張って下さい。
早く良くなります様に。

■いつものへいさんへ [安東 裕章]

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
ご心配をおかけして、申し訳ありません。

しばらく時間がかかるかもしれませんが、
今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。