■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■3強対決・・・

今週はGⅠ・宝塚記念。

“3強対決”と言われているように、実績的にも抜けた3頭の争いになるという見方が無難かもしれません。
もっとも、ジェンティルドンナには海外遠征帰りの休み明けで56キロの斤量、ゴールドシップには春天のマクリ不発で今回どう乗るか、といった課題もあるかと思います。となれば、瞬時に動ける強味という点で、「フェノーメノが若干有利なのかな」という気もしますが・・・。

3強の1角を崩すとすれば、「シルポートの後ろで前々の競馬をする」と宣言しているトーセンラーでしょうか(先行策で持ち味の末脚を同じように発揮できるのかという不安もありますが)。
いずれにしても、トップホースの熾烈な戦いに期待したいと思います。

皆様のご健闘をお祈り申し上げます。


安東 裕章
スポンサーサイト

■コメント

■Re:3強対決・・・ [ちょび]

【宝塚記念】スマートギア
現在ブービー人気です(笑

「馬の格や強さ」で考えると
3強がピックアップされるのは当然ですが、
展開や馬場状態を考えると伏兵もなくはない、と思います。
G1だとついつい「馬の強さ」が予想の中心になりがちですが
(まぁそれで当たるんですけどw)
私はG1でも特別扱いしませんw

シルポートが逃げ、「番手宣言」のトーセンラーが続く展開。
見た目はハイペースになるかもしれませんが、
シルポートはハイペース逃げではなく、
「ため逃げ」になりますし、
また馬体も重残りでとばしてもばてるでしょう。
ペースとしては実質上のスローとみます。
結果的に、4角入り口で一団のよーいドン。
力と力の勝負というよりは、欧州の競馬のような展開になると見ます。

まずここまでで、ゴールドシップは評価を下げます。
平均からハイペースでの前がつぶれる縦長展開こそが
この馬が最大に力を出せる条件とみます。
絶好調ならペース不問ですが、ちょっと調子落ちの今は
やや勝てる条件が限定されるかと思います。

馬場は内側が荒れていて、完全に外差し馬場。
でもここで全頭外に出すかというと、
一発勝負で内差しに出る馬もいるはず。

フェノーメノは直線真ん中のきれいな馬場を通るはずです。
この馬はJCも荒れたラチ沿いは出さず、きれいなところを選びました。
ただスローなら先行抜け出しの展開の利はありそうです。

ジェンティルドンナは内差しもできる、というかなんでもできる馬。
トーセンラーやヒットザターゲットが内側で前に残っていれば、
併せていくでしょうし、先行馬に脚色がなければ、
フェノーメノに併せ形に持っていくでしょう。
「直線の自在性」から本命視します。

スマートギアはさすがに力のピークは過ぎていますが、
上がりだけなら、まだまだ最速レベルは出しています。
また、調子が上がると連勝するタイプなので、
やや復調気配がうかがえた前走は好材料。
また長くいい脚を使うタイプではなく、
短い直線をスパッと差すのが勝ちパターンなので
阪神内回りは向いています。
前走で「内差し」の試走をしているのも、ちょっと興味深いところ。
単にあそこしか出すところがなかったのかもしれませんが。
正直、1着は厳しいと思いますが、「2着3着なら、十分あり」として
そういう馬券的には中心に扱います。

ヒットザターゲットは荒れた馬場でなければ最高の枠ですが。
開幕週に近い地方重賞の内枠先行がこの馬の勝ちパターン
全く当てはまりませんw一応3着の残りまでおさえます。

3連単ボックス 3/7/11 3の2・3着付けを厚めに。
1の3着付けも少し。
馬連・馬単2着流し 7→3/10/11
ワイドフォーメーション 1/7→1/3/7/10/11

まぁでも買うレースよりは見るレースですかねぇw
ここまで書いておいてなんですが。
函館メインのほうが馬券的には面白いです。

■宝塚記念 [うに]

こんにちは。
3強でアッサリ決まってしまうかもしれませんが、こんな時こそ冷静に考えてみたいと思います。

まずはフェノーメノ。春天を早めに押し切って勝てたのは、開幕週で前が止まらない馬場と下り坂を利用してのものだったと考えると、最終週で荒れた馬場で同じことをするのはキツイのでは。
そう考えると、ゴールドシップの方が有利かなあ。

ジェンティルドンナは、休み明けで56キロが心配。


結論。本命はゴールドシップ。2着にジェンティルドンナ。3着にフェノーメノですが、着外も想定して、ナカヤマナイトに頑張ってもらいましょう。

3連単 10→11→3・8

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。