■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって健康で幸多い年になりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

さて、1年の競馬は東西の金杯から。
共にハンデ戦で難解なレースで、一筋縄にはいかない印象が強いレースと言えるでしょう。

中山は、ディサイファ、ケイアイチョウサンあたりが人気になりそうです。
ディサイファは、前走、オープン昇級初戦の福島記念で外々を回りながらも0.1秒差の4着ならば、メドが立ったという見方もできるかもしれません。
ケイアイチョウサンは重賞での古馬との力関係がカギ。
ステイヤーズS2着のユニバーサルバンクは今回の距離短縮がどうなのか。2000mのアンドロメダSで2着に来ていますが、基本的には長距離仕様の使われ方をされてきた馬だけに少なからず不安もあります。
他では、AコースからCコースへの変更を踏まえて、軽量の先行馬にはマークが必要かもしれません。
好位で巧く立ち回れて、一瞬の脚でゴール前で伸びてくるタイプが向いているレースのようにも思えます。

京都は、今後のマイル路線を占う意味で、明け4歳馬の走りには注目でしょう。
オースミナイン、メイケイペガスター、プリムラブルガリス。
この中から、マイル重賞の主役となりそうな出てくるかどうか。
京都コースもCからAへのコース替わりで、内枠+先行有利。
もっとも、先行型が揃った感のある今回は、外差しが決まる展開になる可能性もないとは言えないでしょう。

最後に個人的に気になる馬を・・・。
中山金杯は、単騎で自分のペースで行けた場合のサムソンズプライドと、好位の内々で流れに乗れた場合のミッキーパンプキン。(どちらも“条件付き”になりますが・・・)
京都金杯は、前走の大敗は太目残りが原因と考え、条件クラス3連勝の実力を見直してブレイズアトレイル。そして、実績の割には「ハンデが見込まれた」(=力を評価された)最内のドリームバスケット。
このあたりの走りにも注目してみたいと思います。


スポンサーサイト

■コメント

■あけましておめでとうございます [ちょび]

今年もよろしくお願いします!
相変わらずの無茶予想ですが、
今年は更に輪をかけて、信念のある穴予想を
1年間実行してみたいと思います。

さて金杯は中山はちょっと絞り切れず少額投資、
こちらの京都でガツンと行きます。

金杯は毎年「G3常連」みたいな馬を中心にすることにしています。
実績なら簡単なのですが、今は重賞未勝利でも
この先にG3常連になれそうな器の馬を探す、という方が穴馬は見つかります。
過去の例でいうとアドマイヤフジとか
マイネルファルケ(この馬は金杯勝ちはないけど)とかです。

あともうワンパターンは「わすれかけた重賞勝ち馬」
このパターンは過去にシャドウゲイトとかですね。

こんなテーマを持ちつつ、京都は展開が面白そう。
先行馬そこそこいるのですが、逃げ馬はいません。
多分かかり癖のある15ネオウイズダムが腹くくっていきそうです。
この馬は距離不安もありますから、
番手以下は相当なめてかかるのではないでしょうか。
ハンデも手ごろで、何かしでかす後藤騎手、先行馬有利の馬場、
これならまんまと逃げ切りもあるかもです。
この馬は買います。ビリもあり得ますけど(笑

ため逃げではなく、一人旅のハイペースと予想しますが、
ガルボやメイケイペガスターにつつかれ一人旅ならなければ、
差し馬がなだれ込んできそうです。

そうなると本命に16サンライズメジャー。
G3常連になれそうなタイプです。
ラップの違う京都と中山の1600どちらも勝てるのは、
条件に左右されない、力の証し。
幸い隣がネオウイズダムなので、さっさと行ってくれて、
スペースができるので、大外でも前に壁が作れるので大丈夫でしょう。

切れ味なら14プリムラブルガリスも楽しみです。
毎回のように上がり最速を出してきます。

人気と重ハンデでも、直線平坦なら8マイネルラクリマは抑えます。
ただし58だと頭は薄めで良さそう。
2着3着なら相当信用度は高め。
小回りコーナー4回の2000m位が良さげなイメージですが、
このレースの一昨年の勝ち馬でしたか。すっかり失念していましたw

3連単ボックス 8/14/15/16 16と15の頭を厚めに
馬連F 8/16→8/14/15/16
馬単16→8

抑え3連複はシャドウゲイトのパターンでスマートギアから。
まぁ苦しいと思いますけど…。

■明けましておめでとうございますm(_ _)m [うに]

安東さん、今年も宜しくお願いします(*^^*)

馬券を購入してから、こちらにやってきました。安東さんの気になる馬と被っていて、年明けから縁起がいいですわ~♪

京都金杯の私の狙いは、シャイニープリンス、メイケイペガスター、ブレイズアトレイルです。先行馬で決めました。ブレイズアトレイルは、開幕週で巻き返せないかと期待しています。


中山金杯は、カルドブレッサ、ディサイファ、サムソンズプライド。カルドブレッサは、これまでに何度か、まくりの競馬をして届いていなかったので、中山ならチャンスあるんじゃないかな、と思いました。

両重賞とも、馬単・3連単ボックスです。

■ちょびさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

え~と・・・、ネオウィズダム=ビリ!(笑)
まあ、ある意味、ちょびさんの予想通りというか・・・(ツッコミ過ぎ?)。
「サンライズメジャーはGⅢの常連になれそうなタイプ」というコメントには、
「なるほど!」と思いましたが、今回は大外枠が影響した感もありますね。
中山の方は、なんか先々につながらない印象が残ったようにも思えます。

大胆かつ緻密な穴予想、これからも楽しみにしています!
今年もよろしくお願いいたします。

■うにさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

気になる馬が被って縁起がいいとまで言ってくださったのに・・・すみません!(笑)
ブレイズアトレイルはもう少しでしたね~。
私はドリームバスケット、エキストラエンド、オースミナイン、ブレイズアトレイルの3連複4頭BOXを買っていたのですが、最後の最後でガルボに交わされてしまいました~。
残念!!

中山の方も1・3着で外してしまいましたが、
うにさん、カルドブレッサ、買ってるんですよねー。
う~ん、狙いにくいのになあ・・・。
馬券はともかく、お見事です!

ブログの方はボチボチ更新していきたいと思っています。
今年もよろしくお願いいたします。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。