■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■いよいよ夏競馬

今週から函館開催がスタート。
すでに新馬戦やクラス再編成の条件戦も始まっていて、いよいよ夏競馬の様相が強まってきました。

さて、まずは先週の反省。
エプソムCを勝ったのは4番人気のクラレントでしたが、この馬については、懸念材料として「安田記念(除外)を目標にしてきた馬にとって、1週分のスライドと1Fの延長がどうなのか」と書きました。
しかし、昨年のエプソムCの1・2着馬(トーセンレーヴ・ダノンシャーク)はともに“安田記念除外馬”。さらに今年の3着馬・サンレイレーザーも同様ですから、除外→スライドはマイナス材料と考えなくていいのかもしれません。
安田記念の除外が「ダービーの翌週のクラス編成」による賞金不足(4歳馬の賞金が半減)ということを加味すれば、出走はできなくても形の上ではGⅠ→GⅢへの格下げという見方もできます。むしろ、こういうケースは今後も注目すべきかと思います。

今週は函館SS。
開幕週ということを踏まえれば、逃げ・先行有利とも思えますが、1枠にフォーエバーマークとテイエムオオタカが並んだ点をどう推理するべきか。GⅠ実績のあるドリームバレンチノ、パドトロアはどこまで臨戦体勢が整っているか。なかなか興味深い一戦になりそうです。

皆様のご健闘をお祈り申し上げます。
それにしても、オルフェーヴルは残念・・・


安東 裕章

スポンサーサイト

■コメント

■なるほど! [ちょび]

なるほど、これは目からウロコです!
大変参考になります!

安田記念除外→エプソムカップは
ある意味「オープンクラス内での降級」
といったところでしょうか。
降級馬が狙えるのは当たり前ですものね。

これは狙い目としては、
このレースの鉄則になりそうな気配もありますね!
来年まで絶対憶えておきます。
ありがとうございました。

ついでなので本日のメイン予想を(笑

【天保山S】エーシンダックマン
最近降級馬を狙ってばかりでやや本命よりだったので
ストレスを感じていましたw
ここは待望の、基本に戻って(?)、穴狙い。

ダックマンは芝馬ですが、ダートはどう考えても
「合うと思うので一度試してみたかった」パターンではなく、
「芝で限界を感じて」の挑戦でしょうね。


しかし枠とメンバーの脚質にちょっと面白みあり。
逃げ馬がおらず、人気どころは差し・追い込み
さらに芝スタートの阪神1ダ400で、外枠スタート、
本来芝の逃げ馬ですから、発馬決めたらかなり有利に道中運べるのでは。


相手には「追い込んできたが届かない」差し馬で
マルカフリート、シセイオウジ。
シセイオウジはそこそこ馬券に絡むのに、
毎回人気があまりないコスパの高い馬。
セイカプリコーンの頭は要らなかったかな・・・
一応コース相性を理由に買い目に入れます。

3連単ボックス 6/9/13/16
馬連・ワイド流し 13→6/9/16
単複 13

■Re:いよいよ夏競馬 [ちょび]

土曜日は展開は大体良かったですが、
ダックマン粘れませんでした(苦
発馬も決めてるんですけどね~。

【ユニコーンS】サウンドトゥルー
ひもも含めてひねりすぎっぽいんですがw

でも穴党なら、やっぱり外すだけの理由ありの
サウンドリアーナとチャーリーヴレイヴは
思い切って消し。
圧勝とはいえ、ダート替わり1戦の馬と
フレグモーネ込みの休み明け。
来ても泣かない!w

ダートの力量関係がはっきりしてないこの時期。
ならばテーマは「まだ少しの実績より伸びしろ」でいきます。

サウンドトゥルーは東京コースの相性と慣れ。
2着時も相手が強すぎた感あり。
前走の勝ち方は1番人気馬にも劣らないと見ます。

対抗にサウンドトゥルーと好勝負してきたミヤジマッキー。
3馬身差で敗れた後はきっちり500万勝ち。
まだ上に行ける力はあると見ます。

同じく対抗にサマリーズ。
初ダート圧勝馬の次走一番人気買うくらいなら、
ダート時交流重賞圧勝馬のダート戻りのほうが好きです。
脚抜きの良いダートになりそうな天気と逃げ馬不在ですから、
思い切って逃げてほしいですね。
外枠の馬が芝部分を活かして前に来なければ
枠をうまく活かせると思うのですが。

ここには出ていないのですが、
3歳ダート馬の最強はコパノリッキーだと思うのです。
前走ベストウォーリアは6馬身差で負けていますけど、
でも3着には9馬身差。
コパノリッキーが強すぎただけで、いないここならば
十分勝負になりませんかねぇ。

3連単ボックス 3/4/6/13
馬連4→1/3/6/10/13
単勝4

■函館スプリントS [うに]

こんにちは。
ストークアンドレイに期待します。2歳Sで勝った舞台で返り咲きがないかな。これまでは単に条件が合っていなかったのかも。
あとは人気どころが来そうなので、馬単ねらいで絞って、ドリームバレンチノとの裏表を買います。

■夏の憂鬱 [うに]

やっぱりストークアンドレイは来なかったか(笑)。
今日はどのメインも、あんまり乗り気じゃなくて、昼寝したりしてました。(-_-)zzz


毎週、G1して欲しいな~!


ところで、ドリームバレンチノの斤量59キロは、別定戦では不利じゃないかと考えていましたが、どう思われますか。ハンデ戦なら妥当だったと思いますが。
じゃなんで買ったかと言われると、実力でねじ伏せるはず、伏せなければならないと思ってしまったからです。


でも、斤量は関係なく、ただ単に力を出せる状態に無かったのかもしれませんが、負けすぎですよね。


夏競馬は面白いけど、難しいですね。サマーシリーズを獲りに来てるのかどうかとか。毎年、この時期は悩ましいです。



昨日、久しぶりに大雨が降って、猛暑は少し収まりました。心配して下さってありがとうございます。梅雨だからと油断してました。
安東さんも、体調に気をつけてくださいね。


■泣いてないです。 [ちょび]

泣かない・・・泣かない・・・。

いやいや、いいんですよ。
ユニコーンSは、
むしろ1着3着は買い目に入っていたことに自分を褒めようw
サウンドリアーナ、ダート本物でした。
2着とはいえ力ははっきりと見せました。
3着の私の本命馬は完敗でしょう。

でも重馬場か・・・次走も人気で、パサパサダートなら
もう一度リアーナ嫌ってみる手も?←懲りてない(笑

それよりですね、ギリギリまで馬券購入しなかったので
こちらには書かなかったのですが、
函館SSで大失敗です。
本命はシュプリームギフトでした。
逃げ馬が潰れて、4~5番手の粘り込みで
展開が向くことと、洋芝適性からです。
これは良しとして、失敗はここから。

昨年のアンカツさんのレース後のコメントから
「休み明けはいらない。叩き2戦目は人気薄でも
ガラリ一変の可能性があるので必ず買う」
と決めていて、直前まで対抗視していた
パドトロワをパドックと馬体重みてあっさりはずしてしまい撃沈orz

そもそもギリギリまで買わなかったのは、
別にパドックが見たいわけではなく、
開幕週の「内枠先行前残り傾向」が何処まで顕著か見極めるため。
結果的に「外枠でも先行すれば馬券に絡む」
「追い込みはどうやら届かない」がみえたので、
購入を引っ張ったのはプラスだったんです。
でもつい、いつも見ないパドックと馬体重が・・・。

多分邪道だと怒られそうですが、
私パドックが本当に苦手なんで、参考にしないんです。
いいな、と思ってもまるでダメだし、
入れ込んでるな、と思って外しても、ばっちり来たり。

本来は前走との比較をするべきなんでしょうけど、
苦手でパドックを避けるが故に、
比較するほどみていないという悪循環。
ぼんやりとテレビの画像は見ていますけどね。

馬体重も、休み明けは流石に気にしますがその程度。
でも昔と違って外厩で作ってくるので、
あまり気にしなくなりました。
今回のパドトロワ+16kgはいったい何だったのか・・・。
もうわけわかんなくなるから、基本購入は馬体重発表前なんです。

もちろん、「ああ馬体重見れば外せたなぁ」と言うときもありますが、
例えばヤマニンキングリーが札幌記念でブエナに勝った馬券を
とっているのですが、この時確か-20kg。
太めが絞れたとかでもなんでもなく、ただの大幅マイナス。
これは馬体重を見ていたら外していたかもしれません。
夜に購入して、昼間は確か米軍基地の夏祭りで遊んでいたので
レース後に知りました(笑

安東さんはパドックは参考にされていますか?
パドック見ないって、長い目で見てやっぱりダメでしょうか・・・?

ちなみに今回、パドトロワを外し、パドックで好気配に見えた
アドマイヤセプターを買い目に。
・・・4着って。いっそ大負けしてくれ~(笑

■ちょびさんへ [安東 裕章]

ちょびさんへ

こんにちは。
コメント、ありがとうございました。
えーと・・・、泣かないでください!(笑)
サウンドトゥルー狙い、見事だったと思います!
土日とも、予想は冴えているのに・・・本当に惜しい!

コメントの内容&気持ち、よーくわかりました。
特に馬体重は数字としての説得力があるので、
どうしても影響されてしまいますよね。

私の場合、日曜が休みという仕事ではないので、
馬体重を確認したり、パドックを見たりということは
しません・・・というよりできません。
だいたい当日の午前中に馬券を買う形です。
土曜の前売りを買って、
当日の天気と馬場に泣かされたこともしばしば!(笑)

本当はレース直前までじっくり検討すべきなのでしょうが、
ちょびさんのおっしゃる通り、
パドックならば前走との比較して考える必要があるでしょう。
それ以前に馬体の見方の勉強をしなくては、ですね。

そのあたりは隠居生活の楽しみとして
とっておきたいと思います!(笑)

■うにさんへ [安東 裕章]

こんにちは。
コメント、ありがとうございました!

ストークアンドレイはコース適性が高いため、
昨年の3着馬・ビスカヤをイメージできる部分もありましたよね。
(穴で狙う気持ちはよくわかります!)
ただ、近走の内容があまりに悪かったし、
レースでも行きっぷりの悪さがかなり目につきました。
ちょっと厳しかったようですね。

ドリームバレンチノについては、
正直よくわかりません。
斤量で負ける場合は、
「斤量差の分だけ届かなかった」というような
惜敗のケースが多いので、
昨年のキーンランドCの時と同じく、
体調の問題だったのかもしれません。

まだ両親の具合が悪く、
病院通いが続いているため、
なかなか競馬に復帰できませんが、
その分(?)、がんばってくださいね!

いつも温かいお言葉、
ありがとうございます!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。