■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■3歳戦線は難解

先週の秋華賞は3番人気のメイショウマンボが快勝。オークスに続いて牝馬クラシック2冠の座に輝きました。

夏の休養を挟んでGⅠを連勝したことについては、成長力という点からも大いに評価できると思いますが、この馬が過去の“名牝”(例えば、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウオッカ、ダイワスカーレットなど)と肩を並べるだけの強さの持ち主かというと、どうでしょうか。

もとより、今年の3歳牝馬については「世代レベルが疑問」という声が多いのも事実。牝馬限定の1000万を勝ち上がったばかりのスマートレイアー(たしかに力のある馬かもしれませんが)が2着という結果を見ても、能力差を判断するにはまだまだ時間がかかりそうな気もします。

2歳女王のローブティサージュやオークス2着のエバーブロッサムの巻き返しはあるのか。また、それはどういう条件になるのか。(個人的に後者に関しては、輸送のない関東圏で見直せるかな?とも思います。)
今後も注目していきたいと思います。

今週は牡馬クラシックの菊花賞。
皐月賞&ダービー2着で神戸新聞杯を勝ったエピファネイアが人気の中心になると予想されますが、春の時点で一番の課題とされていた「折り合いの悪さ」はすっかり解消されたのかというと・・・? メンバー的にもかなり難解なレースになりそうです。

ポイントをあげるならば、「3コーナー過ぎからのロングスパート」。2009年のスリーロールスも2010年のビッグウィークも、結果的に思い切りの良いスパートが勝利につながりました。(さらに、この2頭には「抜群のスタートから一旦下げて、2周目の坂上までじっくり脚を溜める」という走りの共通点もありました。)
今回、こういう走りができるタイプがいるかどうか。そのあたりの判断が予想の上でのひとつのカギになるかもしれません。


スポンサーサイト

■コメント

■Re:3歳戦線は難解 [ちょび]

オークスはセキショウと武兄弟の3頭で勝負!
残り50mまでは夢を見ました(笑
さすがに荷が重かったか。

富士Sで大穴、頑張ります(笑

しかし既に大きなチャンス逃しました。
先日の京都大賞典の360万です。
愚痴らせてください(苦笑

まぁ冷静に考えて、獲れていても抑えの3連複16万なのですが。
馬券構成は
トーセンラー・ニューダイナスティ・アールザットジャズ・アンコイルドの
4頭ボックス3連単。
抑えで3連複を少しと
トーセンラー、ニューダイナスティからの馬連でした。

ゴールドシップはウオッカのように
「強いけどポカがある」タイプだと思っていますので
基本的には馬券は「来ても泣かない!」の精神で
蹴っ飛ばすことにしています・・・が
抑えの3連複で「強いから」という、
穴党が一番やってはいけない、
「理由無き買い目」として入れてしまいました。
この時悩んで弾いたのがヒットザターゲット(笑バカバカ(笑

「この馬は買えないよ」ならどんなに惜しくてもさっさと諦めも付くのですが、
ヒットザターゲットが「直線平坦内枠小回り」以外はいらない、
という大間違いをしました。
安東さんのこのブログの5/24のダービーの日の目黒記念の自分の書き込み・・・
すっかり失念していました。

>4着ヒットザターゲットは勝負決してから突っ込んできたとはいえ、
>重ハンデ+坂のあるコースであの走りができるなら、
>今後少し見方を変える必要がありそうです。

見方変えてないやん自分・・・その証拠にスプリンターズSの9/28に
>「内枠平坦小回りのヒットザターゲット」
>とにかくこういうのが大好きなんです♪

ああ~これだけフラグ立てておいて~笑

目黒記念のことをしっかり学習していれば、
今回のヒットザターゲットの大捲りは狙うことはできました。
もちろん、いつもあれが決められる馬かどうかは別問題ですが、
狙わなくちゃイカンのです(笑。

この馬って調教がまともに走らないし、脚は外向だし、
だから専門誌の印も軽くて、必要以上に人気になりにくいんですよね。
昔で言えばダイタクヘリオスのタイプ。
ここまえ解っていて、何故狙えない(笑

いつもは外しても引きづらないんですけど、
流石に今回は反省がまだ継続中です。
でもここに書かせていただいたら少しすっきりしたかも(笑

富士S、数年前のリザーブカードとサイレントなんちゃらの(失念w
3連単9万くらい獲った記憶あります。得意レースです!(笑
がんばります!

■Re:3歳戦線は難解 [ちょび]

オークスじゃない、秋華賞です・・・
もう何やってるんだか(笑。すみません。

■そうです、菊花賞より富士S! [ちょび]

なぜ富士Sは荒れるんですか…?
誰も教えてくれませんので自分なりに妄想しますw

まず人気馬は安田記念組が多く、休み明けだったりで凡走率高し。
また、位置づけはマイルCSのステップとはいえ、
メンバー的にはやや落ちるケースも多く、
関係者には申し訳ないのですが、
展開のアヤとか、直線だけの競馬とか、専門家が嫌いそうなレースになりがち、
早い話がレベルが低いのかも・・・と妄想。
大好きなエイシンアポロンの勝ったレースなのでそう思いたくなのですが、
アポロンは1番人気で勝っているので荒れる理由からは除外。
私は専門家ではないので、
正直レースレベルが低くても荒れて楽しめりゃいんですw

で、レースレベルが低いと、力量的にも劣る馬が勝ったりすることもあります。
麻雀のメンツに2人下手くそが入っていれば、
何故か上級者がトップか4着になるアレです。(関係ない・・・?)
たとえば以前の勝馬なら(ただし自分が的中したものしか憶えていないのですがw)
アブソリュートやサイレントプライドはこのレース以降勝っていません。
つまりこのレース以降も私は該当馬の馬券をちょこちょこ買って、
そして全くお金にならなかったから憶えているわけですねw

高配当馬券のためには、要はここでしか勝てない(ホントにすいません)、
でも条件面や実績から充分可能性のある
サイレントプライドやアブソリュートを探せばいいわけです。
あ、それと未知数の3歳馬も高配当の立役者になっているようですね。
これは2kg位のアローワンスも当然影響しているでしょう。
1600だと1200ほど斤量差の影響はないと言われていますが、
ドングリの背比べのレースレベルや直線ヨーイドンなら大きいのでは。

というわけで、この後に得意の京都で本番のある
ダノンシャークはほぼいらない。
この後まだ勝てる馬ですから。
根性無しなのでギリギリ7番手の抑えに入れますけど。

先週からの馬場状態は先行も差しも決まるフラット。
レインスティックは2000で差しきり、
ホエールキャプチャは1800を前々で粘りきりました。

このレース、逃げ馬がいません。1番が枠なりでいくでしょうか。
スローとまでは行かなくても、標準ペースで直線入口は団子でしょう。

フラット馬場で団子なら、前々の馬を狙いましょう。
展開のアヤを求めるなら、力量よりも位置取りです。
無理に先行するのではなく、脚を使わずに前々に付けられる
シャイニープリンスを本命にします。
ダートでも良い差し足を見せた北村騎手に手戻り、
道中3~4番手からの粘り込みに期待です。
NHKマイルで0.3秒差6着、このレースなら勝ちきる資格は充分にあります。
ていうか、前走休み明け4番人気で大敗で、人気下げ過ぎ美味しすぎ。
まさに高配当の立役者になりがちな状況。

大外ぶんまわしなら、サンレイレーザー。
騎手もその方が気楽でしょw
ただしローテが決して順調ではないので、
最後脚色が前々の馬と同じになる可能性有りで対抗評価まで。

3着までならリルダヴァルが一番適任かもしれません。
外国人騎手に乗り替りなので、得意のインベタ前々で
ここ最近の差しではなく、やや思い切った乗り方するはずです。

未知数の3歳馬はインパルスヒーロー。
骨折(だっけ?なんかの故障)明けですので、
そういう意味でも未知数。
コース・距離・レース実績的にも、強いことは強いと思うのですが。
前走大敗から叩き2戦目で何処まで戻っているか。
もしかしたら今回も大敗って言う可能性も。
だからこの中途半端な人気なんでしょうね。

3連単&馬連ボックス 2/3/4/6
抑え3連複フォメ 8/9/10→2/3/4/6
単勝4

長文失礼しました・・・。

■富士S [うに]

安東さん、ちょびさん、こんにちは。私も富士Sの予想しました。
流れが遅そうなので、好位から速い上がりの脚を使える馬を狙います。
3連勝して本格化の気配のブレイズアトレイルが面白そうです。ガルボは、叩き台だとはおもいますが、56キロが怖いな~
インパルスヒーローは、東京に替わって見直してみたいです。ダノンシャークは展開に左右されがちですが、叩き2走目でこのメンバーだと消せないです。
あとはサンレイレーザー。マイルで見直したいと思います。
この中で軸を選ぶのは難しいので、3連複ボックスにします。


府中牝馬Sは、一応買ったけども自信の無かった2頭がワンツーしました。一瞬、当たった~ってバンザイしてしまった…(-o-;)

その反省を踏まえてボックスにします。

■ああ、なるほど [ちょび]

うにさんこんにちは。

ああ、なるほど。
ダノンシャークはエイシンアポロンと
同じ見方をするべきだったのですね。
ここでは人気に応える!w

んで、リアルインパクト。
この2着がこの馬にとって、復活かというと、多分違う・・・。
まぁG1コンビ復活とはいえ、やはりこの後も
G1戦線では辛いのかな・・・と。
これこそが「ここでしか勝てない(上位に来られない)」
だったのかも。いや、来るかも知れませんけど。

3着、4着。自分にはコレが精一杯ですねw

このレースに全力でいって、
しかも他に3レースやったのですが
スコンクで今週の予算使い切りましたwwww
菊花賞は700円で勝負しますww

■菊花賞 [うに]

こんにちは。長距離の重馬場に加えてペースが速い展開に有利なのは、スタミナを温存できる差し馬狙いで、宜しいですよね。距離のロスがある外枠も不利なので、枠は内目。叩き2~3走目の馬をピックアップしました。
エピファネイア。仕方ないっす。
アクションスター。神戸新聞杯の2、3着馬よりも、休み明けで4着のこの馬の方が期待持てます。
あと、差し馬で気になるのは、テイエムイナズマとアドマイヤスピカ。展開が向きそうなので。

馬単F 3・7→3・5・7・16
3連複ボックス。


実は週の中ごろ、私は新人アナウンサーになって、武豊騎手にインタビューする夢を見たんですよ。次の日は、和田騎手が落馬する夢でした。これはサインでしょうかっ!!
無視しましたけど…(^_^;)

■スワンS、何となくいけそうな・・・! [ちょび]

【スワンS】
またまた「大外のマジンプロスパー」が来ました。
懲りずに全力でいきたいと思います。
でも今回はさらに重馬場というコンボもあり、
斤量も56とやや有利。
流石に人気になりますね。うまみは少ないですが。

単勝 13
3連単1着流し 13→5/8/9/12
3連単2頭軸マルチ 12/13→5/9
馬単13→1/5/8/9/12

妙味としてはサンカルロ
京都はさっぱりの阪神1400専用機ですが、
この理由が坂の有無ならここでも大きく着外でしょう。
でも「前が止まって差しがきく」ということが理由ならば、
ここは狙ってみます。

というのもオオタカ、コパノリチャード、エーシントップと
3頭が前に行きたいタイプ。
特にオオタカの藤田騎手は譲りませんし、
エーシントップは朝日杯で前にいかずに悔いの残る敗戦、
次走注文付けてハナ切って快勝。
これも行ききってこそ、という方針ははっきりしています。
幸騎手はそこまでハナを主張するとも思えませんが、
かといってさっさと番手に控えることもないでしょう。

しかも2頭とも、陣営から「重馬場は苦手」とのコメントが。
苦手な重馬場で先行激化のハイペースなら、
今の先行有利な京都でも、がらっと変わって差し場になります。

サンカルロは陣営のコメントは毎レース同じで
「展開が向くなら」というもの。
今回はかなりこの馬向きの展開になると見ます。

世間一般が「サンカルロ?京都はいらないでしょw」
と思ってくれている今がチャンスです。うきうきしますねぇ。
ワイド12-13なんかも買い足します。

後はヒモにラトルスネーク、ダイワマッジョーレ。
金額的にはほぼこの4頭で勝負です。

■秋天 [うに]

こんにちは。ジェンティルドンナが休み明けでも1番人気ですが、さすがに叩き2走目の馬には負けるのでは…56キロも背負いますし。
エイシンフラッシュが前走買って2走目で3番人気とは、ナメられましたね。連覇もありと私は見ています。
コディーノの前走の敗因は馬体増と休み明けと考えると、今回は見直せるかも。斤量の恩恵もありますし。
この3頭だけでは面白くないので、爆弾としてオーシャンブルーを投入します。前走は馬体減が影響、今回は叩き2走目なら、有馬記念2着の実力を見せてもおかしくないですよね!

買い目は 馬単 1⇔6
3連複 1,6,9,14

■ [電気羊]


お久しぶりです!
再開していること、今日の今日まで知りませんでした。不覚でした!(笑)
とにかく、また安東さんとやりとりできるかと思うと楽しみでなりません。

さて秋天ですが、ジャスタウェイ本命で馬連・ワイド3つ頂きました!
ただ、ジェンティルドンナの1着はどうかなと思っていただけに、馬単ないし単勝も買うべきだったと少々後悔しています。
まぁ、距離がどうかなというのがありましたし、福永騎手の二週連続G1勝利がイメージできなかったもんで(これは先入観以外の何物でもなく反省しております)。

それでもジャスタウェイを本命にしたのは

●7Rでハーツクライ産駒が8番人気で1着。3着は5番人気で母父トニービン
●そもそも秋天はトニービン系がよく来る。
カンパニー、トーセンジョーダンの父。アーネストリー、ルーラーシップの母父でもジャンポケ勢はちょっと…。母父トニービンのフラガラッハも難しそう。ならSS×トニービンのハーツ?
●昨年のような上がりのかかる流れでも、連対したのは瞬発力のある馬。

こんなところですかね。

馬券は馬連を積極的に買おうかと思っています。秋華賞の週もワイドしか当たってませんが、3日とも馬連的中だったんですよね。
菊ではラストインパクトとエピファネイアの1点買って外しましたが。あ、サドラーズウェルズ狙いでワイドは3つ的中でしたよ。

アイビスSD以降そこそこ的中はしているので、馬券の買い方を工夫することで利益を上げたいと思っています……、ってずっと言ってるような(笑)

■エリ女 [うに]

こんにちは。気になる馬を見つけたので書き込みします。それは、オールザットジャズ! 昨年5着で、その後も地味ながら善戦しています。2走前は、札幌記念で6着とはいえ、今日のメンバー中最先着。そして、前走の新人騎手から、勢いのある外国人騎手に乗り替わりと、面白そうです(*^^*)

あとは人気ですが、メイショウマンボ、アロマティコ、ヴィルシーナ、デニムアンドルビーは来ると思います。

馬単9⇔1,7
3連複9‐1,3,7,14

■マイルCS・福島記念 [ちょび]

こんにちは。
こちらで教えていただいた情報で狙いますのでご報告を。

【マイルCS】
本命にクラレント。
エプソムカップは安東さんのご指摘の通りハイレベルでした。
もともと東京開催の最後のおまけみたいなレースでしたが、
降級制度により4歳馬が安田記念に賞金不足となり、
エプソムカップにまわってた馬は従来のG3用の馬ではなかったということが、
その後のレースでも証明されています。さすが安東さん!

クラレントはハイレベルな毎日王冠でも3着でした。
今回のマイルCSはいわば「新マイル王決定戦」の様相。
クラレントがここで一つ抜け出すとみます。


対抗にレッドオーバル。
この馬はクラシックでも期待していたのですが、
距離の限界は明か。
無理に中距離を使わなかったことは好感を持てます。
前走ですが騎手がなかなか味なことをしています。
4角で他馬が競艇でいう「1M全速モンキー」で回って行くのに対し、
この馬はインベタキープの「小回りのターン」で一旦減速して下げています。
そのあと、いつもおどおりお約束に膨らんで、
インコースがスカスカになった
京都外回りの直線イン差しで4着。

今回も内枠ですし、同じ作戦でいくならデムーロの手腕で2着3着は
あるのではないかとみています。

コパノリチャードは正直展開の利に掛けるのみです。
あっても3着かなぁ。

安定勢力としてはダイワマッジョーレ。
距離の融通も効きますが、ここ最近では1600が一番合いそうな気がします。

3連単&馬連ボックス
1/3/4/12
買っちゃったあとだけど、クラレントの頭固定でも良かったかな・・・。
馬連は3-12と4-12にガツンと。



【福島記念】
大好きな地方重賞ハンデ戦です♪
軽ハンデ、コース巧者のアップルジャックでいきます。
前走も狙ったのですが、しっかり馬券頂きました。
この手のコース限定の馬は大好きです。

マイネルラクリマは58kgはしんどいですが、
直線平坦コースはとにかく信頼できます。
小回りでもコーナー2つでも、とにかく直線平坦!

ダイワファルコンは去年制した川須騎手への前走からの手戻り。
これは完全に前走だけでなく、「福島記念狙いでの手戻り」とみます。
この馬自身は前走がどんなに大敗であろうと、
小回りコースで相手が手頃なら走ります。

基本この3頭で大丈夫かなぁと思っています。
いちおうカワキタフウジンも込みの3連単にしますが、
上位3頭2/9/12にガツンと入れました。

3連単ボックス
2/9/12/13
馬連ボックス
2/9/12

■ちょびさんへ [安東 裕章]

ご無沙汰しております。
お元気にお過ごしでしょうか。

たくさんのコメントをいただいたのに、
返事もしないで申し訳ありませんでした。
特に、ヒットザターゲットとシャイニープリンスについては、
すぐにリアクションをとらなければいけない話題でしたね!(笑)

この秋のGⅠはいかかでしたか?
とりあえず、ブログに復帰するつもりですので、
激穴コメントを楽しみにしています!

■うにさんへ [安東 裕章]

ご無沙汰しております。
いろいろとご心配をおかけして
申し訳ありませんでした。

いやあ、こんなに長期間、
競馬から遠ざかったことってあったのかな・・・?
で、武豊騎手と和田騎手の落馬の夢ですって・・・?(爆笑)

馬券の調子はいかかですか?
JCダートか阪神JFあたりの3連単を
サラッと当ててらっしゃるような気もしますが・・・?

今後は気楽にやっていくつもりですので、
よろしくお願いします!

■電気羊さんへ [安東 裕章]

ご無沙汰しております。
お元気にお過ごしでしょうか。

相変わらず手堅く馬券をモノにしていらっしゃるようですね。
すばらしいと思います!

私の方は状況はまだまだなのですが、
少しずつでも競馬に参加できるよう、
心がけたいと思っています。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。